ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成26年6月)
更新日: 2017年9月12日

市長の動き(平成26年6月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

6月30日(月曜日) 代表区長の視察研修をお見送りしました。

お見送り

 筑紫野市区長会の代表区長の皆さんが、長崎県雲仙市等へ1泊2日の予定で視察研修に出発されましたので、見送りをしました。
 視察先では、「ヤギを使ったいのししによる農産物被害対策について」等の学習をされます。本市においても鳥獣等の被害は増加傾向にありますので、是非学んでこられたことをご教示いただければ幸いです。

6月30日(月曜日) つるむらさきのグリーンカーテンを植えています。

グリーンカーテン

 市役所玄関前等につるむらさきのグリーンカーテンを植えています。これは、商工会が実施する紫プロジェクトのなかで、地球温暖化防止活動の一環として市内の公共施設等に植え、育てているものです。窓辺につる性の植物を育てることにより、真夏の直射日光を遮り、室内の温度を低く抑えてくれます。
 市役所にお越しいただいた皆様にこれから夏場にかけて、ひとときの涼しさをお届けできたらと思っています。

6月30日(月曜日) 山家地区健康推進事業が行われました。

市長あいさつ

 平成26年度山家地区健康推進事業が、山家コミュニティ運営協議会主催のもとカミーリヤで行われました。
 この事業は、山家地区の高齢者の交流と健康維持増進を目的に「老人クラブ」と「いきいきサロン」との合同で行われ、120人を超える山家地区の参加者の皆様が、レクリエーション等を楽しまれました。
 市としましても、健康でやすらぎのある福祉社会の形成に向け、皆様と手を携えながら全力で取り組んでまいる所存でありますので、このような素晴らしい先駆的取り組みを今後も継続していただきますようお願いいたします。

6月30日(月曜日) 吉木小学校で田植え体験が行われました。

市長あいさつ

 吉木小学校5年生33人の児童の皆さんが、総合学習で米作り体験学習の一環として、田植えを行われました。
 児童の皆さんが丹精込めて植えた苗が育ち、稲穂が金色に輝く収穫の時期が来ることを私も楽しみにしています。お米には生きる力となる元気の素である栄養分がたっぷり含まれていますから、これからもよく噛んでしっかり食べて大きくなって下さい。児童の活動を温かく支えていただいている、福岡県林業総合試験場、JA筑紫、御笠地区の地元の皆様に心から御礼申し上げます。

6月29日(日曜日) 筑紫野市トリムオープンソフトバレーボール大会が行われました。

市長あいさつ

 第16回筑紫野市トリムオープンソフトバレーボール大会が農業者トレーニングセンターで行われました。
 この大会は、四人制の男女混合のトリムというルールで、筑紫野市内外から27チーム、100人を超える選手の皆さんが参加されました。選手の皆さんのやる気と熱気に包まれる体育館で、和気あいあいに、はつらつとしたプレーが展開されていました。

6月28日(土曜日) 一般社団法人筑紫野市体育協会報告会に出席しました。

皆さんと記念撮影

 平成26年度一般社団法人筑紫野市体育協会報告会が市内会場で行われました。体育協会は昨年、創立45周年を迎えられ、現在会員約6,000名を擁する団体となられ、本市のスポーツ分野における中核組織として、地域スポーツの普及、振興に大きくご貢献いただいています。
 昨年度の福岡県民体育大会では総合成績で6位、剣道競技は第62回全国青年大会に出場され団体戦第3位、福岡県郡市対抗駅伝競走大会では第2位になるなど、輝かしい成績を残されています。筑紫野市体育協会のますますのご発展をお祈りいたします。

6月28日(土曜日) ピュアハート 東日本大震災被災地交流コンサートツアー2014出発式に出席しました。

福岡空港にて

 筑紫野市を拠点に活動される音楽ランドピュアハートの皆さんが、東北へ向けて出発されました。メンバーは、演奏を通して現地での交流を行うとともに、これまでのコンサートで募った義援金を届けるため、7月3日までの間、宮城県気仙沼市等を訪問されます。
 このツアーには、市職員2人もボランティアとして参加しています。ピュアハートメンバー一人ひとりの個性と音が、被災された方々の心にあたたかい、そして優しい励ましを届けてくれることを私も期待しています。

6月27日(金曜日) 筑紫野市暴力追放推進市民協議会・安全安心まちづくり推進大会を開催しました。

シュプレヒコール

 平成26年度筑紫野市暴力追放推進市民協議会総会並びに筑紫野市安全安心まちづくり推進大会を生涯学習センターで開催しました。
 この日は、関係機関団体の皆様に多数のご出席をいただき、ありがとうございました。安全安心のまちづくりへむけては、市民、企業、行政、警察が一体となり、さらなる暴力団追放の意識を高め、暴力団に屈しないという強い姿勢をつくりあげていくことが肝要です。
 子どもたちに責任をもって「輝くまち」を継承できるよう、力を携え、全力で取り組んでいきましょう。


 参加者全員でシュプレヒコールを行いました。
【我々は勇気と団結を持って暴力を追放しよう!!】

6月27日(金曜日) 筑紫野市退職者の会定期総会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫野市退職者の会2014年定期総会が大野城市内の会場で行われました。退職者の会の現在の会員数は306名ということであります。
 皆様には在職中、筑紫野市の発展に、そして退職後も、住みよい地域社会づくりにご貢献をいただき、深く感謝を申し上げます。これからも私どものよき先輩としてご助言をいただき、皆様の豊富な知識や経験をもって、市政の発展にお力添えをいただきますよう心からお願い申し上げます。

6月26日(木曜日) 筑紫野電設協力会通常総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度の筑紫野電設協力会通常総会懇親会が市内会場で開催されました。高野会長をはじめとする協力会の皆様には、電気、電力といった基幹産業、市民生活上欠くことのできないライフラインの分野において、会員相互の技術向上に努め、創意工夫を凝らした取り組みにより、豊かな地域社会づくりにご貢献いただいております。
 私も、公約のひとつである「産業・雇用をつくる」を軸に、商・工・農業の連携や地場事業者の育成などに取り組み、まちを元気にする地域経済の活性化に全力で取り組んでまいります。

6月26日(木曜日) 人権問題啓発実行委員会を開催しました。

実行委員会

 平成26年度第1回目の人権問題啓発実行委員会・担当者会及び研修会を生涯学習センターで開催しました。
 この実行委員会は、同和問題を基本に据えた人権問題に関し、市民の正しい認識と理解を促し、計画的・持続的に啓発活動を推進し、住みよい地域社会の構築に寄与するため組織しています。
 実行委員の皆様には、本日から平成27年度末まで、地域や各関係団体における懇談会等で、市民啓発の中核を担っていただきます。人権尊重のまちづくりをめざして、皆様のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

6月26日(木曜日) 平成26年度第3回移動市長室を実施しました。

市長あいさつ

懇談の様子

第35回移動市長室 市長あいさつ

 通算35回目となる移動市長室を、三地区公民館(中央・栄町・昭和共同利用施設)で開催しました。
 廣瀬征一 昭和区長、宮澤喜久男 栄町区長、田原すま子 中央区長をはじめ22人の地域の皆様に出席していただき、三地区公民館合同事業等について懇談を行いました。
 
 懇談では、「三地区自主防災避難訓練」、「登下校見守りたい」、「夜間パトロール」、「三地区合同敬老会」について説明を受けました。
 小さな子どもから高齢者まで多くの住民が参加され、楽しみながら地域のコミュニケーションを図っていることや工夫を凝らしながら、それぞれの行事を実施されていることが伝わってまいりました。
 また、三地区が合同で自助・共助・公助の営みを巧みに行っていただいている様子を知ることができ、大変感服いたしました。


 懇談の中で出されましたご意見・ご要望を真摯に受けとめ、これからの市政の運営に役立ててまいりたいと考えております。三地区の皆様、まことにありがとうございました。




<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます

6月25日(水曜日) JICA ボランティア出発前自治体表敬訪問を受けました。

野田さんと

 独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊として、本市在住の野田結香さんがラオスへ本年7月からの2年間赴任されることになり、表敬訪問にきていただきました。
 留学経験もお持ちで、これまでも子どもと接することを仕事としてこられた野田さんは、ラオスの子ども文化センターで課外活動の一環として、子どもたちに絵画や音楽、日本語等多岐にわたる活動の指導や支援を行われるそうです。その意気込みを「大変楽しみです。」と笑顔で語っていただきました。
 慣れない国での生活は苦労も多いかもしれませんが、かけがえのない素敵な経験を積んでこられるものと期待しています。是非、頑張ってきてください。市長として心から応援しています。

6月25日(水曜日) JA筑紫通常総代会に出席しました。

組合長あいさつ

 JA筑紫第41回通常総代会が、JA筑紫本店で開催されました。
 JA筑紫の籐組合長をはじめとする皆様には、日頃から本市の農業振興及び各種事業の推進そして市民の安全安心のための防犯活動等にもご協力いただき、衷心からお礼申し上げます。
 今年度も、組合員の皆様が理念と目標を共有し、持続可能な農業と安心して暮らせる豊かな地域社会の実現に向けて、総合力を発揮され、更なる飛躍の年となりますよう心から祈念いたします。 

6月24日(火曜日) 県営河川宝満川河川敷の護岸整備の要望活動を行いました。

要望の様子

 本市の南部を流れる県営河川宝満川河川敷の水難事故防止措置要望のため、筑紫地区区長会、筑紫小学校PTA、筑紫野市議会とともに、福岡県の那珂県土整備事務所を訪問しました。
 地元では、監視や啓発活動等に取り組まれますが、市としましても、啓発看板設置や護岸ステップの増設等一日も早い、市民の安全安心な生活のため福岡県と一体となり、鋭意協議を進めていく所存であります。

6月23日(月曜日) 第29回地域医療支援病院審議委員会に出席しました。

委員会の様子

 第29回地域医療支援病院審議委員会が、福岡大学筑紫病院で開催されました。この委員会は、地域全体で医療の向上を考える医師会等医療関係団体や行政機関そして学識経験者、福大病院職員で構成されています。 
 この日は、平成25年4月から平成26年3月までの実績報告として、紹介率や救急搬送件数、施設の共同利用等についての報告がありました。委員の皆様には今後も、住民が健康で安心して暮らせるまちづくりにむけて、引き続きご協力いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

6月21日(土曜日) 筑紫野市祭二日市温泉藤まつりスケッチ大会・俳句大会表彰式を行いました。

スケッチ大会表彰

俳句大会入賞者と

 平成26年度筑紫野市祭二日市温泉藤まつりスケッチ大会・俳句大会の表彰式を生涯学習センターで行いました。
 この大会は、4月に開催した藤まつりにあわせて開催されたもので、藤まつりのほか、天拝山、二日市温泉、武蔵寺をテーマに募集しました。市内外から多数の応募があり、審査を経て、今回スケッチ大会入賞者12人、俳句大会入賞者12人がそれぞれ表彰されました。
 スケッチ大会のすべての応募作品は、7月1日(火曜日)~15日(火曜日)の2週間、生涯学習センター1階多目的ホールにて展示する予定でございます。また、俳句大会の入賞作品については、後日JR二日市駅市民ホールに展示予定です。
 作品はどれも、藤まつりの様子や春を思わせる素晴らしいものばかりでした。皆さんの絵画や俳句を鑑賞させていただき、心が温まる感動をおぼえました。たくさんのご応募誠にありがとうございました。入賞されました皆様には、心からお祝いを申し上げます。

<写真上段>
スケッチ大会表彰の様子

<写真下段>
俳句大会入賞者の皆様と

6月20日(金曜日) 筑紫野市青少年育成市民会議総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度筑紫野市青少年育成市民会議総会が市内会場で開催されました。久原会長をはじめ、会員の皆様におかれましては、本市の青少年健全育成のため、市民の力を結集する核としてご尽力いただいております。
 市としましても、未来を担う青少年の健全育成は重点施策であり、家庭、学校、地域、行政そして青少年育成団体等がそれぞれの責任を果たしながら、連携して取り組んでいくことが大切であると考えておりますので、皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。

6月18日(水曜日) 第18回福岡2ブロック「芸術の祭典」in筑紫野第1回実行委員会に出席しました。

市長あいさつ

 第22回福岡県民文化祭2014、第18回福岡2ブロック「芸術の祭典」が本年10月4日と5日に本市で開催されるにあたり、第1回目の実行委員会が文化会館で開催されました。
 「芸術の祭典」は地域の特性を活かし、地域の歴史と文化を育んだ土壌に生まれた伝統文化や、作品の数々を多くの市民の方と共有し、新たな交流の和を広げることを目的としています。
 今回は、「いで湯の里に花開く」をテーマに筑紫地区、糸島市で活動されている文化団体の方々が本市に集われます。素晴らしい文化の祭典になることを私も大変期待しています。

6月18日(水曜日) 宝満川護岸の現場を確認しました。

宝満川

  今回、地元の皆様からも、緊急に安全対策等についてのご意見が出されている、県営河川宝満川河川敷の現場確認を行いました。
 地元の筑紫地区でも、区長会を中心としながら、PTAや地域ボランティア、老人クラブなどが連携し、河川沿線の監視や啓発活動など、水の事故防止に向けた取り組みが進められます。
 市としましても、安全安心の市民生活のため、福岡県と鋭意協議し、何らかの方策を考えてまいります。

6月17日(火曜日) 筑紫野市たばこ組合総会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫野市たばこ組合総会が、市内会場で開催されました。高木組合長はじめ組合員の皆様には、消費増税等でたばこの販売実績が減少する中、喫煙マナー向上の啓発活動や、未成年者の喫煙防止活動、環境保全活動など積極的に取り組んで頂いており、深く敬意を表します。また、税収面においても、市政に大変なご貢献をいただいております。
 市としましても、皆様とさらに連携を強め、これまで以上に地域経済の活性化、地域振興に鋭意努力をしてまいります。

6月15日(日曜日) 福祉グループどろっぷす総会に出席しました。

市長あいさつ

まるちゃんのおはし等

 福祉グループどろっぷす平成26年度総会がカミーリヤで行われました。平成107月、5人のお母さんと子どもたちから始まった「どろっぷす」は、“障がいがある人もない人もかかわりあえる場所”づくりを目指し、日々活動に取り組まれています。
 青年利用者が製作する作品は、色彩鮮やかで、見る人、使う人を幸せにしてくれる活力にあふれた作品ばかりです。
 色とりどりの作品のように、さまざまな個性を持った人たちが、お互いに支えあいながら自分らしく生きることが出来る共生社会の実現こそが、今私たちが取り組むべき使命であり、地域全体で理解を深め推進していくことが必要不可欠であると改めて考えました。
 現在、どろっぷすでは、小中学校での子どもたちとの福祉の交流授業を行っています。それらの活動がますます広がり繋がっていくことを心から祈っています。

<写真上段>
どろっぷす総会のようす

<写真下段>
まるちゃんのおはし等の色鮮やかな作品


6月15日(日曜日) 筑紫野市剣道大会が行われました。

市長あいさつ

剣道形の公開演武

 第101回筑紫野市剣道大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 昨年度、記念すべき100回を迎えられた本大会も本日、荒瀬勇会長のもと新たなスタートともいえる101回目となりました。
 剣道連盟の皆様には、今後とも青少年の健全育成、そして学校教育との連携や地域の教育力再生に向けた、一層の取り組みをよろしくお願いいたします。
 本大会では、市内8剣友会所属の160人の小中学生の選手の皆さんによる熱闘が繰り広げられました。


<写真上段>
開会式の様子

<写真下段>
剣道形の公開演武
打太刀錬士七段 様(筑紫剣竜会)
仕太刀六段 大野様(筑紫剣竜会)



6月13日(金曜日) 筑紫・朝倉地域労働者福祉協議会総会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫・朝倉地域労働者福祉協議会第20回定期総会が生涯学習センターで開催されました。
 本協議会は、永年にわたって、様々なボランティア活動、教育・研修活動のほか、働く人のためのサポート事業などを展開され、筑紫・朝倉地域の勤労者の福祉の増進、地域内労働者の交流を進めてこられました。
 今後も、労働者福祉運動の地域の拠点として、労働組合、福祉団体、自治体などと連携し、そこで働く人々の生活支援や、様々な問題解決につながる公益的な取り組みが、ますます発展いたしますよう祈念いたします。

6月12日(木曜日) 筑紫野市同和教育研究会総会に出席しました。

市長あいさつ

 2014年度筑紫野市同和教育研究会定期総会が文化会館で行われました。 
 本研究会は、昭和44年の発足以来、部落差別をはじめとする、あらゆる差別からの解放をめざす同和教育の正しい理解と実践に関する研究に精力的に取り組んで頂き、本市が目指す人権尊重のまちづくりにご尽力いただいております。
 市としましても、あらゆる差別をなくし、全ての市民が心豊かで、自分らしく生き生きと暮らせる、人権尊重のまちづくりに全力で取り組んでまいります。

6月11日(水曜日) 福岡県庁を訪問しました。

城戸教育長と

 本市が進める諸施策の推進にあたり、その説明・協議のため福岡県庁を訪れました。
 この日は、本年4月に就任された福岡県教育委員会の城戸秀明教育長を訪ね、本市の教育施策やその他抱える諸課題について、協議させていただきました。
 

6月11日(水曜日) 筑紫野市政治倫理審査会に本年の資産等報告書の審査を諮問しました。

審査会の様子

 本市の政治倫理条例は、市長、副市長、教育長及び市議会議員が自己の地位を利用あるいは、不正に行使して利益を図ることなく、公正で開かれた民主的な市政の発展に寄与することを目的とし、平成7年に施行しています。
 9人の委員の皆様で組織する本審査会を市役所内で開催し、8月中旬までの約7回、資産等報告書の審査をしていただきます。何卒よろしくお願いいたします。

6月11日(水曜日) JA筑紫地区別組合員大会に出席しました。

市長あいさつ

 JA筑紫におかれましては、「協同の力で、食と農の大切さを次代へつなぎ、地域社会に貢献するJAづくり」を目指し、着実に成果を上げながら、地域に信頼される組織作りを進められております。
 昨年度は、発足から40周年という大きな節目を迎えられ、次の10年に向けた新たなスタートとなる今年度が、更なる飛躍の年となるよう、期待いたします。本市としましても、 地域農業の振興に向けた取り組みを鋭意行ってまいりますので、今後とも組合員の皆様のより一層のご協力をお願いいたします。

6月10日(火曜日) 福岡県立筑紫高等学校を訪問しました。

ラグビー部とふれあう

 筑紫高等学校周辺の道路整備の状況や高校のグラウンドの状況等を確認するために、現場を訪問しました。
 筑紫高校は、校訓「創造・敬愛・剛健」のもと現在1192人の生徒が学んでいます。私が訪問したのは午後、部活動の時間でした。生徒の皆さんには「筑紫魂」が継承され、礼節が重んじられており、すれ違うたび「こんにちは」と気持ちのよい挨拶を交わしました。
 未来を担っていく生徒の皆さんに私は大変感動しました。三角校長をはじめ、教職員の皆様に厚く御礼申し上げます。さらなる飛躍を期待しています。

~筑紫魂とは、自分自身や仲間を信じ、失敗を恐れず、全力で何事にも挑み、夢を形にする精神で、卒業後も筑紫生を支え鼓舞することばとして使われています。~

6月9日(月曜日) 筑紫野市教育委員会委員に辞令を交付しました。

辞令交付式

 本市教育委員会委員としてご活躍いただく、田代邦夫さんに辞令を交付しました。
 田代委員は、永年にわたって市内小中高等学校のPTA会長を務められるなど、本市の教育行政の充実発展のために尽力されてこられました。
 今後は、知・徳・体のバランスのとれた教育活動や今日的教育課題の対応等、これまでの経験を生かし、教育委員会委員として辣腕を振るっていただけるものと期待しています。

6月8日(日曜日) 筑紫剣道連盟平成26年度第19回中学校・第29回高等学校剣道大会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫剣道連盟の平成26年度第19回中学校・第29回高等学校剣道大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 当日は、400人を超える筑紫剣道連盟内の中高生の選手の皆さんによる、日頃の厳しい稽古の成果を思う存分発揮する、心技体が混然一体となった素晴らしい試合が展開されました。
 指導者、保護者、そして審判員の皆様をはじめ、大会関係各位に心から敬意を表しますとともに、大音善照会長をはじめとする筑紫剣道連盟のますますのご発展を祈念いたします。

6月8日(日曜日) 歯を守る集い~食と健口づくりフェスタ2014に出席しました。

市長あいさつ

絵画の様子

 一般社団法人筑紫医師会主催のもと筑紫地区の市町と共催で、第37回「歯を守る集い~食と健口づくりフェスタ2014」がカミーリヤで行われ、私は開会式に出席しました。
 現在、日本では歯周病で歯を失う人が多くなってきており、特に高齢になるとその比率が高くなっています。
 本市は、歯と口の健康づくりをより一層推進すべく、「健康ちくしの21(第2次)計画」の策定に向けて、現在取り組んでおります。
 皆様が歯や口の健康に関する理解を深め、歯を大切にする意識を高めることで、健康で楽しく、豊かな生活を送っていただくことを切に願っております。


 この日は、小中学生による図画・ポスター等の展示や「かみかみおやつの紹介」など歯に関するたくさんのイベントが行われ、カミーリヤは大いに賑わっていました。

6月7日(土曜日) 天拝蛍まつりに出席しました。

蛍まつり

 第9回天拝蛍まつりに参加しました。蛍の光は、神秘的でとても美しいものです。この光には、私たちの気持ちを和ませ、安らぎを与えてくれる「癒し」の効果があると言われております。
 天拝坂の公園で美しい光を放つ蛍の中には、天拝蛍の会の皆さんと天拝小学校の子どもたちが一緒に放流した蛍もいます。そして、本日の会場には、天拝小学校の子ども達が作ったあんどんにも優しい光が灯っていました。
 この蛍まつりを企画・運営いただいている、天拝蛍の会の北島会長そして、天拝坂自治会の北田会長をはじめ地域の皆様の環境保全活動を通じた、蛍が舞うふる里づくりに、心から御礼申し上げます。

6月7日(土曜日) 高尾川・鷺田川改修促進期成会に出席しました。

市長あいさつ

 高尾川・鷺田川改修促進期成会平成26年度総会が二日市コミュニティセンターで開催されました。林田会長をはじめ、皆様には、治水対策事業による安全・安心のまちづくりにご理解、ご協力を賜り、心から厚くお礼申し上げます。
 季節は梅雨を迎えており、本市では「広報ちくしの」6月15日号で風水害・土砂災害に関する特集記事での注意喚起を行った他、警報発表時の各自主防災組織との連絡体制の確立や、災害警戒本部等における職員体制の充実などを図っております。さらに、国、県の関係機関と連携を密にし、高尾川・鷺田川改修の早期完了に向けて、今後とも積極的に取り組んでまいります。

6月6日(金曜日) 平成26年第2回筑紫野市議会定例会を開会しました。

市長提案理由

横尾秋洋議員への伝達

 平成26年第2回目となる筑紫野市議会6月定例会を開会しました。
 本定例会の会期日程は6月6日から6月24日までとなっており、条例1件、補正予算1件、人事案件3件、報告8件の合計13件の議案についてご審議いただきます。
 提出議案の内容は、「議会提出議案」ページ(以下のリンクからアクセスできます。)をご参照下さい。

「施政方針・議会提出議案」ページへのリンク

 
 なお、本会議開会前には、全国市議会議長会表彰の伝達が鹿島議長から行われました。15年以上の長きにわたり議会活動を通じ、地方自治と市政の発展に寄与された功績として、横尾秋洋議員、松原静雄議員、大石泰議員が受賞されました。この度のご受賞誠におめでとうございます。なお一層のご活躍を祈念いたします。

<写真上段>
市議会開会の様子

<写真下段>
議長から伝達を受けられる横尾秋洋議員

6月5日(木曜日) 那珂県土整備事務所を訪問しました。

那珂県土整備事務所にて

 県道筑紫野筑穂線道路整備事業に関する更なる事業の推進等の依頼のため、地元対策委員会の鬼木隆祐委員長と西吉木の桑山節男区長とともに、那珂県土整備事務所の村田泰英所長を訪問しました。
 事業が安全且つ円滑に進捗することを、私も地元の皆様とともに願っております。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

6月5日(木曜日) 筑紫野市シルバー人材センター定時総会に出席しました。

市長あいさつ

 公益社団法人筑紫野市シルバー人材センターの平成26年度定時総会が文化会館で開催されました。大西理事長をはじめ、シルバー人材センターの皆様には昨年度、公益社団法人に移行後これまで以上に安全を最優先にして、法に則した適正な就業と健全な財政運営に取り組んでこられました。
 今後とも、「自主・自立・共働・共助」の基本理念のもと、特色ある事業を展開し、高齢者が生きがいを持って活動することができるよう、さらなる取り組みに大いに期待しています。
  この日は、3年以上登録・就業し、満75歳に達した32人の会員の皆様の表彰も行われました。ご受賞誠におめでとうございます。

6月5日(木曜日) 弁当給食を試食しました。

試食の様子

 本年、6月下旬から耐震構造の確保及び安全衛生基準強化のため、学校給食共同調理場機能改善工事を実施することに伴い、6月26日から7月17日の16日間、共同調理場で調理している市内小中学校の副食(おかず)の提供ができなくなります。
 その代替として事業者に副食委託を行うこととしており、教育委員会委員の皆様と一緒に、味、量、栄養バランス等を確認する試食を実施しました。この日は、中学生用の副食をいただきました。
 期間中、児童生徒そして保護者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、趣旨をご理解いただき何卒ご協力をお願いいたします。

6月5日(木曜日) 筑紫野市観光協会通常総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度筑紫野市観光協会第56回通常総会が市内会場で開催されました。久芳会長をはじめとする皆様には、本市を代表する観光資源である二日市温泉のPRに大いに尽力いただいております。
 市としましては、天拝公園に通じるアクセス道路や、大型バスも駐車できる駐車場を整備し、観光客の利便性を図ることで観光振興に繋げていく考えです。
 そして、私の公約の一つ「未来をつくる」の実現に向けた観光産業の発展のため、観光協会の皆様をはじめ経済団体や市民と連携しながら、地域のさらなる活性化に取り組んでまいります。

6月3日(火曜日)~4日(水曜日) 全国市長会総会に出席しました。

全国市長会の様子

総会の様子

 全国の813団体(790市23区)で構成する全国市長会の第84回通常総会が東京都内で開催されました。    この日は、ご来賓として加藤内閣官房副長官、新藤総務大臣が出席され、祝辞を述べられました。
 議事では、森会長(長岡市長)が議長となり、会務報告、決算、予算、議案審議経過・報告の承認を行いました。
 また、「東日本大震災からの復旧・復興に関する決議」、「地震・津波等防災対策の充実強化に関する決議」、「東京電力福島第一原子力発電所事故への対応と原子力安全対策等に関する決議」、「地方の創意を活かした分権型社会の実現を求める決議」、「都市税財源の充実強化に関する決議」「持続可能な国民健康保険制度の確立に関する決議」以上6件の決議を決定しました。
 
 総会に先立ち前日には、本市の抱える諸問題に関しての陳情のため、地元選出の国会議員を訪問しました。
 今回の陳情は、住みよいふるさと「筑紫野」づくりへの力になるものと確信しています。ご対応いただきありがとうございました。

6月2日(月曜日) 水道週間の街頭啓発を行いました。

街頭啓発

 第56回「水道週間」街頭啓発を行いました。水道週間は「水道について、さらに国民の理解と関心を高め、公衆衛生の向上と生活環境の改善を図るとともに、水道事業のさらなる発展に資すること」を目的して設けられ、今年は「おいしいなだいじなお水ごくごくり」をスローガンに6月1日から7日まで全国的にさまざまな取り組みが行われます。
 この日は市内の4つの駅前で啓発が行われ、私はJR二日市駅でポケットティッシュを配布しました。この啓発を通して、市民の皆様が水の大切さを再認識していただけるきっかけになればと思います。市としましても、安全で良質な水を安定的に継続して供給できるよう鋭意努めてまいります。

6月2日(月曜日) 救助技術指導会の大会結果報告を受けました。

 
市長あいさつ

 5月30日に行われた第40回福岡県消防救助技術指導会の大会において、筑紫野太宰府消防本部の出場チームが、1位入賞という素晴らしい結果をおさめましたのでその報告を受けました。
 消防隊員は、消防救助に寄せる市民の期待に応えていく為、日頃からの訓練を通し、技術、体力はもちろん「人を助ける」という崇高な使命を深く自覚し、任務を遂行できる精神力を培うことが非常に重要であります。
 「引揚救助」「ロープブリッジ」「障害突破」の種目では九州大会に出場します。隊員一丸となって、筑紫野太宰府消防本部の名誉をかけ全力で臨み、そして必ずや全国大会へと勝ち進んでくれることを願います。

6月1日(日曜日) 筑紫野市長旗争奪中学校軟式野球大会が行われました。

 
市長あいさつ

表彰式

 第13回筑紫野市長旗争奪中学校軟式野球大会が市内5中学校を含む16校参加のもと市内各会場で行われ、熱戦が繰り広げられました。
 見事優勝をおさめた天拝中学校の選手の皆さん、この度はまことにおめでとうございます。人間の成長には「勝利の喜び・成功の体験」が大事です。皆さんは、この大会で「人生の大事なキップ」を一つ手に入れました。残念ながら優勝できなかったチームの皆さんにとっても、本大会でのチームの枠を超えた交流は、これから人生を歩んでいくうえでかけがえのない力、大きな財産になります。次なる「チャレンジ・勝利」に向かってあきらめず努力し続けることを心から願っております。
 真夏を思わせる晴天の中、事故もなく円滑な運営に尽力された江島委員長をはじめとする大会実行委員の皆様、そして審判にご協力いただいた関係各位の皆様に心から感謝申し上げます。



 優勝    筑紫野市立天拝中学校

 準優勝   佐賀県三養基郡みやき町立北茂安中学校

6月1日(日曜日) 筑紫野市母子寡婦福祉会総会に出席しました。

 
市長あいさつ

 平成26年度筑紫野市母子寡婦福祉会総会がカミーリヤで開催されました。本市では、本年度から「生活困窮者自立支援法」に基づく相談業務や就労支援、住宅支援給付などを開始いたします。すべての市民が住み慣れた地域で、生き生きと安心して暮らせる協働と共生のまちづくりの実現を目指して、これからも全力で取り組んでまいります。
 母子寡婦福祉会の皆様には、生活の向上をめざし、会のさまざまな活動を通して福祉の増進をはかられますよう祈念いたします。

6月1日(日曜日) 筑紫小学校体育会に出席しました。

 
市長あいさつ

 筑紫小学校第136回体育会を訪問しました。筑紫小学校では「地域とともに学びあい、つながる子どもの育成」を教育目標に、「安心」「自信」「自由」を育むことで「人権文化を創造する学校」を石丸明彦校長のもと、推進しています。
 今日の体育会も、千人を超す児童の皆さんが、友だちと力を合わせて、一生懸命競技に取り組んでいる姿を観ることができました。日差しが照りつける中、教職員の皆さんそして保護者の皆さん、応援してくださった地域の皆さん、本当にありがとうございました。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス