ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険 > 被保険者資格証明書の取扱いについて(新型コロナウイルス感染症関連)
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康・福祉 > 感染症 > 国民健康保険 > 被保険者資格証明書の取扱いについて(新型コロナウイルス感染症関連)

本文

被保険者資格証明書の取扱いについて(新型コロナウイルス感染症関連)

記事ID:0003404 更新日:2021年2月19日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症に関する被保険者資格証明書の取扱いについて

発熱等による診療・検査医療機関受診時の取扱い

 発熱等の症状が生じた場合には、かかりつけ医等の身近な医療機関や受診・相談センターに電話相談を行い、都道府県が指定する診療・検査医療機関を受診することになります。
 このうち、国民健康保険に加入している人で、国民健康保険被保険者証資格証明書(資格証明書)を交付されている人でも、発熱等の症状で診療・検査医療機関等を受診する際には、資格証明書を提示することで、保険証を提示したときと同様の窓口負担割合で受診することができます。

 詳しくは、次のリンク先をご参照ください
新型コロナウイルス感染症に係る診療・検査医療機関の受診時における被保険者資格証明書の取扱いについて(福岡県ホームページ)<外部リンク>

軽症者等の宿泊療養および自宅療養期間中の取扱い

 新型コロナウイルス感染症の患者となった人のうち、高齢者や基礎疾患を有するなど以外の人で、症状がないまたは医学的に症状が軽い人については、宿泊療養および自宅療養を行っています。
 このうち、国民健康保険に加入している人で、国民健康保険被保険者資格証明書(資格証明書)を交付されている人でも、保険医療機関等を受診する際には、資格証明書を提示することで、保険証を提示したときと同様の窓口負担割合で受診することができます。

 詳しくは、次のリンク先をご参照ください
新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養及び自宅療養期間中における被保険者資格証明書の取扱いについて(福岡県ホームページ)<外部リンク>

被保険者資格証明書とは

 特別な事情の届出等もなく、国民健康保険税を長期間滞納している世帯に交付されます。
 医療機関で資格証明書を提示すると保険診療を受けることができますが、10割自己負担となります。

 詳しくは、次のリンク先をご参照ください
 「国民健康保険被保険者資格証明書(資格証明書)が届きましたが、保険証とどう違うのですか?」

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?