ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の市民活動からコミュニティ運営協議会(組織)について
更新日: 2017年11月27日
 

コミュニティ運営協議会(組織)について

 筑紫野市では、市と7つのコミュニティ運営協議会(以下、「協議会」)との間でパートナーシップ協定を締結し、地域コミュニティによる協働のまちづくりが進められています。

 このページでは、協議会のことについてご説明します。
 筑紫野市のコミュニティ政策の全容については、次のページをご覧ください。 


「筑紫野市のコミュニティ政策について」のページにリンクしています。


1.協議会の組織

 平成21年3月に策定された「筑紫野市地域コミュニティ基本構想」に基づき、筑紫野市には7つの協議会が設立されています。
 次の表中、「趣意書」「組織図」の欄をクリックすると、各協議会の設立時の趣意書や平成28年度の組織図のpdfファイルを見ることができます。

コミュニティ運営協議会の一覧
コミュニティ 組織の名称 設立年月日 趣意書 組織図
二日市二日市コミュニティ運営協議会平成26年12月20日12
二日市東二日市東コミュニティ運営協議会平成26年12月14日12
山口山口コミュニティ運営協議会平成26年10月5日12
御笠御笠まちづくり振興会平成25年6月30日12
山家山家コミュニティ運営協議会平成23年6月5日12
筑紫筑紫よかまち協議会平成26年12月21日12
筑紫南筑紫南コミュニティ運営協議会平成26年12月14日12

2.協議会の事務所

 筑紫野市コミュニティパートナーシップ協定に基づき、コミュニティセンター内に協議会の事務所を設置しています。
 事務所には、有志の地域住民や、協議会の役員、市職員などが交代で常駐しています。

コミュニティ運営協議会事務所の一覧
コミュニティ 事務所の場所 開所日 時間 連絡先
二日市二日市コミュニティセンター内週4日 (月曜・火曜・水曜・金曜)10時~16時776-9272 (直通)
二日市東二日市東コミュニティセンター内週4日 (月曜・火曜・水曜・金曜)13時~17時982-2300(直通)
山口山口コミュニティセンター内週3日 (月曜・水曜・木曜)13時~17時 922-2551
御笠御笠コミュニティセンター内週3日 (月曜・水曜・金曜)13時~17時408-6026 (直通)
山家山家コミュニティセンター内週3日 (火曜・木曜・金曜)13時~17時980-7482(直通)
筑紫筑紫コミュニティセンター内週5日 (月曜~金曜)10時~16時577-6654 (直通)
筑紫南筑紫南コミュニティセンター内週5日 (月曜~金曜)10時~16時555-6080 (直通)

・原則として、土日祝日は休みとなっています。
・「」がついている連絡先は、各コミュニティセンターの事務室からの転送となります。


3.協議会の区域

 協議会は、「筑紫野市地域コミュニティ基本構想」による7つのコミュニティ区域ごとに設立されています。

 ・コミュニティの区域図 (248kbyte)pdf


4.協議会の性格と位置づけ

 「筑紫野市地域コミュニティ基本計画」において、次のように位置づけています。

(1) 公共的団体
 協議会は、少数の会員による相互扶助のための団体ではなく、地域における不特定多数の住民を対象とする「公共的団体」としての性格を有します。

(2) 地域課題の解決に当たる組織
 協議会は、「筑紫野市地域コミュニティ基本構想」における望ましい地域コミュニティの姿などを踏まえ、地域における自治の中核を担い、地域におけるさまざまな課題の解決にあたる組織として位置づけられます


5.協議会の構成団体

 自治会などの地縁団体をはじめ、地域内で活動する各種団体によって構成されています。
 新規に加入を希望する団体があれば、各協議会の役員会および運営委員会において受入れの可否を決定しています。
 コミュニティ運営協議会の構成団体は各地域によって異なります。詳細については、前掲の組織図をご覧ください。

(1) 地縁団体(自治会など)
 一般に、区、自治会、町内会などと呼ばれる一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体のことをいいます。日常生活のレベルにおいて住民相互の連絡など地域的な共同活動を行っています。

(2) 地域内で活動する各種団体
 子ども会、老人クラブ、助成会、学校、PTA、小地区公民館、その他NPO・ボランティア団体などを想定しています。
 必ずしも地域住民のみによって構成されたものではなく、企業が法人会員として参画している事例もあります。


6.協議会の活動

 筑紫野市コミュニティパートナーシップ協定において、「地域の自主的かつ自律的な活動または市との協働」によって、まちづくりに取り組むものとしています。

(1) 地域における自主的な活動
 協議会には、地域で考えられたテーマに沿って、部会が置かれています。協議会の活動は、原則として、各部会に所属する各種団体が協働して行っています。
 活動内容は、各部会において企画された後、運営委員会において協議し、総会において活動計画や予算の承認を受け、決定されています。

(2) 市との協働による活動
 協議会では、コミュニティセンター主催講座の共催など、市との協働による活動も行われています。

平成29年度 各コミュニティの活動のまとめ (256kbyte)pdf

平成29年度 各コミュニティ年間行事予定の詳細 (489kbyte)pdf

平成28年度 各コミュニティの活動のまとめ (241kbyte)pdf

平成28年度 各コミュニティ年間行事予定の詳細 (490kbyte)pdf


7.協議会の運営費

 市から協議会に対して「地域コミュニティづくり交付金」「地域まちづくり計画策定支援事業補助金」などの補助を行っているほか、各種団体からの負担金など地域の自主財源によって運営されています。

(1) 地域コミュニティづくり交付金
 平成28年度から新設した補助制度で、次の活動の財源として充てることができます。
・地域の防犯および防災に関する活動
・地域の環境美化および保全に関する活動
・地域の福祉の向上に関する活動
・地域の子育て支援および青少年健全育成に関する活動
・地域の人材育成および生涯学習に関する活動
・市と協議会との協働による活動
・その他地域コミュニティづくりの推進に関する活動

(2) 地域まちづくり計画策定支援事業補助金
 地域課題を解決するための活動について、各協議会が中長期的な計画を策定する場合、市から補助を行うものとしています。


8.市からの支援

 筑紫野市の地域コミュニティづくりは、市と地域との協働によって進められています。
 協議会が主体的かつ活発に運営されるよう、「筑紫野市コミュニティパートナーシップ協定」、「筑紫野市コミュニティ基本計画」、その他関係例規などに基づき、次のような支援を行っています。

(1) 人的支援
・各協議会の担当職員を定め、協議会の主要な会議に出席し、市と地域との連絡役を務めています。
・各コミュニティセンターに事務支援職員を配置し、会議の日程調整、連絡、資料の準備など、各協議会の事務局の支援に当たっています。
・各コミュニティセンター主催講座の共催化や企画の提案、協議会の運営への助言など、各コミュニティセンターの館長、主事が協議会の運営の支援に当たっています。

(2) 物的支援
・コミュニティ運営協議会の活動の拠点施設として、コミュニティセンターの整備を行っています。
・協議会の活動スペースについて、施設の使用を許可しています。
・コミュニティセンターの使用料などについて減免するとともに、備品などを無償貸与しています。

(3) 財政支援
・地域コミュニティづくり交付金、地域まちづくり計画策定支援事業補助金などの補助を行っています。
・地域間の調整、7コミュニティ間の連携、また、今後検討すべき新たな課題への対応していくために、地域コミュニティ推進基金を設置しています。

(4) 情報支援
・市内の各協議会はもとより、他市町村のコミュニティ活動の現況などについて、情報提供を行っています。
・各協議会の主な活動について、広報紙、ホームページ、フェイスブックなどにおいて広報しています。
 また、報道機関など各メディアに対して情報提供や取材要請を行っています。
・各コミュニティセンターに情報コーナーを設置し、各協議会の情報を周知しています。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 総務部 市民協働推進課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス