ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から藤田陽三 市長の動き(平成30年9月)
更新日: 2018年9月20日
 

市長の動き(平成30年9月)

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市」 のため、市長として日々活動しています。ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

9月11日(火曜日) 高校生の迫力ある走りを見せていただきました。

 
九州産業高校第57回体育祭に出席した藤田陽三市長
 
 

 さわやかな秋風が吹く中、九州産業大学付属九州産業高校第57回体育祭に出席しました。部員100人を超す吹奏楽部のマーチング演奏から開会した体育祭は、約2300人の生徒が、これまでの練習の成果を発揮すべく、真剣な表情で、時には笑顔で、各種競技に臨んでいました。生徒たちにとって、青春の素晴らしい思い出になったことと思います。山本理事長、組坂校長をはじめとする関係者の皆様には、生徒たちの健やかな成長にご尽力いただき、感謝申し上げます。

9月8日(土曜日)9日(日曜日) ご長寿をお祝い申し上げます。

敬老会に出席する藤田陽三市長1
        ハーモニー聖和
 
敬老会に出席する藤田陽三市長2
松ヶ浦   
敬老会に出席する藤田陽三市長3
          山家地区
 
敬老会に出席する藤田陽三市長4 
塔原  
 
 

 市内7カ所(ハーモニー聖和、松ヶ浦、山家地区、常松、美しが丘南、塔原、天拝坂)の敬老会に伺いました。各会場とも皆様の元気な姿を拝見することができ、短い時間ではありましたが、感謝と敬老の意を捧げました。皆様には、これからも健康にご留意いただき、いつまでも元気なお姿を見せていただきたいと思います。
 本市でも4人に1人が高齢者という、超高齢社会を迎えました。今後も市民の皆様の健康づくりと福祉充実のため、各団体と連携しながら施策に取り組み、誰もが心豊かに安心して暮らせる地域づくりに邁進してまいります。

9月8日(土曜日) 笑顔の園児たちが、元気に走り回っていました。

 
第3回あおぞら保育園運動会に出席する藤田陽三市長
 
 

 第3回あおぞら保育園運動会が、二日市東小学校で開催されました。天候により体育館での開催となりましたが、この日を待ちわびた園児たちは、大きな声であいさつしたり、一生懸命走ったりするなど、全力で取り組んでいました。子どもたちやご家族にとり、素晴らしい思い出になったことでしょう。山下園長をはじめとする、あおぞら保育園の関係者の皆様には、これからも笑顔あふれる子どもたちの健全育成にご尽力いただきますようお願いします。

9月7日(金曜日) 平成30年度「救急の日」街頭啓発を行いました。

 
救急の日の啓発を行う藤田陽三市長
 
 

 平成30年度「救急の日」の街頭啓発を、JR二日市駅で行いました。今回の街頭啓発は、筑紫医師会、JR二日市駅、筑紫保健福祉環境事務所、筑紫野太宰府消防組合の皆様と、救急医療・救急業務のパンフレットを配布しました。昨年度の筑紫野市の救急出動は4,500件、うち急病が2,764件であり、市民の皆様には、本当に救急医療を必要とする人たちのため、救急医療の重要性について、ご理解いただきますようお願いします。 

9月5日(水曜日) 平成30年度筑紫地区三師会連絡協議会に出席しました。

 
平成30年度筑紫地区三師会連絡協議会に出席する藤田陽三市長
 
 

 大野城市で行われた、平成30年度筑紫地区三師会連絡協議会に出席しました。筑紫医師会、筑紫歯科医師会、筑紫薬剤師会の皆様には、日頃から筑紫地区住民、約435千人の健康維持増進にご尽力いただき、感謝申し上げます。筑紫地区4市1町の人口は、全国の人口減少状況から見ると、成長を続けているように思われますが、高齢化は進んでいます。4市1町は、在宅医療ネットワークなどの取り組みで三師会の皆様と連携するなど、社会の変化や住民のニーズに合わせ、各種施策に取り組んでまいります。

9月1日(土曜日) 防災の日に当たり、大規模地震を想定した訓練を実施しました。

合同総合防災訓練を実施する藤田陽三市長1
 
 合同総合防災訓練を実施する藤田陽三市長2  
 
 

 平成30年度太宰府市・筑紫野市合同総合防災訓練を、太宰府市のとびうめアリーナで行いました。今回の訓練は、福岡都市圏を縦断する、警固断層地震による被害想定をもとに実施し、防災関係機関の皆様だけでなく、住民の皆様にも参加いただき、各種の訓練とも、本番さながらに、災害発生時に即した迅速かつ的確な行動により、それぞれの目的が達成されたのではないかと思います。
 近年は、「平成30年7月豪雨」をはじめ、自然災害が多数発生しています。いつどこで災害に見舞われるか、予測がつかない状況の中、我々一人ひとりが、常に危機意識を持って、防災活動に臨むことが重要です。市としましても、防災関係機関や住民の皆様との緊密な連携の下、災害に備えてまいりますので、今後ともご協力をお願いします。
 雨の中、大変お疲れ様でした。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス