ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の消防・防災から消防団の仕事
更新日: 2014年3月31日

消防団の仕事

消防団とは?

 消防団は、地域住民の生命、身体、財産を火災などの災害から守る防災機関で、社会のために尽くすべく奉仕の精神を持った人々によって組織されています。

法律的な根拠は?

根拠法 消防組織法(昭和22年法律第226号)

(消防の任務)
第1条 消防はその施設および人員を活用して、国民の生命、身体及び財産を火災から保護することを以て、任務とする。

(市町村の消防)
第9条 市町村は、その消防事務を処理するため、左に掲げる機関の全部又は一部を設けなければならない。
(1)消防本部
(2)消防署
(3)消防団

(消防団の設置等)
第15条 消防団の設置、名称及び区域は、条例で定める。
2 消防団の組織は、市町村の規則で定める。
3 消防本部を置く市町村においては、消防団は、消防長又は消防署長の所轄の下に行動するものとし、消防長又は消防署長の命令があるときは、その区域外においても行動することができる。

(消防団員)
第15条の2 消防団に消防団員を置く。
2 消防団員の定数は、条例で定める。

 消防団員の皆さんは、 消防を本業としているわけではありませんが、消防団員に任命されると地方公務員法に規定される特別職の地方公務員としていろいろな制約が発生します。
 しかし、個人として政党に入党したり、公職の候補者になったりの、選挙運動は自由です。
 また、手続きが必要な場合がありますが他の公職に就くことができます。

(消防団員の職務)
第15条の4 消防団員は、上司の指揮監督を受け、消防事務に従事する。消防事務とは消防団の事務全般を言います。

消防団の活動の様子1消防団の活動の様子2

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 総務部 安全安心課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス