ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成29年7月)
更新日: 2017年8月16日

市長の動き(平成29年7月)

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市」 のため、市長として日々活動しています。ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

7月31日(月曜日) 筑紫野市都市計画審議会平成29年度第1回会議を開催しました。

筑紫野市都市計画審議会平成29年度第1回会議
 
 

 市役所において、筑紫野市都市計画審議会平成29年度第1回会議を開催しました。15人の委員におかれましては、公私ともに大変お忙しい中、当審議会委員を快くお引き受けいただき、感謝申し上げます。市では、都市の健全な発展と秩序ある土地利用、道路・公園などの都市施設の整備、市街地開発に関連する計画を作りながら、市政運営に取り組んでいます。委員の皆様には今後2年間、専門的なご意見やご提言とともに、本市の都市計画に関する方針、都市施設や地区計画の決定等のご審議をお願いいたします。

7月30日(日曜日) NPO法人筑紫野市「障害」児・者問題を考える会のプール&バーベキュー大会に出席しました。

NPO法人筑紫野市「障害」児・者問題を考える会のプール&バーベキュー大会
 
 

 天拝小学校で行われた、NPO法人筑紫野市「障害」児・者問題を考える会主催のプール&バーベキュー大会に出席しました。子どもたちの夏休みの楽しい思い出作りのために始められたこのイベントは、19回を迎え、毎年子どもたちは大いに楽しんでいます。大島代表をはじめとする考える会、及び関係者の皆さんのご尽力に感謝します。この日は、絶好のプールとバーベキュー日和であったため、笑い声と笑顔があふれ、子どもたちやそのご家族にとっても、素晴らしい思い出になったことと思います。考える会の皆さんにはこれからも、子どもたちの笑顔や思い出のために、ご協力をお願いいたします。

7月29日(土曜日) 各地区の夏祭りに出席しました。

  
 天山夏祭り 岡田夏祭り 下見夏祭り  
         天山                岡田                下見一区
  
 筑紫区第1自治会夏祭り アシスト桜台夏祭り 原田夏祭り  
      筑紫区第1自治会          原田              アシスト桜台  
  
 大門夏祭り 松ヶ浦夏祭り 東新町夏祭り
        大門                  松ヶ浦               東新町
  
 針摺東夏祭り 俗明院夏祭り  
        針摺東               俗明院

 この日は、市内各地で夏祭りが開催されましたが、私は11箇所(天山、岡田、下見、筑紫区第1自治会、原田、アシスト桜台、大門、松ヶ浦、東新町、針摺東、俗明院)の夏祭りに参加させていただきました。たくさんの会場を訪問いたしましたが、どの会場も個性あるプログラムが盛り込まれ、大変盛況であったと思います。
 夏祭りは、老若男女が参加し、みんなが楽しめるよう工夫されることで、住民相互の親睦が図られています。と同時に、住民の皆さんの地域を愛する心の育成にも役立っています。大変暑い中、夏祭りの企画運営に関わった、役員及び実行委員会の皆様、どうもありがとうございました。

7月29日(土曜日) 筑紫野市文化学芸連盟の文化講演会に出席しました。

平成29年度筑紫野市文化学芸連盟の文化講演会
 
 

生涯学習センターで行われた、平成29年度筑紫野市文化学芸連盟自主事業文化講演会に出席しました。高嶋会長をはじめとする筑紫野市文化学芸連盟の皆様には、設立から今日まで、演奏会や文化講座など自主的な活動により、心豊かな活力ある地域の文化芸術の振興にご尽力いただき、感謝申しあげます。今回の講演も市民向けの講座として、「健康に過ごすためには、どうすればいいか」をテーマとした伊藤先生の講演を開催していただきました。今後も文化学芸連盟の皆様には、市民や地域に親しみやすい活動を行っていただくとともに、本市の文化振興のために、ご協力をお願いいたします。

7月28日(金曜日) 消防団の訓練を激励しました。

     
   カミーリヤ駐車場での女性班の訓練      筑紫運動広場での訓練の様子

 カミーリヤ駐車場と筑紫運動広場で行われている筑紫野市消防団の訓練を視察しました。カミーリヤ駐車場で訓練している女性班は、827日の第3回福岡県女性消防操法大会に向け、一つ一つの動作を入念にチェックし、消防署の指導員とともに懸命に訓練を行っていました。筑紫運動広場で訓練している、筑紫野市消防団二日市分団と山口分団も917日の第24回筑紫地区消防操法大会にむけ、グラウンドで懸命に汗を流していました。 
 暑い時期の訓練で負担が大きいとは思いますが、体をいたわりながら、大会まで頑張っていただきたいと思います。

7月28日(金曜日) 筑紫の里「ふるさと祭」に出席しました。

第34回筑紫の里「ふるさと祭」
 
 

 筑紫にある筑紫の里で行われた、第34回ふるさと祭に出席しました。日頃より和幸福祉会の大石理事長をはじめ関係者の皆様には、社会福祉の充実・向上にご尽力いただき、深く敬意を表します。会場には施設入居者のほかに家族の皆さんが参加しており、笑顔があふれていました。またステージでは、歌や踊り、つくし太鼓の演奏などの出し物が行われ、年に1度の夏祭りに相応しく大変賑やかでした。今日のひとときが、皆様の心に残る素晴らしい思い出になりましたことをうれしく思います。

7月28日(金曜日) 平成29年度筑紫野市国民保護に関する研修会を開催しました。

平成29年度筑紫野市国民保護に関する研修会
 
 

 市役所において、平成29年度筑紫野市国民保護に関する研修会を開催するにあたり、訓示を行いました。近年、全世界においてテロ事案の発生や、隣国のミサイル発射実験が立て続けに行われるなど、国際情勢は予断を許さない状況にあります。この研修会では、筑紫野消防署、筑紫野警察署、陸上自衛隊の協力の下、市職員が有事の際の役割を確認するとともに、隣国の情勢やミサイル保有状況などについて学びました。103千人余の住民のため、市職員は正しい知識を身に着け、有事の際の役割をしっかり理解し、備えてまいります。

7月27日(木曜日) 5連覇の報告に来てくれました。

尾西桜さん優勝報告
 
 

 二日市東小学校6年の尾西桜さんが、北九州市で行われた第34回全国少年少女レスリング選手権大会36キロ級の優勝報告に来てくれました。桜さんは2年生から5連覇を成し遂げ、今日は、6年生の優勝者しかもらえないTシャツにメダルをかけ、トロフィーと賞状を持ってきてくれました。大会では相手選手にポイントを与えず圧勝とのことでしたが、優勝できてほっとしたと、うれしそうに話してくれました。9月と来年3月にも全国大会に出場し戦い続けるとのことでしたので、桜さんにはこれからも体に気をつけていただき、一層の活躍を祈念しています。

7月26日(水曜日) 全国大会に出場する選手たちを激励しました。

バディ・エフシーの表敬訪問
 
 

 市内のサッカーチームのBUDDY・FC(バディ・フットボールクラブ)が、県大会を勝ち抜き、8月下旬に東京で開催される、第27回全日本少年フットサル大会に出場します。本日は、監督・コーチと選手7人が来庁され、チームプレーを中心に優勝目指して頑張りたいと全国大会への意気込みを語ってくれました。皆さんには、全国大会までコンディションを整え、練習の成果を大いに発揮するとともに、素晴らしい成績を勝ち取ってきてほしいと思います。大変暑い時期ではありますが、関係者の皆様には、子どもたちが活躍できるようサポートをお願いします。皆様の健闘を祈念します。

7月26日(水曜日) 平成29年度筑紫地区企業同和問題推進委員会研修会に出席しました。

平成29年度筑紫地区企業同和問題推進委員会研修会
 
 

 生涯学習センターで行われた、平成29年度筑紫地区企業同和問題推進委員会研修会に出席しました。企業や事業所の皆様には日頃から、行政各般においてご支援とご協力いただき、感謝申し上げます。筑紫地区企業同和問題推進委員会は、企業や事業者の皆様にも同和問題、特に就職差別の解決を社会的責任として捉えていただくため、能力と適性に基づく公正な採用選考の実施や人権が尊重される職場環境づくりに、ご理解とご協力をいただいています。行政としましても、今後とも機関団体と連携し、課題解決に向け取り組んでまいります。

7月26日(水曜日) 筑紫野市政治倫理審査会の答申書を受理しました。

筑紫野市政治倫理審査会答申書の受理
 
 

 本日、筑紫野市政治倫理審査会から、614日の諮問に対する答申をいただきました。森田会長をはじめとする審査会の皆様には、大変ご多忙の中、6回にわたる慎重な審査、誠にありがとうございました。平成29年の資産等報告書は、614日から公表しており、このたびの意見等は、市広報紙で公表するよう準備を進めています。いただきました審査結果や意見につきましては、真摯に受け止め、今後も適正に記載報告するよう努めてまいります。

7月25日(火曜日) 筑紫公平委員会委員の就任辞令交付式を執り行いました。

筑紫公平委員会委員の就任辞令交付式
 
 

 6月議会において同意いただきました、筑紫公平委員会委員の辞令交付を行いました。筑紫公平委員会は、筑紫地区41町共同で設置しており、自治体職員に対する不利益な処分についての審査請求に対する裁決を講ずるなど、行政に携わるうえで公平で重要な役割を果たしています。辞令を受けられました坂井委員には、法定委員として活動いただくとともに、那珂川町で総務課長や部長職を歴任されてきた専門的な知識や豊かな経験を活かしながら、職責を全うしていただきたいと思います。

7月25日(火曜日) 筑紫駅西口土地区画整理審議会からの要望書を受理しました。

筑紫駅西口土地区画整理審議会からの要望書受理
 
 

 筑紫駅西口土地区画整理審議会の太田会長と中垣委員が市役所を訪れ、筑紫駅西口土地区画整理事業の速やかな完了を求め、要望書を提出されました。この事業は西鉄筑紫駅西側の筑紫・若江地区32.5haを対象としており、平成9年から20年以上継続の事業として、近年は予算等を含め集中的に事業を実施しています。事業対象となった住民の皆さんは少しでも早い事業完了を望んでおり、このたびの審議会による要望書の提出に至りました。市としましても、状況・内容を適時確認しながら事業に取り組んでまいります。

7月23日(日曜日) ハーモニー聖和夏祭りに出席しました。

ハーモニー聖和夏祭り
 
 

 第22回ハーモニー聖和夏祭りを訪問しました。ハンドベルの演奏やソーラン節、のど自慢に炭坑節と、各種多彩なプログラムが準備されており、参加者は大いに楽しんでいました。年に一度の夏祭りを存分に満喫した参加者にとっては、楽しい夏の一日となったことだと思います。ハーモニー聖和の中島施設長をはじめとする関係者の皆様には、日頃から社会福祉の充実、向上にご尽力いただき、感謝申し上げます。市としましては、市民の皆様の元気な姿、明るい笑顔のある安全安心のまちづくりに、これからも全力で取り組んでまいります。

7月23日(日曜日) 第41回筑紫野市バレーボール協会市長杯小学生大会に出席しました。

第41回筑紫野市バレーボール協会市長杯小学生大会
 
 

 農業者トレーニングセンターで行われた、第41回筑紫野市バレーボール協会市長杯小学生大会に出席しました。寒竹会長をはじめとした協会の皆様には、本大会の開催と合わせて、日頃から市民の健康・体力づくり、青少年の健全育成にご尽力いただき、感謝します。参加した子どもたちは、積み重ねられた練習成果を発揮し、コートいっぱいに闘志あふれるプレーを披露しており、スポーツの素晴らしさ、チームワークの大切さを感じさせていただきました。本市はこれからも、地域に根ざした生涯スポーツ社会の実現を目指して、取り組んでまいります。

7月22日(土曜日) 各地区の夏祭りに参加しました。

紫ヶ丘区夏祭り 六反区夏祭り 針摺区夏祭り
        紫ヶ丘区                六反区                   針摺区

 梅雨がやっと明け、夏本番を迎えました。この日は、紫ヶ丘区、六反区、針摺区の夏祭りに参加させていただき、暑い中ではありましたが、賑わっているお祭りから、元気をいただくことができました。子どもから高齢者まで幅広い世代が集う夏祭りは、大変素晴らしい催しだと思います。夏祭りを企画運営している、各地区の区長や実行委員、関係者の皆様のご尽力に感謝申し上げます。地域の皆様の夏の楽しい思い出になったことと存じます。お疲れ様でした。

7月22日(土曜日) 平成29年度筑紫野市同和問題講演会を開催しました。

    平成29年度筑紫野市同和問題講演会1 平成29年度筑紫野市同和問題講演会2
     ご講演いただきました清原先生

 平成29年度筑紫野市同和問題講演会を文化会館で開催しました。今回の講演会では、奈良県御所市西光寺住職の清原隆宣氏をお招きし、「人の世に 熱と光を!」をテーマにご講演いただきました。講演前には筑紫野市ちくしの少年少女合唱団によるミニコンサートが行われるなど、参加した約700人は素敵な歌声を楽しみつつ、同和問題について考える時間を過ごしました。
 市としましても、部落差別の根絶、同和問題の真の解決をめざし、これからも街頭啓発等の各種事業に取り組んでまいります。

7月21日(金曜日) 平成297月九州北部豪雨における災害支援職員帰庁式及び第2回出発式

    災害支援職員帰庁式 平成29年7月九州北部豪雨災害支援職員第2回出発式
             帰庁式                          第2回出発式

 平成297月九州北部豪雨により被災した朝倉市に、714日から1週間派遣していた職員14人が帰庁しましたので、帰庁式を行い、報告を受けました。職員によれば、被災地の状況は大変きびしく、復旧復興に時間がかかるのではないかと感じたとのことでした。職員にはこの経験を胸に刻み、本市での業務に取り組んで欲しいと話をしました。
 続いて、福岡県健康増進課の要請による、派遣職員2人の出発式を行いました。この派遣は、朝倉市・東峰村で被災者の健康相談業務を行います。職員には被災者に寄り添うとともに、健康に留意してしっかりと任務を努めてほしいと話しました。
 被災地の復旧復興のため、本市としましてもできる限りの支援に、尽力してまいります。

7月21日(金曜日) 筑紫地区建設コンサルタンツ協会から車椅子が贈呈されました。

筑紫地区建設コンサルタント車椅子寄贈
 
 

 筑紫地区建設コンサルタンツ協会から車椅子を寄贈していただきました。筑紫地区建設コンサルタンツ協会は、研修会等を通しての技術の研鑽や経営の安定を学ばれているほか、創立以来の企業の社会的責任履行の追求を目的とし、平成15年度以降ボランティア活動として、地元自治体への福祉用品などの寄贈を実施されています。
 このたび寄贈いただきました車椅子は、今まで寄贈いただいた物と同様、市民貸出用車椅子として大切に活用させていただきます。ご寄贈、誠にありがとうございました。 

7月20日(木曜日) 生徒の皆さんの善意に感動しました。

筑紫野中学校生徒会平成29年7月九州北部豪雨災害義援金贈呈
 
 

 筑紫野中学校生徒会役員3人が、平成297月九州北部豪雨災害に遭われた方への義援金を持ってきてくれました。この義援金は、生徒会の自主的な行動で集められたもので、開始から5日間で約10万円が集まったとのことでした。
 今回の生徒たちの行動に、大変感動すると共に感謝申しあげるところです。ありがとうございました。皆さんには、いつまでもこの心がけを大切に持ち続けて欲しいと思います。
 義援金は、日本赤十字社を通じて被災地に届けてまいります。 

7月18日(火曜日) ミクロネシア連邦の子どもたちがやってきました。

  ミクロネシア連邦の子どもたちがやってきました。1  ミクロネシア連邦の子どもたちがやってきました。2

 牛島公民館で行われた、第29回アジア太平洋こども会議・イン福岡こども大使招聘事業に伴う対面式典に出席しました。この事業は、国際交流事業の一環としてアジア各国のこども大使を受け入れる事業であり、今回はミクロネシア連邦のこども大使4人を受け入れました。こども大使は7月18日から26日の9日間、本市に滞在し、そのうち7月19日と20日は阿志岐小学校に登校し子どもたちと交流します。
 ホストファミリーや阿志岐小学校、関係者の皆様には、こども大使の受け入れにご尽力いただき感謝します。受け入れ中は、言葉や習慣など文化の違いを感じると思いますが、子どもたちの国境を越えた友情や素晴らしい経験のため、ご協力をお願いします。

7月15日(土曜日) 夏祭りを訪問しました。

永岡夏祭り 原田保育園夏祭り 上古賀夏祭り
        永岡区                原田保育園              上古賀区

 夏祭りの季節になりました。この日は永岡区夏祭り「およど」、原田保育園夏祭り、第41回上古賀区夏祭りの3箇所を訪問しました。大変暑い日でしたが、どの会場も子どもから大人まで大勢の人で賑わい、盛況な夏祭りでした。原田保育園では、子どもたちの威勢の良い子ども神輿を見せてもらい、元気をもらうことができました。永岡や上古賀では、地元の中学生が運営側に参加し、役員の皆さんと共に夏祭りを盛り上げているところを見せていただきました。夏祭りを企画運営された区長さんをはじめとする役員・関係者の皆様のご尽力に感謝します。夏祭りは地域の大切な催し物として、いつまでも継承していただきたいと思います。

7月15日(土曜日) 「社会を明るくする運動」筑紫野市推進大会に出席しました。

第67回「社会を明るくする運動」筑紫野市推進大会
 
 

 生涯学習センターで行われた第67回「社会を明るくする運動」筑紫野市推進大会に出席しました。大会の開催にあたり、本田支部長をはじめとする筑紫保護区保護司会筑紫野支部の皆様のご尽力に、感謝申し上げます。
 私たちが生活する地域社会は、犯罪や非行が発生する場であると同時に、罪を償い立ち直る場でもあります。罪を犯した人を地域から排除するのではなく、適切な仕事や居場所を確保し、責任ある社会の一員となるよう支えていくことが大切です。また、犯罪防止のためには、地域社会の積極的な見守りが重要です。市民の皆様の更生保護に対する理解が深まり、地域における犯罪の予防や再犯防止を願っています。 

7月14日(金曜日) 街頭啓発を実施しました。

同和問題強調月間街頭啓発2回目
 
 

 7月3日に続き、同和問題啓発強調月間の街頭啓発を、市内6箇所で行いました。私は西鉄二日市駅東口で呼びかけました。
 同和問題をはじめとする人権問題を考える時、私たちは自分自身をふりかえり続け、差別をなくすために努力する立場を確認し、一人ひとりの人権意識を育むことが大切であり、傍観や無関心が差別を容認しているということを学ぶ必要があります。この強調月間をきっかけに、市民の皆様の一人でも多くの方に、気づいていただけたらと思います。

7月14日(金曜日) 中川有美選手の表敬訪問がありました。

中川選手の表敬訪問
 
 

 女子バレーボールのVプレミアリーグ・東レ・アローズの中川有美選手が、市役所を訪問してくれました。
 中川選手は本市出身で、本日はお父さんと一緒に訪問してくれました。プロの世界というのは、実力主義で、大変厳しい世界とは思います。けがなどに気をつけながら実力をつけていただき、そしてたくさん活躍していただいて、本市でバレーボール選手を志す子どもたちにとって、大きな目標となっていただけたらと思います。
 中川選手の今後益々の活躍を、大いに期待しています。 

7月13日(木曜日) 朝倉市周辺の豪雨災害に伴う職員派遣出発式を行いました。

平成29年7月北部九州豪雨災害に伴う職員派遣出発式
 
 

 7月5日からの梅雨前線と線状降水帯は、朝倉市や東峰村などに豪雨災害をもたらしました。このたび福岡県市長会の要請を受け、1週間という期間ではありますが、14人の職員を派遣することになりました。出発式にあたり職員には、被災者に寄り添う心を持ちながら、体調に十分留意し注意を最大限に払いながら、筑紫野市職員としての派遣された任務を遂行すること、悲惨な状況となった災害現場での経験は、今後の業務に活かせる面もあるため、しっかり頑張るようにと、訓示を行いました。
 被災地の一日も早い復興を祈念しています。 

7月6日(木曜日) 筑紫野市暴力追放推進市民協議会総会及び筑紫野市安全安心まちづくり推進大会を開催しました。

筑紫野市暴力追放推進市民協議会総会及び筑紫野市安全安心まちづくり推進大会
 
 

 生涯学習センターにおいて、平成29年度筑紫野市暴力追放推進市民協議会総会と筑紫野市安全安心まちづくり推進大会を開催しました。筑紫野警察署のほか、市議会やコミュニティ運営協議会など各種団体、約300人が集まりました。関係者の皆様には、暴力追放事業だけでなく、登下校の見守り活動や防犯パトロールなど、安全安心のまちづくりへのご尽力に心から感謝申し上げます。市としましても、皆様方と連携を図りながら、市民が安全で安心して暮らせる筑紫野市づくりに、全力で取り組んでまいります。

7月5日(水曜日)から7日(金曜日) 筑紫野市災害対策本部を設置しました。

筑紫野市災害対策本部を設置しました。
 
 

 5日14時58分の大雨警報の発令に伴い、災害警戒本部を設置しました。その後、土砂災害警戒情報が発表された17時49分に災害対策本部へ移行。山家地区に避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。翌6日13時45分の土砂災害警戒情報が解除になり、災害警戒本部へ移行。翌7日14時31分の大雨警報解除に伴い、市内の安全を確認し、災害警戒本部を廃止しました。
 対策本部設置中は、本市でも大雨特別警報が発令されるなど、緊張した数日間となりましたが、幸いにも大きな災害が出ませんでした。今後も気を緩めることなく、梅雨時期を乗り越えたいと思います。 

緊急消防救助隊 緊急消防援助隊の様子

 また、今回の豪雨では、朝倉市や東峰村などで大きな被害が発生しており、自衛隊などによる救助活動が続いています。本市の諸田グラウンドには8日まで、山口県、長崎県、広島県の消防車両が緊急消防援助隊として参集され、このグラウンドを中継地として、災害救助活動が行われました。緊急消防援助隊の懸命な活動に対して感謝するとともに、被災地の一日も早い復興を願っています。

7月6日(木曜日) 筑紫野市土地開発公社役員に辞令を交付しました。

筑紫野市土地開発公社役員辞令交付
 
 

 筑紫野市土地開発公社役員として、下成議員、辻本議員、赤司議員に辞令を交付いたしました。議員の皆様におかれましては、当役員を快くお引き受けいただき、感謝申しあげます。土地開発公社は、地域の秩序ある整備を目的として、公共用地の取得、管理などを行います。議員の皆様には、公務多忙とは存じますが、事業計画や資金計画などにつきまして、役員としてご審議いただきますようお願いいたします。 

7月3日(月曜日) 考えよう 差別といじめの かなしさを 

同和問題啓発強調月間街頭啓発
 
 

 同和問題啓発強調月間の街頭啓発を、市内8駅において行いました。私は西鉄二日市駅西口で、啓発チラシとボールペンを配布しました。
 毎年7月は、同和問題啓発強調月間として、県や筑紫地区の市町と共に、人権尊重のまちづくりを目指して、様々な取り組みを行っています。今月22日(土曜日)には、市文化会館で「人の世に熱と光を!」をテーマに、奈良県西光寺住職の清原隆宣さんをお招きし、講演会を行います。市民の皆様のご参加をお待ちしています。 

7月3日(月曜日) 御笠川水系改修事業促進協議会平成29年度通常総会を開催しました。

御笠川水系改修事業促進協議会平成29年度通常総会
 
 

 市役所で御笠川水系改修事業促進協議会平成29年度通常総会を開催しました。御笠川は国と県により、河川激甚災害対策特別緊急事業をはじめとする改修事業が進められ、治水安全度の向上が図られています。しかし支川には未整備区間があり、本市では平成26822日の集中豪雨により、多くの家屋や住民の生活に甚大な被害がもたらされました。
 協議会としては、平成24年度から始まった高尾川・鷺田川の河川改修や平成27年度からの高尾川床上浸水対策特別緊急事業の促進のほか、御笠川全川の改修のため、今後とも国や県に強く要望してまいります。 

7月3日(月曜日) 平成29年度山家地区健康推進事業に出席しました。

平成29年度山家地区健康推進事業
 
 

 カミーリヤで行われた平成29年度山家地区健康推進事業に出席しました。山家コミュニティ運営協議会の安武会長、田中福祉部長をはじめとする関係者の皆様には、事業開催へのご尽力に感謝します。この事業は、山家地区の高齢者の交流と健康の維持増進を目的としており、この事業を通じて地域のつながりが一層深まり、健康・生きがいづくりにより健康寿命の延伸につなげていただきたいと思います。市といたしましても、高齢者の皆様が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりをめざして、皆様方と共に全力で取り組んでまいります。 

7月2日(日曜日) 第32回筑紫野市民水泳大会を開催しました。

第32回市民水泳大会
 
 

 暑い日となりましたが、二日市中学校プールで第32回筑紫野市民水泳大会を開催しました。今大会には小中学生を中心とした約100人のスイマーが参加し、それぞれ自分の目標のため、懸命に泳いでいました。本大会の開催にあたり、水泳協会をはじめとする大会役員・関係者の皆様のご尽力に感謝します。
 市は、水泳競技をはじめとした様々なスポーツを通じて、市民の健康・体力の向上、並びに、心身ともに健康なまちづくりの実現に向けこれからも全力で取り組んでまいります。 

 

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス