ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第25回移動市長室(平成25年8月)

本文

第25回移動市長室(平成25年8月)

記事ID:0001400 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

放課後児童クラブの運営について

概要
日時 平成25年8月7日(水曜日) 19時から20時10分
対象 特定非営利活動法人ちくしっ子ネットワーク
懇談会の場所 筑紫野市役所 第1別館 第11会議室
内容 懇談70分
懇談会の参加者 団体15人、市9人

 通算25回目となる移動市長室を、市役所第11会議室で開催しました。特定非営利活動法人「ちくしっ子ネットワーク」と懇談を行い、横田理事長をはじめ15人の理事の皆さまに出席していただきました。
 「ちくしっ子ネットワーク」は、市から委託を受け、市内の放課後児童クラブ(学童保育)の運営や施設・設備の管理を、各学童保育所の保護者会と連携して行っています。放課後児童クラブは11の全市立小学校に設置されており、平日の放課後や土曜日、夏休み期間中などに、平成25年5月現在のべ1203人の児童が通っています。
 「ちくしっ子ネットワーク」は、平成18年5月に、それまでの個人事業に位置づけられる学童保育連絡協議会から法人事業への転換を目指して設立されました。運営を行う理事の多くは、放課後児童クラブに児童を預けている保護者であり、ボランティアで携わっています。

 懇談では、「ちくしっ子ネットワーク」の概要や、組織体制強化のために行った、理事の任期延長、常勤専務理事の設置、ホームページ開設などの取り組みについて説明を受けました。
 また、住人増加や法改正による対象年齢の引き上げにより放課後児童クラブの児童数増加が予測されること、それに伴う指導員の人材確保などの課題や対応について意見交換を行いました。
 その後、行政をより身近に感じてもらうため、子育て行政に関連する市の事業について、市長から解説を行いました。
 懇談の中での提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3

市長の一言

移動市長室の様子その4

 「ちくしっ子ネットワーク」の皆様には、放課後児童クラブの運営にご尽力いただいており、深く感謝申し上げます。懇談の中で、現状と課題をお聞きいたしまして、本当に厳しい状況の中で活動されている事を再確認させていただきました。
 放課後児童クラブは、女性の社会進出、共働き世帯の増加等による社会情勢の変化に伴い入所希望者が年々増加しており、子育て支援対策の充実の観点から本市にとりましても重要な施策であると認識いたしております。
 保護者会を中心とする「ちくしっ子ネットワーク」に運営を一括して受託いただき実施することで、きめ細かなサービスが図られており、市民協働の素晴らしいひとつの形態を成しているところです。市といたしましても、より一層のサービス向上を図るために、お伺いした意見や課題を真摯に受け止め、取り組みを進めてまいりたいと考えます。
 「ちくしっ子ネットワーク」の皆様、本当にありがとうございました。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/243KB]

あいさつ動画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?