ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の個人番号カード・通知カードから通知カードの廃止について
更新日: 2020年5月20日
 

通知カードの廃止について

法律の改正により、通知カードは令和2年5月25日に廃止されます。

通知カードの廃止後の取り扱いについて

通知カード廃止後は、以下の1、2の手続きができなくなりますのでご注意ください。

1.通知カードの再交付申請の手続き

通知カード廃止後は、通知カードの再交付申請ができなくなります。
再交付が必要な人は、5月25日より前に市民課窓口で通知カード再交付申請の手続きを行ってください。
再交付申請には一人あたり手数料500円が必要です。
本人確認書類 A1点もしくはB2点 (本人確認書類一覧参照)が必要です。
詳しくは市民課までお問い合わせください。

本人確認書類一覧

本人確認書類一覧
A
【官公署から発行された顔写真付きのもの】
運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のもの)、住民基本台帳カード(顔写真付き)、旅券、障がい者手帳 など
B
【「氏名と住所」もしくは「氏名と生年月日」の記載のあるもの】
※Bのうち1点は、公的機関が発行したもの
健康保険証、介護保険被保険者証、年金手帳、生活保護受給者証、こども医療証、預金通帳、診察券 など

2.通知カードの表面記載事項変更の手続き

通知カード廃止後は、通知カードの表面記載事項変更ができなくなります。

通知カードを個人番号(マイナンバー)を証明する書類として使用するためには、通知カードの表面記載事項(住所、氏名等)が住民票の記載内容と一致している必要があります。一致していない場合は個人番号(マイナンバー)を証明する書類として使用できませんのでご注意ください。
表面記載事項変更が必要な人は、5月25日より前に市民課窓口に通知カードをご持参ください。

通知カード廃止後の個人番号(マイナンバー)の確認方法

すでに、個人番号(マイナンバー)が付番されている人で、ご自身の個人番号(マイナンバー)を確認したい場合は、以下の1、2の方法で手続きを行ってください。

1.個人番号カード(マイナンバーカード)を申請する

個人番号カード(マイナンバーカード)は初回交付に限り、無料で作成することができます。
個人番号カード(マイナンバーカード)の申請については、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)の「個人番号カード総合サイト」をご確認ください。

※令和2年5月現在、作成までに約1カ月から2カ月ほどかかりますのでご注意ください。

2.個人番号(マイナンバー)が記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」を申請する

市役所1階11番窓口か、お近くの出張所(コミュニティセンター)(詳しくは各出張所(コミュニティ-センター)のご案内をご参照ください)で個人番号(マイナンバー)が記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」を請求することができます。
一通あたり手数料300円が必要です。

なお、「住民票の写し」および「住民票記載事項証明書」には、原則、個人番号(マイナンバー)は記載されませんので、必要な人は受付窓口で必ず口頭でお申し付けください。

「住民票の写し」および「住民票記載事項証明書」等の請求については住民票に関する証明書について(一覧)をご参照ください。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 市民課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス