ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の共同調理場から学校給食共同調理場の沿革
更新日: 2018年6月4日
 

3.学校給食共同調理場の沿革

1.当初は単独調理方式で実施

 昭和22年から山口小学校などで脱脂粉乳給食が開始され、翌23年には米国から提供された缶詰や児童が持参した物資で給食を行い、さらに、同25年からは主食だけを持参する副食給食が実施された。
 現在、実施している週5日の完全給食は、昭和29年9月から筑紫小学校で開始され、翌30年山家小学校、山口小学校で、翌31年に平等寺小学校で、翌32年に吉木小学校、阿志岐小学校、竜岩小学校で、昭和35年に二日市小学校、二日市東小学校で実施され、市内全小学校の足並みが揃った。
 中学校では、昭和39年4月から週5日の牛乳給食が市内全校で開始された。

2.現在は共同調理場方式で実施

 学校給食は、単独調理方式で行っていたが、各小学校校舎が老朽化し改築を迫られ、また、各中学校においては、調理施設の新設が必要であった。
 そこで、昭和46年1月に合理的効率的に運営が図られる共同調理場として、大字二日市760番地の1 (現在の二日市西一丁目)に鉄骨一階建、建築面積502平方メートル、最大調理能力6,000食の施設を新築し、同年9月から小学校児童に、同年11月から中学校全校生徒に完全給食を開始した。
 また、昭和50年11月から56年3月まで、筑紫小学校は一時的に単独調理に切り替えた。
 その後,発展とともに児童生徒もが増加していった。
 このような状況下で調理施設の増築が必要になり、昭和56年7月、大字永岡に鉄骨二階建、建築面積2,393平方メートルを新設し、同年9月から市内全小中学校児童生徒に完全給食を開始した。
 また、昭和58年8月に衛生的に運搬する必要からコンテナ室、平成7年8月に洗浄室を増築し、建築総面積2,673 平方メートルとなる。
 さらに、衛生管理の観点からウェット方式施設でのドライ運用を目指して、平成12年から13年度にかけて施設設備の改修や職員の研修に努めてきている。
 平成26年度において調理部分の大規模改修を行い、耐震化・空調設備の導入および調理場内のドライ仕様・スチームジェットオーブンの導入や各部分の部屋の分離など衛生管理基準に則って調理が行えることとなった。
 現在、市内小中学校児童生徒に完全給食を実施し、調理数約9,700食を供給している。

3.米飯給食について

 筑紫野市では、昭和49年から小中学校全児童生徒に月1回、昭和60年2月から週2.5回、平成10年4月から週3回、平成17年からは週3.5回、平成27年からは週4回の米飯給食を実施している。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 学校給食課
電話番号: 092-923-6466
ファックス番号: 092-923-5333


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス