ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成29年2月)
更新日: 2017年3月21日

市長の動き(平成29年2月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

2月27日(月曜日) 芦北町の竹﨑町長が訪問されました。

芦北町長来庁
 
 

 本市の赤司泰一市議会議長をご縁として、この日熊本県芦北町の竹﨑町長が本市を訪問され、まちづくりについての意見交換を行いました。
 竹﨑町長は、行政経験が大変豊富であり、話題は世事万般にわたり、大変有意義な時間を過ごすことができました。今後ますます我々基礎自治体の果たす役割や責任は大きくなってまいります。効率的で自立性の高い自治体経営とともに、自らの創意と工夫と努力で、魅力ある地域づくりにこれからも共に取り組んでいきましょう。芦北町のますますのご発展と竹﨑町長のご健勝を心からお祈りいたします。またのご訪問をお待ちしています。

2月27日(月曜日) 平成29年第1回筑紫野市議会定例会を招集しました。

平成29年第1回市議会定例会
 
 

 平成29年第1回筑紫野市議会定例会を招集しました。会期は3月24日までの26日間となります。
 初日のこの日は、平成29年度の市政運営に関して私の所信と施策を表した「施政方針」を披瀝するとともに、平成29年度一般会計予算など47議案を提案しました。
 会派代表質問は3月1日、一般質問は、3月21日と22日に行われる予定です。議員各位には、よろしくご審議いただきますようお願いいたします。

「施政方針・議会提出議案」のページへのリンク

2月26日(日曜日) 第60回記念筑紫野剣道大会に出席しました。

第60回筑紫野剣道大会
 
 

 農業者トレーニングセンターで行われた第60回記念筑紫野剣道大会に出席しました。
 会場では、562人の選手の皆さんが、日頃の厳しい稽古の成果を発揮し、素晴らしい試合が行われていました。大会を運営された筑紫野市剣道連盟の荒瀬会長はじめとする関係者の皆様には、日頃から剣道を通じて、青少年の健全育成にご尽力をいただき、感謝申し上げます。
 選手の皆さんには、この大会での経験をもとにさらに稽古に励んでいただき、今後益々の活躍を祈念いたします。 

2月25日(土曜日) 筑紫野市人権・同和問題講演会を開催しました。

市人権・同和問題講演会
 
 

 文化会館において、平成28年度筑紫野市人権・同和問題講演会を開催しました。
 第1部は、市内の児童・生徒代表3人による人権作文の朗読でした。子どもたちは、大勢の前ということもあり緊張しているようでしたが、しっかりと朗読する姿に感動しました。
 第2部は、大阪国際大学准教授の谷口真由美さんに講演いただき、出演しているテレビ番組と同じく、ユーモア溢れるエピソードを交えながら人権の大切さや、すべての人が自分らしく豊かに生きられる社会のあり方について、お話しいただきました。

 市では、同和問題をはじめとする様々な人権問題を解決するため、「筑紫野市人権施策基本方針」を策定し、人権尊重のまちづくりのため、様々な事業を取り組んでまいります。市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。  

2月24日(金曜日) 第66回移動市長室を開催しました。

第66回移動市長室 第66回移動市長室2
       手話で意見を述べる様子     

 通算66回目となる移動市長室を開催しました。
 筑紫野市身体障害者福祉協会と懇談を行い、6人の皆様に出席していただきました。
 懇談では、協会の活動目的やあゆみ、活動状況、課題について説明を受けました。ほぼ毎月開催しているスポーツ教室やお気楽会、カミーリヤフェスティバルへの出店やバスハイクの実施、障害についての理解を深めてもらうため小学校の総合学習への参加など、さまざまな活動を通して障害者の社会参加と会員相互の交流・絆づくりを目指しているということを伺いました。
 「障がい者がありのままで、社会の一員として正しく理解してもらう」ことへの皆さんの熱い思いが伝わり、市としても努めてまいりたいと思います。ありがとうございました。

2月21日(火曜日) 河川視察を行いました。

河川改修現地視察1 河川改修現地視察2
 

 高尾川の地下河川築造工事がまもなく始まるということで、小平田局長をはじめとする5人の九州地方整備局の職員、福岡県の職員と共に、現地視察を行いました。
 この工事は、高尾川床上浸水対策特別緊急事業として、西鉄紫駅付近から西鉄二日市駅市営駐輪場付近までの約1キロメートルの区間、高尾川の川底下に地下河川を築造するものです。平成27年度から31年度の概ね5年間で、福岡県那珂県土整備事務所が事業を行います。
 現地視察では、地下河川の流入・流出箇所や水道橋架け替え工事を回り、浸水被害のあった西鉄通り商店街を視察しました。
 地下河川築造工事は319日に起工式を行い、4月に現場着手、平成30年度末の工事完了を目指します。

2月19日(日曜日)  前筑紫野市議会議員松原静雄氏の旭日雙光章受章祝賀会に
            出席しました。

松原静雄元市議授章祝賀会
 
 

 平成28年秋の叙勲に際し、旭日雙光章を受章された松原静雄氏の受章記念祝賀会が、市内会場で盛大に開催されました。
 松原氏は、平成11年から平成27年までの4期16年、筑紫野市議会議員として筑紫野市が抱える深刻な諸問題の解決に尽力されました。平成21年から平成23年の2年間議長を務めるだけでなく、議会運営委員会委員長などの要職を歴任され、崇高な政治信念と豊富な経験、学識をもって、市政の伸展にご尽力いただきました。
 松原氏には、これからもご自愛いただき、郷土のまちづくりへ、なお一層のお力添えを賜りますようお願いいたします。

2月18日(土曜日) 第65回移動市長室を開催しました。

第65回移動市長室1  第65回移動市長室2     

 通算65回目となる移動市長室を開催しました。筑紫野市内五中学校PTA役員(さくらの会)と懇談を行い、26人の皆様に出席していただきました。
 懇談では、それぞれの会長から、活動にあたり大切にしていることや活動する上での課題、今後力を入れていきたいこと、主な活動内容などの報告を受けました。そして、「PTA活動の魅力」について意見交換を行い、人との交流・つながりが得られることや子どもたちの活動を間近で見られること、大人としての学びの場であり財産をつくることができること、また、貴重な経験により前向きになれておもしろいなどの発言があり、参加者全員で認識を深めることができました。
 前回までの懇談会とは、また違った内容の非常に濃いお話を聞かせてもらって、私も感動を覚えました。どうもありがとうございました。

2月18日(土曜日) 安西均生誕100年記念プレイベントに出席しました。

安西均西端100年記念プレイベント
 
 

 このイベントは、平成30年に生誕100年を迎える郷土の詩人「安西均」氏の業績を思い起こすとともに、地域文化の振興を図るために実施されました。市文化財保護審議会委員長の森弘子先生の講演、マンドリン演奏、筑紫小学校及び筑山中学校の児童生徒が作った詩の入選作品の披露が行われ、盛会なイベントとなりました。企画運営をされた筑紫よかまち協議会の森会長をはじめ、振興交流部会の皆様、関係者の皆様のご尽力に深く感謝いたします。
 これからも「文化の風が吹くまちちくしの」を目指し、地域の皆様と一緒になって、誰もが住みよいと思えるひかり輝く筑紫野市づくりに、全力で取り組んでまいります。 

2月17日(金曜日) 平成29年第1回山神水道企業団議会定例会を開会しました。

平成29年第1回山神水道企業団定例会
 
 

 
 当企業団では、昨年の8月定例会以降、順調な降雨に恵まれ、安定した水道用水を供給することができました。現在、山神ダムの貯水率は90%台を維持しており、今後も順調な水道用水の供給ができるものと考えております。引き続き、安全でおいしい水を安定供給していくために全力で取り組んでまいります。
 今定例会では、条例1件と平成28年度補正予算、平成29年度予算、合わせて3件の議案を提出し、可決いただきました。

2月15日(水曜日) 飲酒運転撲滅を呼びかける街頭キャンペーンを実施しました。

福岡都市圏飲酒運転撲滅キャンペーン
 
 

 西鉄福岡(天神)駅改札前で、福岡都市圏17市町の首長と一緒に、飲酒運転撲滅街頭キャンペーンを行いました。残念ながら、県内の飲酒運転事故や摘発件数は、前年度より増加しています。私たちは、「飲酒運転撲滅に協力してください」と訴えながら、飲酒運転はしない、させない、絶対に許さないと書かれたチラシとカイロを行きかう人たちに手渡しました。
 街頭キャンペーン終了後には、福岡市内会場で開催された、福岡都市圏広域行政推進協議会総会に出席し、予算や事業計画を承認しました。

2月13日(月曜日) 九州産業高校の新体育館落成式典に出席しました。

九州産業高校新体育館落成式
 
 

 市内紫の九州産業大学付属九州産業高等学校の新体育館が完成し、その落成式典に出席しました。山本理事長並びに組坂校長をはじめとする関係者の皆様には、日頃から、市政各般にわたってご理解とご協力をいただき、感謝申し上げます。
 貴校は、昭和42年の設立以来、『専門家である前に、先ず人であれ』の教育理念のもと、生徒一人ひとりの個性と人格を尊重しながら、教育活動の充実と施設・設備の拡充に努められました。この新しい体育館では、生徒の皆さんが仲間と友情を育みながら、スポーツや部活動などに励んでいただき、先生方には、体育館の設備、機能を存分に生かした知育・徳育・体育のバランスのとれた教育活動に期待します。

2月12日(日曜日) 阿志岐ジャガーズ40周年記念祝賀会に出席しました。

阿志岐ジャガーズ40周年事業
 
 

 太宰府市で行われた、阿志岐ジャガーズ40周年記念祝賀会に出席しました。岡田監督をはじめとする歴代監督、関係者や保護者の皆様におかれましては、日頃からソフトボールを通じて本市のスポーツの振興、青少年の健全育成、活力あるまちづくりにご尽力いただき、感謝申し上げます。
 40年という長きに渡り、このチームで培われた体力、精神力、友情は、巣立っていった子どもたちの人生において大きな力、糧になったものと思います。市としても、子どもたちへの指導等に配慮し、スポーツとの出会いの場を提供しつつ、市全体の生涯スポーツの推進に取り組んでまいります。

2月10日(金曜日) 河川改修要望活動を実施しました。

要望活動1 要望活動2    

 国土交通省水管理・国土保全局と財務省主計局に伺い、高尾川・鷺田川河川改修の緊急的な事業推進に対する要望活動を行いました。高尾川・鷺田川河川改修事業は、平成27年度から高尾川床上浸水対策特別緊急事業として着手、地下河川の水理模型実験及び詳細設計等を経て、地下河川本体の着工が予定されています。
 本事業が確実に5年で完成することは、市並びに地域住民の皆さんにとって安全安心につながります。国や県においては、一日も早い完成に向けた事業推進に、引き続きご配慮いただきますようお願いいたします。国土交通省及び財務省には、お忙しい中対応いただき、本当にありがとうございました。

2月9日(木曜日) 永年勤続表彰を執り行いました。

永年勤続表彰1 永年勤続表彰2 

 職員の永年勤続表彰式を市役所内で執り行いました。今年度は、30年勤続者10人、25年勤続者5人の計15人が受賞しました。受賞された職員は、長きにわたり、市職員の中核として情熱を持って職務を遂行し、筑紫野市の発展に貢献されました。改めて感謝します。
 皆さんには今後とも、豊富な知識と経験を活かし、ますますの活躍をお願いするとともに、後進の育成にも期待します。

2月6日(月曜日) 41町治安報告会に出席しました。

4市1町治安報告会
 
 

 筑紫野警察署で開催された、41町治安報告会に出席しました。今回の報告会では、平成2728年同時期の市内における犯罪及び人身交通事故の発生状況が報告され、本市はその両方において、前年より減少していることが確認できました。
 また、41町内の飲酒運転検挙件数については、昨年の同時期に比べ若干増加している旨の報告がありました。
 今後も警察と連携しながら、飲酒運転の撲滅、安全安心のまちづくりの取り組みを進めてまいります。

2月6日(月曜日) 高齢行方不明者等捜索ネットワークの連携に関する協定書に
                              調印しました。

高齢行方不明者捜索ネットワーク協定書調印式
 
 

 筑紫野警察署において、高齢行方不明者等捜索ネットワークの連携に関する協定書に太宰府市とともに調印しました。これは、認知症の高齢者等が行方不明になった場合に、捜索の手がかりとなる服装や特徴などの情報を警察と市が共有し、捜索体勢を強化するネットワークのための協定です。認知症高齢者の行方不明については、本市だけでなく県内の色々な場所で起きています。
 この協定に基づき、警察と行政がしっかり連携し、少しでも早い行方不明者の捜索・発見に期待します。

2月5日(日曜日) 筑紫野市文化学芸連盟「初春の文化祭」に出席しました。

筑紫野市文化連盟初春の文化祭
 
 

 文化学芸連盟の皆様には、日頃より市内のいたる所で和洋を問わず、市民や地域に親しみやすい様々な文化活動にご尽力いただき、感謝申し上げます。
 本市は、「第五次筑紫野市総合計画」を策定し、歴史・文化の継承と振興を施策の一つとして掲げ、文化活動の推進を図っております。今後も皆様にご協力をいただき、市の将来都市像である「自然と街との共生都市ひかり輝くふるさと ちくしの」のため、多くの方々が芸術や文化に触れ、豊かな感性を育むことができる取り組みを進めてまいります。

2月5日(日曜日) 優良消防団員を表彰しました。

市消防団二日市分団優秀消防団員表彰 市消防団二日市分団優秀消防団員表彰2   

 市内会場で行われた筑紫野市消防団二日市分団優良消防団員表彰式に出席しました。表彰された3人の消防団員は、業務のかたわら、「自らの地域は自らで守る」という精神を持って、昼夜を問わず、地域社会の安全・安心の確保に貢献いただいています。その努力に対し、敬意を表するとともに、心からお祝い申し上げます。二日市分団におかれましては、消防団活動のほかに、二日市コミュニティ運営協議会と二日市東コミュニティ運営協議会の主要メンバーとして、安全安心のまちづくりにご活躍いただいています。また、林田会長をはじめとする消防後援会の皆様には、消防団の後援活動とともに、住民一人ひとりの防災意識高揚に向けて、ご尽力いただいています。これからも消防団と地域コミュニティの連携強化を行い、実効性ある防災危機管理体制の整備に努め、安全安心のまちづくりを推進してまいります。

2月3日(金曜日) 株式会社三松の新工場落成式に出席しました。

株式会社三松新工場落成式
 
 

 株式会社三松は、岡田地区において金属加工を中心とした設計、製造、システム開発に携わる仕事をされています。貴社の長年のご努力に敬意を表しますとともに、感謝申し上げます。また、安岡会長並びに田名部社長をはじめ社員の皆様には、日頃から市政の各般にご理解ご協力をいただき、重ねて御礼申し上げます。
 市では「行財政改革」「産業・雇用をつくる」「生活を守る」「共助社会づくり」「未来をつくる」という5本の柱を市政運営の基本理念としながら、誰もが住みよいと思えるひかり輝く筑紫野市づくりに、全力で取り組んでいます。今後とも皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス