ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の戸籍・印鑑・住民票・住民登録・外国人住民から住民票、マイナンバーカード等への旧姓併記について
更新日: 2019年10月28日
 

住民票、マイナンバーカードなどへの旧姓併記について

令和元年11月5日から希望する方は請求をすれば、住民票に氏名と一緒に旧姓を記載することができます。
これにより、婚姻などで氏に変更があった場合でも、旧姓を住民票やマイナンバーカードに記載し、本人確認や各種証明書で使用することができます。

住民票に記載すると旧姓が併記されるもの

  • マイナンバーカード
  • 公的個人認証サービスの署名用電子証明書
  • 印鑑登録証明書
  ※印鑑登録は住民票に記載した旧姓の印鑑で登録することができます

請求手続きに必要なもの

  • 戸籍謄本(または抄本)
    ※現在の戸籍謄本で旧姓が確認できない場合は、旧姓が分かる戸籍謄本などから現在の戸籍に至る全ての戸籍謄本などが必要です。
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、保険証など)
  • 代理人が請求する場合は委任状と代理人の本人確認書類(運転免許証、旅券、健康保険証など)
  • 法定代理人が請求する場合は法定代理人であることを証明する書類(戸籍謄本その他の資格を証明する書類)
    同一世帯で親子関係にある場合は不要です。


本制度について詳しくは以下の総務省のホームページをご覧ください。
住民票、マイナンバーカード等への旧氏併記について

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 市民課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-920-7575


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス