ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の交通安全から飲酒運転をしないために知っておくべきこと
更新日: 2017年12月1日
 

飲酒運転をしないために知っておくべきこと

飲酒運転をなくすための3つの約束

約束1 「お酒を飲んだら運転しない」

ドライバー・ライダーはお酒を飲んだら運転せずに、例えば公共交通機関や運転代行業者を利用すること。
運転するならお酒は絶対に飲まず、アルコールが含まれていない飲み物にすること。
また、飲酒運転を避けるために、自動車の鍵を飲食店に預けることも有効です。

約束2 「運転する人にお酒を勧めない」

ドライバー・ライダーにはお酒を勧めたり、飲ませたりしないこと。

約束3 「お酒を飲んだ人に運転させない」

ドライバー・ライダーが飲酒してしまった場合は絶対に運転させないとともに、飲酒して運転する人の車に同乗するのも止めること。
飲食店側では飲酒運転防止のため、自動車の鍵を預かるという対策も。 

飲酒運転につながる よくある間違い

間違い1 「一眠りしたから大丈夫」

睡眠中は肝臓の機能が低下し、アルコール分解速度は遅くなります。
更に時間に余裕を持って考える必要があります。

間違い2 「風呂やサウナで汗を流したから大丈夫」

体内のアルコール分のほとんどは肝臓で分解されます。
汗や尿などでアルコールが抜けることはほとんどありません。

飲酒運転にならないために次のことを守りましょう。

  1. 飲酒するときは体調と翌日に運転を開始する時間を考えて、アルコールが残らないように十分時間に余裕を持って飲酒しましょう。
  2. 運転前にアルコールが残っているかどうかは自分の感覚だけに頼らずに、家族に確認してもらったりしましょう。
  3. アルコールが少しでも残っている場合は、絶対に自分で運転せず、家族に送ってもらったり、公共交通機関を利用するなどしましょう。

飲酒運転には厳罰が待っています。

 飲酒運転で検挙された本人はもちろん、飲酒運転をした人に「酒類を提供した人」、「車両を提供した人」、「同乗した人」も懲役または罰金に処せられます。
 詳しくは、福岡県警察の飲酒運転撲滅のページで確認してください。
福岡県警察「飲酒運転撲滅」のホームページへのリンク

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 総務部 安全安心課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス