ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成27年9月)
更新日: 2015年10月1日

市長の動き(平成27年9月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

9月30日(水曜日)  平成27年度第6回移動市長室を実施しました。

青色パトロール隊

青色パトロール隊

青色パトロール隊

 通算50回目となる移動市長室を、御笠コミュニティセンターで開催しました。

 今回は御笠青色パトロール隊と懇談を行い、窪田会長をはじめ12人の会員の皆さんと御笠駐在所員に出席していただきました。


 この日は、体験パトロールとして、2台の車に私や市職員が同乗、周辺の団地や道路を巡回しながら、日頃のパトロールの状況や危険箇所確認など、活動を体験させていただきました。
 懇談では、隊の概要と具体的取り組みについて説明を受けました。『御笠地区が好きだ!だから我々でパトロールしよう!』というスローガンのもと、班分けして画一的な活動方式を取らずツールとルールのみ統一して行う「通常パト」をはじめ、女性だけで活動する「スマイル・パト」、PTAなどの若いお父さんたちが活動する「PP2・パト」、特に高齢者の見守りに活用する「声掛け模擬訓練パト」など、具体的な内容を話していただきました。
 皆さん方の活動は、自助・共助・公助の最たるものであり、第50回という記念すべき移動市長室を非常に有意義で参考になる内容で実施させていただきました。 


 御笠青色パトロール隊の皆様、本当にありがとうございました。

9月30日(水曜日)  市長杯グラウンド・ゴルフ大会が行われました。

グラウンドゴルフ

 第28回市長杯グラウンド・ゴルフ大会が諸田多目的グラウンドで開催されましたので、応援にかけつけました。
 この日は、247名というたくさんの元気な選手の皆さん
がご参加でした。先日、各地区で行われました敬老会を訪問させていただきました際にも感じましたが、皆さんのはつらつとした姿を拝見してますと、その活躍なくしては、本市の発展はありえないと、改めて感じた次第です。
 本日もグラウンドゴルフを通じて、交流の輪
が広がったことでしょう。

9月28日(月曜日)  福岡都市圏の会議に出席しました。

会議

 平成27年度福岡都市圏広域行政推進協議会総会及び平成27年第2回福岡都市圏広域行政事業組合議会定例会が、構成する17市町長出席のもと糸島市内会場で開催されました。
 都市圏広域行政推進協議会では、平成26年度
の事業報告及び決算について協議が行われた後、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産郡の世界遺産登録についてや水城・大野城・基肄城1350年事業、そして福岡市立こども病院についての説明がなされました。
 福岡都市圏として共に取り組むべき事業につ
いては、今後も連携して行っていきたいと思っています。

9月27日(日曜日)  二日市温泉と天拝山観月会を開催しました。

観月会

観月会

 中秋の名月であるこの日、第81回筑紫野市祭二日市温泉と天拝山観月会を天拝公園で開催しました。観月会は、商工会、観光協会、筑紫野市の三者で実行委員会を結成し、開催していているものです。
  太宰府天満宮からいただいた御神火が、市内の5つの中学校の生徒の皆さんにより、市役所をスタートし、天拝山山頂を経て、天拝公園の点火台に点火され、祭りは始まりました。
 今回は、天拝公園で、太鼓・詩吟・舞踊等多数のステージ発表やバザーがあり、天拝山山頂では、雅楽の演奏が行われ、また御自作天満宮前には竹とうろうが設置され、幻想的な光を放っていました。
 フィナーレは、恒例の大輪の花火が打ちあがり、ご来場の皆様には、月の夜を堪能していただけたのではないかと思います。
 観月会開催にご協力いただきました地元の皆様をはじめ、関係機関・団体の皆様に心より感謝申し上げます。

9月27日(日曜日)  徘徊模擬訓練インみかさに出席しました。

新米フェア

 認知症になっても安心して暮らせるまちづくり事業の一環として、御笠地区の地域住民、関係者、関係団体が一体となり、平成27年度徘徊模擬訓練インみかさが開催されました。この訓練は、徘徊者を探し出すのが目的でなく、徘徊している人への「気づき」の目を養うこと、気がかりな高齢者に勇気を持って「声かけ」ができるようになること、安心して徘徊できる町をめざし、関係者の「連携ネットワーク」をつくることを目的としています。
 この日は、御笠地区を含め市内外から28の関係各種団体、187名にも及ぶ方が参加される大規模な事業となっており、徘徊対策に対する市民の関心の高さを実感しました。

9月27日(日曜日)  スポレクフェスタ2015が行われました。

新米フェア

 スポレクフェスタ2015が筑紫運動広場で行われました。開会式後には、オープニングを飾るイベントとして、保育所慈生園マーチングバンドの皆さんによる演奏が行われ、園児の素敵な演奏で、会場が元気いっぱいになりました。
 この日は「来て見てやっていい汗流そう」をテーマとして、子どもたちや地域の皆さんが一緒に参加できる、さまざまな種目のスポーツ体験のほか、楽しいイベントがたくさん用意されていました。
 一日、スポーツ三昧の楽しい時間を過ごされ、普段はなかなか交流できない年齢層の方々と、スポーツを通して触れ合い、交流を深められたことでしょう。

9月27日(日曜日)  蛍が舞い、魚いっぱいの宝満川をよびもどそう!

カヌー大会

カヌー大会

 第18回宝満川カヌー大会in美咲~川との共生をもとめて~が宝満川河川敷で行われました。
 1998年にスタートしたこの大会も、早いもので今年で18回を迎え、過去17回の大会では、延べ1万人を超える参加があっています。多くの人が集い交流を深めることによって、人権と環境を守り育てることを目的に実施されている事業です。
 今年も111レース1,085人の皆様がエントリーされ、爽やかな秋空のもと、カヌーを楽しまれました。
 宝満山を源とし筑紫野を流れる宝満川は、かつて初夏になると蛍が舞い、澄んだ水の中には魚が泳ぎ、子どもたちは水辺に遊び、大人たちは夕暮れになると涼を求め川岸に集いました。
 参加された皆様には、ぜひこのカヌー大会を契機として、自然と共存することの意味、大切さを学ぶ機会になればと私も期待しています。
 開催にあたり、尽力されました実行委員会の皆様をはじめ関係各位へお礼申し上げます。

9月26日(土曜日)  保育所等の運動会に出席しました。

運動会

 京町保育所第41回運動会及びいしざき幼稚園第59回運動会が開催されましたので出席し、子どもたちを応援しました。
 京町保育所の運動会のねらいは、身体そだて(運動あそび・身体表現)の発表の場とし、最後まで頑張る力を養うこと、みんなで取り組むことでなかま意識を育てること、保育所・保護者・地域との交流をはかることを目的に実施しています。
 いしざき幼稚園も、前田園長のもと職員の皆さん一丸となって、子どもたちの健やかな成長に取り組んでおられる様子が伝わる、盛りだくさんのプログラムとなっていました。
<写真は京町保育所運動会 於二日市北小学校>

9月24日(木曜日)  井上忠敏氏第65代福岡県議会議長就任祝賀会に出席しました。

祝賀会において

 井上忠敏福岡県議会議員が、5月14日の臨時県議会において、第65代福岡県議会議長に選任されました。このことは、私にとりましても、誠に慶びに堪えない次第でございます。本当におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。
 この日、井上忠敏氏の議長就任を祝福し、地方自治の振興と福岡県並びに県政発展のため今後のご活躍を祈念して、福岡市内会場で議長就任祝賀会が開催されましたので、出席しました。 
 井上忠敏議長におかれましては、ご健康に留意され、益々の飛躍を祈念いたします。

9月23日(水曜日)  新米フェアが開催されました。

新米フェア

 御笠まちづくり振興会の新米フェアが御笠コミュニティセンターで開催されました。御笠地域の農業生産者と消費者を結ぶ事業として実施されています。
 軽トラックに、新米(宝満の里)やナス、きゅうり、芋などの新鮮野菜、そして餅や梅干、漬物等の加工品が並び、バンド演奏等も行われ会場は大盛況となっていました。
 森木会長はじめ関係各位の皆様には、引き続き活力あふれる地域づくりにご協力いただきますようお願いいたします。買い物された皆様は、素晴らしい自然と、生産者が丹精こめてつくられた農産物を満喫されたことでしょう。

9月23日(水曜日)  スポーツ少年団交流大運動会が行われました。

運動会

 第32回筑紫野市スポーツ少年団交流大運動会が筑紫運動広場において、盛大に開催されました。この運動会は、スポーツ少年団の団員相互の連帯を深め、地域との融和を図ることを目的とし、実施されています。
 パン食い競争、親子むかで競争、ウルトラクイズ等、それぞれ参加者は盛り沢山の白熱した競技に大いに盛り上がり、思い出に残る素晴らしい大運動会になったことと思います。
 筑紫野市スポーツ少年団の限りないご発展を祈念いたします。

9月20日(日曜日)  筑紫地区消防操法大会で選手団を応援しました。

操法高

操法高

 消防団員としての消防技術の錬成と迅速的確な行動及び消防精神の錬磨と士気の高揚を図り、火災防ぎょに万全を期することを目的とする第23回筑紫地区消防操法大会がJA筑紫本店グラウンドで開催され、筑紫地区各市町消防団からポンプ車操法(本市から筑紫分団出場)、小型ポンプ操法(本市から山家分団出場)の2種目にそれぞれ1チーム出場し競い合いました。
 出場選手は、6月から酷暑の中を訓練に訓練を重ねこの日を迎えました。どの選手も十二分に力を発揮されたことでしょう。この日までお疲れ様でした。
 なお、ポンプ車の部で本市から出場の筑紫分団が準優勝を勝ち取り、平成28年の福岡県消防操法大会に出場することが決まりました。
 夕方には、9月6日に開催された第2回福岡県女性消防操法大会と併せての報告会が市内会場で開催されました。
  女性消防操法大会は惜しくも入賞は逃しましたが、タイムはとてもよかったという報告を受けました。 
 
これまでの厳しい訓練は、将来にわたっての消防団活動に必ず役立つものと確信しています。これからも、その卓越した操法技術にますます磨きをかけられ、郷土愛護の崇高な精神を持って、安心安全のまちづくりにご精励いただきますようお願いします。

9月19日(土曜日)~21日(月曜日)  各地区敬老会を訪問しました。

敬老会

敬老会

敬老会

 シルバーウイークの連休は、各地区主催で敬老会が開催されました。私は、19日~21日の3日間で18地区(19日針摺東、針摺、大門、むさしヶ丘、若葉・中原団地、20日、山口、上古賀、東新町、俗明院、若江、みかさ台、21日、立明寺、天山、下見一、筑紫第一自治会、光が丘、牛島、旭町・東町合同)と21日に1施設(天拝の園)を訪問し、皆様にお祝いのことばを述べました。
 敬老会のご盛会をお慶び申し上げますとともに、皆様と長寿を喜び合えることを大変うれしく思います。
 今年で戦後70年の節目の年を迎え、各地で記念事業が行われる中、本市においては、二度と戦争の悲劇が起こらないことを祈念するシンボルとして、旧西鉄筑紫駅待合所の保存施設を整備いたしました。本日の敬老会は、戦後70年の激動の時代を生き抜いてこられ、筑紫野市の礎を築いてこられました皆様を敬愛し、長寿を祝う会です。
 人間はいくつになっても、今日よりは明日、明日よりは明後日と、常に向上を目指していきたいものです。私も、未来に向かって、皆様に、安心と喜びを抱いていただき、子や孫に誇れるような「ひかり輝く筑紫野市」の実現を目指し、全力を傾注してまいります。
 皆様には、これからも健康に十分ご留意いただき、生きがいを持ったよりよい人生を歩まれますことをお願いいたします。
 本日の敬老会のお世話をいただきました区長各位をはじめ、関係者の皆様のご労苦に深く感謝の意を表しますとともに、皆様のご健康とご多幸を心から祈念します。

 <写真上から 19日むさしヶ丘区、
           20日みかさ台区、
           21日旭町・東町区敬老会>

9月19日(土曜日)  保育園等の運動会の季節となりました。

運動会

 この日、原田保育園第40回運動会及び下見保育所第42回運動会並びに筑紫野幼稚園第60回運動会を訪問し、園児の皆さんに声援をおくりました。
 園児の皆さんの表情は、待ちに待った運動会ということで、やる気に満ち溢れていて、キラキラと輝いていました。これまで、暑い中、一生懸命練習してこられたことと思います。最後まで元気一杯、お友だちや先生と力を合わせて、楽しい運動会になったことでしょう。
 子どもたちの健やかな成長を心から祈念します。
 この日は、筑紫野市のマスコットキャラクター「つくしちゃん」も応援にかけつけました。

<写真は原田保育園運動会  於 原田小学校>

9月18日(金曜日) 秋の交通安全県民運動が始まりました。 

街頭啓発

 平成27年9月19日(土)~30日(水)は、秋の交通安全県民運動として、県内でさまざま取り組みが行われます。運動の基本は、子どもと高齢者の交通事故防止で、重点として、飲酒運転の撲滅、夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止、後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底についてを掲げています。
 この日は市内5箇所において街頭啓発を実施し、私も西鉄二日市駅において市民の皆様へキーホルダー等を配布し、呼びかけました。また、併せて、バスに乗ろうキャンペーンも実施しました。

9月17日(木曜日) 第五次筑紫野市総合計画審議会を開催しました。

審議会

  第五次筑紫野市総合計画審議会を生涯学習センターで開催し、18人の委員の皆様に委嘱書を交付しました。
 第五次筑紫野市総合計画は、本市が目指すまちづくりの姿を明らかにするとともに、総合的かつ計画的に市政を運営するため、市の最上位計画として策定するものです。基本構想と基本計画から構成されており、基本構想では本市の目指すべき将来都市像を定め、基本計画においては、将来都市像の実現のために必要となる5つの政策を講じた上で、具体的な取り組みとなる28の施策を設け、推進することを予定しております。
 委員各位には、より良い計画となるよう、ご意見を賜りたく何卒よろしくお願いいたします。

9月14日(月曜日)  新100歳の市民を訪問し、ご長寿をお祝いしました。

100歳訪問

100歳訪問

 本市では、平成27年度中に100歳を迎えられる方が23人(男性1人、女性22人)で、新100歳を含む100歳以上の方が53人(男性4人、女性49人)いらっしゃいます。
 私はこの日、新100歳の吉村フミ子さん(市内立明寺)と萩尾チヱ子さん(市内紫)のお二人を訪問し、内閣総理大臣からの祝状と記念品、福岡県知事からの祝状と記念品、本市からの祝金を贈呈しました。
 お二人をはじめ、長寿市民の皆様に心からお祝い申し上げます。いつまでもご壮健でありますよう心からご祈念申し上げます。



 お元気なご様子のお二人にお会いし、私もたくさんの勇気と元気をいただいたような気がいたします。
 ご家族の皆様にも心からお祝いを申し上げます。

9月13日(日曜日)  敬老の日おめでとうございます。

敬老会

敬老会

 各地区で敬老会が開催され、8地区(古賀、山家、岡田、原田、美しが丘南、東吉木、馬市、原)を訪問しました。
 本日の敬老会のご盛会をお慶び申し上げますとともに、皆様と長寿を喜び合えることを大変うれしく思います。この日ご出席の皆様をはじめ、すべての方々に衷心より感謝と敬老の意をささげます。
 本日の敬老会は、戦後70年の激動の時代を生き抜いてこられ、筑紫野市の礎を築いてこられました皆様を敬愛し、長寿を祝う会でございます。皆様のお顔の輝き、かくしゃくたる姿を拝見し、皆様の活躍なくしては、筑紫野市の発展はありえないと、改めて感じました。これからも皆様のお知恵をお借りしながら、未来に向けて歩んでいきたいと思います。
 健康に十分ご留意いただき、生きがいを持ったよりよい人生を歩まれますことを祈念いたします。

<写真上段 松ヶ浦区の皆さんと
    写真下段左上から、岡田区、原田区
  美しが丘南区の新100歳の後藤俊子さんと一緒に、
  原区敬老会>

9月13日(日曜日)  剣道祭が行われました。

剣道祭

 平成27年度筑紫剣道連盟剣道祭が二日市小学校体育館で行われました。
 本大会は、団体試合として筑紫剣道連盟所属及びスポーツ少年団員とOB の皆さんによるトーナメント方式による市町対抗の部が行われました。普段は、別々の道場で稽古に励んでおられる剣士の皆さんが、市町を代表して集まり、一致団結して試合に臨まれることは大変意義深いものであり、これを機会に剣士同士の交流がさらに深まったことと思います。
 筑紫剣道連盟の大音会長をはじめ皆様のご健勝をお祈りいたします。

9月12日(土曜日) ピュアハート報告コンサート「風月同天Ⅲ」が開催されました。

コンサート

 ピュアハートとスタッフ総勢23名の皆さんが 6月26日から7月1日の6日間で、岩手県宮古市、宮城県気仙沼市、石巻市を訪問され、音楽で、笑顔と元気を義援金とともに被災地に届けてこられましたので、その報告コンサートが生涯学習センターで行われました。
 ピュアハートの皆さんは、震災の翌年から被災地を訪問し、施設等で交流コンサートを実施されています。年に1回ながら「来年はいつ?」と被災地では楽しみにしていただいているそうです。
 本日の報告コンサートに参加された皆様から、さらに被災地支援の輪が広がりへつながることを心から祈念しています。

9月12日(土曜日)  ちくしの福祉村公開講座が開催されました。

ふくし村

 平成27年度ちくしの福祉村第1回公開講座がカミーリヤで開催され「どうなるの?筑紫野市の福祉」と題して筑紫女学園大学の山崎安則教授が講演されました。本年度は5回の公開講座が行われます。
 ちくしの福祉村は、この度結成から20周年を迎えられました。これまでの長年の活動に敬意を表するとともに、日頃から市政各般にわたり、特に地域福祉の推進にご理解とご協力をいただき、心から厚くお礼申し上げます。これからも「お互いを認め合い、支えあいながら、誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり」をめざして、市も鋭意取り組みを進めてまいりますので、これまで以上のご理解とご協力をお願いいたします。

9月10日(木曜日)  第23回筑紫地区消防操法大会に市代表として出場します。

激励

 災害時の消火までの早さや動作の規律を競う「消防団の甲子園」と言われる消防操法大会が9月20日開催されます。
 今回の筑紫地区大会の上位チームが、来年行われる福岡県消防操法大会に出場することができます。選手の皆さんは、6月から訓練を開始し、大会までの3箇月間、連日連夜猛暑の中での訓練を重ねてこられました。この日は、市の幹部職員と共に訓練会場の筑紫運動広場を訪ね、山家と筑紫の両選手団に激励をしました。筑紫野市代表として、大会での好成績を大いに期待しています。

9月10日(木曜日) ~襷 今までの歩んだ軌跡、これから繋げる伝統~をテーマに。

体育祭

 九州産業大学附属九州産業高等学校の平成27年度第55回体育祭に出席しました。
 体育祭の開催にあたっては、生徒会の皆さんが中心となって、各ブロックのリーダー、生徒の皆さんが団結して準備や練習に励んでこられました。一緒に汗水流した仲間は、皆さんにとってこれからの人生を歩んで行く上での大きな支え、心の宝にきっとなることでしょう。
 九州産業高等学校の限りないご発展を心からお祈りいたします。

9月9日(水曜日) 自分をたすけ、みんなを救うために。

記念撮影

 毎年9月9日は、救急医療及び救急業務に対する国民の正しい理解を深めるため「救急の日」と定められ、全国的な啓発活動が展開されています。筑紫野市におきましても、JR二日市駅前において、筑紫医師会、筑紫保健福祉環境事務所、筑紫野消防署そしてJR二日市駅のご協力をいただき、街頭啓発を実施し、市民の皆様へ応急手当ガイドを配布しました。
 本啓発活動を通じ、市民の皆様に救急医療、救急業務に関する理解を少しでも深めていただき、一人でも多くの命が救えることを祈念いたします。

9月8日(火曜日) 第50回介護者のつどいが開催されました。

あいさつ

 筑紫野市介護を考える家族の会は、家族の介護に悩む住民が多い現状から「地域で支える場づくり」として平成19年9月に立ち上げられ、介護や認知症問題に取り組み「介護者のつどい」も50回目を迎えられました。その記念として、歌手南こうせつさんの兄で、大分市勝光寺住職の南慧昭さんを講師にむかえ「心の健康~仏心は歌心」と題して歌を交えた歌説法が、生涯学習センターで行われました。会場は大盛況で、ご参集の皆様共に歌い、心の栄養をしっかりつけていただいたことと思います。このようなつどいを企画いただきました筑紫野市介護を考える家族の会の皆様にお礼申し上げます。

9月6日(日曜日) 三舩祐規氏の旭日雙光章受章記念祝賀会に出席しました。

祝賀会

 元福岡県議会議員の三舩祐規氏が平成27年春の叙勲に際し、永年に亘る地方自治功労により旭日雙光章受章の栄に浴されましたので、受章祝賀会が福岡市内の会場で開催されました。この慶事は、ご本人はもとより、私にとりましてもこの上ない喜びとするところであります。
 三舩氏には、今回の栄えある旭日雙光章ご受章を契機に、これからも健康には十分留意され、郷土のまちづくりになお一層ご活躍されますようご祈念申し上げます。この度は誠におめでとうございました。

9月6日(日曜日) 筑紫野市招待親善ソフトバレーボール大会が行われました。

ソフトバレー

 第19回筑紫野市招待親善ソフトバレーボール大会が農業者トレーニングセンターで開催され、一般の部とシニアの部にわかれ、市内外から180人にのぼる選手の皆さんが出場されました。
 参加者の皆さんは笑顔でソフトバレーを心から楽しまれており、日頃からスポーツを通じたまちづくり、地域づくり、人づくりに積極的に取り組んでいただいていることに深く感謝いたします。筑紫野市ソフトバレーボール協会の高田会長をはじめとする皆様のご健勝をお祈りいたします。

9月5日(土曜日) まちづくりは公民館から!

小公連

 筑紫野市小地区公民館連絡協議会の第41回目の推進大会が「まちづくりの視点を持った公民館活動の活性化」~まちづくりは公民館から!~をテーマとして、生涯学習センターで開催されました。「地域と人をつなぐ公民館」というテーマで、宇美町立図書館館長黒田修三氏の講演が行われ、その後は、若葉中原公民館、西吉木公民館、原田公民館の3つの公民館からの事例発表、研究討議及び各地区の公民館活動の事例展示等、盛り沢山の内容となりました。このような機会を有効に活用して、地域の情報を共有していただき、市民の皆様が地域への関心、愛着をもち、互いに支えあうことができるような心豊かな「人づくり」や一緒に手を携えて「まちづくり」をしていこうという意識を醸成していただければと思っています。

9月5日(土曜日) いつまでもご壮健でありますように。

敬老会

 第20回ハーモニー聖和の敬老会を訪問しました。
  こうして敬老会の日を迎えられ、皆様と長寿を喜び合えることを大変うれしく思います。
  私は、市長として皆様方が築きあげてこられた繁栄を守り育て、次の世代に継承していく責任がございます。これからも、皆様が安心と喜びを抱いていただける、生きがいのあるまちづくりを全力で進めて行く所存です。どうか皆様には、これからもお体に気をつけられ、元気にお過ごしください。

9月5日(土曜日) 皆信大成をテーマに筑紫高校体育大会が開催されました。

運動会

 福岡県立筑紫高等学校の第35回体育大会が開催されましたので、出席しました。
 今年の体育祭のメインテーマは「皆信大成」です。生徒の皆さんが一丸となって、体育祭の企画・運営を自らの手で行い、昨年度を超えるものにしようと、互いに切磋琢磨して準備や練習に励んでこられました。
 「健全なる精神は、健全なる肉体に宿る」と言われる通り、この体育祭を通して、苦しい練習に耐え抜き、健康な身体づくりを行っておくことは、皆さんが、これから経験する様々な出来事を乗り越えていくための、大きな力になっていくことでしょう。私も皆さんの心意気と輝きから、元気と感動をいただきました。

9月4日(金曜日) 筑紫野南中学校の生徒が優秀な成績を収めました。

表敬

 平成27年度全国中学校体育大会第42回全日本中学校陸上競技選手権大会において筑紫野南中学校3年生の惠藤さんが走高跳で1m96の記録で3位、また第32回NHK杯全国中学校放送コンテスト朗読部門で同中3年生の甲斐田さんが優良賞という好成績を収められましたので、この日小島校長とともに市役所を訪問されました。
 この度は、おめでとう。一生懸命練習して勝ち取った輝かしい栄光です。二人にお会いして、しっかりした言葉遣いと姿勢に、まさに文武両道の素晴らしい生徒が育っていることに私も胸が熱くなりました。今回の成績は市としましても本当に嬉しいことです。これからのお二人の活躍に大きな期待を寄せています。

9月4日(金曜日) 福岡県庁を訪問しました。

副知事表敬

 この日、福岡県庁を訪問し、服部誠太郎副知事、そして今年7月に就任された大曲昭恵副知事にお会いすることができました。
 大曲副知事には、本市の男女共同参画の現状等についてわずかな時間でしたがお話しをさせていただきました。今後のご活躍を私も心から期待しています。服部副知事には、本市の現状と課題についてお話しをさせていただきました。
 公務ご多忙の中、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

<写真は、大曲昭恵副知事>

9月2日(水曜日) 消防団操法大会にむけて、選手の皆さんを激励しました。

激励

 本市消防団の山家及び筑紫分団員が今月20日に行われる第23回筑紫地区消防操法大会、女性消防団員が6日に行われる第2回福岡県女性消防操法大会にむけて日夜取り組んでいる訓練の激励に、筑紫野太宰府消防本部を訪れました。この日はあいにくの雨模様で筑紫運動広場ではなく、本部での規律訓練等の実施となりました。
 仕事のあとの訓練は過酷を極めるものと思いますが、どうか健康管理と安全管理には十分留意され、目標に向かってなお一層励んでいただき、大会当日、選手の皆さんが、日頃の努力、練習の成果を遺憾なく発揮されますことを大いに期待しています。

9月2日(水曜日) 酒類鑑評会受賞酒披露会に出席しました。

披露会

 福岡県の清酒・本格焼酎の品質向上を図ることを目的とし、また広く一般の方に知っていただくために第4回福岡県酒類鑑評会が開催され、優秀な成績を修めた蔵元に対し県知事賞並びに県議会議長賞の表彰式が、福岡市内会場で行われました。
 本市の大賀酒造株式会社が出展された「TAMA」が純米吟醸酒、純米酒の部で福岡県議会議長賞を受賞されました。
 このような鑑評会が県産酒の更なる品質の向上と販売拡大に大きく寄与するものとなりますことを心から期待いたします。

9月2日(水曜日) 平成27年第4回筑紫野市議会定例会(9月)を招集しました。

 
議会

 平成27年第4回筑紫野市議会定例会を開会しました。 
 本定例会には、平成26年度各会計決算の認定13件、条例4件、補正予算4件、人事案件1件、報告3件、その他1件計26件の議案を提案し、審議をお願いします。
 会期は9月29日(火)までとなり、一般質問は、24日(木)25日(金)の2日間の予定です。
 議員各位には、よろしくご審議いただき、可決いただきますようお願いいたします。 

 「施政方針・議会提出議案」のページへのリンク

9月1日(火曜日) 筑紫野市・太宰府市合同総合防災訓練を実施しました。

 
訓練

訓練

訓練

  ~訓練は実践のごとく、実践は訓練のごとく~

 
 平成27年度筑紫野市・太宰府市合同総合防災訓練を諸田多目的グラウンドで開催しました。
 今回は、地震対策を中心に風水害に対する備えも視野に入れ、また「自助」「共助」の理念を取り入れた訓練を絡めて、より実効性のある訓練を20項目実施しました。
 訓練は実践のごとく、実践は訓練のごとくと申しますように、訓練では、各自が防災技術を着実に積み重ね、また、関係機関との連携を十分に図れるよう確認しあいました。常日頃からこのような訓練を通じて、防災、防火意識を地域全体で高めていくことこそが、被害を最小限にとどめる唯一無比の方策であると確信しています。
 自衛隊や警察をはじめとする防災関係機関及び筑紫ガス株式会社等のライフライン関連企業並びに筑紫医師会、土木協同組合等の関連団体の皆様、そして今回訓練会場であります地元行政区をはじめ区関係の皆様には、ご協力をいただき感謝申し上げます。
 市としましても、今後、防災関係機関および住民の皆様と緊密な連携のもと万全の体制で災害に備え、安全で安心なまちづくりに取り組んでまいりますので、ご支援、ご協力をいただきますよう何卒お願い申し上げます。


 本日は、雨の中440人にものぼる皆様にご参集いただきましたこと重ねて御礼申し上げます。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス