ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成27年5月)
更新日: 2015年6月9日

市長の動き(平成27年5月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

5月31日(日曜日) みかさ台ワンコインパーティーに参加しました。

パーティー

 みかさ台ワンコインパーティーがみかさ台公民館で開催されました。
 このワンコインパーティーも17回目を迎え、私も市長就任後に初めてご招待をいただいた平成23年5月開催の第9回目から毎回訪問させていただいており、今回で9回目の訪問でした。
 みかさ台区で、住民同士のふれあいと交流の場づくりとして、「地域活性化・絆を高め・助け合い・健康寿命伸ばし」をテーマにこのようなつどいを開催されますことは、大変意義深いものです。
 有志の皆様による、美味しい料理でお腹も心もいっぱいに満たされたことと思います。私もこのひと時、皆様とともに楽しい時間を共有させていただき、まちづくりへの活力をもらいました。

5月31日(日曜日) 第14回筑紫野市長旗争奪中学校軟式野球大会が行われ筑紫野南中学校が優勝しました。

野球大会

 第14回目となる市長旗争奪中学校軟式野球大会が、2日間にわたって市内の中学校、山家スポーツ公園野球場で開催され、市内外の中学校16校が参加しました。
 筑紫野南中学校と筑紫野中学校の市内の中学校同士の対決となった決勝戦では接戦となり、僅差を制した筑紫野南中学校が優勝を飾りました。
 天候が心配されましたが、2日目は快晴となり、照りつける日差しの中、選手一人ひとりが全力で白球を追っている姿に感動しました。

5月31 日(日曜日) 筑紫野市日本舞踊協会合同公演が開催されました。

市長あいさつ

 筑紫野市日本舞踊協会合同公演「第4回華の舞 小曲の会」が、生涯学習センターで開催されました。
 今年2月15日の筑紫野市文化協会第5回文化祭では、本日公演される皆様方の自宅や施設で活動された成果が上演されており、皆様方が伝統文化の普及に日頃から取り組まれていることを実感いたしました。
 筑紫野市日本舞踊協会の皆様には、今後も伝統芸能を後世に伝えるとともに、本市の文化発展のために、お力添えをいただきますようお願いいたします。本日も素晴らしい公演でした。

5月31日(日曜日) 筑紫よかまち協議会代議員総会が行われました。

総会

 筑紫よかまち協議会平成27年度代議員総会が筑紫コミュニティセンターで開催されました。
 筑紫よかまち協議会におかれましては、昨年末の設立の日から今日まで大変短い期間にもかかわらず、様々な取り組みがなされ、市民協働のまちづくりが、一層推進されています。
 本年3月には、70名以上の筑紫小学校の児童も参加された「筑紫ご当地巡りウォーキング」記念事業を開催され、地域の住民の皆様の交流・親睦が深まったことと思います。
 皆様には、本市のまちづくりの規範となる組織として、今後も自立性と主体性を持って運営していただきますようお願い申し上げます。

5月31日(日曜日) ミドルエイジソフトバレーボール大会が行われました。

バレーボール

 ミドルエイジソフトバレーボール大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 この大会は年齢制限を設け、4人の合計年齢が160歳以上とされています。
 この日は、男性女性併せて市内外から36チームの選手の皆さんが勝利を目指して、熱戦を繰り広げました。
 選手の皆さんには、楽しいひと時になられたことでしょう。一日お疲れ様でした。

5月30日(土曜日) 文化学芸連盟芸術祭が行われました。

芸術祭

 筑紫野市文化学芸連盟第2回芸術祭が山家小学校体育館で行われました。
 今日のプログラムは、山家岩戸神楽、大正琴、和太鼓などに加え、尺八とピアノの共演といった、和洋問わず非常に興味深い内容となっていました。
 文化学芸連盟の皆様には、今後も市民や地域に親しみやすい活動を行っていただくとともに、本市の文化振興のために、お力添えをいただきたいと考えています。

5月30日(土曜日) 山家コミュニティ運営協議会総会が開催されました。

総会

 山家コミュニティ運営協議会総会が山家コミュニテイセンターで開催されました。
 昨年の山家地区の事業を見てみますと、夏祭り、敬老会、体育祭、文化祭の4大事業を中心に、新しく成人式を実施し、大変盛況であったとお聞きしています。また、各部会でもまちづくり部会で山家案内板の設置検討や健康福祉部の老人会・いきいきサロン合同健康推進事業、さらには、山家宿まつりの実施や、山家宿名物「白おこわ」の福岡かしわ飯サミットへの出展など他の地区には無い多彩な事業を地区住民が一致協力して推進しておられますことは、他の地区の模範となるものです。
 今後も山家地区住民の総意に基づき、連帯を強調し、教育、福祉、健康、生活環境の改善、地区産業の活性化を図っていただきたいと思っています。

5月29日(金曜日) 各団体の総会に出席しました。

総会

 この日は、平成27年度建設業協力会通常総会及び管工事協同組合第29回通常総会が、市内会場でそれぞれ行われましたので、出席しました。
 わが国の経済は少しずつではありますが、景気回復に向かっているといわれています。しかし、市ではまだまだ厳しい状況が続いており、商工業を支える皆様におかれましては大変なご苦労がおありかと思います。
 このような中、皆様には市内の商工業を力強く支えていただくとともに、それぞれの業務において市のまちづくりにご協力いただいています。両団体のますますのご発展を祈念します。

5月29日(金曜日) 経験年数別(5~7年目、8~10年目)の市長講話を行いました。

安全安心まちづくり推進協議会

講話の様子

 経験年数別に市職員へ市長講話を行いました。
 この日は、午前と午後に分かれて、午前は5~7年目の74人を対象とし、午後は8~10年目の39人を対象としました。
 5~7年目の職員に対しては「役割の再認識」ということで、業務の中心的役割を担いつつも初めての異動により新たな業務を経験する職員も多く、職場環境や業務の差異に戸惑うことも多い階層と思われ、職場内における役割の再認識、経験に基づくプラスアルファの思考や新たな担い手としての自覚を促す事を目的としました。また、私の後には、市民生活部長がコミュニティ組織の内容と市のかかわりについて講話を行いました。
 
 午後の8~10年目の職員に対しては「職場のリーダーとして」ということで、複数の職場を経験し、業務ノウハウも充実しつつある主任職員の多い階層であり、各職場における担当のリーダーとして、後輩職員に対する指導や上司への提案等、常に問題意識を持ち、課題解決のための積極的な企画立案を促すことを目的としました。
 その後、企画政策部長が第5次筑紫野市総合計画について講話を行いました。
 話を聞いた職員からは、私の市政への思いを直接聞くとてもよい機会だったなどの意見が出され、このような機会を設けて本当によかったと嬉しく思いました。
 私は、若い職員の今後の活躍に期待しています。

5月28日(木曜日) 災害対策本部設置運営訓練を実施しました。

訓練

 災害が発生しやすい時期を前に筑紫野市災害警戒・対策本部設置運営訓練を市役所内で実施し、66人の職員が参加しました。
 情報伝達訓練並びに行動訓練が行われ、それぞれの班に分かれて、本番さながらの訓練となりました。
 万が一、災害が発生した時には、市民の皆様の安全安心を守るという使命で迅速かつ的確に行動をしていくことが求められます。災害に備え、今後も訓練を重ねてまいります。

5月28日(木曜日) 筑紫野市暴力追放市民協議会理事会を開催しました。

理事会

 筑紫野市暴力追放市民協議会理事会を生涯学習センターで開催し、平成26年度の事業報告、決算、平成27年度の事業計画、予算案についてご承認いただきました。
 本市では、平成10年に本協議会を設立して以来、暴力のない明るく住みよいまちづくりを目指して、筑紫野警察署をはじめ、関係機関の協力のもと、啓発活動を中心とした暴力追放の取り組みを進めています。
 これからも、「安全・安心のまち筑紫野」を築き上げ、筑紫野市を担う次世代に責任をもって継承できるよう、私自身、先頭に立って全力で取り組んでまいります。

5月28日(木曜日) 経験年数別(2~4年目)の市長講話を行いました。

講話の様子

 異なる職場における立場・役割・求められる職員像の理解や自己啓発のため、10年未満の経験年数毎に職員を分けて市長講話を行うことととし、この日、2年目から4年目までの職員63人に行いました。
 組織の一員として、異動未経験の職員も多く、業務の正確性を重視するあまり前例踏襲の仕事内容になりがちと思われ、職場内のコミュニケーションを大事にしつつ、幅広い知識と視野を身につけることを講話で促しました。
 私の後には総務部長が、災害に強いまちづくりに関する様々な取り組みについての講話を行いました。

5月28日(木曜日) チャリティーゴルフ大会始球式に参加しました。

ゴルフ大会

 つくしライオンズクラブ主催の第27回チャリティゴルフ大会が行われましたので、始球式に出席しました。
 この大会の益金は「つくしライオンズクラブ結成50周年記念式典」での継続事業である青少年育成事業として、日々頑張っている子どもたちへの活動支援として複数の団体に贈呈される予定です。
 大会には200人を超える皆さんが参加されました。
 新緑が美しい中でさわやかにプレイを楽しまれたことでしょう。

5月27日(水曜日) 事業完工に伴う物件引渡し式を執り行いました。

引渡し式

 市内下見池の安全安心確保のための埋立て事業の事業完工に伴う物件引渡し式を市役所で行いました。
 この事業は、下見池の安全確保と下見池周辺の環境改善を目的に、市と筑紫野市土木協同組合による市民協働モデル事業として、平成25年度に事業協定書を締結し、平成26年8月から埋立て事業を開始し、平成27年3月をもって埋立て事業の完工となったものです。
 皆さんの高い技術とご尽力のおかげで見事に整備していただきました。本当にありがとうございました。

5月27日(水曜日) 天拝山ロードレース実行委員会に出席しました。

実行委員会

 第43回天拝山ロードレース大会第1回実行委員会が生涯学習センターで開催されました。
 このロードレースは、今年で第43回を迎え県内外から多くの健脚が集う大会として、また、筑紫路の秋を彩る風物詩として定着しております。昨年は、小学生から一般まで約900人の参加がありましたが、これも、ひとえに実行委員の皆様、関係各位の長年にわたるご努力のおかげであり、お礼申し上げます。
 実行委員会の皆様には、本日から大会が開催されるまで、長期間にわたり尽力いただきますが、最後までどうぞよろしくお願い申し上げます。

5月26日(火曜日)    平成27年度第2回移動市長室を実施しました。

移動市長室

移動市長室

第46回移動市長室 市長あいさつ

 通算46回目となる移動市長室を、宮の森公民館で開催しました。
 齊藤区長をはじめ19人の地域の皆様に出席していただき、宮の森の世代をつなぐまちづくりについて懇談を行いました。


 懇談の前には、「宮の森にこにこ元気教室」に参加させていただいて、タオル体操やラダートレーニングで一緒に健康的な汗をかき、しっかりパワーをいただきました。地域皆で健康寿命を延ばそうという試みであり、いい活動をされてあるなと感じました。
 また、懇談では、継続的に実施されている元気教室、「いきいきサロン宮の森朋友会」、「子育てサロン森っ子くらぶ」などの福祉活動や2年前から取り組まれている町内会の組織・運営改革についてお話を伺いました。みまもり隊の結成やあんしんカードの全戸配付など、地域の絆を深めながら、区長を中心にしっかりした組織を作りながら進めてある非常にユニークで、また、大事な事業がよくわかり、大変勉強になりました。


 宮の森区の皆様、本当にありがとうございました。



 <動画>
  市長あいさつの様子
  ※音声が出ます。

5月26日(火曜日) 平成27年第2回筑紫野太宰府消防組合臨時会が開会しました。

展示訓練

展示訓練

 筑紫野太宰府消防組合臨時会を招集しました。改選後の初議会となりました。
 
今議会では、同意案件2件を承認いただき、議長・副議長をはじめ、各常任委員会の委員が決まりました。
 議会終了後には、第41回福岡県
消防救助技術指導会に伴う特別展示訓練が行われました。




 

 市民の期待に応えるべく、日頃から
の厳しい訓練を通し、技術、体力はもちろんですが、「人を助ける」という崇高な使命をもった精神力を培うことが重要であります。
 来る5
月29日の大会では、隊員一丸となって名誉ある筑紫野太宰府消防本部の救助技術を遺憾なく発揮し、必ずや九州大会、全国大会へと勝ち進まれますことを祈念します。
 この日は、障害突破、引揚救助の展示が行われました。

5月25日(火曜日) 筑紫野市造園協力会総会に出席しました。

総会

 筑紫野市造園協力会通常総会が市内会場で開催されました。
 矢ケ部会長をはじめ、皆様には、日頃から市
政の各般にわたり、特に本市経済の振興にご理解、ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。
 筑紫野市造園協力会の皆様には、造園を通し
、本市における住みよい街づくりを、地域に密着して力強く支えていただいております。今後とも住み良い地域作りにお力をお貸しいただきすようお願い申し上げます。
 私も市長として
、2期目の市政運営の中で、地域産業の振興、商工業の発展に向け、誠心誠意取り組んでまいります。

5月25日(月曜日) 平成27年第2回筑紫野市議会臨時会が開会しました。

議会

 平成27年第2回筑紫野市議会臨時会を招集しました。会期は25日のみです。
 4月の市議会議員選挙後初の議会となり、新
しく議員となられた10人を含む22人の議員が参集されました。 
 
今臨時会で、専決処分の報告4件、その他4件の合計8件承認いただきました。
 また、
赤司議長、高原副議長が選任され、各種常任委員会委員も決まりました。ますますのご活躍を祈念いたします。
 「施政方針・議会提出議案」のページへのリンク

5月24日(日曜日) 二日市東コミュニティ運営協議会総会が行われました。

総会

 平成27年度二日市東コミュニティ運営協議会総会が開催されました。
 地域のコミュニティづくりは、災害時の助け
合いはもとより、防災や防犯、高齢者の見守り、健康づくりや子育て、歴史や文化の継承、新たな地域資源の発掘など、地域の皆様が、それぞれの地域のあり方を、自らが考え実行していく取り組みであり、まさに、地域主権、住民自治です。
 二日市東地域の、災害時やコミュニティ活
動の拠点ともなるべき二日市東コミュニティセンターを、平成28年度中の完成を目指して事業を進めております。皆様には、本市のまちづくりの規範となる組織として、自立性と主体性を持って、協議会を運営していただきますようお願い申し上げます。

5月24日(日曜日) 市内各小学校の運動会が開催されました。

運動会

 素晴らしい晴天のもと市内10の小学校(天拝、阿志岐、吉木、山家、筑紫、原田、筑紫東、山口、二日市、二日市東)で運動会が開催され、私は全て訪問し、児童の皆さんを応援しました。天拝小学校については地域と合同で毎年開催されています
 児童の皆さんは、これまでに一生懸命練習し
てきたことをすべて出しきり、全力で競技・演技をしていました。友だちと協力し、頑張る姿はとても素敵でした。今日は強い日差しが照りつけ、暑い日となりましたが、きっと皆さんにとって思い出に残る素晴らしい運動会になったことでしょう。
 子どもたちの健やかな成長を心から祈念いた
します。

5月23日(土曜日) 御笠まちづくり振興会総会に出席しました。

総会

 第3回御笠まちづくり振興会総会が御笠コミュニティセンターで行われました。
 御笠まちづくり振興会が本市のコミュニティづ
くりのモデル地区として発足して早くも3回目の総会を迎えられました。
 市では、今年度から
筑紫野中学校に続き、吉木小学校・阿志岐小学校ともにコミュニティスクールを開設しています。子どもたちは筑紫野市の将来を担う宝です。学校・家庭・地域が連携していろいろな場所で交流することが、ふるさと御笠を愛する心を育てることに繋がります。そしてこのことが、より御笠の活性化に繋がるものと確信しています
 これからも、子どもからお年寄りまでみんな
が安心して暮らせるまちづくりにまい進していただきますよう祈念します。

5月23日(土曜日) 警友会筑紫野支部定例会に出席しました。

総会

 警友会筑紫野支部定期定例会が市内会場で開催されました。
 警友会の皆様には、公共の安全と秩
序の維持という使命をもった警察活動に対する住民の理解と協力を深める取り組みのほか、退職警察職員相互の親睦、福祉の増進などに永年にわたって携わられ、その真摯なお取り組みに対し、心から敬意を表します。
 市としましても
「安全・安心のまち筑紫野」を築き上げることができるよう、私自身、先頭に立って全力で取り組む所存です。警友会の皆様には、警察活動への支援や協力を通して、地域の安全・安心と住みよいまちづくりのためにご協力いただきますようお願いいたします。

5月23日(土曜日) 二日市コミュニティ運営協議会総会が行われました。

総会

 二日市コミュニティ運営協議会第2回定期総会が生涯学習センターで開催されました。
 現在、地域を取り巻く社会状況は、少子高齢
化の急激な進展や、生活環境、価値観の多様化など日々刻々と変化しております。そのような中で市民ニーズに対応していくには、地域住民の皆様が、自主的、主体的に知恵やアイディアを出していただき、地域と行政が連携し、共に力をあわせた協働によるまちづくりを進めていかなければなりません。
 この二日市地域の協議
会は、構成される行政区も住民の数も最大であり、多くの困難は伴うものの、自助、共助の活動の活性化に向け、今後も、自立性と主体性を持って運営していただきますことを大いに期待しています。

5月23日(土曜日) 二日市北小学校体育会を訪問し、児童の皆さんを応援しました。

運動会

 第41回二日市北小学校体育会が開催されました。
 北小の児童の皆さんは、短い練習時間であったにもかかわらず、体育
会の目当て「みんなと協力し、一人ひとり力を出し切って心に残る体育会にしよう~仲間と楽しく、やさしく、元気よく~」に基づき、先生と一体となって取り組んでこられたことが、今日の体育会を見てわかりました。
 私も、皆さんの力一杯の競技・演技に
対して気持ちを込めて応援しました。
 皆さんの頑張る姿、とても素敵でした。

5月22日(金曜日) JA筑紫年金友の会筑紫野地区大会が開催されました。

総会

 JA筑紫年金友の会筑紫野地区大会が文化会館で開催されました。
 JA筑紫年金友の会は、会員
相互の融和と親睦を図り、生きがいのある人生を送ることを目的として、昭和54年に設立されて以来、その目的達成に向け着実に歩みを進められ、会長、組合長はじめ歴代役員、会員、その他関係各位が一体となって組織活動強化へたゆまないご努力を続けてこられました。
 大会後には、筑紫野警察書より、最近被害が
急増している、偽電話詐欺についての現状と被害防止対策についての講話が行われました。詐欺にはくれぐれもお気をつけ頂きたいと思います。

5月21日(木曜日) 商工会総代会が行われました。

総会

 筑紫野市商工会第56回通常総代会が市内会場で開催されました。
 本市の商工業の中核を担われる皆様には、藤
木会長を中心として、商工会会員の組織率の向上と、財政基盤の確立を柱に、市内事業者の経営相談、小規模事業者の健康増進活動等に積極的に取り組まれ、地域経済の発展と地域の振興に日々ご尽力をいただいており、深く敬意を表します。
 市としましても、景気の回復に向け、
様々な取り組みを全力で推進していきたいと考えていますので、今後とも御支援、御協力をお願いいたします。

5月21日(木曜日) ~水の恵みに感謝~水源祭が行われました。

水源祭

水源祭

 水源祭は、水の恵に感謝し水害防止や五穀豊穣を願うもので、これから田植えに入るこの時期に毎年開催されています。
 私たちは、水不足や断水の時には、水のあり
がたさを思うのですが、普段は水道の蛇口をひねれば水が出るのが当たり前と思っており、水のありがたさをとかく忘れがちになっているのではないでしょうか。
 



 毎年梅雨の前に行われるこの水
源祭は、山口川水利組合主催により山神ダム周辺で行われ、自然の恵みへ感謝する気持ちを再確認するとともに、筑紫野市の水道行政に対する山口川水利組合の皆さんへのご協力にも感謝する大変良い機会となっています。
 このよう
な機会を通じて、市民の皆様に水を有効に利用していただくよう、また、今後は6月1日からの水道週間や8月1日の福岡都市圏「水」キャンペーンなどを通じて、水の大切さを啓発していきたいと思っています。



5月19日(火曜日) 筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会役員会を開催しました。

安全安心まちづくり推進協議会

 平成27年度筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会の役員会を生涯学習センターで開催しました。
 私が、平成27年度と平成28年度に会長を務
めさせていただくことについて、この日の役員会で承認いただきました。
 微力ではありますが、筑紫
地区の安全安心まちづくりにむけて、各自治体そして関係機関等と連携を図りながら、精一杯努めてまいる所存であります。何卒よろしくお願い申し上げます。

5月19日(火曜日) 筑紫野・太宰府防犯協会定期総会を開催しました。

防犯協会

 平成27年度の筑紫野・太宰府防犯協会定期総会を生涯学習センターで開催し、私は会長として司会進行を行いました。
 筑紫野警
察署管内におきましては、昨年の刑法犯の発生件数は1千868件で、前年比で約4.9%増となっていますが、市としましては、本協会の皆様をはじめ警察・消防、多くの関係団体・あるいはボランティア、地域住民の皆様方と連携・協力し、犯罪の起きにくい、安全安心なまちづくりを目指し、更なる活動の輪の促進を図ってまいる所存です。
 この日は、多年に
わたり、防犯登録制度の普及促進に尽力され、自転車の盗難防止と被害の回復に貢献された、3つの団体に福岡県防犯協会連合会長表彰を伝達しました。

5月18日(月曜日) 新規採用職員研修で27人に講話を行いました。

市長講話

市長講話

 本年度採用された27人(男性11人、女性16人)の18歳から35歳までの職員へ講話を行い、私の思いを伝えました。
 
皆さん方が生きてきたこれまでの人生とは違い、ここはプロの職場です。必ずしも安易に、思うように事が進むということばかりではありません。しっかりと自分磨き、自分づくりに励んでください。そして職場の先輩方からたくさんのことを学び取ってください。
 また、地域行事に積極的に参加
すること、そういうところに飛び込んで仲間作りをしようという心意気が大切であります。
 先輩を大切にしながら謙虚に物事を聞き入れて
、奉仕者になる、それがあなた方のまず第一歩です。
 ここにいる皆さんはそれぞれが
仲間です。お互いにつらいとき、苦しいときは声をかけあって励ましあってください。
 そして、職員、市民、誰にでもまず会ったらあいさつを
お互いにし合って、仲間作りに努力し、友達をたくさんつくるように、たくさん顔見知りをつくるようにしましょう。
 どうぞ皆さん立派な市
職員として、奉仕者となっていただきますよう若い力に心から期待しています。

5月18日(月曜日) 筑紫野市文化協会定期総会に出席しました。

総会

 平成27年度の筑紫野市文化協会定期総会が文化会館で開催されました。
 今年2月には30周年の記念事業として、第5回文化祭を開催され、多くの方が来場されました。昨年度末に比べ6団体、152人が新たに加盟、加入され、文化団体として組織強化を目標に励んでおられる結果と存じます。
 市としましても、「文化振興計画実施計画」の2年目に当たり、文化芸術が、市民の方にしっかりと根付き、キャッチフレーズである「文化の風がふくまち ちくしの」が浸透し、市民一人ひとりが心の豊かさを実感できる魅力あるまちづくりを一層進めてまいります。   

5月17日(日曜日) 市立中学校体育会に出席しました。

体育会

体育会

 市内五つの(二日市、筑山、筑紫野、天拝、筑紫野南)中学校で体育会が開催され、私は全ての学校を訪問し、生徒を激励しました。
 この春に入学した新1年生も中学校生活にす
っかり慣れ、勉強や部活動に元気に励み、充実した日々であると思います。
 体育会では、それぞ
れの学校がスローガンを掲げ、お互いを思いやる気持ちを大切にしながら、生徒の自主運営を図った体育会運営組織で活動に取り組み、3年生を中心としながら、全校生徒が心を一つにして、新たな伝統を築く場と位置づけてあり、生徒たちの姿はやる気に満ちていました。
 どの学校も素晴らし
い体育会であったと思います。指導頂きました先生方そして、応援いただいた保護者の皆様や地域の皆様に心からお礼申し上げます。

5月16日(土曜日) 筑紫・粕屋造園組合連合会通常総会に出席しました。

総会

 筑紫・粕屋造園組合連合会第45回通常総会が、太宰府市商工会館で開催されました。 
 皆様方が携わられておられます造園業は、家庭
の緑化はもとより、公園緑地、町並み景観の造成保全、学校緑化、工場緑化等、人々の暮らしに癒しや安らぎを与える無限の可能性を持っています。
 筑紫地区、粕屋地区という福岡都市圏
の地の利を生かしながら経済の活性化、地域振興、住み良い地域社会作りにご尽力ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

5月16日(土曜日) 小地区公民館連絡協議会定期総会に出席しました。

総会

 平成27年度筑紫野市小地区公民館連絡協議会定期総会が生涯学習センターで開催されました。
 本市における87の小地区公民館は、
地域の人々への学習機会の場の提供や、自主学習グループ・サークル活動の支援、さらに地域コミュニティ活動の推進など、子どもから高齢者まで、あらゆる世代の市民が真に心の豊かさを実感できる社会を実現するための、一番身近な社会教育施設として、なくてはならない存在です。
 また、公民館はそれぞれの地域の特性を活か
したまちづくりの活動拠点であり、災害時等の自主避難所という役割も担っています。
 皆様に
は、コミュニティ運営協議会をはじめ、関係団体・機関と密接に連携し、生涯学習の推進とともに総合的なまちづくりの視点に立った公民館活動を推進していただきたいと思います。

5月16日(土曜日) 寿光園の運動会に出席しました。

運動会

 寿光園の第42回運動会が開催されました。
 寿光園の皆様とは、この運動会のほか、10月の
秋祭りでも毎回お会いしております。
 訪問させ
ていただく度に、皆さんの元気な姿、明るい笑顔から、明日へのまちづくりに向けた活力をもらっています。
 あいにくの雨模様の天気で室内での実施となりましたが、本日
の運動会が皆様にとって、子どもの頃のように楽しい一日になられたことでしょう。

5月14日(木曜日)~15日(金曜日) 九州市長会総会に出席しました。

総会

総会

 第116回九州市長会総会に出席しました。
 
九州市長会は、年に2回の開催で、今回は合併10周年を迎える長崎県雲仙市で初めて開催され、118市中113市の市長が出席しました。
 マイナンバーの導入や地方税制の動向
と課題等を各省庁の担当者からくわしく説明を受けた後、総会が行われ、行財政、社会文教、経済の3分野で各県の市長会から提出された要望事項の16議案を原案の通り可決しました。



 主
体性ある地域の創造に取り組もうと皆で意見交換し、大変有意義な会合となりました。
 雲仙市の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

5月13日(水曜日) 高尾川・鷺田川改修促進期成会の要望活動を福岡県に対して行いました。

要望活動

 県営河川高尾川・鷺田川河道改修工事の促進についての要望活動を、高尾川・鷺田川改修促進期成会の皆様と共に県庁を訪問し、福岡県に対して行いました
 福岡県におかれましては、緊急的かつ集中的
な整備を行う事業として「床上浸水対策特別緊急事業」を国に対し強く要望していただき、本年4月に新規事業採択の決定がなされたことに心より感謝申し上げます。
 本市としましても、
一日も早い安全安心のまちづくりのため、事業の早期完了に向け期成会を中心とした地域住民と一体になり、推進してまいる所存です。

5月13日(水曜日) 平成27年度環境衛生推進員の皆様に委嘱書を交付しました。

委嘱

 平成27年度環境衛生推進員委嘱交付式及び説明会をクリーンヒル宝満で開催しました。  
 本市では、今年度も「ごみゼロ運動」の実施
や、資源ごみの再利用など、ごみ減量の推進や地域環境の保全について、地域で活躍いただいている、環境衛生推進員の皆様とともに取り組んでまいります。
 
市内で良好な環境の維持保全を図るためには、推進員の皆様をはじめ、市民の方々のご理解とご協力が不可欠です。
 皆様には、大変
ご苦労をおかけいたしますが、地域の指導者として、また、市民と行政のパイプ役として、ご活躍いただきますようお願いいたします。

5月12日(火曜日) 山口川水利組合委員総会に出席しました。

委員総会

 山口川水利組合第58回委員総会が、市内会場で開催されました。
 原野組合長をはじ
め、山口川水利組合委員の皆様には、水源祭や山神ダム放流水協議、水量状況調査等の諸活動を通じて、本市農業の振興並びに水道用水の安定供給に、ご理解とご協力をいただき、心から厚くお礼申し上げます。
 現在の水呑・山神ダムの貯水率は、ほぼ満水
状態でありますが、今年は災害がなく、市民が安心して暮すことができ、農業用水・水道用水も順調に確保できることを心から祈念いたします。

5月12日(火曜日) 水源地大山体験事業の出発式でお見送りをしました。

お見送り

 平成27年度福岡都市圏交流推進事業「水源地 大山 体験事業」に、筑紫野市の農業女性グループをはじめとした市民の皆さんが参加されましたので、出発式に出席しました。
 こ
の日は、大分県日田市にある大山ダムを見学して、水についての勉強をしたり、「ひびきの郷」で梅園見学や梅酒づくりの体験をされるということでした。
 
この「水源地 大山 体験事業」は、福岡都市圏17市町村の住民が、使っている水の大切さを理解することを目的としております。水源地での体験事業を通して、水への感謝の気持ち、水を大切に使おうという心がけへとつなげていただければ幸いです。

5月11日(月曜日) 第128回福岡県市長会総会に出席しました。

総会

総会

 県内の28市間の連絡協調を図り、市政の円滑なる運営と発展に資し、もって地方自治体の興隆繁栄に寄与することを目的とする福岡県市長会の総会が、糸島市で開催されました。
 この日は決算予算と併せて、社会保障・税番号制度の円滑な導入についての議案等各市から提出された合計41件が審議され、原案どおり可決されました。この中から、都市財政の拡充強化について、国民健康保険制度及び高齢者医療制度について、福祉施策の充実強化について、学校教育の充実について、農林水産業の振興についての5議案を福岡県市長会として、九州市長会へ持上げることとなりました。
 28市の市長出席のもと活発な論議がなされ、大変有意義なひと時となりました。お世話いただきました糸島市の皆様本当にありがとうございました。
 

 <再選後初の総会でしたので、私も皆様にご挨拶をさせていただきました。今後共よろしくお願いいたします。>

5月11日(月曜日) 老人クラブ連合会総会に出席しました。

総会にて

 筑紫野市老人クラブ連合会第41回通常総会が、カミーリヤで開催されました。
 戸田会
長をはじめとする皆様には、日頃から市行政の各般にわたりご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。本市では、本年4月1日現在で65歳以上の人口が、22,528人を数え、高齢化率は22.01%となりました。
 このような中、老人クラブ連合会の皆様に
は、子どもたちの交通安全見守り活動や環境美化活動など、人と人とのつながりを大切にしながら、地域を支える活動に積極的に取り組まれていただいており、心から敬意を表します。
 これからも有意義で実りのある活動を推進され
、地域福祉推進の担い手として、より一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

5月10日(日曜日) 筑前町合併10周年記念式典に出席しました。

合併10周年

合併10周年

 筑前町合併10周年記念式典が筑前町コスモスプラザにおいて行われました。
 筑前町は、平成17年3月に朝倉郡三輪町と夜須町が合併し、本年10周年という節目を迎えられました。現在筑前町は「食に感謝し、平和を願うまち」をテーマにまちづくりを進めておられます。ファーマーズマーケットみなみの里では、特産の黒大豆「筑前クロダマル」、100%筑前町産の小麦粉「筑前麦太郎」等地元の朝採り野菜やその加工品が並び、連日たくさんの人々が買い物に訪れています。
 また、平和の発信基地としての筑前町立太刀洗平和記念館は、平成21年の開館以来70万人を超える来場者があり、修学旅行生も年々増加しているそうです。
 今夏には、県道77号筑紫野三輪線が開通し、福岡都市圏や太宰府、本市との更なるアクセス向上が期待されています。
 この10周年を契機として筑前町がますます発展されますことを近隣自治体として心から祈念申し上げます。

5月10日(日曜日) 第19回宝満つばきマラソン大会が開催されました。

マラソン大会

マラソン大会

 宝満つばきマラソン大会は良永光康前体育協会会長が「全市民が一堂に集まれる運動会のようなマラソン大会を創りたい」という想いで始まりました。
 そして、「10分の1マラソン」(42.195kmを走るリレーマラソン)「422人リレー」(42.195kmを422人でバトンをつなぐリレーマラソン)という宝満つばきマラソン大会独自の種目が発案されました。
 これまでに長い年月とたくさんの方々の熱意により多くの参加者が集う大会として根付き、第20回も目の前に迫っています。これからも、より多くの市民の方々や子どもたちが楽しく集う「出会い、ふれあい、走りあい」の大会として発展していかれますことを期待しています。
 今年は会場を変えて筑紫運動広場で開催され、450人を超える選手の皆さんが出場されました。



私は、小学1~3年生が出場する600メートル走のスターターを務めました。



5月10日(日曜日) 山家地区春季スポーツフェスタが開催されました。

スポーツフェスタにて

 すがすがしい五月空のもと、第38回山家地区春季スポーツフェスタ(グラウンドゴルフ大会・ソフトボール大会)が山家小学校運動場及び山家スポーツ公園野球場を会場として開催されました。
 このフェスタは昭和52年に始まり、今回で38回を数えますが、山家地区住民の健康維持・増進と体力向上、並びに地区住民同士がスポーツを通じて交流することにより、絆を深め、明るい元気な街をつくり、山家地区を大いに発展させていただいています。
 今日一日、全員で心ひとつに、大いにスポーツを楽まれたことでしょう。

5月9日(土曜日) はらっぱの会総会に出席しました。

総会

 平成27年度筑紫南コミュニティセンター図書室「はらっぱの会」総会が、筑紫南コミュニティセンターで開催されました。
 平成20年度から市民協働事業として、「はらっぱの会」に図書室運営を委託しましたところ、昨年度の実績では、図書室の利用者が述べ17,431人、本の貸出冊数26,539冊と、大変多くの方に利用されています。また、お話し会や折り紙教室など、さまざまな活動を通して、地域交流、市民協働のまちづくりに大きな成果をあげておられ、その功績に心から敬意を表します。
 はらっぱの会のますますのご発展を祈念いたします。

5月8日(金曜日) 筑紫野市区長会議を開催しました。

あいさつ

会議

 平成27年度筑紫野市区長会議を市内会場で開催し、82人の区長の皆様にご出席をいただきました。
 地域コミュニティづくりは、災害時の助け合いはもとより、防災や防犯、高齢者の見守り、健康づくりや子育てなど、地域の皆様が、それぞれの地域のあり方を、自らが考える取り組みであり、まさに地域主権、住民自治です。昨年、市内7つ全ての地域にコミュニティ運営協議会が設立されました。区長の皆様には、学習会並びに設立準備委員会に、大変なご尽力をいただきました。
 筑紫野市が基礎自治体として発展するためには、「地域の力」が欠かせません。「地域のことは地域が決める、市民が主役の自治体」を目指していくうえで、それぞれの地域において市民と直接かかわっておられます区長の皆様のお力添えが必要不可欠です。「自助」、「共助」、「公助」社会の実現に向けて、各行政区の区長の皆様のご意見を聴きながら、各地域コミュニティ組織の充実に向けた取り組みを進めてまいります。
 区長の皆様には、今後とも、より一層のご理解、ご支援を賜りますようお願いいたします。

5月8日(金曜日) 筑紫小学校プール完成記念式典に出席しました。

記念式典

 筑紫小学校プール完成記念式典が、筑紫小学校体育館において行われました。
 筑紫小学校のプール改築は、児童の皆さんだけでなく、保護者の皆様や地域の皆様の長年の願いでした。新しいプールは、だれが見ても、だれが泳いでも素晴らしいと言っていただけるようなプールをつくろうというみんなの願いで出来ました。大切に使ってください。
 6月から、プールの授業が始まります。一人一人が自分の目標を具体的にもち、全力でがんばってほしいと思います。
 また、プールの授業は水の危険から自分の命を守り、他の人の命も助けることができる、「命の授業」でもあります。安全に気をつけ、取り組んでください。

5月7日(木曜日) 福岡県庁を訪問しました。

県庁にて

県庁にて

県庁にて

県庁にて

 平成27年度を迎えてのごあいさつのため本市総務部長とともに福岡県庁を訪問しました。
 この日は、小川洋知事と面談をすることができました。


 筑紫野市をひかり輝くまちにするため、河川改修も含め、県や国、関係機関団体等のご協力をいただきながら、綿密な連携のもとに各種事業を行っています。

<小川洋知事と>


 この日は、本市の現状とさまざまな課題について報告し、各種事業に係る連携強化や更なる支援について要請を行う大変貴重な時間となりました。

 知事をはじめ福岡県の皆様、お忙しい中に貴重なお時間をいただきありがとうございました。本年度も筑紫野市の発展のため邁進してまいります。

<写真左から 山﨑副知事、海老井副知事
     
      服部副知事、村山県土整備部長

       城戸教育長、松本建築都市部長>






5月6日(水曜日) 剣道連盟総会に出席しました。

総会

 平成27年度筑紫野市剣道連盟総会が、市内会場で開催されました。
 私は、毎年数多くの剣道大会に出席させていただいていますが、たくさんの剣道を愛する先生方や保護者の皆様のご尽力により大会が成り立っていることに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 また、本年9月には、福岡県民体育大会の剣道競技が本市で開催されます。連盟の皆様にはいろいろと尽力いただくこととなりますが、選手の皆さんがすばらしい成績を修めてくださることを期待しています。

5月1日(金曜日) 国際ソロプチミスト太宰府認証20周年記念式典に出席しました。

式典

 国際ソロプチミスト太宰府の認証20周年記念式典が市内会場で開催されました。
 この度は、20周年誠におめでとうございます。皆様には、チャリティ事業や地域の学校への助成、社会福祉協議会から国連を含めた国際社会レベルまで様々な分野への奉仕活動等を通じて福祉の向上・国際友好の進展にも永年にわたり、ご貢献いただいております。
 今後も会員の皆様が力を合わせて、一層地域社会への貢献や国際理解、親善活動を通じた世界平和の実現、女性の地位向上に向けた奉仕活動に取り組みいただき、国際ソロプチミスト太宰府の輝かしい歴史を重ねていかれますことを心から期待しています。

5月1日(金曜日) 高尾川・鷺田川改修促進期成会から要望書を受領しました。

 
要望書受領

 この日、高尾川・鷺田川改修促進期成会の林田会長を始め、副会長の皆様が市役所を訪れ、河川改修に関する要望書を受けました。
 市としましても今後、河川改修事業を一層促進し、一日も早い高尾川及び鷺田川の抜本的な改修と市民が心から望む安全安心なまちづくりを目指して、福岡県那珂県土整備事務所を始めとした関係機関への積極的な働きかけを行い、全庁あげて最大限の支援をしていかなければならないと考えています。 

 

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス