市章・シンボルマーク

市章

 
市章

 ちくしのの「ち」を図案化したもので、上部の突き出た部分は“躍進”を、外周の円は“融和と豊かさ”を表しています。
 昭和33年「筑紫野町章」として制定されたものが、昭和47年の市制施行により「筑紫野市章」となったものです。


シンボルマーク (平成2年制定)

 
シンボルマーク

 第45回国民体育大会「とびうめ国体」の本市開催を契機に制定。椿と温泉をモチーフに、あたたかい心と活力を表現しています。