筑紫野市文化振興計画

 市では、平成20年12月の筑紫野市文化振興計画策定審議会の答申をもとに、本市において取り組むべき文化振興の指針となる文化振興計画を策定しました。

 今後は、この計画に基づき文化の振興に関する施策を総合的、効果的に推進していきながら、市民と行政が協働して文化活動の創造に取り組むまちづくりの実現に向けて取り組んでいきます。


基本理念

 筑紫野市の地勢は、その中央に幅1キロメートルほどの細長い平野が南北に延びています。その東には周防灘沿岸から続く山塊が、また西には五島灘沿岸から続く山々が迫ります。 

 この山々に挟まれた細長い平野こそが九州北部沿岸部と九州内陸部を結ぶ唯一の平坦な路として、本市の歴史や文化を特色づけるものとなりました 

 黒潮の文化、大陸や朝鮮半島の文化、また京や江戸の文化など、いにしえより常に最新の文化の風が吹き渡っている「ちくしの」。

 私たちの先達は、さまざまな文化の風を受け入れながら、自らも独自の風を巻き起こしてきました。

 現代に生きる私たちも、本市の豊かな風土や伝統文化を大切にし、市民一人ひとりが日々の生活のなかで文化に親しみながら豊かな感性を育み、また自らのさまざまな活動や交流を通して筑紫野らしい文化を創造し、絶えることのない文化の風を起こしていくことをめざします。


「 文化の風が吹くまち ちくしの 」


計画書ダウンロード (各項目をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます)