ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の協働から筑紫地域コミュニティづくり第2回学習会
更新日: 2017年11月7日

筑紫地域コミュニティづくり学習会(2回目)

 

平成25年9月20日 地域コミュニティに関する第2回学習会を開催しました

 
テーマ
地域の現状を共有する
日時
平成25年9月20日(金曜日)19時から21時まで
会場
筑紫野市総合保健福祉センター「カミーリヤ」2階視聴覚室
参加者
110人

【学習会の様子】
 第2回の学習会からはワークショップ形式を採用し、参加者同士の話し合いの場をつくることを重視しました。
 会場は大いに賑わい、参加者からは「こんなに楽しい学習会であれば、1回目からこうして欲しかった」とのご意見も頂きました。

学習会の様子2
学習会の様子1学習会の様子3

 筑紫野市では、自治会より広い範囲でのまちづくりを支える組織として、「地域コミュニティ運営協議会(市内に7つ)」を整備し、これから迎える超高齢社会に対応するための「協働によるまちづくり」の取り組みを進めています。
 筑紫地域(筑紫小学校区。ただし、永岡行政区については、二日市東小学校区を含む)においても、市と筑紫地区区長会とで協議し、これからの地域の在り方を考えるべく、学習会を開催しています。
 これからの地域について考えるためには、まずは、地域が今、どのような現状にあるのかを確認する必要があります。
 そこで、第2回の学習会のテーマは「地域の現状を共有する」とし、参加者を13のグループに分けて、各グループごとに、地域の魅力と問題点について意見を交換しました。


次第

  1. 開会
  2. 筑紫地区区長会会長あいさつ
  3. 筑紫野市市民生活部長あいさつ
  4. 地域コミュニティについて(市民協働推進課説明)【参考資料(1)】
  5. ワークショップ「地域の現状を共有する」【参考資料(2)】
  6. 閉会

参考資料(学習会資料)

 第2回学習会の資料です。
 名称の部分をクリックすると、全文を見ることができます。

アンケート

 学習会に参加した人からのアンケートを集計したところ、約97%の人から参加者同士で意見交換ができたとの回答を頂きました。
 アンケート集計結果の詳細は、こちらからご覧ください。

9月20日学習会アンケート集計結果 (58kbyte)pdf


広報

 学習会の内容については、次の広報紙を作成し、地域の皆さんへお知らせしています。

筑紫地域コミュニティづくり学習会ニュース第1号 (518kbyte)pdf
※10月25日以後、回覧板によりお知らせ。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 総務部 市民協働推進課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス