ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(税金)の中の固定資産税・都市計画税から生産性向上特別措置法に基づく固定資産税の特例について
更新日: 2018年8月21日
 

生産性向上特別措置法に基づく固定資産税の特例について

生産性向上特別措置法に基づく固定資産税の特例について

筑紫野市では生産性向上特別措置法に基づく支援措置の一つとして、事業者から申請し市が認定した先端設備等導入計画に基づき取得された資産について、3年間固定資産税がゼロになります。            

固定資産税(償却資産)の特例を受けるための要件
 
要件
 内容
 
対象者
資本金1億円以下の法人、従業員1,000人以下の個人事業主等のうち、先端設備等導入計画の認定を受けた者(大企業の子会社を除く)
 
対象設備
生産性向上に資する指標が旧モデル比で年平均1%以上向上する下記の設備
 【減価償却費の種類(最低取得価額)/販売開始時期】
  • 機械装置(160万円以上/10年以内)
  • 測定工具および検査工具(30万円以上/5年以内)
  • 器具備品(30万円以上/6年以内)
  • 建物付帯設備(60万円以上/14年以内)
※家屋と一体になっているものを除く
 
その他要件
  • 生産、販売活動等の用に直接供されるものであること
  • 中古資産でないこと
 
取得期間
2018年6月6日から2021年3月31日までに取得した設備(償却資産)

固定資産税の特例を受ける際のフロー図

固定資産税の特例のフロー図

先端設備等導入計画の認定に関する申請受付窓口

環境経済部 商工観光課
生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定申請受付について

先端設備等導入計画、固定資産税特例等に関するQ&A
(中小企業庁ホームページより。平成30年5月25日現在)

先端設備等導入計画、固定資産税特例等に関するQ&Aについては、中小企業庁のホームページの概要資料等をご覧ください。
生産性特別措置法による支援方法(中小企業庁ホームページ)


固定資産税(償却資産)の申告

認定を得て、設備導入を行った後、1月31日までに下記の書類を提出し、申告を行ってください。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 税務課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス