ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成26年5月)
更新日: 2014年6月5日

市長の動き(平成26年5月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

5月31日(土曜日) 御笠まちづくり振興会総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度第2回御笠まちづくり振興会総会が御笠コミュニティセンターで開催されました。御笠まちづくり振興会は、昨年6月「住みたい住み続けたい明るい御笠のまちづくり」をスローガンに、住民主体のまちづくりを進めようと設立されました。
 森木優元会長をはじめ振興会の皆様は、安全安心、自然環境、地産地消、文化遺産、健康福祉、次世代育成、生涯学習及び御笠の活性化にむけたプロジェクトチーム編成など多種多様な分野において活動されてこられました。
 今後も本市のまちづくりの先進地として、御笠に暮らす人々がたくさんの夢を描けるまちづくりに取り組まれますよう心から期待しています。

5月31日(土曜日) 筑紫野市文化学芸連盟設立記念公演~山家宿音楽祭~に出席しました。

山家岩戸神楽

市長あいさつ

 筑紫野市文化学芸連盟設立記念公演が山家宝満宮で開催されました。
 筑紫野市文化学芸連盟は、本市にゆかりのある文化団体や個人で構成され、相互の交流、技術や知識の研鑽、情報共有に努め、これから広く地域の文化、学芸の振興と高揚に取り組んでいかれるとのことです。
 本日の設立記念公演を機に、その素晴らしい活動が広く知られ、市民の文化・芸術活動がさらに活性化することを期待しております。
 この日は、市指定無形民俗文化財である山家岩戸神楽をはじめ、三味線や琴、尺八などの素晴らしい演奏そして、連盟を構成する8団体によるコラボレーションも披露されました。
 筑紫野市文化学芸連盟の今後のご発展ご活躍を祈念します。 


<写真上段>
山家岩戸神楽

<写真下段>
市長あいさつの様子

5月31日(土曜日) 二日市北小学校体育会に出席しました。

市長あいさつ

 二日市北小学校第40回体育会に出席しました。二日市北小学校の551人の児童の皆さんは、体育会のめあてである「全力~みんなが協力し、仲間の輪を広げ、楽しく最高の体育会にしよう」にもとづき、三苫幸男校長をはじめとする教職員と一体となり、競技・演技に力一杯取り組んでいました。
 開校40周年という節目の素晴らしい体育会でありました。体育会の運営にご尽力いただきました皆様に心から敬意を表します。

5月30日(金曜日) 協同組合ちくしのシール会通常総会に出席しました。

市長あいさつ

 第23回協同組合ちくしのシール会通常総会が商工会館で開催されました。原田理事長をはじめとするシール会会員の皆様には、地域に密着した市民に親しまれる店舗づくりを推進され、地域の活性化に大変なご尽力を賜っていることに心から敬意を表します。
 シール会では、シール発行を続けて培われた消費者の皆様との触れ合いによる信頼関係により、営業面においても成果が出されています。
 シールを集められている皆様の楽しみや喜びとなり、発行されている加盟店の期待に添えるようなさまざまな事業が本年も計画されています。ちくしのシール会のますますの発展を祈念申し上げます。

5月30日(金曜日) 二日市温泉事業協同組合通常総会に出席しました。

市長あいさつ

 第32回二日市温泉事業協同組合通常総会が湯町公民館で開催されました。二日市温泉事業協同組合は、昭和59年に泉源を保護することを目的に設立され、組合員の自主的な経済活動の促進と経済的地位の向上に取り組みながら、二日市温泉を長年にわたり守ってこられました。
 本市の観光の要は言うまでもなく二日市温泉であり、市内外の人々の二日市温泉に対する郷愁感や期待感は強く、活性化を求める声は大きくなっております。市としましても、皆様との連携をさらに深め、さらに観光の振興に鋭意努力してまいります。

5月28日(水曜日) 市内現場を視察しました。

現地視察

 市内で進行中の現場を視察しました。
 私たちを取り巻く環境は、常に変化しており、その変化に対して柔軟に、そして的確・迅速に対応していくことが重要であります。私は、就任以来「現場主義」を大切にし、可能な限り現場に赴き、常に市民の皆さんの目線に立った市政運営に取り組んでおります。
 この日は文化情報発信課の職員と共に、市内筑紫の現場にでかけ、担当者から説明を受けました。

5月28日(水曜日) 筑紫野市暴力追放推進市民協議会理事会を開催しました。

市長あいさつ

 平成26年度筑紫野市暴力追放推進市民協議会理事会を市役所で開催しました。本市では平成10年に本協議会を設立して以来、暴力のない明るく住みよいまちづくりを目指して、筑紫野警察署をはじめ、関係機関の協力のもと、啓発活動を中心とした暴力追放の取り組みを進めております。
 本年6月27日には生涯学習センターにおいて総会を行い、続けて「安全安心まちづくり推進大会」の開催を予定しています。「安全安心のまち筑紫野」を築き上げ、筑紫野市を担う次世代に責任をもって継承できるよう、全力で取り組んでまいります。

5月28日(水曜日) 平成26年度第2回移動市長室を実施しました。

懇談のようす

懇談のようす

 通算34回目となる移動市長室を、旭東公民館で開催しました。
 今回は行政区域を越え連携した取り組みを展開している旭町区・東町区・天神区の三行政区の活動を中心に懇談を行いました。行徳隆敏旭町区長、井上國次東町区長、井上章天神区長をはじめ20人の地域の皆様に出席していただきました。

 スライドを用いて、各区の特徴ある活動についてお話を伺いました。
 会場には七夕飾りとお雛様が飾られ、和やかな雰囲気を作っていただきました。
 地元の特色を生かして、三地区が、子育て支援や高齢者の健全な活動支援、まちづくり活動に一体となって取り組んでいただいている様子を知ることができ、大変感銘を受けました。


 意見交換では、三つの議題についてフリートーキング形式で自由な討議をさせていただきました。
 

第34回移動市長室 市長あいさつ

 皆様方のご意見・ご要望は真摯に受け止めて、市政の運営に役立ててまいりたいと考えております。三行政区の皆様、まことにありがとうございました。

<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます

5月28日(水曜日) 市長杯グラウンドゴルフ大会に出席しました。

市長あいさつ

 第24回市長杯グラウンドゴルフ大会が諸田多目的グラウンドで開催されました。この大会は、筑紫野市グラウンドゴルフ協会創立10周年記念大会でもあります。第1回大会が平成15年に行われて以来、下成会長をはじめとする協会の皆様には、グラウンドゴルフを通じた生涯スポーツの振興、並びに市民の健康、体力づくりにご尽力を賜り、心から敬意を表します。
  本日も約270人というたくさんの選手の皆様が参加されました。これからもお元気でグラウンドゴルフがますます市民の皆様に愛されますことを祈念いたします。


5月27日(火曜日) 筑紫野市管工事協同組合通常総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度筑紫野市管工事協同組合第28回通常総会が市内会場で行われました。管工事協同組合の皆様には、24時間体制の水道漏水工事対応業務を請け負っていただいており、市民のライフラインであります水道の安定供給、そして下水道の保持に多大なるご貢献をいただいております。
 本市が今年度取り組む事業を着実にそして安全に推進していくためには、皆様のお力添えが欠かせません。今後とも、地域経済の牽引役としてますますのご活躍を期待いたします。

5月27日(火曜日) 春日警察署新庁舎落成式に出席しました。

式典の様子

 今春新設された春日警察署の落成式典が行われました。春日警察署は、筑紫野警察署を分割し、春日市、大野城市、筑紫郡那珂川町の管轄として、本年4月1日に設置されました。新庁舎は5階建てで太陽光発電等環境にも配慮した設備となっています。
 今後、樋口署長のもと地域住民の皆様と協働し、犯罪や事故の起きにくいまちづくりを目指して日々取り組んでいかれることと思います。春日警察署の今後の飛躍を祈念申し上げます。

5月26日(月曜日) 筑紫野市防災会議を開催しました。

市長あいさつ

 平成26年度第1回筑紫野市防災会議を開催しました。本日は委員の皆様に土砂災害特別警戒区域、警戒区域追加指定箇所の現地視察を行っていただき、その後市役所にて会議を行いました。
 これから梅雨や台風といった水害の多発する季節を迎えます。先般、国の「避難勧告判断基準ガイドライン」の見直し(案)が出され「避難勧告は空振りを恐れず早めに出す」という方針が示されるなどしております。
 筑紫野市防災計画の見直しを行う等、日々刻々と変化する情報を的確に捉え、常に危機意識を持ち、かつ万全な備えを怠らないことが、我々に求められています。10万余の市民の安全安心を守るため、私も全力で取り組んでまいります。

5月26日(月曜日) 筑紫野市老人クラブ連合会通常総会に出席しました。

市長あいさつ

 第40回筑紫野市老人クラブ連合会総会が、カミーリヤで開催されました。戸田会長をはじめ連合会の皆様には、これまでの人生で培われました豊富な経験や知識を生かし、地域の防犯パトロール、子どもたちの交通安全見守り活動や環境美化活動など、様々なボランティア活動を通して、地域社会にご貢献いただいていることに心から感謝申し上げます。
 さまざまな活動を通して、お元気で充実した生活を送っておられる皆様のお姿を拝見することは、私にとっても大きな励みとなっております。本連合会の活動が今後も活発に進展いたしますようお祈りいたします。

5月25日(日曜日) みんなDEどーもくん!公開録画が行われました。

市長あいさつ

 NHK福岡放送局と筑紫野市及び公益財団法人筑紫野市文化振興財団の三者により、NHKBSプレミアム「みんなDEどーもくん!」の公開録画を、筑紫野市文化会館開館30周年記念事業として開催しました。
 おなじみの「どーもくん」や「うさじい」「たーちゃん」などと一緒に、歌のお姉さん「はいだしょうこ」さんもゲストとしてご出演いただき、来場された皆さんにとって楽しいひと時になったことと存じます。
 NHK福岡放送局の皆様、そして関係者の方々にお礼申し上げます。 

5月25日(日曜日) 筑紫野市立小学校の運動会を開催しました。

市長あいさつ

運動会

 素晴らしい五月晴れのもと、筑紫野市内の11の市立小学校のうち、9校で運動会を開催し、私は9校(天拝・山口・原田・筑紫東・山家・吉木・阿志岐・二日市東・二日市)全てを訪問しました。
 これまでの練習の成果を発揮し、悔いの残らぬよう友だちと力をあわせて、全力で競技をしている児童の皆さんの真剣な姿に、まさに「知・徳・体」のバランスのとれた教育の実践の様子を見ることができました。
 今日は、思い出に残る素晴らしい運動会になったことと思います。教職員の皆様、保護者の皆様そして、応援してくださったたくさんの地域の皆様のご尽力に心から感謝申し上げます。感動をありがとうございました。



<写真上段>
第13回天拝小学校・地域合同運動会の開会式

<写真下段>
二日市東小学校第59回運動会の様子


5月24日(土曜日) 警友会総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成成26年度警友会筑紫野支部の総会が、市内会場で開催されました。警友会は、退職警察職員で組織され、警察活動への支援や協力を通して、地域の安全・安心と住みよいまちづくりのためにご活動いただいています。その真摯な取り組みに対し、心から敬意を表します。
 本市としましても「安全・安心のまち筑紫野」を築き上げることができるよう、私自身、先頭に立って全力で取り組んでまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

5月24日(土曜日) 山家コミュニティ運営協議会総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度山家コミュニティ運営協議会総会が、山家コミュニテイセンターで開催されました。山家地区の皆様には、平成22年度から本市が進めています地域コミュニティの組織化に、モデル地区として取り組んでいただいています。
 市としましても、「共助社会づくり」の実現に向け、平成27年度までに、残る市内5地域のコミュニティ運営協議会組織を設立する方向で事業を進めており、協働のパートナーとして全力で取り組んでまいる所存であります。本年も活発な活動が繰り広げられますよう期待しています。 

5月23日(金曜日) 一般社団法人筑紫地区建設コンサルタンツ協会総会に出席しました。

ピュアハートの皆さん

市長の様子

 一般社団法人筑紫地区建設コンサルタンツ協会の平成26年度総会が、本市商工会館で開催されました。本協会は創立以来一環して、企業の社会的責任履行の追及を通じての地元貢献、特に「災害時協力」に取り組んでいただいております。昨年度は、設立25周年を迎えられ記念式典が行われました。
 現在「防災・減災」の市民の意識も高まっており、建設コンサルタントの専門集団であります皆様への地域の要求と存在意義は、ますます高まってきているところです。今後とも市政各般において、ご協力賜りますようお願い申し上げます。


