ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の協働から筑紫野市市民自治基本条例
更新日: 2014年5月8日
 

筑紫野市市民自治基本条例

 

 『筑紫野市市民自治基本条例』が平成22年6月の市議会本会議で可決されました。
 この条例は人と人のつながりを大切にして、笑顔があふれるまちづくりを進めていくための基本的なルールを定めたものです。
 市民・議会・行政それぞれの役割と責務を明確にし、力を合わせて住みよい街づくりを進めていくという理念のもと、自分たちの地域のことは、自分たちで考え、決め、そして行動するという「市民が主役のまちづくり」を目指して制定しました。

 

筑紫野市市民自治基本条例の概要

市民自治基本条例の概要 (1,723kbyte)pdf

 
 

市民自治基本条例

市民自治基本条例 (21kbyte)pdf

市民自治基本条例(逐条解説) (229kbyte)pdf

 

筑紫野市市民自治基本条例策定までの経過

 
条例策定までの経過の一覧
時期 内容
平成20年5月から「市民協働推進本部」を設置し、市民自治基本条例制定についての検討を行った。
平成20年10月から公募市民により、「市民自治基本条例を考える市民委員会」を組織し、市民自治基本条例について議論していただき、提言書を受ける。
(「市民自治基本条例を考える市民委員会」のページにリンクしています)
平成21年4月から「市民協働推進本部」にて提言書を基に検討を行い、市民自治基本条例草案を作成。
平成21年8月から「市民自治基本条例審議会」を設置し、市民自治基本条例草案を諮問する。
平成21年10月パブリックコメントを実施し、市民からの意見を条例に反映する。
平成21年12月「市民自治基本条例審議会」より答申を受ける。
平成22年1月から「市民協働推進本部」にて「市民自治基本条例審議会」からの答申を基に市民自治基本条例原案を作成
平成22年3月議会へ提案

 制定までに約2年間の歳月を要しましたが、市民のみなさんの協力のもと、筑紫野市が新しいまちづくりを行っていくための条例にすることができました。

 ※平成25年3月4日「筑紫野市議会基本条例」の制定により一部改正

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 総務部 市民協働推進課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス