城山道(きのやまみち)(りゅう)(みょう)()地区遺跡の古代官道(かんどう)[立明寺]

 「城山道」と呼ばれる古代道は、()(ざい)(のそち)であった(おお)(ともの)(たび)()が任を終えて都へ帰った後に、(ちく)()(のかみ)葛井(ふじいの)(むらじ)大成(おおなり)が悲しみを詠んだ歌にのみ残されています。

  今よりは 城の山道は寂しけむ 我が通はむと 思ひしものを(万葉集巻4-576)

 そのルートはほとんど解明されていませんが、基肄(きい)(じょう)の東麓を抜けて()(ざい)()と筑後国を結び、基肄(うま)()を経由する直線道が推定されています。

 平成20(2008)年6月から8月にかけて発掘調査した立明寺地区遺跡C地点で、奈良時代(約1,200年前)の古代官道と考えられる遺構が見つかりました。これは今日まで推定されていなかった未知の官道で、城山道につながる可能性があります。

遺跡周辺遠景
遺跡周辺遠景(北から)
 
立明寺地区遺跡C地点の古代道
立明寺地区遺跡C地点の古代道(北から)