風しんの感染に注意しましょう

 現在、関東地方で風しんの届出数が増加しています。

 風しんの感染にご注意ください。


風しんとは

 風しんウイルスの感染によって起こる急性ウイルス性の発疹症です。

 潜伏期間は2、3週間で、発しん、発熱、リンパ節の腫れが主な症状です。発しんも熱も約3日で治るので、「三日ばしか」とも呼ばれることがあります。

 大人になってからかかると、その症状は乳幼児に比べて重くなる傾向があり、高熱の持続や関節痛の頻度が高いとされています。

 妊婦が妊娠早期に風しんウイルスに感染すると、胎児にも感染し、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により、心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った子どもが生まれる可能性が高くなります。

風しんの予防のために

 風しんは、感染者のせきやくしゃみなどから排出された風しんウイルスが、口や鼻などの粘膜に直接触れることによって感染します(飛沫感染)。

 風しんにかかったことがない場合は、予防接種を受ける、風しんが流行している場合は人ごみを避ける、感染しないようマスク等を着用し手洗いうがいを心がける等感染防止に注意してください。

先天性風しん症候群を予防しましょう

 妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。

 風しんの予防には、ワクチンを接種し、風しんに対する抵抗力(免疫)をつけることが有効ですので、ワクチン接種をご検討ください。(妊娠中は風しんワクチンの接種はできません)

風しんの抗体検査について

 風しんに対する十分な免疫があるかどうかは、抗体検査で確認することができます。福岡県では、風しんワクチン接種を促すために、県内の契約医療機関において、風しん抗体検査を無料で実施しています。対象者、実施方法等詳しくは福岡県のホームページをご確認ください。

 「平成30年度風しん抗体検査(無料)の実施について」はこちら


関連情報

 「【福岡県 風しん情報】先天性風しん症候群の発生を予防するために(福岡県)」はこちら
 「風しんについて(厚生労働省)」はこちら