ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第19回移動市長室(平成25年2月)

本文

第19回移動市長室(平成25年2月)

記事ID:0001406 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

住民を中心とした健康づくりについて

概要
日時 平成25年2月15日(金曜日) 15時30分から17時10分
対象 健康づくり運動サポーターの会
懇談会の場所 カミーリヤ 視聴覚室
内容 懇談(70分)、健康体操等(30分)
懇談会の参加者 団体10人、市11人

 通算第19回目となる移動市長室をカミーリヤで開催し、健康づくり運動サポーターの会と懇談を行いました。同会からは、宮本会長をはじめとした10人の役員・運営委員の皆さまに出席していただきました。
 健康づくり運動サポーターの会は、市が行っている「健康づくりサポーター養成講習会」修了者によって平成22年に結成され、現在会員は102人います。また、同会は各地区においてミニウォーキングや健康に関するさまざまな講座等を開催し、地域住民の健康づくりに積極的に取り組んでいることから、平成25年1月30日に福岡県から健康運動推進実践グループ奨励賞を受賞しました。
 この日の懇談では、健康づくり運動サポーターの会の活動経緯や活動目的等を説明していただいたほか、免疫力向上等の効果がある「笑いヨガ」や有酸素運動の「リズム体操」、そして「筑紫野恋歌」の健康体操を体験させていただきました。
 また、講座の参加者に楽しかったと言ってもらえることがとても嬉しく、それがやりがいになっていると教えていただいたほか、高齢の方に無理なく運動していただくためのさまざまな工夫、会員が高齢化しているため新規会員の確保が必要であるといった課題、新規会員を確保するために運動サポーターの養成を継続してほしいという市へのお願い等、さまざまな意見を交換しました。
 懇談会でうかがった大切な提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3

市長の一言

移動市長室の様子その4集合写真

 皆さまには、高齢者支援学級やウォーキングの支援、健康に関するさまざまな講座の開催を通して市民の健康づくりにご協力いただいており、心から感謝申し上げます。
 皆さまが、高齢者や体を動かすことに慣れていない一般人に対して、体を動かすことを楽しんでもらえるよう、さまざまな工夫をしながら活動に取り組んでおられる姿に心から敬意を表します。
 筑紫野市を明るく元気なまちにしていくために、今後ともご協力をいただきますようお願いいたします。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/236KB]

あいさつ動画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?