ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成27年11月)
更新日: 2015年12月1日

市長の動き(平成27年11月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

11月30日(月曜日)  筑紫地区年末年始特別警戒パトロール隊出陣式を行いました。

出陣式

 筑紫地区年末年始特別警戒パトロール隊の出陣式を生涯学習センターで執り行い、筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会会長として皆様にごあいさつしました。
 早いもので今年も残すところ、あと一ヶ月となりました。年の瀬になりますと、外出する機会も増えることから、留守宅を狙った空き巣や交通事故の増加が懸念されます。暖房器具の使用や空気の乾燥により火災の危険が増す時期でもあります。住民の皆様が安全で安心して年末年始を過ごせるよう、警察・消防・行政も地域の皆様と共に、精一杯、防犯防災に努めてまいります。 

11月29日(日曜日) 天拝山ロードレース大会が行われました。

ロードレース大会

 第43回天拝山ロードレース大会が総合公園で開催されました。この大会は、市内外を問わず多くのファンが集う大会となり「アスリートへの登竜門」としての役割を果たしています。出場選手の中には、初めて大会に参加される人や、これからスポーツを始めてみようという人もおられ、それぞれがスポーツの楽しさに触れ、生涯に渡りスポーツに親しんでいただけるきっかけになることを願います。日頃の練習の成果を十分に発揮され、それぞれの目標に向かって全力で駆け抜けられたことでしょう。会場内には、ちくしの物産振興会や地元山口区をはじめとするバザーコーナーもあり、多くの皆様のご協力をいただき、本当にありがとうございました。

11月28日(土曜日) 二日市ソフトボールリーグ連盟納会・表彰式に出席しました。

ソフトボール

 二日市ソフトボールリーグ連盟平成27年度納会・表彰式が商工会館で開催されました。
 リーグ戦を戦い抜かれた各チーム、選手の皆様、大変お疲れ様でした。今年もこうして無事に納会を迎えられましたことは、選手の皆様をはじめ、大会運営に熱心に取り組まれた関係者の皆様のご尽力の賜物であります。
 1部リーグ優勝のセルフィッシュクラブ、2部リーグ優勝のシャークス、そして優秀な記録を残され個人表彰を受けられました選手の皆様、誠におめでとうございました。

11月28日(土曜日)  JA筑紫ふるさとまつりに出席しました。

表彰式

 地域の皆様とのふれあいと実りの秋に感謝する第36回JA筑紫ふるさとまつりがJA筑紫本店で開催されました。式典の中で「農産物品評会表彰式」が行われ、筑紫野市長賞を本市西小田在住の藤井さんが受賞されました。この品評会は、JA管内における農産、園芸、畜産の技術改良並びに商品性の向上と消費拡大を図り、もって農業経営の発展に寄与することを目的に実施され、本年は527点の出展の中から各賞の表彰が行われました。私も拝見しましたが、藤井さんが丹精込めて作られた「にんじん」は本当に素晴らしい出来栄えだったと感じました。
 この日は、各地区からの野菜直売やバザー等が行われ、たくさんのお客様で賑わっていました。

11月24日(火曜日) 税の大切さ、思いを作文に

表彰式

 税についての関心と正しい理解を深めることを目的とした「税についての作文」の表彰式が、市役所内で行われました。今回は、市長賞に天拝中学校3年の石内さん、教育長賞に筑紫野中学校3年の林さん、九州北部税務関連団体連絡協議会長賞に天拝中学校3年の中村さんが選ばれ、また納税貯蓄組合連合会長賞として天拝中学校に感謝状が贈られました。受賞した生徒の皆さんは、「作文を通して、税の大切さを感じました」話してくれました。

11月23日(月曜日) ちくしの人形劇まつりが開催されました。

人形劇

 第13回ちくしの人形劇まつりが文化会館で開催され、人形劇大好きな多くの親子が集いました。
 この人形劇まつりは、子どもたちに人形劇をとおして、豊かな心を育み、芸術に親しむ機会を提供する場として、実行委員会の皆さんの力により毎年開催されています。市内はもとより近隣市町村からも参加いただき、今年も延べ2,651人が観劇され、人形劇といえば筑紫野市といわれるほどになってきました。
  実行委員会の皆様やたくさんのボランティアの皆さんのご協力に心からお礼申し上げます。

11月23日(月曜日) シルバーまつりが開催されました。

シルバーまつり

シルバーまつり

 第33回市老連シルバーまつりがカミーリヤにおいて盛大に開催されました。
 私たちが人生を歩み、年を重ねる上で望むことは、健康であり続けることだと思います。皆様には、健康でいきいきと活動し続けるために、健康寿命の延伸を目標に掲げ、日頃からスポーツやレクリエーション活動など、心と体を豊かにする活動にお取り組みいただいています。このシルバー祭りには、毎回出席していますが、皆様の活気ある姿に接しますと、私自身力がみなぎってまいります。
 この祭りが、日頃から研鑽を積んでこられた民謡、舞踊や書画など様々な分野の成果を披露する場であると同時に、多くの皆様が集まり交流を深める貴重な機会となっておりますことに、大きな意義があると思っています。人生90年、100年ともいわれる時代です。皆様には、多種多様な分野に挑戦いただくことで、有意義で実りある活動を送っていただき、また、豊かな知恵と経験を地域で活かすとともに、次世代に伝えていただくことで、
誰もが生きがいを持って安心して暮らせるまちの実現に向けてご尽力賜りますようお願いいたします。

11月23日(月曜日) 御笠地区親善ソフトボール大会が開催されました。

ソフトボール

 第3回御笠16行政区親善ソフトボール大会が御笠グラウンドで開催されましたので、応援にかけつけました。
  御笠地区の皆様には、御笠地区区長会や御笠まちづくり振興会を通じ、市政の各般にわたり、ご理解、ご協力を頂き、感謝いたします。
 まちづくりの基盤となるのは、人と人との交流です。本日のソフトボール大会での、交流を通してまちづくりに向けた新たなヒントが見出され、さらなるコミュニティの形成につながっていくことと思います。これからも、ひかり輝くまちづくりにご理解とご協力を賜わりますようお願い申し上げます。

11月22日(日曜日) 山家地区秋季スポーツフェスタを訪問しました。

秋季スポーツフェスタ

 第23回山家地区スポーツフェスタが山家小学校体育館で開催されました。
 このフェスタは、子どもから高齢者まで参加できる内容で、住民の健康維持増進と体力の向上、そしてスポーツを通じての親睦交流を深めることを目的に実施されています。全8チームでソフトバレーボール、そして子どもたちも楽しむことができる輪くぐりゲームも行われました。山家地区の皆様が明るく元気にスポーツを楽しみ、大いに親睦、交流を深められ、思い出に残る一日となったことでしょう。

11月21日(土曜日) 御笠青色パトロール隊の活動報告会に出席しました。

青パト報告会

 御笠青色パトロール隊の第9回になる活動報告会が西吉木公民館で開催されましたので、出席しました。隊員の皆様には御笠地区の安全安心まちづくり実現のため、並々ならぬご尽力をいただいておりますことに深く感謝申し上げます。
 平成19年の設立から、パトロール運行距離の累計が地球2周分を超えられたと、9月の移動市長室で伺い、皆様の長年の貢献に感嘆したところです。来年2月には、10年目を迎えられます。10代~70代の隊員の皆様には、今後とも、地域、警察、行政が三位一体となった取り組みへのご理解、ご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

11月20日(金曜日) 御笠川水系改修事業の促進について要望活動を行いました。

要望活動

 御笠川水系改修事業促進協議会の会長として福岡県に対しての要望活動を実施しました。 
 御笠川本川におきましては、支川との合流点付近などで、氾濫危険水位を超えるなど水位上昇が顕著であり、治水安全度の向上を図るためには、未改修区間の整備や、将来計画に基づいた、更なる御笠川本川及び支川の河川改修が必要不可欠です。
 二級河川御笠川水系の河川改修事業の促進、とりわけ御笠川の支川であります鷺田川、高尾川の河川改修事業の早期完了に特段のご配慮をお願いいたします。

11月20日(金曜日) あけぼの保育園の園児の皆さんが勤労感謝訪問にきてくれました。

あけぼの保育園

 あけぼの保育園の年長組のお友だち30人が勤労感謝訪問及び社会見学のため、市役所を訪問されました。
 この時期、あけぼの保育園では、保育行事の一環として、毎年勤労感謝訪問を実施され、この日、園児たちからの手作りのカレンダーや布巾などのプレゼントをいただいたほか、元気な歌を披露してくれました。
 子どもたちからの応援の言葉は、大きな励みになります。皆さんの健やかな成長のため、これからも職員と一丸となって全力で市政に取り組んでまいります。
  園児の皆さん、山下園長はじめ先生方、ご訪問いただきありがとうございました 

11月20日(金曜日)  都市計画審議会を開催しました。

結団式

 平成27年度第2回筑紫野市都市計画審議会を市役所で開催し、15人の委員に2年間の委嘱書を交付しました。都市計画は、良好な居住環境、豊かな自然環境、活力あふれる産業などをはじめ、さまざまな市民生活に大きくかかわるものです。市は、まちの健全な発展と秩序ある整備を図り、市民の皆様の暮らしを支える都市基盤の充実に向け、現在、第二次筑紫野市都市計画マスタープランの策定に鋭意取り組んでいます。
 委員各位には、本市の都市計画に関する方針をはじめ、都市施設や地区計画の決定等に係る審議において、専門的な立場からのご意見やご提言をいただきますようお願いいたします。

11月18日(水曜日)  第2回総合教育会議を開催しました。

会議

 第2回目となる筑紫野市総合教育会議を文化会館で開催しました。
 7月に開催した第1回目の総合教育会議では、筑紫野市の教育に関する様々な問題について委員の皆様に真摯にご協議をいただき、本市の教育、学術、文化の振興に関する目標である教育施策の「大綱」を策定しました。この日は、「不登校・いじめ」について本市の現状と今後の対策について議論を進めました。子どもたちの健全育成のためには、家庭・学校・地域が力を合わせて、取り組んでいくことが大切になってまいります。今後も不登校・いじめ対策については、総合教育会議で継続して議論を行っていきたいと考えています。

11月18日(水曜日) 平成27年度第8回移動市長室を実施しました。

移動市長室

移動市長室

 通算52回目となる移動市長室を、山口区公民館で開催しました。
 荒瀬区長をはじめ12人の役員、20人のサロン登録者の皆様に出席していただき、「山口いきいきサロン」の活動を中心に懇談を行いました。


 この日の移動市長室では、まず同サロンに参加させていただいて、運動サポーターの指導によりジャンケンを使ったゲームを行った後、「山口音頭」を合唱し、和やかな雰囲気の中で楽しい時間を過ごさせていただきました。
 懇談では、サロン開始のきっかけや年間の具体的活動について報告を受け、サロン活動が参加者の楽しみになっており、いきがいづくりや地域の絆づくりにつながり、認知症予防や健康寿命の延伸に寄与しているということがよくわかりました。さらに、さまざまな行政喫緊の課題について意見交換させていただき、非常に勉強になりました。


 山口区の皆様、どうもありがとうございました。

11月17日(火曜日) 男女共同参画審議会を開催しました。

審議会

 平成27年度第1回となる筑紫野市男女共同参画審議会を生涯学習センターで開催し、12人の委員の皆様に2年間の委嘱書を交付しました。
 筑紫野市では、平成18年に男女共同参画条例を制定し、男女共同参画を推進することにより、性にかかわりなく、すべての人の人権を保障し、豊かで活力ある社会を実現させるため様々な施策に取り組んできましたが、まだまだ十分とはいえない状況です。第2次男女共同参画プランは、平成29年度が計画の最終年度となっており、来年度は市民意識調査等を実施し、第3次プラン策定の準備に入りますので、委員の皆様にご意見等をいただきながら、よりよいプランを策定してまいりたいと思います。

11月16日(月曜日) 県民体育大会市町村対抗福岡駅伝選手団結団式に出席しました。

結団式

 スポーツフェスタふくおか福岡県民体育大会、スポーツの総合祭典第2回市町村対抗福岡駅伝筑紫野市選手団結団式が勤労青少年ホームで行われました。
 昨年のこの大会では、北九州市、福岡市に次いで第3位という輝かしい成績を残していただきました。
 このように、選手の皆さんが郷土筑紫野市を代表する精鋭として福岡県民体育大会に出場し、活躍されますことは、本市の大きな誇りです。本番も自信をもって臨んでいただき、持てる力のすべてを発揮した力走を期待いたします。

11月16日(月曜日) 県道137号道路建設促進期成会総会に出席しました。

総会

 県道137号(基山停車場平等寺筑紫野線)道路建設促進期成会総会が、山口コミュニティセンターで開催されました。
 期成会の皆様には、平成26年3月の発足以来、福岡県への要望活動等県道基山停車場平等寺筑紫野線道路建設整備事業に関する諸問題への対応や早期実現に向け、大変なご尽力を賜りありがとうございます。当該路線は道路幅員が狭く、カーブや歩道の未整備箇所も多々見受けられ、その改良整備は、地域住民の積年の悲願であります。今後の筑紫野市の発展に大きく寄与する当事業の早期実現へご支援、ご協力をお願いいたします。 

11月16日(月曜日) 二日市保育所のお友だちが勤労感謝訪問に来てくれました。

表敬訪問

表敬訪問

  二日市保育所の年長クラスのぞう組とらいおん組の子どもたち50人が勤労感謝の日を前に、市役所を訪問してくれました。
 子どもたちから「虹のむこうに」と「カントリーロード」の二曲の歌のプレゼントをいただきました。そして、市長の仕事に対していろいろな質問を受けました。「仕事をしていて楽しいことは何ですか?」の問いには、「皆さんの笑顔をみれることが、仕事をしていて何より嬉しいし楽しいです」と答えました。今日は来てくれて本当にありがとう。大きな声で唄う皆さんの姿にたくさんの元気をいただきました。



 子どもたちから、ビーズで製作された市のマスコットキャラクターつくしちゃんの素敵なパネルをいただきましたので、執務室に早速飾りました。これからも「ひかりかがやく筑紫野市」をつくるため頑張ります!

11月15日(日曜日) 山家宿まつりに出席しました。

まつりにて

  第9回山家宿まつりが開催されました。
 このまつりは、学校と地域、保護者の三者による共同開催となり、ますます山家地区の大人と子どものふれあいが増し、強い絆を結ぶ新たな伝統行事として発展しています。
 本日も恒例となりました大名行列や山家追分音頭、山家宿史跡ガイドそして山家名物「白おこわ」の振る舞いなど、山家ならではの様々な体験が行われました。市としましても、市民が誇りを持って歴史や文化を語ることのできる筑紫野市となるよう、全力で取り組んでまいります。

11月15日(日曜日) 西日本新聞金婚夫婦表彰式が行われました。

表彰式

  平成27年第17回福岡県西日本新聞金婚夫婦表彰式が文化会館で開催され、結婚50周年を迎えられた125組の金婚夫婦の皆様が出席されました。
 この記念すべき日を迎えられた皆様には、過ぎし50年の結婚生活を振り返られて、さぞかし感慨無量のお気持ちでいらっしゃることと思います。現在の平和で豊かな国を築くことができましたのも、皆様のお力のおかげであると思います。そのご功績に対し、心から感謝申し上げます。どうかこれからも健康第一で仲良く毎日をお過ごしいただきたいと思います。

11月15日(日曜日) 環境フェア&フリーマーケットが開催されました。

環境フェア

 筑紫野市環境フェア&フリーマーケットが14日(土曜日)から雨天のため1日延期になり、生涯学習センターで開催されました。
 この環境フェアは、市とごみ減量推進連絡協議会をはじめとする市民団体、事業所が一体となって、ごみ減量の推進、省エネ、地球温暖化といった「環境問題」をテーマとしたイベントや体験コーナーを企画・出展することにより、来場される市民の皆様の環境問題に対する意識の高揚を図ることを目的として開催するものです。ご来場の皆様には、秋の爽やかな気候のもと、環境について学べる様々な催しをお楽しみいただいたことと思います。 

11月15日(日曜日) 秋季火災予防運動防火パレード出発式に出席しました。

出発式

  筑紫野市消防団による秋季火災予防運動防火パレードに伴い、出発式が市役所で行われました。
 毎年11月9日から11月15日までは恒例の秋の火災予防週間でありますが、これから家庭でも一番火気を取り扱う季節がやってまいります。
 火災予防を徹底し防火思想の普及と高揚を図るための市内一円の防火パレードは、この火災予防週間の行事として非常に大切なものです。本日の啓発活動が地域防災力のさらなる向上につながりますことを願います。

11月14日(土曜日) 福岡・出水交流会に出席しました。

交流会

  第13回福岡・出水交流会が福岡市内会場で開催されました。
 出水は、古くから人・物・文化が活発に交流する交通の要所として栄え、毎年10月から3月まで越冬のため、19季連続で一万羽以上の鶴が飛来していると伺っております。また、九州新幹線の全線開通により、出水と福岡との距離も縮まったように感じています。
 今後は、更に心も近くに交流をより一層深めてまいりたいと思います。

11月14日(土曜日) 京町子どもまつりが開催されました。

子どもまつり

  第31回京町子どもまつりが京町児童センターで開催され、たくさんの皆様がご参集されました。
 今年は、「響け!未来へ!~思いを音にのせて~」をテーマに、差別のおかしさや人権・平和・環境の大切さを参加の皆様や地域の皆様と共に考えていこうと歌や太鼓、ダンス等精一杯の力をこめて、児童・生徒が表現に取り組んでいました。
 子どもまつりも、31回目を迎えこの間、参加する子どもたちはもとより、多くの市民の方々も参加される地域あげてのイベントとして発展・定着しています。これも、多くの方が子どもたちの呼びかけに応え、共感と連帯の輪が着実に広がりつづけてきた結果であると感じています。

11月14日(土曜日)  御笠地区市民文化祭を訪問しました。

文化祭

  14日と15日の2日間、第19回御笠地区市民文化祭が盛大に開催されました。
 御笠地区では、御笠まちづくり振興会の森木会長を中心にして、自助、共助、公助の精神で、次世代を担う子どもがすくすく育つまちづくり、子どもからお年寄りまで活き活き交流するまちづくり、安全で安心してみんなが笑顔で暮らせるまちづくり、自然・環境・文化遺産をみんなで守るまちづくりを大きな目的として、8つの部会で、地域の特性を活かし、そしてアイディア豊かに様々な先進的な事業を展開しています。この文化祭を通して、地域の皆さんの連帯感・熱意がさらに大きな力となりますことを祈念します。

11月14日(土曜日)  環境標語等表彰式を行いました。

表彰式

  「未来のちくしの絵画コンクール」と「環境問題標語等作品」の入賞者表彰式をふるさと館ちくしので実施しました。
 今回市内の小学生の皆さんから多数の応募をいただき、皆さんのまちづくりや環境問題に対する意識の高さに感心すると同時に、心から感謝いたします。私も選考委員として皆さんの作品を拝見いたしました。いずれも素晴らしい作品であり、とても感動いたしました。
 子どもたちに美しい自然環境を引き継いでいくことは、私たちに課せられた重要な使命です。今後とも、ひかり輝く筑紫野市づくりに取り組んでまいります。

11月13日(金曜日) 筑紫農業協同組合地区別組合員代表者大会に出席しました。

大会

  筑紫農業協同組合地区別組合員代表者大会がJA筑紫本店で開催されました。
 本市では、次世代への展望が描ける農業・農村の総合的な振興を推進することは急務であると認識し、農地集積や法人化を目指す協業化の推進事業や、都市近郊型農業の実現に向けた補助事業等の継続、また、地産地消の推進として地元産の「れんげ米の配布」を現在行っております。組合員代表者の皆様には、今後とも地域農業の核として、安全で安心・高品質な農産物の安定的供給等、食と農の共生を通じた心豊かな地域社会の実現にご尽力をいただきますよう、お願いいたします。

11月12日(木曜日) 平成27年度筑紫地区企業同和推進委員会総会及び研修会が開催されました。

総会

  第34回筑紫地区企業同和問題推進委員会通常総会が生涯学習センターで実施されました。
 企業の皆様には、社会的責任と自覚のもとに、会員が連携し、同和問題に対する正しい知識を深め、問題の早期解決に向け、たゆまぬご努力をいただき深く敬意を表します。
 筑紫地区では、同和問題の解決をめざし、生活環境の改善、さらには、住民一人ひとりの人権意識の高揚を図るため、啓発活動をはじめ、あらゆる取り組みを推進しています。企業の皆様には、今後とも、就労支援等ご理解・ご協力をお願いいたします。

11月12日(木曜日) 筑紫野インター線の要望活動を行いました。

要望活動

  筑紫野インター線道路建設促進期成会の要望活動を期成会の皆様とともに、那珂県土整備事務所を訪れ、福岡県に対して行いました。
 筑紫野インターチェンジが開設し17年が経過しましたが、この間、九州国立博物館の開館や大型商業施設の相次ぐ開業に伴い、他県からの流入を含む当該インターチェンジの利用者数は年々増えており、周辺地域の交通渋滞等、市民生活に支障を及ぼす状況があり、速やかな道路交通環境の改善が求められています。
 市の発展の礎となりうる、主要地方道筑紫野インター線の早期完成へ向けて、今後も計画的かつ効率的に事業を推進していただくために、特段のご配慮をお願い申し上げます。

11月12日(木曜日) 筑紫野市総合計画審議会から答申を受けました。

答申書受領

  第五次筑紫野市総合計画について9月17日付けで審議会に諮問しておりましたが、この日村藤会長から答申を受領しました。
 委員の皆様には、ご多用の中、全4回に渡り、会議を開催し、熱心な議論を頂いたことに深く感謝申し上げます。
 審議会でいただいたご意見等につきましては、第五次総合計画に基づき施策、基本事業を推進する過程において十分に検討し、役立ててまいりたいと思います。今後とも市政発展のためご協力賜りますようお願いいたします。

11月11日(水曜日) 日台友好筑紫野市議会議員連盟総会に出席しました。

総会

  日台友好筑紫野市議会議員連盟平成27年度総会が、生涯学習センターで開催されました。
 昨年11月の設立以来、議員各位には日本と台湾の絆をより一層強めてこられました。この日の総会では、台北駐福岡経済文化弁事処の戎義俊処長から台湾で農業水利事業に大きく貢献をした「八田 與一(はった よいち)氏」についてご講演がなされました。
 このような交流を一つ一つ積み重ねることによって、台湾との友好関係の一層の増進が図られ、お互いの信頼関係が深まり、アジアの平和と安定につながっていくものと期待しています。

11月10日(火曜日) 御笠地区行政区対抗ゴルフ大会の始球式を行いました。

始球式

  御笠まちづくり振興会では、部会別にさまざまな活動が実施され、御笠地区の活性化を感じています。
 この日は、御笠住民の幅広い交流を通してさらに連携を深め、より一段と飛躍されることを目的として、第4回のゴルフ大会が開催されましたので、私は始球式のみ参加しました。この日は、19組76人の参加ということで、大変盛り上がっていました。
 御笠地区では、23日には親善ソフトボール大会も計画されています。より一層地域の親睦が図られることでしょう。

11月9日(月曜日)  秋季火災予防運動街頭広報を実施しました。

街頭啓発

 11月9日からの全国秋季火災予防運動事業の一環として、街頭啓発を実施しました。
 この時期は空気が乾燥して火災が発生しやすくなっています。火災予防思想の一層の普及を図り、地域の安全と市民の安心・安全な暮らしを守ることを目的として、筑紫野市、太宰府市の7つの駅で早朝の街頭啓発を行い、私は、JR二日市駅でティッシュを配布し、火災予防を呼びかけました。
 市民の皆様には、ご家庭での火の元には十分注意され、火災予防に努めていただきますよう何卒お願いいたします。

11月8日(日曜日) 万葉の筑紫路を楽しんで!

万葉の里

 第10回万葉の里ちくしのウォーキングが開催され、ゆったり、健康チャレンジ、史跡散策等の各コースに分かれた361人の参加者が紅葉した筑紫路のウォーキングを楽しみました。
 この事業は、市民の皆さんにウォーキングに親しんでいただき、楽しみながら健康づくりや筑紫野市の自然、史跡等、郷土への関心・愛着を高めてもらうため実施しています。開催にあたっては、健康・福祉の団体を中心とした実行委員会が組織され、横溝会長をはじめ10団体12名の委員と関係機関を中心に企画され、準備を進めてこられました。また多くの企業や関係団体からたくさんの協賛品のご提供もいただき、参加者には参加賞も配られました。

11月7日(土曜日) 「I am 太郎冠者」が開催されました。

文化学芸連盟

 平成27年度筑紫野市文化学芸連盟自主事業文化講演会「Iam 太郎冠者」が生涯学習センターで開催されました。
 文化学芸連盟の皆様には、平成25年の設立以来、心豊かな活力ある地域の文化芸術の振興のために、演奏会や文化講座など、多岐にわたった自主的な活動を活発に行われ、深く敬意を表します。
 本日は、ニ胡とピアノのコラボ演奏で始まり、日本の伝統文化である狂言を、アメリカ人であるグレイス・キングスリーさんの公演と、狂言の解説や所作などの講座が行われました。ご来場の皆様は、普段なかなか体験することができない貴重な機会であったことと思います。

11月7日(土曜日)  まちのお店が大集合!いきいき商工農フェスタが開催

商工農フェスタ

 市内商店街等の活動を広く消費者に周知すると共に商工農業者と消費者のふれあいの場として、「第11回いきいき商工農フェスタ」が、7日・8日の2日間文化会館駐車場で開催されました。
 筑紫野市を代表する店舗、物産、そして人々が一堂に会するこのフェスタが、本市の魅力を再発見する機会となり、消費者と生産者や販売者との間で信頼と協力の輪が広がり、魅力あふれる地域づくりへと繋がることを大いに期待しています。ご来場の皆様には、秋の楽しい一日を満喫していただいたことでしょう。
 この日は、福岡県工業技術センター科学繊維研究所の一般公開も行われ、たくさんの子どもたちが科学の世界を楽しみました。

11月7日(土曜日) 筑紫小校区フットベースボール大会が開催されました。

フットベースボール

 第23回筑紫小学校区フットベースボール大会が、18チーム、270名の子どもたちの参加を得て、筑紫運動広場で開催されました。
 この大会も23回目を迎えるということで、筑紫小学校区の子ども同士や大人同士そして地域全体のつながりを強め、子どもたちの健全育成に積極的に取り組んでおられますことは、大変意義深いものです。今日の大会で、さらに筑紫小学校区の皆さんの友情が深まったことと思います。
 本大会に、尽力いただきました大石実行委員長、佐々木副委員長はじめ実行委員の皆様、審判員の皆様に心からお礼を申し上げます。

11月6日(金曜日) つくし太鼓愛好会が全国大会に出場します!

 
つくし太鼓表敬

 本市を拠点に活動されるつくし太鼓愛好会の皆さんが12月26日(土曜日)に埼玉県で開催される太鼓祭inソニックシティ2015第7回日本一決定戦に出場することが決まり、この日市役所に報告に来てくれました。
 つくし太鼓愛好会の皆さんは、40年以上という大変長きにわたって郷土芸能の一端を担われ、また地域文化の向上と子どもたちの健全育成に多大なるご貢献をいただいています。
 全国大会でも、出場する皆さんの太鼓が聴いている人々の心に響くような、素晴らしい決定戦になりますことを私も心から祈っています。

11月6日(金曜日) 筑紫野市老人クラブ連合会「市長を囲む懇談会」が開催されました。

 
懇談会

 筑紫野市老人クラブ連合会との懇談会がカミーリヤで開催されましたので、出席しました。老人クラブの皆様が、健康、友愛、奉仕という3つの柱を軸に、人と人とのつながりを大切にしながら、健康づくり活動や地域を支える活動に取り組まれておりますことは大変素晴らしいことです。
 昨年の移動市長室の際には、皆様が活動をされていく上での課題など直接お伺いすることができました。この日は、私から平成27年度の予算の概要と重点施策についてお話しした後、健康福祉部長から老人クラブの関連施策並びに高齢者支援対策等について説明し、その後懇談を深めました。

11月6日(金曜日)  千賀ノ浦親方が表敬されました。

 
親方表敬

 本市湯町に九州場所宿舎を構える千賀ノ浦部屋の千賀ノ浦親方が大坪区の吉木区長とともに市役所を訪問されました。
 千賀ノ浦親方は「舛田山」の四股名でご活躍され、最高位は東関脇という名力士でありました。引退後は年寄「千賀ノ浦」を襲名し、力士15人を抱える千賀ノ浦部屋の親方として、弟子の指導に尽力されています。
 親方は、「気力」と「気力」の勝負について、お弟子さんの様子等ユーモアを交えて語っていただきました。稽古の後は、二日市温泉に浸かっていただき、疲れを癒していただければ幸いです。

11月6日(金曜日) 筑紫地区青パト安全運転競技会が開催されました。

 
青パト競技会

 筑紫地区青パト安全運転競技会が、南福岡自動車学校で開催されましたので、筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会会長として、出席しました。
 本競技会は、「青色パトロール活動マニュアル」の基本をいかに守って運転しているかを競う大会となっています。ご参加の皆様には、本日の競技会を通して、安全運転技術の更なる向上を目指し、安全運転の模範となっていただき、地域に安全運転の輪を広げていただくことを期待しています。

11月5日(木曜日)  第65代福岡県議会議長を訪問しました。

 
井上議長と

 福岡県議会第65代の井上忠敏議長を本市の赤司泰一議長とともに訪問し、懇談しました。
 井上県議会議長におかれましては、福岡県政発展のため日々ご尽力いただいておりますことに深く敬意を表します。
 本市としましても、市議会と車の両輪のごとく力を併せて、市政発展のため諸施策に取り組んでまいる所存でありますので、県議会としましても本市政運営に際しまして、今後とも何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

11月5日(木曜日) 水資源に関する要望活動を行いました。

 
要望活動

 福岡都市圏広域行政推進協議会を代表して「水資源開発の促進」に関する提言活動を須恵町の中嶋町長とともに、国土交通省九州地方整備局、筑後川河川事務所及び水資源機構筑後川局並びに福岡県に対して行いました。
 福岡都市圏としまして、将来にわたる水道用水の安定供給のため、渇水対策、新規水資源の早期確保及び筑後川水系の河川流量の安定化を図ることは、緊急かつ重要な課題であります。今後とも都市圏の課題等に十分配慮いただき、ご尽力賜りますよう、お願いいたします。

11月3日(火曜日) 山口・山家地区の文化祭が行われました。

 
剣道大会

剣道大会


 この日は、第20回山口地区コミュニテイまつり及び第35回山家地区市民文化祭が各コミュニティセンターで開催されました。
 山口では、日ごろの学習発表が行われるとともに交流を深めることを目的として「公民館活動が核となった地域コミュニティづくりをめざして」というテーマのもと、ステージ発表や展示、バザー、抽選会など多くの催しが行われました。
 山家では、「われらが主役のまちづくり」というテーマのもと、幼稚園児や小学生の作品展示、コミュニティセンターの学習団体や地域の方の創作の成果の披露、そして、ステージでは、人形劇等日頃の練習の成果の発表など、趣向を凝らした催しが行われていました。
 市としましても、コミュニティ施策や公民館の活性化事業を重点施策として今後さらに取り組みを進めてまいります。

11月2日(月曜日)  屋内消火栓操法大会の優勝報告を受けました。

 
優勝報告

 10月31日(土曜日)上古賀グラウンドにおいて開催された第27回屋内消火栓操法大会において、本市の選抜チームが、業務終了後の厳しい訓練成果を発揮し、16チーム(男子9チーム、女子7チーム)の中で、男子、女子共に昨年に引き続き優勝しましたので、その報告を受けました。
 優勝した両チームは本当におめでとう。よく頑張ってくれたと思います。入賞出来なかったチームは、入賞を逃したくやしさを糧とし、これからの業務に是非いかしてくれることを願っています。

11月1日(日曜日)  永岡遊ゆう秋祭りが開催されました。

 
秋祭り

 第2回永岡遊ゆう秋祭りが永岡遊ゆう公園で盛大に開催されました。
 この秋祭りは、3年前まで10年間にわたって実施されていました「永岡遊ゆう夏祭り」にかわる地域の祭りとして、地域福祉の向上、人権尊重の地域社会実現という目的を掲げて昨年度再出発を果たされ、今回が2回目の開催となりました。この日は、楽しいイベントの数々とともに「筑紫野市商工会」や「永岡支部」、「もやい・湯の上」の皆様によるおいしい食べ物が、会場内にたくさん準備されていました。この秋祭りを通して、地域の絆が一層深まり、福祉と人権のまちづくりへの取り組みが今後さらに発展していくことを願っています。

11月1日(日曜日)  学びでひとが輝き、学びがまちを輝かせるちくしの

 
文化祭

 平成27年度二日市コミュニティ文化祭が盛大に開催されました。
 本日の文化祭は、本市が願う生涯学習社会の一つの姿であり、活力と笑顔に満ちあふれた二日市のまちづくり、地域文化の振興と発展につながっていくものと確信しています。
 今年も、一年間の学びの成果として、館内には様々な分野の力作が展示され、舞台では演芸発表がありました。館外では、うどんややきそば等の飲食や新鮮野菜の販売等行われ、参加した皆様は、深まる秋の一日を会場内外において地域の文化に触れ合いながら、親睦と交流を深められたことでしょう。

11月1日(日曜日) スポーツ少年団第26回剣道交流大会が開催されました。

 
剣道大会

 第26回福岡県スポーツ少年団剣道交流大会が農業者トレーニングセンターで開催され、多くの剣士の皆さんが集われましたので、歓迎のことばを申し上げました。
 この大会は、福岡県スポーツ少年団活動の活発化を促し、団員相互の交流と親睦を図るとともに、全国スポーツ少年団剣道交流大会出場チームを決定するための大切な大会であります。全国大会代表の座を目指し、日頃の修練の成果を思う存分発揮し、正々堂々、投資あふれる試合が展開され、この歴史ある大会に新たな1ページが刻まれました。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス