ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成27年8月)
更新日: 2015年8月31日

市長の動き(平成27年8月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

8月31日(月曜日) 第44回全国消防救助技術大会入賞を果たしました。

結果報告

 8月29日(土)、兵庫県神戸市で開催された第44回全国消防救助技術大会において、筑紫野太宰府消防組合消防本部のチームが障害突破の部で見事入賞を果たしましたので、その報告を受けました。
 この大会は、全国9地区支部750消防本部の参加を得て、陸上の部、水上の部と行われるものです。筑紫野太宰府消防本部の選手は、九州大会を勝ち抜いて全国大会へと出場されました。この度の全国での入賞おめでとうございます。この入賞を契機とし、市民の安全安心のため、さらなる救助技術の向上に努めていただきたいと思います。

8月31日(月曜日) 夏期実習生を受け入れています。

実習生

 福岡大学工学部社会デザイン工学科、九州工業大学工学部建設社会工学科で学ばれる学生をインターンシップとして本市の建設部と環境経済部で受け入れをします。実習生は本日から11日までの約2週間、現在自分の学んでいることが、行政の仕事でどのように活かされていくのか、業務の内容や職場の雰囲気等現場にも同行しながら、間近で見て体験します。
 是非これからの勉学にいかしてもらうことを期待しています。2週間大変でしょうが、どんどん周りの職員に分からないことは尋ね、多くのことを吸収してください。

8月30日(日曜日) 皆さんの心に花が咲きますように

演奏会にて

 九州産業大学附属九州産業高等学校吹奏学部第30回定期演奏会 テーマ「咲」が文化会館で開催されました。九産高吹奏楽部は、顧問の先生や諸先輩のご指導により、さまざまなコンクールで金賞を受賞されるなど、その活躍は広く知られており、地元筑紫野市としましても大変喜ばしいことです。部員の皆さんは、残暑厳しいこの時期に、夏休みを返上して猛練習を積まれるなど総勢187人の部員の皆さんが一丸となって本日を迎えられました。日頃の練習の成果を存分に発揮され、ご参集の皆様の心に大きな花が咲く、そのようなすばらしい演奏会となりますことを私も大変期待しています。

8月30日(日曜日) 差別を許さない社会づくりへむけて

大会の様子

 部落解放同盟筑紫地区協議会第48回定期大会が永岡隣保館で開催され、筑紫地区人権・同和行政推進協議会を代表して、ごあいさつしました。
 本年は、同和対策審議会答申から50年、部落地
名総鑑発覚から40年目という節目の年です。「部落差別の解消は国民的課題であり、国の責務である」との答申内容に立ち返り、あらゆる差別を許さない社会づくりにむけて、そして、筑紫地区にお住まいのすべての人の基本的人権が尊重される社会の実現を目指して、住民、学校、地域社会、企業、行政の各分野における人権教育・啓発を推し進め、より一層の人権意識の普及と高揚を図り、「人権尊重のまちづくり」の構築に向けて取り組みを行ってまいります。

8月30日(日曜日)  市長杯ソフトボール大会が行われました。

選手宣誓

 天気が心配されましたが、前日から降り続いた雨も上がり、第41回筑紫野市長杯ソフトボール大会(一般の部)が諸田多目的グラウンド等で本日と9月6日に行われます。私は、この日の開会式に出席しました。
 今回から、高校生も参加されるとのことで、九州
産業高等学校のソフトボール部が出場され、また各チームにも若い選手が加わっていました。
 ソフトボールは、子供から高齢者まで、幅広
い年齢層の方々が気軽に楽しむ事ができ、地域のレクリエーションから国際大会まで、取り組む人の目的と気持ちに合わせて楽しむ事ができる素晴らしいスポーツです。選手の皆さんは、日頃の練習の成果を十分に発揮してください。

8月28日(金曜日) 防災訓練のリハーサルを行っています。

リハーサル

 9月1日、平成27年度筑紫野市・太宰府市合同総合防災訓練を諸田多目的グラウンドで実施いたします。
 この訓練は、両市の区域内に発生する恐れのある各種災害に対処するため、両市及び防災関係機関、地域住民が一体となって実効性のある総合訓練を実施することにより、災害時における防災関係機関相互の連絡協調体制の確立、防災技術の向上、災害の発生に際し、災害応急対策の迅速化及び的確化を図るとともに、市民や団体の防災意識の高揚を図ることを目的としています。この日は、各々の訓練内容の確認を市役所内で行いました。

8月27日(木曜日)  山神水道企業団議会を開会しました。

議会

 平成27年第2回山神水道企業団議会定例会を開会しました。
 本年4月の統一地方選挙により、構成団体の議会の議員、また当企業団の議会の議員も新しく選出されました。議員の皆様には、当企業団の水道用水供給事業の運営に関し、なお一層の御理解と御協力を賜りますようお願いします。
 当企業団は、今年は順調な降雨に恵まれ、山神ダムの貯水率は安定して90%台を推移し、充分な水量が確保できているところです。また、水道用水の供給についても、渇水や水質事故等による送水制限もなく、順調に推移しております。引き続き安全でおいしい水を安定供給していくため、全力で取り組んでまいります。

8月24日(月曜日)~25日(火曜日) 台風15号の接近に伴い警戒しました。

対策本部

現場へ

 台風15号の接近に伴い、24日17時に市内各コミュニティセンター、生涯学習センター、カミーリヤを自主避難所として開設しました。そして、24日21時に筑紫野市災害警戒本部を設置し、関係機関との連携、情報収集に努めました。
 翌
25日6時30分、暴風域に入り、雨量も増えたことから、筑紫野市災害対策本部に切り替え、市民の皆様には不用不急な外出を控えるよう呼びかけました。また、25日7時40分には市内各小学校も自主避難所として開設しました。明け方の暴風雨に市民の皆様は、大変心配されたことと思います。
 その後、大雨・洪水警報解除に伴い、25日12
時に災害警戒本部へと切り替え、各避難所を閉鎖するとともに、被害状況把握に努めました。
 25日15時57分暴風警報解除に伴い、災害警戒本部を廃止しました。
 今回の台風15号では、河川の氾濫は起こりま
せんでしたが、倒木や落枝、設備の損壊等の被害が発生しています。市としましても、復旧・復興にむけて、鋭意尽力いたします。

8月23日(日曜日)  消防団の夏季訓練が開催されました。

訓練の様子

訓練の様子

 筑紫野市消防団夏季訓練が筑山中学校グラウンドで開催されました。
 団員の皆さんには、いついかなる災害が起き
ようとも、これに対処し、災害から市民の生命、財産を守るために、常日頃から危機管理をしっかりとしていただくとともに、本日の訓練で、団員の皆さんご自身の安全管理についても、再度、確認されますようよろしくお願いします。
 

 今年度は、操法大会が開催される年であります。9月6日の第2回福岡県女
性消防操法大会、9月20日の第23回筑紫地区消防操法大会にむけ、出場選手の皆さんには是非とも頑張っていただきたいと思っています
 猛暑の中での訓練は、肉体的、精神的にも過
酷さを極めるものと存じます。健康管理には十分留意され、地域防災の中核的役割を担う消防団として、平山団長の指揮のもと一丸となって訓練に励んでいただきますようお願いします。

8月22日(土曜日) 8.22を忘れない 災害に強いまちをつくろう

祈念集会

祈念集会

 1年前の平成26年8月22日明け方、1時間に110ミリを超える猛烈な雨と雷鳴が本市を襲い、瞬く間に高尾川・鷺田川が氾濫し、市内の11箇所の道路が冠水しました。市内全域に避難勧告を発令し、住宅等の浸水被害は194棟におよび、その他にもがけ崩れや道路破損など大きな爪あとを残す災害となりました。
 被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。
 


 市ではこの災害を忘れることなく、市職員全員の防災意識の強化を図るため、8.22豪雨災害対策祈念集会を市役所で行いました。全国を見ると、近年の災害は、いつどこで起こるかわかりません。それだけに、災害対応・災害対策の備えは、常に整えておく必要があります。今後も国・県と連携をとりながら「災害に強いまちづくり」に鋭意務めてまいります。

8月21日(金曜日) 久留米・筑紫野線道路建設促進期成会に出席しました。

総会

 平成27年度主要地方道久留米・筑紫野線道路建設促進期成会通常総会が久留米市内会場で行われました。
 本会は、主要地方道久留米筑紫野線の道路建
設の早期完成を促進し、もって沿線地域の産業、経済、文化の発展と交通安全の確保を推進することによる住民福祉の向上を図ることを目的とし、久留米市、小郡市、筑紫野市、筑前町、大刀洗町の長及び議会議長をもって組織しています。平成27年度は、引き続き九州北部豪雨災害の復旧・復興を早期に完了させるとともに、事前防災・減災対策や通学路等交通安全対策、地域間の連携を支える道路整備の促進や真に必要とする長期安定的な道路整備予算の確保のための要望活動を展開していくための活動方針等について話し合いました。

8月18日(火曜日) 平成27年度第5回移動市長室を実施しました。

移動市長室

移動市長室

第49回移動市長室 市長あいさつ

 通算49回目となる移動市長室を、俗明院区公民館で開催しました。
 萩尾区長をはじめ、小中学生やその保護者、地域の皆様、計40人に出席していただき、子ども会活動について懇談を行いました。

 懇談では、区の概要として、子どもから大人までいきいきとした活気のある俗明院にしたいと行事に取り組んでいること、子ども会活動においては、加入者の減少や待遇差、地域への関心の希薄化などの課題解決のため、平成26年度に任意加入から全員加入の全員子ども会体制へ移行し「俗明院子どもクラブ」として活動を始めたこと、会費徴収を廃止し、子どもらしい発想と行動を重視し地域に密着しながら行事を行っていることなどを伺いました。
 そして、子どもたちとの意見交換により、和やかな雰囲気の中で交流の時間を持つことができました。
 地域の皆様が子どもたちの健全育成に全力を投入してあるその姿に感銘を受けました。今後とも「子どもは地域の宝」という精神を市の行政の中に生かしてまいりたいと思っております。

 俗明院区の皆様、ありがとうございました。



<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます。

8月18日(火曜日) 平和を願って 筑紫野市遺族会の皆様が表敬

遺族会の皆様

 筑紫野市遺族会の帆足会長をはじめ役員の皆様が、10月に実施予定の本市の戦没者追悼式の打合せのため市役所を訪問されました。
 本年は戦後70年となります。最愛のご家族を失ったご遺族の皆様には、深い悲しみに耐え、幾多の苦難を乗り越えながら、今日の日まで歩んでこられたことと思います。戦没者の方々の御霊が、とこしえに安らかならんことを市長として心からお祈りいたします。

8月18日(火曜日) レジ袋削減のための取り組みで寄附をいただきました。

レジ袋

 イオン九州株式会社イオン筑紫野店様から、有料レジ袋の収益金について、市に寄附をいただくこととなり、贈呈式を市役所で執り行いました。
 これは市と筑紫野市ごみ減量推進連絡協議会、そして事業者の皆さんの三者で「レジ袋削減に関する協定」を締結していることから、市への寄附としていただくものです。いただいた寄附金は今後環境事業に活用させていただきます。
 事業者の皆様の熱意ある取り組みはもとより、筑紫野市ごみ減量推進連絡協議会の取り組みもあわせ、マイバッグ持参が広く理解され、さらに根づいていくよう、市としましても啓発活動を引き続き行います。

8月17日(月曜日) 筑紫地区で人権尊重のまちづくりをめざします!

協議会

 平成27年度筑紫地区人権・同和行政推進協議会総会を市役所で開催し、筑紫地区の市町長に出席いただきました。本年度から本市が本協議会の会長職と事務局を担当します。
 筑紫地区では同和問題に対する市民意識調査や同和地区実態調査を行ってきました。その中で明らかになったことをこれからの同和行政にどう反映させるかが、私たち筑紫地区4市1町の共通課題であり、使命であると考えています。これまでの成果を十分に踏まえながら、今後とも取り組みを積極的に進めてまいりたいと思います。

8月17日(月曜日) 実習生を受け入れています。

実習生

 社会福祉実習として2人の大学生を福祉事務所で受け入れしています。
 2人は、今日から9月18日までの約1箇月間、生活福祉課、子育て支援課、こども療育相談室等で福祉行政に関するさまざまな実習に取り組んでいただきます。
 実習期間、たくさんのことを学び、これからの大学生活に是非いかしていただき、将来の夢に向かって進んでいかれますことを私も大いに期待しています。慣れないことばかりで大変だとは思いますが、職員にどんどん尋ねて頑張ってください。

8月16日(日曜日) 西吉木盆踊り大会を訪問しました。

太鼓

 西吉木区夏祭りが、西吉木公民館で行われました。
 年に一度の地域の夏祭りは、開会宣言に始まり、詩吟、ラムネ等の飲み物競争、カラオケ等趣向を凝らした催しがたくさん用意されていました。
 私も筑紫太鼓の皆さんからお誘いを受け、太鼓を叩かせてもらいました。
 西吉木区の皆様は、楽しい夏のひと時を地域の皆様総出で過ごされたことと思います。鬼木区長をはじめ実行委員の皆様は準備等大変お疲れ様でした。

8月15日(土曜日) 福岡県戦没者追悼式に参列しました。

追悼式

 先の大戦における福岡県出身の戦没者等を追悼し、ご遺族をお慰めするとともに、世界の恒久平和を祈念するため、平成27年度福岡県戦没者追悼式が福岡県立福岡武道館で執り行われ、1,000人を超える参列者の皆様が、献花台に白菊をささげ、戦没者を追悼しました。
 多くの尊い命を奪った先の大戦が終わりを告げて、早くも70年の歳月が流れました。
 戦争体験を語る事のできる世代が、年々少なくなっている中で、私たちは、先の大戦で学んだ貴重な教訓を、決して風化させることなく、平和と命の大切さや、戦争の悲惨さを次世代に語り継いでいく責務があることを痛感いたします。

8月13日(木曜日) 稲尾杯少年野球大会が開幕しました。

稲尾杯

稲尾杯

 第37回稲尾杯少年野球大会が、九州5県からの強豪52チーム(市内6チーム含む)の参加を得て、山家スポーツ公園他8会場で盛大に開催されました。
 この日は、雨天のため山家コミュニティセンターで開会式のみ開催されましたので、私もかけつけました。
 本大会の開催にご尽力いただきました、筑紫少年野球サンデーリーグ連盟の田畑会長をはじめ関係者の皆様、各チームの監督、コーチ、そして保護者の皆様には、日頃から野球を通じて青少年の健全育成にご尽力いただき、厚く御礼を申し上げます。
 


 選手の皆さんは、日々、白球を追いかけ、走・攻・守にわたって厳しい練習に励んでこられたことでしょう。本大会では、その練習の成果を十分に発揮し、正々堂々と熱戦を展開していただきますことを期待しています。皆さんのご健闘を心から祈念いたします。

8月11日(火曜日) つくし路100キロ完歩を目指して!

徒歩の旅

徒歩の旅

 「つくし路100キロ徒歩の旅」は、梶原団長をはじめとして、中学生、高校生、大学生のスタッフや社会人のボランティアの皆さん、つくし青年会議所ほか関係者の皆様の大変なご尽力により、今回で18回目を迎えられています。
 今年も、小学4年生から6年生の男女101人が8月8日(土曜日)から12日(水曜日)の4泊5日間の日程で、自分たちの生活圏である4市1町の100kmのコースを徒歩にて歩きぬくということで、4日目の朝7時の出発を私も天拝公園にて見送りしました。
 

 いよいよ明日は、太宰府天満宮のゴールを迎えることになりますが、そのためには、今日一日をしっかりと乗り越えなければなりません。
 連日の歩きで皆さんの足はくたくたになっていると思いますが、今日一日、春日市の陸上自衛隊までの道のりを元気に歩き通され、そして全員で100キロを踏破され、笑顔でゴールを迎えられることを私も心からお祈りしています。

8月9日(日曜日) 萩原区夏祭り大会を訪れました。

夏祭り

 萩原区平成27年度夏祭り大会が萩原グラウンドで開催されました。北島区長をはじめ関係者の皆様には、企画、会場の設営から運営までと大変なご尽力だったと思います。この日の皆様の笑顔、活気ある姿は、筑紫野市の元気を表すものであり、大変うれしく思いますとともに、心強く感じます。
 私も筑紫野市が住みたいまち、住んで良かった、住み続けたいまちになりますよう、10万2千人余の市民の皆様のご協力を賜りながら、誠心誠意市政運営に努めてまいります。萩原区の今後益々のご発展をお祈りいたします。

8月9日(日曜日) あけぼの保育園新園舎のお披露目がありました。

新園舎

 社会福祉法人宗恵会あけぼの保育園の園舎が出来上がりましたので、この日お披露目会に出席しました。
 あけぼの保育園では、昭和52年の開設以来、筑紫野の保育行政において大きな役割を果たしていただいています。この度これまでの素朴であたたかな園舎から、最新の設備をそなえた広々とした明るい園舎へと変わられました。
 職員の皆さんも、環境が変わられた戸惑いもあるかとは思いますが、子どもたちの笑顔や保護者の皆さんの安心のため、より一層頑張っていただきたいと思います。

8月8日(土曜日) 夏祭り6箇所を訪問しました。

夏祭り

 この日は、市内6箇所(第33回杉塚、第24回光が丘、原区盆踊り、昭和区、むさしヶ丘区、第41回山口区)で夏祭りが開催されました。
 原区では私も一緒になって地域の皆様と体操を楽しみました。夏祭りは、住民相互の親睦と融和を図り、もって郷土愛の醸成を目的として区民各層の参加のもと開催されておりますが、どの会場も大変な盛況でありました。ご準備いただいた実行委員会の皆様、猛暑の中大変お疲れ様でした。

8月8日(土曜日) 市立5中学校の合同演奏会が行われました。

まちづくり交流会

 市立5中学校による吹奏楽の祭典第29回5中合同演奏会が文化会館で行われました。
 吹奏楽は一人ではできないことをみんなで協力してハーモニーをつくり、聴く人に思いを伝えると同時に自分たちも楽しむものであります。
 この演奏会は昭和62年に第1回が開催されて以来、今回で29回を迎え歴史と伝統を引き継ぎながら、回を追うごとにすばらしいステージになっています。本日の演奏会は5校の生徒が集まり、お互いの演奏の交流を通して、一人一人の技術はもとより、チームとしてのレベルの向上を図ることができたことでしょう。

8月8日(土曜日) 旧西鉄筑紫駅待合所保存施設が完成しました。

駅舎

駅舎

駅舎

 70年前の昭和20年8月8日に発生した「西鉄筑紫駅列車銃撃事件」の生き証人とも言うべき旧筑紫駅待合所の保存施設が完成しました。
 この事件は、終戦までわずか1週間の昭和20年8月8日11時半頃、西鉄大牟田線筑紫駅に停車しようとしていた下り電車及び筑紫駅と津古駅の間を進行中の上り電車が米軍戦闘機の機銃掃射を受け、多数の犠牲者を出した痛ましい出来事でした。
 西鉄筑紫駅は昭和56年に、車両基地を併設する駅に建て替えられた際、地元筑紫区の方々が機銃掃射を受けた弾痕が残る駅待合所を西鉄から譲り受け、筑紫公民館前に移設し「平和を祈念するシンボル」として保存、犠牲者の慰霊をはかってこられました。
 その後、風雨にさらされ、痛みがひどくなり保存が難しくなったことから、平成6年に筑紫野市教育委員会が管理を引き継ぎ保存していましたが、現在進めております「筑紫駅西口土地区画整理事業」に伴い、新たな保存施設を建設した次第です。
 「旧西鉄筑紫駅待合所」は、「西鉄筑紫駅列車銃撃事件」を今に語り次ぐ戦争遺産であり、このような悲劇が二度とおこならないことを祈念するシンボルとして、市としても恒久的に継承していきたいと思っております。
 この日は、地元筑紫区の主催による慰霊の平和シンボル行事が行れ、たくさんの方が駅舎に手を合わせ、犠牲になられた方々を追悼しました。また、「筑紫駅惨劇の記憶を残す会」の皆様による「筑紫駅銃撃事件 証言集」が出来上がり、参列者に渡されました。
 過去を正しく理解し学ぶことで、明日につながる未来をよりよいものとしていくことが私たちに課せられた重要な使命であると認識するところです。本日の追悼行事を一つの契機として平和への決意を新たにし、次世代へ平和な社会をつなぐため、より一層の努力を積み重ねてまいりたいと思います。銃撃によって犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表します。

8月4日(火曜日) 宝満川流域下水道協議会の会議に出席しました。

議長を務める

 宝満川上流流域下水道促進協議会(福岡県並びに筑紫野市、太宰府市、筑前町及び基山町で組織する)定例会及び宝満川流域下水道促進協議会(福岡県並びに小郡市及び筑紫野市で組織する)定例会が福岡市内会場で開催されました。
 両協議会ともに、流域下水道事業の促進を図ることを目的としており、推進体制の確立及び住民への周知や政府、国会及び関係行政機関への陳情・請願等を行うこととしております。
 私は、宝満川上流流域下水道促進協議会において議長を務めました。この日は、それぞれ会務報告、決算・予算について審議を行い、了承されました。

8月4日(火曜日) 兄妹で全国優勝おめでとう!

レスリング表敬

 7月24日(金曜日)~26日(日曜日)の3日間にわたり、東京で開催された第32回全国少年少女レスリング選手権大会において、45都道府県から202クラブ1,574人の選手が出場するなか、市内俗明院在住の二日市東小学校6年尾西大河さんが、6年生39㎏級で優勝、妹の同小4年桜さんが、4年生30㎏級で優勝という栄誉を勝ち取りましたので、保護者とともに市役所に報告にきてくれました。  
 同大会は、国内最大規模のジュニアレスリング競技大会であり、大河さんは3年生・4年生時につぐ優勝となり、6年生の優勝者のみに贈られるTシャツを着てきてくれました。桜さんは2年生・3年生に続く3連覇となりました。兄妹で優勝本当におめでとう!

8月3日(月曜日) 福岡都市圏水キャンペーン2015街頭啓発を実施しました。

街頭啓発

 福岡都市圏では、1日から7日までの間各構成団体において、「水」キャンペーン2015を実施し、筑紫野市では市内4箇所の駅において街頭啓発を行いました。
 私はJR二日市駅において、啓発チラシと有明海産の「福岡のり」を配布しました。私たちが毎日何気なく使っている「水」について改めて考え、限られた資源である「水」の恩恵に感謝の気持ちを抱き、水の大切さと筑後川流域に対する認識を深めていただければと思っています。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

8月2日(日曜日) 3地区で夏祭りが開催されました。

夏祭り

 この日は、湯町区夏祭り及び第15回天神七夕夏祭り並びに次田区夏祭りが開催されましたので、訪問しました。
 湯町区では、ラムネ飲み競争や舞台パフォーマンスが行われ、大いに盛り上がっていました。天神区では、回を重ねること15年目となり、作り手も少なくなられたそうですが、七夕飾りが美しく出来上がっていました。次田区は、地域の皆様の親睦の場として子どもたちが楽しめる催しが趣向を凝らして実施されていました。どの会場も地域の皆様の思い出に残る一日であったと思います。

8月2日(日曜日) 小学生男子のバレーボール大会が行われました。

バレー大会

 第39回筑紫野市バレーボール協会市長杯小学生大会が二日市東小学校体育館で、市内外から9チーム参加のもと開催されました。
 小学生を対象としたバレーボール大会がこのように盛大に開催されますことは、地域に根ざした生涯スポーツ社会の実現を目指す本市としても、実に喜ばしいことです。
 選手の皆さんは、本日の大会を目標にこれまで厳しい練習を積み重ねてこられました。この日は日頃の練習の成果を存分に発揮し、闘志溢れるプレーがコートいっぱいに繰り広げられ、思い出の一日となったことでしょう。

8月1日(土曜日) 各地区の夏祭りを訪問しました。

夏祭り

夏祭り

 各地区において夏祭りが開催され、私は16箇所(美しが丘南サマーフェスティバル、筑紫駅前通区、松ヶ浦区、第24回塔原区、第20回天拝坂、古賀区、第33回立明寺区、第39回桜台、常松区、若江ふれあい、山家地区、第37回宮の森町内会、牛島区、第30回街道、旭東公民館、若葉・中原団地)の会場を訪れました。
 この日は、大変な猛暑となり準備の段階から熱中症の心配など実行委員会の皆様は気をもまれたことと思いますが、どの会場も地域の皆様の団結のもと、多数の市民の参加もあって、子どもみこし、盆踊り、フラダンス、抽選会等楽しいひと時を過ごされ、交流と親睦を深める機会となられたことと思います。
 私もふるさとちくしのの素晴らしさを改めて実感したひと時でした。

<写真上段左から 美しが丘南区、塔原区
             桜台区、街道夏祭り

 写真下段は、旭東公民館夏祭りでの牛深ハイヤ>

8月1日(土曜日) 天草市役所牛深ハイヤチーム歓迎式に出席しました。

 
まちづくり交流会

 旭東公民館夏祭りへ出演される「天草市役所牛深ハイヤチーム」の皆さんの歓迎式が生涯学習センターで開催されましたので出席しました。
 江戸時代から伝わる「牛深ハイヤ」は、全国に伝わるハイヤ系民謡のルーツと言われ、天草市の無形民族文化財です。全員が天草市の職員で構成された「天草市役所牛深ハイヤチーム」の皆さんは、日々の業務とともに、天草市PRのため、練習を重ね全国に天草市の魅力を届けています。
 ハイヤチームの皆さんの今後ますますのご活躍をお祈りいたします。

 

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス