ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の上・下水道から指定給水装置工事事業者制度の更新制導入について
更新日: 2019年10月1日
 

指定給水装置工事事業者制度の更新制導入について

 水道法の一部が改正されたことに伴い、令和元年10月1日より指定の更新が導入されました。
 この改正法により、指定の有効期限が従来の無期限から5年間となることから、指定給水装置工事事業者の皆さんにおかれましては、継続して給水装置工事を行う場合、有効期間内での更新手続きが必要となります。

初回の有効期間について

初回の有効期間は、指定を受けた日によって異なります。
指定を受けた日 初回更新時までの指定の有効期間 指定番号
平成10年4月1日から平成11年3月31日令和2年9月29日までの1年間1から47
平成11年4月1日から平成15年3月31日令和3年9月29日までの2年間50から146
平成15年4月1日から平成19年3月31日令和4年9月29日までの3年間147から194
平成19年4月1日から平成25年3月31日令和5年9月29日までの4年間195から241
平成25年4月1日から令和元年9月30日令和6年9月29日までの5年間243から308

指定更新の要件

 指定更新の要件は水道法25条の3(指定の基準)を準用します。
(1)事業所ごとに給水装置工事主任技術者を選任すること。
(2)厚生労働省で定める機械器具を有すること。
(3)欠格要件に該当しないこと。

指定更新申請時に確認する4項目

 適正に給水装置工事の事業を運営していることを確認します。
(1)給水装置工事事業者の講習会の受講実績
(2)給水装置工事事業者の業務内容(営業時間、漏水修繕、対応工事など)
(3)給水装置工事主任技術者の研修会の受講状況
(4)適切に作業を行うことができる技能を有する者の従事状況


※確認した内容の一部を筑紫野市のホームページで公表します。

指定給水装置工事事業者制度の更新制の導入に関する資料

更新制の導入に関するチラシはこちら(218kbyte)pdf

給水装置工事事業者 指定・更新申請について

給水装置工事事業者 指定・更新申請についてのページはこちら

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 環境経済部 上下水道工務課 給排水担当
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-7977


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス