ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第54回移動市長室(平成28年1月)

本文

第54回移動市長室(平成28年1月)

記事ID:0001369 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

本町区の概要と主な活動について

概要
日時 平成28年1月26日(火曜日)14時から15時55分
対象 本町区
場所 本町公民館
内容 懇談115分
参加者 団体18人、市12人

 通算54回目となる移動市長室を、本町公民館で開催しました。椎葉区長をはじめ地域の皆様、日本経済大学の皆様18人に出席していただき、本町区の活動について懇談を行いました。

 本町区は、筑紫野市の中央平野部に位置し、区域内には、西鉄大牟田線や主要地方道筑紫野古賀線が通り、鷺田川が迎田橋・橋口橋付近で高尾川と合流しています。平成27年9月30日現在、人口1,468人、759世帯が暮らしており、65歳以上の高齢者の占める割合は22.62%(市全体22.41%)となっています。
 二日市宿は、日田街道の宿場として栄え、それを伝えるようなクランク状の道筋が中央通り商店街から本町商店街にかけて残っています。

 この日の移動市長室では、本町区の概要と主な活動について報告を受けました。
 町内事業などの情報を広く周知をするために本町新聞「ほんによかまち」を毎月発行しており、平成7年6月に第1号を発行してから現在までに第249号に達したこと、平成4年から実施の河川清掃は、鷺田川の本町郵便局の下から太宰府市境までの約800メートルを毎月第三日曜日に行っていること、捨てればごみ、活かせば資源を実現するため資源ごみ回収を平成5年から実施していること、花いっぱい運動として本町公園、橋口橋、迎田橋付近に花を植えていること、高齢者と子どもたちの交流や区民間の親睦を深めるため七夕夏祭りや餅つき大会を実施していることなど、さまざまな行事についての報告を受けました。また、平成25年からは日本経済大学の学生が夏祭りや餅つきにボランティアとして参加しており、留学生も含めた学生と地域との交流が図られていること、学生ボランティアが貴重な担い手になっていることも聞かせていただきました。

 そして、報告内容の質疑応答や行政をより身近に感じてもらうため、予算や施政方針について説明を行いました。その後、ごみ収集の問題や河川改修事業についてなど、意見交換を行いました。
 懇談の中での提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
本町新聞
移動市長室の様子その2移動市長室の様子その3
移動市長室の様子その4
移動市長室の様子その5

市長の一言

移動市長室の様子その6

 とても多くの資料をご準備いただき、熱心な活動報告をしていただいて、皆さんがつながりを大切にしながら、活発に楽しく活動してある様子がよくわかりました。
 また、懇談の中で、河川改修事業を進めるにあたって、ご迷惑をおかけしている皆さん方が前向きに受け止めて話をしていただいたというのは、本当にありがたいことだと感じております。事業の完成に向け、全力で取り組んでまいりたいと思います。
 今日は貴重なご意見をお聞かせいただきまして、心から感謝申し上げます。
 本町区の皆様、どうもありがとうございました。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/332KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?