質問

水道水の残留塩素が気になるのですが、大丈夫でしょうか。

回答

残留塩素は、水道水の消毒のため含まれており、細菌等が繁殖するのを防ぐ大切な働きをしています。
残留塩素がない水道水は病原菌で汚染されるおそれがあり、安全とは言えません。
水道法では、水道水(給水栓)の残留塩素は0.1mg/L以上あることが義務づけられており、1.0mg/L以下とするように目標値が設定されています。この量は、健康に影響があるものではありません。
塩素のにおいが気になる場合の水道水のおいしい飲み方については、こちらをご覧ください。
水道水をおいしく飲むコツ