3)確認・試掘調査とは

 確認・試掘調査は、その土地に文化財があるかどうかを事前に確認するために行います。一般的にはバックホー(重機)を用い、幅約1メートルから2メートルの試掘坑(トレンチ)を1本から数本、帯状に掘削します。その長さや深さは、地形や面積等によって変わります。

 調査に係る直接的な費用は、大規模なものを除き市が負担します。ただし、重機の進入路の確保や樹木の伐採、耕作物の除去、調査後の管理などは照会者が行ってください。

トレンチ
文化財が見つかったときの様子

矢印4)発掘届とは(文化財保護法第93条第1項)