ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の交通安全から夜間の道路横断中の事故をなくしましょう
更新日: 2016年2月10日

夜間の道路横断中の事故をなくしましょう

 現在、福岡県では道路横断中の交通事故が多発しています。
 特に、道路横断中の交通事故で死亡した歩行者の約9割が反射材を着用しておらず、一方、相手車両の約9割が前照灯を下向きに点灯していた状況が認められています。
 また、夜間は、昼間に比べてスピードを出しすぎる傾向にあることから、この種の事故は、運転者が歩行者に気づかず、あるいは発見が遅れて、速度を落とすことなく歩行者と衝突してしまい、重大事故に繋がりやすくなっています。
 このような事故を防ぐため次のことを心掛けましょう。

 

歩行者は、反射材の着用や明るい色の服装を心掛けましょう

 暗くなる夕暮れ時や夜間は、自動車から歩行者が見えていないことが多くあります。
 特に、暗くなるのが早くなる秋から冬にかけては、服装も暗い色調になりがちです。
 反射材の着用や明るい色の服装を心掛け、交通事故の被害者になることを防ぎましょう。

反射材の着用

自動車はハイビームを上手に使いましょう。

(1)暗い夜道はハイビーム走行!
 街灯が少ない道や、他に車両のない道を通るときは、ハイビーム走行で運転しましょう。
(2)ロービームへの切り替えも忘れずに!
 他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、ロービームへの切り替え等の操作が義務付けられています。

ハイビームとロービーム

横断歩道での正しいマナーを守りましょう。

 せっかくの横断歩道も正しく利用しないと、交通事故は防げません。
 道路横断中の死亡事故の約半数は横断歩道やその付近で起きています。

横断歩道のマナー

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 総務部 安全安心課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス