ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成27年6月)
更新日: 2015年7月7日

市長の動き(平成27年6月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

6月29日(月曜日) 大吟醸筑紫野が金賞を受賞されました。

表敬

 本市二日市中央の大賀酒造株式会社が造る日本酒「大吟醸筑紫野」が、2015年(2014年酒造年度)の全国新酒鑑評会で金賞を受賞し、大賀社長と杜氏の宮崎さんが市役所を訪問されました。
 大賀酒造は、1673年(延宝元年)に創業の県内最古の歴史ある酒蔵です。
 この度のご受賞誠におめでとうございます。私も筑紫野の地名を冠したお酒が高く評価され、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。ますますの飛躍を心からお祈りします。

6月28日(日曜日) 二日市徳洲会病院新病院竣工式に出席しました。

竣工式

 医療法人徳洲会二日市徳洲会病院新病院竣工式に出席しました。
 二日市徳洲会病院は、平成9年に徳洲会グループの一員として、二日市中央においてスタートされて以来「生命を安心して預けられる病院、健康と生活を守る病院」として常に患者本位のあたたかい医療を実践し、一貫して地域医療の充実・発展に寄与されてこられました。そしてこの度、さらなる医療の充実と発展を目指すため、新病院の建設を計画され、堂々たる地上7階建ての充実した施設内容を有する、素晴らしい近代的建築を完成されました。誠におめでとうございます。
 この度の新病院竣工を一つの契機として、今後ますます飛躍され、大きく発展されますことを心から祈念いたします。

6月28日(日曜日) 消防団山口分団6号車引渡式を執り行いました。

引渡し式

 筑紫野市の消防は、より一層の地域防災力の向上を図るため、近年特にその機械化、化学化を進め、近代消防としての体制を整備してまいりました。その一環として、この度平成6年から20年活躍した消防ポンプ自動車6号車を最新型でより安全で操作し易い車両に更新しましたので、消防団に対する引渡し式を行いました。
 これから、消火活動をはじめとした防災活動が、より一層効果的に行われますことを期待いたします。
 団員各位には、今後とも消防の重要性をさらに認識され、また奉仕的精神を堅持し、教養訓練に励まれ、一層精進くださるよう切望するものです。

6月28日(日曜日) トリムオープンソフトバレーボール大会が行われました。

大会

 第17回筑紫野市トリムオープンソフトバレーボール大会が、農業者トレーニングセンターで開催されました。
 この大会は、四人制の男女混合のトリムというルールで、筑紫野市内外から34チームが参加しました。男女が力を合わせたチームワークによる和気あいあいとしたプレー、溌剌としたプレーがコートいっぱいに広がりました。
 試合終了後はお互いのプレーをたたえあい、チームの枠を超えた交流の輪が広がったことでしょう。本大会の企画から運営まで携わられました高田協会会長をはじめとする関係各位に対し、心から敬意を表します。

6月27日(土曜日) 筑紫野市体育協会報告会に出席しました。

報告会

 平成27年度筑紫野市体育協会報告会が市内会場で開催されました。
 筑紫野市体育協会は、現在会員約6,000名を擁する団体となられ、本市のスポーツ分野における中核組織として、地域スポーツの普及、振興に大きく貢献いただいています。昨年度の福岡県民体育大会では総合成績で8位、市町村対抗「福岡駅伝」では第3位になるなど、輝かしい成績を残されました。
 競技別では、夏季大会の水泳競技、秋季大会のバドミントン、バレーボール、剣道、陸上競技など、体育協会の加盟団体を代表する選手の皆さんが各競技において活躍され、多くの人々に感動を与えてくれました。本年も会員各位のご活躍を心から祈念します。

6月27日(土曜日) 筑紫野市職員退職者の会総会に出席しました。

総会

 筑紫野市退職者の会2015年定期総会が太宰府市内会場で開催されました。
 退職者の会の現在の会員数は311名ということです。 この日は、ゆっくり旧交を深め、心身のリフレッシュを図られたことと思います。
 これからも市職員のよき先輩として助言をいただき、皆様の豊富な知識や経験をもって、市政の発展にお力添えをいただきますよう心からお願い申し上げます。

6月26日(金曜日) 筑紫農業協同組合第32回通常総代会に出席しました。

総会

 筑紫農業協同組合第32回通常総代会が、JA筑紫本店において開催されました。
 籐組合長をはじめとする皆様には、「共同の力で、食と農の大切さを次代へつなぎ、地域社会に貢献するJA」をスローガンに、農地集積や法人化を目指す協業化の推進、米の需給対策に向けた戦略作物の生産拡大、新規就農者・次世代就農者の支援、ゆめ畑出荷者・野菜生産部会員の育成、安全で安心な地元農産物を活用した「6次産業化」に向けた取り組みなど、組合員の皆様と力を合わせ、創意と工夫を持って地域農業の発展向上にご尽力いただいています。
 市でも、次世代への展望が描ける農業・農村の総合的な振興を推進することは急務と考え、皆様としっかりと手を携えながら、今後とも全力で取り組んでまいります。

6月26日(金曜日) ピュアハートの皆さんが東日本大震災被災地コンサートツアーに出発しました。

出発式

 筑紫野市の音楽バンド「ピュアハート」の皆さんが昨年に引き続き、東北の被災地へ笑顔と元気を、そして、すてきな楽しい演奏を届けるために出発されました。私は、福岡空港で見送りをしました。
 東北では、望みの園はまなす、みどり園、かしわホームの皆さんがメンバーとの再会を楽しみにされておられるとのことです。メンバーの笑顔と演奏で、被災地の皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしてきてください。今回のコンサートツアーの成功と、皆様の健康と安全を祈念いたします。

6月25日(木曜日) 平和への思いを世界へ 高校生平和大使が訪問されました。

表敬訪問

 第18代高校生平和大使として、8月にスイスの国連欧州本部へ署名を届けるなど、約1年間高校生平和大使として活躍される本市在住の高校2年生の加来さんが母校である二日市中学校の先生と共に訪問されました。
 加来さんは、中学在校時に平和劇に出演されるなど、毎年8月に行われている平和集会の実行委員として積極的に関り、その経験が平和に対する思いの起点となられたそうです。「戦後70年という節目の年、平和への思いをたくさん伝えて、私に出来ることを精一杯頑張りたい」と抱負を語ってくれました。加来さんの活躍を市長として心から応援しています。

6月23日(火曜日) 山口コミュニティ運営協議会の新役員の皆様が訪問されました。

表敬訪問

 平成27年度山口コミュニティ運営協議会の本田重幸会長を始めとする役員の皆様が、市役所を訪問されました。
 山口コミュニティ運営協議会は、市内で3番目のコミュニティ組織として、昨年10月に設立されました。山口小学校区としての地域づくりに取り組み、人と人の「絆」をさらに深め、安全で快適な地域社会づくりを目指し、誇りある地域づくりを行うため、役員・運営委員会で基本的な方策を定めながら、効果的な活動を推進されています。
 今後も市民協働の取り組みへ尽力いただきますようよろしくお願いいたします。

6月23日(火曜日) 自衛官募集相談員へ委嘱状交付式を行いました。

委嘱式

 自衛官募集相談員の4人の皆様に対する委嘱状交付式を秋葉自衛隊福岡地方協力本部長ご出席のもと、市役所内で行いました。
 国内では、自衛隊の果たす役割、責務は以前にも増して広範多岐にわたっており、東日本大震災からの復旧・復興活動や記憶に新しい御嶽山噴火、口永良部島の噴火に伴う災害派遣など、私たち国民の暮らしを守る上で、無くてはならない存在となっています。このような中、相談員の皆様には2年間、自衛官の募集はもとより、防衛基盤の育成にも貢献するという、大変重要な役割を担っていただきます。
 地域の実情に精通され、人望もある皆様方のご協力を賜り、自衛官募集業務が円滑かつ効果的に遂行できますよう、心から願います。

6月23日(火曜日) つくしちゃん活用検討委員会委員に辞令を交付しました。

検討委員会

 筑紫野市マスコットキャラクターつくしちゃん活用検討委員会7人の委員に辞令を交付しました。
 本市の公式マスコットキャラクターである「つくしちゃん」をより活用していくため、昨年度に提案されたアイデアについて、今年度はその実現に向けた具体的な内容を検討していくものです。「つくしちゃん」の歩みを進めるためには全力で取り組み、活躍する場を拡げ、まずは市職員、そして市民、ゆくゆくは県内外の方たちに愛おしいと感じてもらえるようになり、市の活性化につながることとに大きく期待しています。

 つくしちゃんのページへのリンク

6月23日(火曜日) 青年海外協力隊としてベトナムへ出発されます。

総会

 筑紫野市在住の主税さんが平成27年度青年海外協力隊(JICA)として、ベトナムへ文化財保護を目的に、2年間派遣されることになり、この日JICAの職員と共に市役所を訪問いただきました。
 主税さんは、ベトナムホイアン市の博物館における展示の改善や文化財の活用を通して、文化財と現地の人々及び観光客との関係をよりよいものにできるよう、現地の人々に学びながら活動を行っていきたいと意気込みを語ってくれました。
 希望に満ち溢れ、輝く瞳がとても印象的でした。2年間、身体を大切にしながら、大きな経験を積んで来ていただきたいと思います。主税さんの活躍を市長として祈念しています。

6月21日(日曜日) 筑紫野市剣道大会が行われました。

剣道大会

 第103回筑紫野市剣道大会が農業者トレーニングセンターで開催され、多くの小・中学生の剣士の皆さんが参加し、個人戦と団体戦が行われました。
 この大会は、剣道を通じて相互の親睦と技術の向上を図り、剣道の理念に基づいた人格形成に寄与するため実施され、103回という大変歴史ある大会となっています。
 選手の皆さんは、日頃の厳しい稽古の成果を思う存分発揮され、正々堂々、闘志あふれる試合が展開されたことでしょう。筑紫野市剣道連盟の限りない発展を心から祈念いたします。

6月20日(土曜日) 筑紫医師会総会が開催されました。

総会

 一般社団法人筑紫医師会総会が福岡市内会場で開催されましたので出席いたしました。
 筑紫医師会は、明治40年に創立されて以来、100年以上に渡り市民の健康管理、病気予防や治療にご尽力いただきその活動は、新生児から高齢者までの健康診査、勤労者の健康管理を行う産業医活動、生活習慣病に対する健康教育、予防接種、学校医活動など大変多岐にわたっています。
 石橋会長をはじめとする医師会の皆様には、本年も健康で笑顔輝く元気なまちづくりに、ご指導ご協力賜りますようお願いいたします。

6月20日(土曜日) 藤まつりスケッチ大会表彰式を行いました。

表彰

表彰

 4月29日の「平成27年度筑紫野市祭二日市温泉藤まつり」で開催しましたスケッチ・俳句大会の表彰式を生涯学習センターで開催しました。
 スケッチ大会は、昨年と同様に藤まつりや天拝山、二日市温泉、武蔵寺をテーマに募集したところ、筑紫野市内外から多数の応募があり、厳正な審査の結果、今回12名の方が入賞されました。
 どれもが素晴らしい作品に仕上がっており、皆さんが楽しく描いてくれた気持ちが伝わってきました。皆さんには、これからも絵を通して自分が感じたままにたくさん描いてほしいと思います。そして、豊かな心や素直な気持ちをゆっくりと育んでください。

 俳句には応募総数299作品という非常に多くの応募があり、入選作品を選考するために専門家にお願いし、慎重に審査をした結果、10名の方が入選となられました。入選されました皆様、誠におめでとうございます。
 これからも受賞を励みにされ、豊かな才能をさらに磨かれるとともにご自身の生きがいとされ、今後とも俳句をとおして本市の観光や物産の振興に協力をいただければと思っています。

6月19日(金曜日) 青少年育成市民会議総会に出席しました。

総会

 平成27年度筑紫野市青少年育成市民会議総会が市内会場で開催されました。
 青少年を取り巻く環境は、少子高齢化に伴う地域とのつながりの希薄化やそれに伴う家庭での孤立化、有害かつ過剰なインターネット環境など、著しい社会変化の中で厳しさを増しています。
 市民会議では、各団体・個人の方々が、それぞれの立場で「市民の力を結集する核」として、青少年の健全育成の分野でご活躍いただいています。市としましても青少年育成は重点施策として、積極的に今後も取り組んでまいります。

6月19日(金曜日) 筑紫・朝倉地域労働者福祉協議会第21回定期総会に出席しました。

総会

 筑紫・朝倉地域労働者福祉協議会の第21回定期総会が生涯学習センターで開催されましたので出席しました。
 労働者福祉協議会の皆様には、永年に渡って、福祉事業や体育・文化・レクリエーション活動を通じ、筑紫・朝倉地域の勤労者の福祉の増進、地域内労働者の交流を進めてこられ、昨年度は様々なボランティア活動、教育・研修活動、働く人のためのサポート事業を展開されています。
 今後も労働者福祉運動の地域の拠点として、労働組合、福祉団体、自治体などと連携し、働く人々の生活支援や、様々な問題解決につながる取り組みを精力的に行っていただくことを期待しています。

6月19日(金曜日) 筑紫食品衛生協会定期総会が開催されました。

総会

 第56回筑紫食品衛生協会定期総会が筑紫総合庁舎で開催されました。
 食品は、人間の生命、健康を維持・増進するために不可欠なものであり、当然、その安全性の確保は、住民の健康を守る上で極めて重要です。特に梅雨時期などは、飲食店や旅館、学校のみならず、一般家庭等でも食中毒発生の危険性が高くなります。
 筑紫食品衛生協会では、食品事業者や消費者に対し、食中毒予防の啓発や、食品衛生責任者の養成講習会を開催するなど、筑紫地区の食の安全啓発に多大な貢献をいただいています。皆様の活動が積み重ねられていくことで、食の安全性が確保され、住民の健康が守られることにつながると思っています。ますますの発展を祈念いたします。

6月17日(水曜日) 学校営繕工事のための現地確認調査を行いました。

学校現場

 平成27年度学校営繕工事についての現地調査を行いました。この日は、筑山中学校、筑紫野中学校、二日市北小学校を訪問しました。
 ふるさと筑紫野を築き上げるのは、何よりも人であり、本市の未来を担う子どもたちに対する、よりよい学校教育環境の提供は、我々にとって重要な使命です。
 各学校において、さらに教育活動を充実し、生きる力である「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」の調和のとれた育成をはかるため、教育委員会と緊密に連携しながら、積極的、かつ効果的に事業を推進してまいりたいと考えています。

6月16日(火曜日) 学びをつなぐ講座が10周年を迎えられました。

表敬

 本市教育委員会主催の学びをつなぐ講座が10周年を迎えられたということで、講座運営委員の高田さんと寺田さんが記念誌を持参されました。
 本講座は、同和問題をはじめとするさまざまな人
権学習を通して人権感覚を豊かにし、一人ひとりが主体的な人間として、最大限に人権が尊重され、希望を持って幸せを求めることができるような筋道を身近なものとして実践するために開設しています。運営は受講生からなる講座運営委員の参画により、自主性・主体性ある講座運営を目指しています。
 学び
をつなぐ講座で学びを深められた皆さんが、これからも家庭や地域でリーダーシップをとっていただき、同和問題をはじめさまざまな人権問題の解決に寄与していただくことを大きく期待しています。

6月16日(火曜日) たばこ組合総会に出席しました。

総会

 筑紫野市たばこ組合平成27年度通常総会が市内会場で開催されました。
 たばこ組合におかれまし
ては、健康増進法並びにたばこ規制枠組条約の発効により、たばこの健康被害への意識の高まりと販売促進の規制強化、組合員数の減少など、大変なご苦労がおありかと存じますが、たばこの販売を通じ、税収面でご貢献をいただいている事に、心から厚く御礼申し上げます。
 また、喫煙マナー向上の啓発活動や未成年者の
喫煙防止活動とともに、JR二日市駅前周辺をきれいにしようとクリーンアップ事業等実施いただいています。今後とも市政発展のためご協力賜りますようお願いいたします。

6月15日(月曜日) 現場の確認を行いました。

現場確認

 この日は、筑紫野太宰府消防本部の訓練塔工事の完了確認のため、担当者とともに現場を訪れました。
 筑紫野太宰府消防本部新庁舎建設につきまして
は、来月4日にいよいよ落成式典を開催する運びとなっています。
 今後、暮らしの安全安心を守る防災の拠点
として、市民に親しまれる施設となりますよう、管理者として鋭意努めてまいる所存であります。

6月14日(日曜日) 筑紫南コミュニティ運営協議会総会が開催されました。

総会

 筑紫南コミュニティ運営協議会総会が筑紫南コミュニティセンターで開催されました。
 本年3月に238人もの方が参加された「筑紫南春風ウォーキング」事業では、健康づくり運動サポーターの会が参加者を引率し、交差点などの危険箇所では消防団などが誘導を行い、上原田公園ではスポーツ推進委員が中心となってニュースポーツの体験コーナーを設け、食生活改善推進会や地域の婦人会の皆様などで参加者への炊き出しを行うなど、筑紫南地域の一体感、団結力の強さを示されました。
 皆様には、本市のまちづくりの模範となる組織として、今後も先進的な取り組みを進めていただきますようお願いします。

6月14(日曜日) 小・中学校将棋大会が開催されました。

大会

 7月に文部科学大臣杯第11回小・中学校将棋団体戦が開催されることとなり、全国から選出された3人1組の構成による小・中学生128チームが東西に分かれて東京・大阪に参集し、文部科学大臣杯を目指し競います。
 それに先立ち4月~6月に全国各地において都道府県大会が開催され、福岡県大会が本市生涯学習センターにおいて、この日開催されました。
 参加された小・中学生は、時間一杯考え、思いっきり将棋を楽しまれたことでしょう。福岡県代表として出場される皆さん是非とも頑張って来てください。心から応援しています。

6月14日(日曜日) 中学校・高等学校剣道大会が開催されました。

剣道大会

 筑紫剣道連盟の平成27年度第20回中学校・第30回高等学校剣道大会が農業者トレーニングセンターで開催され、400人を超える剣士の皆さんが集いました。
 この大会は、筑紫剣道連盟内の中学生・高校生の体力・精神力・剣道技術向上と相互の交流及び地域と学校の協調による青少年育成のための大会です。
 日頃の厳しい稽古の成果を思う存分発揮され、心技体が混然一体となった素晴らしい試合が展開されますことを期待しています。

6月11日(木曜日) 同和教育研究会総会に出席しました。

総会

 2015年度筑紫野市同和教育研究会総会が文化会館で開催されました。
 この会は、部落差別をはじめとする、あらゆる差別からの解放をめざす「同和」教育の正しい理解と実践について研究を推進することを目的とし、市民及び学校教育・社会教育関係者・行政職員等をもって構成されています。
 本総会では「部落差別の現実に深く学び、生活を高め未来を保障する教育を確立しよう」「部落問題をすべての市民のものにするため、組織的取り組みを強化しよう」の基本的考え方のもと、本年度も全ての人々の人権が大切にされる筑紫野市をめざす活動が具体的に提案されました。

6月10日(水曜日) 全国市長会議総会に出席しました。

総会

 第85回全国市長会議通常総会が東京都内の会場で開催されました。
 全国市長会は、790の市と23の東京特別区の合わせて813の都市があり、すべての都市の市長及び区長によって組織され、都市間の連絡協調を図り、市政の円滑な運営と進展に資し、地方自治の興隆繁栄に寄与することを目的としています。
 この日は、安倍首相も来賓としてご出席いただき、地方へむけての力強い応援メッセージをいただきました。
 地方創生の大きなうねりの中で、これからどのような具体策が打ち出せるのか、正念場になってまいりますが、各自治体間で連携できるものは連携・協力し、進めていきたいと思っています。

6月9日(火曜日) 第11回水害サミットに出席しました。

サミット

 大きな水害を経験した全国の自治体の市町村区長が集まり、自らの水害体験を通じて得た教訓等を語り合い、全国に発信し、防災・減災に役立てることを目的として、平成17年度から開催されている水害サミットに初めて参加しました。
 今回のサミットは、太田昭宏大臣をはじめとする国土交通省の関係者、新潟県三条市など全国の18市町村の首長が出席し東京都内の会場で開催されました。
 サミットでは①激甚化する水害に対し、今求められる対策について考える②「事後対応」から「事前対応」へ③平成の大合併から10年を迎える今、改めて考えるの3つのテーマに基づいて、各首長が活発な意見交換を行いました。
 今回のサミットに出席して、改めて「自助」「共助」の取り組みが重要であることも感じました。学んだことを、本市の防災・減災対策に必ずや活かしてまいります。

6月8日(月曜日) 政治倫理審査会委員に委嘱書を交付しました。

委嘱書交付

 平成27年筑紫野市政治倫理審査会の第1回会議が市役所内で開催されましたので、9人の委員に2年間の委嘱書を交付し、三役及び市議会議員から提出された平成27年資産等報告書の審査を諮問しました。
 本市の政治倫理条例は、三役及び市議会議員が市政を運営するにあたり、市民全体の奉仕者として人格及び倫理の向上に努めることを求めるものであり、自己の地位を利用あるいは影響力を不正に行使して利益を図ることなく、公正で開かれた民主的な市政の発展に寄与することを目的として平成7年から施行しています。
 委員の皆様には、市民に開かれた筑紫野市とするため資産等報告書に関する公正な審査を何とぞよろしくお願いします。

6月8日(月曜日) ネパール大地震被災地支援のための義援金を受領しました。

街頭啓発

 5月30日に開催されました筑紫野市文化学芸連盟第2回公演会「山家宿芸術祭」において、来場者の皆様に対しネパール大地震被災地への義援金を募られたところ、たくさんのご厚意が寄せられたとのことで、この日、髙嶋正武会長をはじめとする文化学芸連盟の役員の皆様が、市役所に義援金を持参されました。
 義援金は、本市の生活福祉課を通して被災地へ送金されることとなります。皆様のあたたかいご協力に市長として心から感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

6月8日(月曜日) 議選監査委員に辞令交付を行いました。

辞令交付

 6月5日開会の本会議で本市監査委員に選任されました佐藤政志議員に辞令を交付しました。
 佐藤監査委員におかれましては、主に財務に関する事務の適正な執行と自治体経営にかかる事業の管理について監査していただくこととなります。
 大変お手数をおかけすることになりますが、過去の監査委員の経験、また議員としての視点から行政全般を見ていただき、監査委員としての職務に務めていただきますようよろしくお願いいたします。

6月8日(月曜日) 観光協会総会に出席しました。

総会

 平成27年度筑紫野市観光協会第57回通常総会が市内会場で開催されました。
 本市は、万葉の時代から詠まれ、現在では「博多の奥座敷」として有名な二日市温泉と、九州最古の寺と伝えられております武蔵寺、菅公ゆかりの天拝山ほか、長崎街道の宿場跡など、歴史と文化の薫り高い観光都市としての一面を持っています。
 市としましても、観光産業の発展のため、観光協会の皆様をはじめ、経済団体や市民の皆様と連携し、引き続きまちの活性化に取り組んでまいりますので、皆様には、今まで以上のご支援ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

6月7日(日曜日) 母子寡婦福祉会総会に出席しました。

総会

 平成27年度の筑紫野市母子寡婦福祉会総会がカミーリヤで開催されました。
 本年4月1日から子ども・子育て支援新制度がスタートし、子どもを産み育てやすい社会の創設への一歩が踏み出されました。市は、本年3月に子ども・子育て支援事業計画を策定いたしました。これは、今後5年間の事業計画であり、質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供、保育の量的拡大・確保、地域の子ども・子育て支援の充実などを推進するための取り組みを行ってまいります。
 今後も、母子寡婦福祉会の活動がさらに発展し、皆様が明るく安定した生活を送られるよう心から祈念いたします。

6月7日(日曜日) 行方不明者発見・保護パトロール第3回模擬訓練が行われました。

青パト

 昨年8月24日及び本年2月1日に続いて3回目の御笠まちづくり振興会の青パトによる「模擬訓練」が、御笠コミュニティセンターを中心に行われました。
 近年、認知症が原因の行方不明者は、年間約1万人にのぼると言われ、高齢化の進行に伴い、認知症高齢者も年々増加傾向にあります。
 御笠地区の青パト隊は、筑紫野市の青色防犯パトロールの先駆けとして筑紫野市全体の地域防犯活動レベルを大きく引き上げ、行方不明者発見・保護の活動においても、その役割を担っていただいています。
 本日の訓練を契機として、皆様がお互いの絆を深め、声かけや見守りの輪が一層広がりますことを期待します。

6月7日(日曜日) 山口コミュニティ運営協議会総会に出席しました。

総会

 平成27年度山口コミュニティ運営協議会総会が山口コミュニティセンターで開催されました。
 山口校区におきましては、小学校でのもちつき大会、ふれあいクリスマスコンサート、防災学習会、シニアまつり、お花見ウォーキングなど様々な事業が展開されており、皆様方のまちづくりに対する熱意と地域づくりに取り組まれる姿に心から敬意と感謝を申し上げます。
 山口コミュニティセンターは、施設の活用性を高めるべく、本年度外壁の塗り替え工事を行うことを予定しています。皆様方の活動がますます飛躍されますことを願っています。

6月6日(土曜日) 蛍まつりを訪問しました。

まつり

まつり

 第10回天拝蛍まつりが、天拝坂東公園で開催されました。
 まつりの開催も今回で10回目ということで、回を重ねるごとに来場者も増え、この日も大変多くの方が来場されていました。
 蛍の光は、神秘的でとても美しいものです。この光には、私たちの気持ちを和ませ、安らぎを与えてくれる「癒し」の効果があると言われております。公園内で美しい光を放つ蛍の中には、天拝蛍の会の皆様と天拝小学校の子ども達が一緒に放流した蛍もいるそうです。





 会場では、天拝小学校の子どもたちが一生懸命作ったあんどんにも優しい光が灯っていました。

6月6日(土曜日) 高尾川・鷺田川改修促進期成会総会が行われました。

総会

 高尾川・鷺田川改修促進期成会平成27年度総会が二日市コミュニティセンターで開催されましたので、出席しました。
 昨年8月22日明け方、1時間当たり100ミリを越す豪雨により、大規模な浸水被害が民家や商店などに発生し、周辺住民の生活に大きな影響を与えました。
 福岡県は、浸水被害を防ぐため、床上浸水対策特別緊急事業として、県営河川高尾川を今年度から5ヵ年で完了する改修事業に着手されます。
 事業実施にあたっては、地域の皆様のご理解が必要であり、ご迷惑をおかけすることになると思いますが、安全安心のまちづくりのため、ご協力くださいますようお願いいたします。

6月6日(土曜日) 県道筑紫野三輪線バイパスが開通しました。

開通式

開通式

 県道筑紫野三輪線パイパスの1.1kmの開通記念式典が行われました。
 この開通により、筑紫野市山家から筑前町砥上までの県道筑紫野三輪線バイパス全線全長2.5kmが開通となり、現道で約7分要していた所要時間がパイパス利用では、約3分となり、約4分短縮される見込みとなりました。
 交通が集中する並行路線(国道386号等)の混雑緩和、通過交通が本バイパスへ転換することによる現道部の円滑な交通と安全性の向上が期待されています。
 

 この日は、子どもたちと一緒にテープカットをした後、筑前町立夜須中学校ブラスバンド部の皆さんの演奏とともに、筑紫野警察署と朝倉警察署の白バイとパトカーを先頭にパレードが行われ、私も真新しい道路を歩きました。この新しい道路が地域で愛される道路となりますことを祈念いたします。

6月5日(金曜日) シルバー人材センター総会に出席しました。

総会

 筑紫野市シルバー人材センター平成27年度定時総会が文化会館で行われました。
 大西理事長をはじめ、会員の皆様には、日頃から高齢者の生きがいの充実と福祉の増進を図ることを目的として、就業のみならず、ボランティア活動や地域社会への多種多様なサービスの提供等、活力ある地域社会づくりに大きくご貢献いただき、心からお礼申し上げます。
 今後とも「自主・自立・協働・共助」の基本理念のもと、時代の変化に対応できる魅力あるシルバー人材センターとしてご活躍されることを期待いたします。

6月5日(金曜日) 平成27年第3回筑紫野市議会定例会が開会しました。

施政方針

 平成27年第3回筑紫野市議会定例会を招集しました。会期は、7月3日までとなります。
 この日、平成27年度の市政運営に関する私の所信と施策を表した「施政方針」を披瀝するとともに、平成27年度の一般会計予算などの5件の議案を提案いたしました。
 会派代表質問は6月11日、一般質問は6月30日、7月1日に行われる予定です。議員各位には、よろしくご審議いただきますようお願いいたします。

 「施政方針・議会提出議案」のページへのリンク

6月4日(木曜日) 平成27年度第1回筑紫野市健康づくり推進協議会を開催しました。

協議会

 市民の健康づくりを積極的に推進することを目的として、事業の企画・立案・調整等を行う20人の委員で組織する筑紫野市健康づくり推進協議会の平成27年度第1回の会議を生涯学習センターで行い、委員の方々に2年間の委嘱書を交付しました。
 次期健康増進計画「健康ちくしの21」につきましては、これまでの評価結果を踏まえながら、さらに効果的な健康増進事業の充実を図るとともに「食育」の推進に取り組む「筑紫野市食育推進計画」を本計画と一体化して策定する予定です。
 本市の健康づくりのさらなる推進にむけて、委員の皆様には積極的なご意見をお願いいたします。

6月2日(火曜日) 筑紫野太宰府消防組合議会選出の監査委員に辞令を交付しました。

監査委員辞令交付

 筑紫野太宰府消防組合の議選監査委員に選任された鹿島康生議員に管理者として、辞令を交付しました。
 当組合は、筑紫野、太宰府、両市民の生命、身体、財産を守るため、消防施設や人員を活用して、あらゆる災害に対し立ち向かう使命があります。そのためには、消防防災行政の円滑な推進を図っていかなければなりません。
 今回就任されました鹿島監査委員におかれましては、筑紫野太宰府消防組合の監査委員として、消防組合の予算、決算についての監査をよろしくお願いします。

6月1日(月曜日) 水道週間街頭啓発を実施しました。

街頭啓発

 水道週間は、安全で良質な水を安定的に供給できる水道整備とともに、地震等の災害に強い水道づくり等の推進を図り、今後の水道事業の更なる発展に資することを目的として設けられたものです。
 第57回を迎える今年は「カラカラで蛇口に飛び込む僕の口」をスローガンに、6月1日から7日までさまざまな取り組みが全国的に行われますが、筑紫野市でも4つの駅前で街頭啓発を実施し、私もJR二日市駅でティッシュを配布しました。
 水のありがたさを市民の皆さんに再認識していただくとともに、本市の水道事業に対し、さらなるご理解をいただくよう声かけを行いました。

6月1日(月曜日) 救助技術指導会の県大会で1位入賞の報告を受けました。

 
結果報告

 5月29日に福津市で行われた第41回福岡県消防救助技術指導会の大会において、筑紫野太宰府消防本部の出場チームが1位入賞という素晴らしい結果をおさめましたので、その報告を受けました。
 「引揚救助」「ロープブリッジ」「障害突破」の種目では、7月に行われる九州大会に出場することとなります。隊員一丸となって、筑紫野太宰府消防本部の名誉のため全力で臨み、そして必ずや全国大会への勝ち進んでくれることを願っています。

 

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス