弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイルは、発射後わずか数分で着弾します。
 発射後は、エリアメール、テレビ、ラジオ等で情報が発信されます。
 万が一、ミサイルが落下した場合は、爆風や熱から身を守る必要がありますので、情報を受け取った場合は、直ちに次の行動をとってください。


屋外にいる場合

  • くの建物の中か地下に避難してください。
      (注) できれば頑丈な建物が望ましいものの、近くになければ、それ以外の建物でも構いません。
  • 近くに建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守ってください

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

参考 (内閣官房 国民保護ポータルサイトへ)

弾道ミサイル落下時の行動や、Q&A等が掲載されています。詳しくは、以下リンク先からご確認ください。