ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の介護保険から平成30年度介護保険制度の改正について
更新日: 2018年4月5日
 

平成30年度介護保険制度の改正について

制度改正の概要

第158回社会保障審議会介護給付費分科会資料

平成304月から

  • 国が定める介護報酬が改定されました。そのため、サービスを利用するときの利用者負担も変わりました。
  • 介護保険の財源構成が変更され、財源の半分を担う介護保険料の負担割合が、65歳以上の人は23%に、40歳から64歳の人は27%になりました。</LI>
  • 介護保険施設に介護療養型医療施設の転換施設として「介護医療院」が創設されました。
  • 「共生型サービス」が創設され、指定を受けた障害福祉サービス事業所で介護保険のサービスを受けられるようになりました。

平成308月から

  • 2割負担の人のうち、特に所得の高い人の負担割合が3割になります。本人の合計所得金額が220万円以上で、同じ世帯の65歳以上の人の「年金収入とその他の合計所得金額の合計」が単身の場合340万円以上、2人以上世帯の場合463万円以上の人は、サービスを利用した際の利用者負担割合が3割となります。
  • 高額医療・高額介護合算制度の現役並み所得者の区分が細分化され、課税所得380万円以上690万円未満の人と、課税所得690万円以上の人は限度額が変更されます。
  • 利用者負担割合、高額介護サービス費、特定入所者介護サービス費の算定の合計所得金額の取り扱いが変わります。合計所得金額から「長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除額」を控除した額を用います。


平成3010月から

  • 福祉用具の全国平均貸与価格が公表され、上限額が設定されます。利用者に対して、全国平均貸与価格と事業者の貸与価格の提示と、機能の説明が義務づけられます。

※新しい介護保険制度の詳しい内容は、「平成30年度版みんな笑顔で介護保険」をご覧ください。5月中旬より市役所高齢者支援課及び市内地域包括支援センターに設置します。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 高齢者支援課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-920-1786


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス