ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第42回移動市長室(平成26年12月)

本文

第42回移動市長室(平成26年12月)

記事ID:0001383 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

高齢者の生活支援について

概要
日時 平成26年12月25日(木曜日)9時55分から11時50分
対象 岡田地区高齢者生活支援ボランティア団体
(たんぽぽの会、よりあいカフェ、岡田サポート倶楽部、独書会)
場所 岡田公民館
内容 懇談115分
参加者 団体16人、市9人

 通算42回目となる移動市長室を、岡田公民館で開催し、岡田地区の高齢者生活支援ボランティア団体と懇談を行いました。公民館長および4団体から合計16人の皆様に出席していただきました。
 この日、懇談を行った4団体は、岡田地区において公民館を拠点として、高齢者の生活支援などのボランティア活動を行っています。岡田区は、従来からの住民と新しく転入してきた住民が混在する住宅地で、人口2,016人、726世帯、高齢化率は8.58%(平成26年9月30日現在)と市内で一番低い数字ですが、独居高齢者を含め、近隣住民との付き合いが希薄になりがちな高齢者の暮らしを見守ることを目指して、それぞれの団体が活動に取り組んでいます。

 懇談では、各団体の活動内容や共通する課題について報告を受けた後に、団体ごとに質疑応答を行い、活動に至った経緯や課題、今後の展開などについて理解を深めることができました。
 いきいき福祉サロン「たんぽぽの会」は、平成10年10月に設立され、毎週月曜日、元気高齢者を対象に、岡田公民館またはカミーリヤグラウンドで活動されています。皆で予定を計画し、交替での食事当番や掃除など、できることを自分たちで行い合うという自主性を大切にしてあり、高い参加率につながっています。
 いきいき福祉サロン「よりあいカフェ」は、生きがい通所対策事業を前身として平成24年4月に設立され、毎週水曜日、平均年齢80歳の独居高齢者を対象に、岡田公民館で活動されています。週代わりで内容を構成し、支援スタッフが食事の準備をしてありますが、支える側にとっても励みとなっているとのことでした。
 岡田サポート倶楽部は、平成25年4月に設立され、地域の高齢者が安心して生活できるように支援するため、電球の取替・粗大ゴミの処理・屋内掃除・除草作業などの活動を行ってあります。会員の経験や知識を結集し、無理をせずに楽しみながらをモットーに、平成25年度は39件の依頼を受けられました。
 独書会は、公民館に文化的教室がなかったことから、平成23年に立ち上げられ、毎週火曜日、岡田公民館を主に、地域行事の場で活動されています。会員のやる気と個性を活かし、温故知新の精神で、岡田地区の新旧住民の架け橋となれるよう、柿渋染めや紙芝居、しめ縄づくりなど行ってあります。
 その後、行政をより身近に感じてもらうため、本年度予算や高齢者生活支援に関係する市の事業について、説明を行いました。

 懇談の中での提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1集合写真
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3
移動市長室の様子その4
移動市長室の様子その5

市長の一言

移動市長室の様子その6

 和やかな懇談会の中で、本当に一生懸命皆さん方が岡田地区のことを考え、一緒になって、まちづくりをしていただいている、その取り組みがよく理解ができて、本当によい移動市長室だったと感謝をしているところでございます。
 非常に内容の濃いよいお話の中から、これからのサロン、あるいはこれからのまちづくりに大きい示唆をいただいたとありがたく感じ取りました。
 皆様、どうもありがとうございました。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/326KB]

あいさつ動画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?