ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第23回移動市長室(平成25年6月)

本文

第23回移動市長室(平成25年6月)

記事ID:0001402 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

サークル活動の活性化について

概要
日時 平成25年6月27日(木曜日) 14時から16時
対象 天拝坂区
懇談会の場所 天拝坂公民館
内容 懇談120分
懇談会の参加者 団体25人、市11人

 通算23回目となる移動市長室を、天拝坂公民館で開催しました。天拝坂区の皆様と市民活動をテーマに懇談を行い、北田区長をはじめ区内のサークル団体の方など、計25人に出席していただきました。
 天拝坂区は筑紫野市の北西部に位置し、昭和62年から平成7年の塔原・杉塚土地区画整理事業に伴い住宅地が整備されました。行政区としての天拝坂区は平成4年に発足し、平成25年6月1日現在では、人口3,061人、1,026世帯となっています。

 この日の移動市長室は、「天拝坂混声合唱団」の皆様による筑紫野恋歌の合唱から始まり、そのすばらしい歌声により歓迎を受けました。
 懇談では、まず天拝坂区の自治会の歴史や活動内容の紹介があり、公民館を利用して多くの住民サークルなどが活発に活動していることなどの説明がありました。その後、5つのサークル、「天拝坂混声合唱団」「天拝子育てサロン(てんとうむしClub)」「天拝蛍の会」「天拝坂小学生会育成会」「六者懇」の参加者による活動紹介がありました。それぞれのサークルに歴史や理念があり、充実した活動を独自に、また、ときに連携しながら行っていることを話していただきました。
 懇談の中で、少子化に伴い天拝小学校を小中一貫校にしてはどうかといったことや、カミーリヤで行っている幼児対象の健康診断の地域での実施、地域における子育て支援にむけた育ジイ養成講座などの公民館での開催、天拝坂区の防災や避難場所などについて、さまざまなご意見、ご要望をいただきました。また、行政をより身近に感じてもらうため、天拝坂区近隣に関連する市の事業について、藤田市長から解説を行いました。
 懇談の中での提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3

市長の一言

移動市長室の様子その4

 本年度は、特色のある取り組みなどを行っている地域の方のお話をお伺いするため、行政区を中心に移動市長室を実施していく予定です。
 天拝坂区では、子どもからお年寄りまで参加できる様々なサークル活動が活発に行われていると聞き及んでおりましたが、本日の懇談を通じて、北田区長をはじめ、住民の皆様が一体となり、天拝坂にお住まいの方々の結びつきを強めるために活発に活動されている姿を知ることができ、非常に感銘を受けました。
 また、皆様の生き生きとしたお姿を拝見いたしまして、サークル活動が住民の心地よい居場所や仲間づくりに大きく貢献している事を改めて確認させていただきました。
 今日の懇談の中で出されました、思いやお願いを真摯に受け止め、解決のための取り組みを早期に進めていきたいと思います。
 天拝坂区の皆様、誠にありがとうございました。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/319KB]

あいさつ動画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?