筑紫野市祭「二日市温泉と天拝山観月会」


開催日
開催場所 天拝公園
武蔵寺
概要  菅原道真公が昌泰四年に太宰府は南館榎寺に流されて天拝山に百日間登り続け山頂の岩に立ち、天をふり仰いで自分の無実を訴えると共に天皇のご安泰と国民の平和を祈られた故事により管公の霊を毎年慰めるため、秋の夜に開催されます。
 この夜は、武蔵寺境内・天拝公園・天拝山頂に迎え火が焚かれます。この火は太宰府天満宮から届けられたご神火をリレーして天拝山頂・武蔵寺・天拝公園等に次々に火を灯します。天拝公園ではバザー・演芸等、武蔵寺では俳句会等が行われます。
主催 筑紫野市祭「二日市温泉と天拝山観月会」実行委員会
お問合せ 092-922-2361(筑紫野市商工会内)