 
<写真上段>
総会の前に音楽ランドピュアハートの皆さんによる素敵な演奏が行われました

<写真下段>
総会の様子


5月23日(金曜日) 戸籍住民基本台帳事務協議会総会を開催しました。

市長あいさつ

 平成26年度福岡法務局筑紫支局管内戸籍住民基本台帳事務協議会総会を会長市である本市役所内で開催しました。本協議会は、戸籍や住民基本台帳事務に関する事務取り扱い方法を協議し、事務の統一並びに改善を図ることを目的として筑紫支局管内の自治体で組織しています。
 戸籍や住民基本台帳事務は、行政サービスの根幹であり、プライバシーや個人の人権に配慮するといった観点が必要になります。時代の要請に応え、新たな視点で柔軟に事務を見直し、改善に努めていかなければなりません。本協議会で円滑な事務運営に向けた活発な議論が深まるよう、よろしくお願い申し上げます。

5月23日(金曜日) 工場見学会を視察しました。

説明を伺う

 市内岡田の小ロット製造代行サービス会社株式会社三松が「つながる・ひろがる・モノづくり」をテーマに、工場見学会とあわせて新・技術の紹介のオープンセミナーを開催されましたので、視察しました。九州初の新型機械や3Dプリンターの実演等、どれも皆の夢を形にする設備やサービスであり、たくさんの方々が訪れてありました。
 株式会社三松は、最先端の機械、加工技術と併せて職人のきめ細かい技の融合をも実践されており、ものづくりに長年携わってきた私としましても、本当に興味深い内容でありました。40年以上もの永い歴史を継承され、さらに挑戦し続けられ、ますます発展されますようお祈りいたします。

5月23日(金曜日) 太宰府市上下水道事業センター開館記念式典に出席しました。

久寿玉割

 太宰府市上下水道事業センターが、国士舘大学太宰府キャンパス跡地内の管理棟をリニューアルされ、この度開館されましたので、山神水道企業団企業長として開館記念式典に出席しました。
 この施設は、1階に地域健康部スポーツ課、2階は上下水道課、施設課3階は太宰府小学校区自治協議会の拠点施設そして、4、5階は会議室や収納庫となっています。開館にあたりご尽力されました、太宰府市の井上市長はじめ、大学関係者の皆様、関係各位のご尽力に心から敬意を表します。同じ敷地内の松川運動公園、太宰府公文書館と併せまして、ますます太宰府市民の皆様に親しまれる施設となりますよう、ご祈念申し上げます。

5月22日(木曜日) 山口川水利組合水源祭に出席しました。

水利組合の皆さんと

 山口川水利組合主催の水源祭に出席しました。水源祭は水の恵みに感謝し水害防止や五穀豊穣を願うもので、これから田植えに入るこの時期に毎年開催されています。
 本日、山口川上流に位置する本市の水がめの水呑・山神ダムは共にほぼ満水状況でありましたが、これから夏場に向けて水を大切にするという意識を高めなくてはなりません。
 本日の行事を通して、実り多き秋を迎えられますことを心から願います。

5月21日(水曜日) 筑紫野市商工会通常総代会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫野市商工会第55回通常総代会が市内会場で開催されました。商工会は、藤木会長を中心として、市内事業者の経営相談、小規模事業者の健康増進活動等積極的に取り組まれています。地域経済の発展と地域振興に日々ご尽力をいただいており、県下でも誇れる優秀な商工会に躍進されておられることに、改めて深く敬意を表します。
 商工会の取り組みであります紫プロジェクトでは、紫草(むらさき)が県の地域産業資源として昨年認定をうけられ、本市にとっても大変喜ばしいことでございます。市としましても、景気回復に向けたさまざまな取り組みを全力で推進してまいります。 

5月20日(火曜日) 筑紫野市土木協同組合総会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫野市土木協同組合総会が市内会場で開催されました。矢ヶ部会長をはじめ、皆様には、住みよいまちづくりに向け、深いご理解、ご協力をいただき、心から厚く御礼申し上げます。
 市内でのさまざまな土木事業について、着実に、そして安全に推進していくためには、会員企業の皆様のお力添えが欠かせません。また、本市の災害発生時における応急対策業務等につきましても引き続き今年度もよろしくご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

5月20日(火曜日) 筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会役員会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会役員会が生涯学習センターで行われました。この協議会は、筑紫地区の組織として今後も継続されることとなっております。
 この総会で、春の交通安全県民運動出発式や筑紫地区安全安心まちづくり推進大会、年末年始の特別警戒パトロール隊出陣式などの事業計画案等が承認されました。4市1町がともに協力し、また、地域の方々と連携を密にしながら、本年も取り組みを進めてまいります。

5月20日(火曜日) 筑紫野・太宰府防犯協会定期総会を開催しました。

表彰

表彰

 平成26年度筑紫野・太宰府防犯協会定期総会を筑紫野市生涯学習センターで開催し、会長である私は議長として議事進行を行いました。
 筑紫地区防犯協会は本年4月1日付けで筑紫野・太宰府防犯協会及び春日・大野城・那珂川防犯協会に分割いたしました。しかし、今後も「筑紫地区は一つ」という考えで4市1町がともに協力し、「犯罪の起きにくい社会づくり」を目指してまいります。
 皆様の防犯パトロール等のおかげで、分割前の筑紫野警察署管内における刑法犯の発生件数は、平成25年12月末で4,594件と前年比マイナス811件となっております。当協会も、自転車防犯登録の推進、子ども・女性及び高齢者の安全を守る活動、万引き防止対策の推進、暴力団排除活動の推進、この4つを本年の重点目標とし、全力で活動に励んでまいります。

<写真上段>
 福岡県防犯協会連合会
     自転車防犯登録推進優良店表彰 
       藤田自転車商会 様
<写真下段>
 総会の様子

5月20日(火曜日) 筑紫地区人権・同和行政推進協議会総会に出席しました。

会議の様子

 平成26年度筑紫地区人権・同和行政推進協議会の総会が太宰府市役所で開催されました。本協議会は、筑紫地区4市1町で組織し、同和問題をはじめとするさまざまな人権問題の解決を図ることを目的とし、人権・同和行政の推進に関する調査、研究、協議、支援を行っています。
 本年も人と人とが認め合い、笑顔あふれる人権尊重の社会をめざして皆で力をあわせて、取り組みをすすめてまいります。

5月18日(日曜日) ちくし艶友会30周年記念大会に出席しました。

市長あいさつ

 ちくし艶友会30周年記念大会が市内会場で開催されました。この度30周年を迎えられた、ちくし艶友会の平山喜美代会主、そして会員の皆様、誠におめでとうございます。皆様には、日頃から、そして永きにわたり三味線や民謡をはじめとした文化芸術活動を通し、地域の活性化にご協力いただいておりますことに厚くお礼を申し上げます。
 平山会主は、民謡、三味線、銭太鼓と師の下で研鑽を積まれ、いまや地域の皆様に様々な文化芸術を広める師として精力的に活動されておりますことに心から敬意を表します。ちくし艶友会の皆様には、引き続き本市の文化芸術の振興にご協力をいただきますようお願い申し上げます。

5月18日(日曜日) みかさ台ワンコインパーティーに出席しました。

パーティーの様子

 第15回 みかさ台ワンコインパーティーがみかさ台公民館で開催されました。
 市長就任後に初めてご招待をいただいた平成23年5月開催の第9回目から毎回訪問させていただいており、今回で7回目の訪問となりました。いつもお声をかけていただき誠にありがとうございます。住民同士のふれあいと交流の場づくりとして、「絆・助けあい・頑張ろう」をテーマにこのようなつどいを開催されますことは、大変意義深いものがあります。私も、皆様とともに楽しい時間を共有させていただき、まちづくりへの活力をもらうことで、明日からも全力で市政運営に取り組んでまいります。

5月18日(日曜日) 文化会館開館30周年記念公演「雅楽」を開催しました。

市長あいさつ

雅楽の演奏

 文化会館開館30周年記念公演「雅楽」を開催しました。文化会館は、昭和59年4月に開館し、本年30周年を迎えました。30周年の記念すべき最初の舞台公演は、是非、市民の皆様に飾っていただきたいとの想いから、本市正行寺雅楽部の筑紫楽所による公演が実現いたしました。筑紫楽所の皆様方は、宮内庁楽部楽師方の指導を受け、日本の古来の伝統文化の継承と普及に努められておられます。
 文化会館では、本日の公演を皮切りに「歓喜 みる・きく・感じるこころ」をテーマに、皆様の心に響く記念公演の開催を多数予定しております。本市の文化の発信拠点として、この30周年を契機とし、ますます親しまれる施設となりますよう、さらに努めてまいります。
 この日の会場は超満員でありました。皆様も「和のしらべ」に素敵な一日を過ごされたのではないでしょうか。筑紫楽所の皆様、誠にありがとうございました。

5月18日(日曜日) 寿光園運動会に出席しました。

市長あいさつ

 寿光園 の運動会が開催されました。今回で41回目を迎えられたとのことで、心からお喜び申し上げます。
 寿光園の職員の皆様をはじめ関係各位には、永年にわたって社会福祉の充実、向上にご尽力をいただいたことに敬意を表しますとともに、感謝を申し上げます。
 寿光園の皆様とは、この運動会のほか、10月の秋祭りでも毎回お会いしております。訪問させていただく度に皆さんの元気な姿、明るい笑顔から、明日へのまちづくりに向けた活力をいただいています。皆様お疲れ様でございました。

5月18日(日曜日) 筑紫野市内5中学校で体育会を開催しました。

市長あいさつ

市長あいさつ

 筑紫野市立中学校の体育会が五月晴れのもと盛大に開催され、私は5校全てを訪問いたしました。それぞれの中学校において、今までの歴史、伝統を大切にするとともに、さらに磨きをかけて自らを高めていこうとする生徒の皆さんの熱い気持ちが伝わってきました。これまでの練習を通して、共に頑張ってきた仲間の姿に信頼と感謝の気持ちを持ち、みんなで心を一つにして体育会を成功に導びかれたことと思います。学校長をはじめとする教職員の皆さん、保護者の皆様、そして生徒の皆さん今日一日本当にお疲れ様でした。皆の素晴らしい競技の様子に感激いたしました。




<写真上段> 
 筑山中学校の様子

<写真下段>
 筑紫野南中学校の様子

5月17日(土曜日) 筑紫・粕屋造園組合連合会総会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫・粕屋造園組合連合会第44回通常総会が市内会場で開催されました。皆様には、お互いに切磋琢磨しながら、日々研鑽に努めておられますことに心から敬意を表します。また、今年度より筑紫野市支部(株)柴田造園の柴田耕輝様から太宰府市支部の(有)古賀造園の古賀義彦様に会長職が交代されるとのことです。今年度もこの会の目的であります、会員が協同して事業の能率をあげ、経済状態を改善し社会的地位をますます高められますよう私も心から祈念いたします。

5月17日(土曜日) ふくおか県「翼の会」福岡ブロック総会に出席しました。

市長あいさつ

 第25回ふくおか県「翼の会」福岡ブロック総会が春日市のクローバープラザ内あすばるにおいて開催されました。「福岡県女性海外研修の翼」は、昭和58年にスタートし、本年が31回目となります。これまでに631人の団員を派遣し、参加された多くの皆さんが、県・市町村の審議会委員をはじめ、議会議員や自治会長、企業の管理職に就任されるなど、県内各地域や各分野で男女共同参画社会の実現の推進役として活躍されています。先進地で学ばれた知識や経験を十分に活かして更なるリーダーシップを今後も発揮していただきますことを祈念申し上げます。

5月17日(土曜日) 筑紫野市小地区公民館連絡協議会総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度筑紫野市小地区公民館連絡協議会定期総会が生涯学習センターで開催されました。皆様には、公民館活動の充実と社会教育の振興にご理解、ご協力を賜り心からお礼を申し上げます。
 本市における87の小地区公民館は、地域の人々への学習機会の場の提供や自主学習グループ・サークル活動の支援、さらに、地域コミュニティ活動の推進等、子どもから高齢者まで、あらゆる世代の市民が、真に心の豊かさを実感できる社会を実現するための一番身近な社会教育施設として、なくてはならない存在であります。関係団体・機関と密接に連携し、生涯学習の推進とともに、総合的なまちづくりの視点に立った公民館活動を積極的に推進していただきたいと思います。

5月16日(金曜日) 筑紫野市青少年指導員の委嘱式・総会に出席しました。

委嘱式

市長あいさつ

 平成26年度第12期の青少年指導員委嘱式を執り行うとともに、平成26年度筑紫野市青少年指導員会総会が、生涯学習センターで開催されました。新たに新任6人、再任49人、合計55人(各小学校区5人)に任期2年の委嘱を行いました。指導員の皆様には、それぞれの小学校区において、子どもたちの健全育成にご活躍いただけると期待しています。
 筑紫野市青少年指導員も、本年度で23年目を迎え、これまで組織を力強く支えてこられた歴代会長の皆様、そして特に、発足当時から長きにわたり、熱心に取り組んでこられました大石泰さんに心より敬意と感謝を申し上げます。青少年指導員の皆様には地域での非行防止、併せて、地域と関係機関連携のパイプ役として、今後も引き続きお力を貸して頂きますようお願いいたします。


<写真上段>
 山家小学校区の前田通憲さん(代表)に委嘱書を交付

<写真上段>
 総会の様子

5月16日(金曜日) JA全農杯チビリンピックの準優勝報告を受けました。

市長あいさつ

 JA全農杯チビリンピック2014小学生8人制サッカー全国大会に出場したバディフットボールクラブが準優勝し、その報告のため、鶴丸聡一郎監督、片原潤コーチとともに8人の選手が市役所を訪問されました。九州代表として筑紫野市と近郊の5,6年生18人が今月5日まで横浜市の日産スタジアムで行われた大会に出場されました。3勝1分で予選リーグを1位通過し、準決勝では北信越のチームを延長戦で破り、決勝戦では関東第1のチームに0-1で惜敗となりました。
 選手たちは皆、声をそろえて「決勝で負けて悔しい。次の全日本少年サッカー大会は頑張りたい。藤田市長に是非優勝杯を見せたい。」とすでに今後の目標をも話してくれました。皆さんがチームで心をひとつにして勝ち取った、全国で準優勝という、素晴らしい成績です。次の大会にむけてまた是非頑張ってください。今日は本当にありがとう。

5月16日(金曜日) 筑紫野市文化協会の役員の皆様が訪問されました。

訪問の様子

 筑紫野市文化協会の河津新会長をはじめとする役員の皆様が市役所を訪問されました。筑紫野市文化協会の皆様方には、日頃から本市の文化・芸術の振興に、ご理解、ご協力をいただき、心から厚くお礼申し上げます。
 本年は、福岡県民文化祭の一環として、福岡Ⅱブロック「芸術の祭典」が本市で開催されることとなっております。福岡県民文化祭は文化芸術を鑑賞、参加、創造する機会を提供し、文化活動の裾野の拡大、団体相互の発表と交流、新たな文化の創造や発展の場とするものでございます。筑紫野市文化協会におかれましては、その事務局として大変なご苦労をおかけいたしますが、筑紫地区や糸島市の文化団体との交流が深まり、市民に新たな文化の風を吹き込む素晴らしい機会となりますことを期待しております。

5月16日(金曜日) 筑紫野市剣道連盟の新旧会長が訪問されました。

訪問の様子

 本年度から、筑紫野市剣道連盟の会長に就任された荒瀬勇会長が吉永信前会長(現相談役)と一般社団法人筑紫野市体育協会の藤木繁尅会長とともに、市役所を訪問されました。
 剣道連盟は、昨年12月第100回筑紫野市剣道大会を盛大に開催されました。今年もまた熱い戦いが繰り広げられ、新たな歴史を刻み続けてほしいと願っています。筑紫野市剣道連盟の限りないご発展を祈念いたします。吉永信前会長におかれましては、会長職本当にお疲れ様でした。今後も引き続きご指導頂きますようよろしくお願い申し上げます。

5月16日(金曜日) 福岡県消防協会筑紫地区連絡協議会全員協議会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度福岡県消防協会筑紫地区連絡協議会全員協議会が4市1町の各消防団の団長、副団長の出席のもと本市役所内で開催されました。筑紫地区4市1町の各消防団におかれましては、平素より地域住民の安全な生活を守るため訓練を重ねられ、火災をはじめとする各種災害の防禦に昼夜を問わず多大なご尽力をいただいていることに対しまして、敬意を表しますとともに厚くお礼を申し上げます。
 今夏はエルニーニョ現象発生確率が高く、西日本の日本海側での降水量が多くなるのではないか、との気象庁の予想が出ております。このような中、消防団、消防署が一体となって地域住民の生命・身体及び財産を守る消防使命の遂行に、なお一層精励されることを期待しています。

5月15日(木曜日) 福岡ハーモニカ愛好会の代表が訪問されました。

訪問の様子

 福岡ハーモニカ愛好会の西川義夫代表が上村和男市議会議員とともに、市役所を訪問されました。福岡ハーモニカ愛好会は、本年8月に中国杭州で、アジア各国から2,000人が集う世界最大のハーモニカの祭典(第10回アジア太平洋ハーモニカフェスティバル)において、会期中「日中韓ハーモニカ交流活動」を企画・主催されます。
 この交流活動には、ハーモニカの練習を続けている小・中学生をはじめとする会員の皆様が参加され、複音ハーモニカの魅力を世界の方々にお伝えするとのことでした。開催直前の7月21日には参加メンバーの壮行会が開催され、リハーサルを兼ねた表演を予定されています。また報告会等も予定されているとのことでした。素晴らしい文化そして、心の交流が図られますことを私も心からお祈りいたします。


5月15日(木曜日) 県道137号線の道路整備の要望活動を行いました。

要望の様子

要望書提出

 県道137号基山停車場平等寺筑紫野線の道路整備について、平成26年3月に結成された期成会の小林俊児会長をはじめとする皆様とともに、福岡県に対して要望活動を行いました。この日は、那珂県土整備事務所を訪問しました。
 県道137号(基山停車場平等寺筑紫野線)はカーブが多く、見通しが悪い上、道路幅員が狭く歩道が未整備な箇所も多数あります。さらに那珂川町や佐賀県三養基郡基山町への迂回ルートとして利用されています。小中学校の通学路ともなっており、未来を担う子供たちの安全対策が急務であり、一日も早い道路整備が必要だと考えています。本市も福岡県那珂県土整備事務所と一体となり推進してまいります。


<写真上段>
 期成会の皆様とともに要望活動の様子

 <写真下段.>
 那珂県土整備事務所 村田泰英所長 へ要望書を提出

5月14日(水曜日) 筑紫野経済同友会通常総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度第30回筑紫野経済同友会通常総会が市内会場で開催されました。本同友会は、会員相互の連携のもと商工業に関する調査研究、また地域に密着した商店街づくりや奉仕活動等、地域を活性化しようと日々努力されております。
 今年は設立から30年という記念すべき節目の年を迎えられ、長年に渡る精力的な活動に改めて敬意を表します。地域振興の一環として始められた事業である、「シャクナゲ谷」の整備だけでなく、「アジサイ園」の整備につきましても、荒瀬会長をはじめとして多くの方々により植栽がおこなわれており、隣接する万葉植物園と併せて、天拝公園周辺地域の整備が進んでいることに感謝を申し上げます。

5月14日(水曜日) 福岡県、福岡県議会に対して、治水関係の要望・陳情活動を行いました。

要望の様子

 高尾川・鷺田川改修促進期成会の井上章、井上國次両副会長と共に、福岡県と福岡県議会に対して要望・陳情活動を行いました。本市は、農村部の市街化が急激に進み、市の中心市街地を流れる県営河川高尾川とその下流の同鷺田川は、いったん集中豪雨が発生しますと、短時間で河川が増水、溢水する状況にあります。
 当該地区は、過去数十年にわたり両河川による被害を受け、周辺住民の生活不安の要因となっており、一刻も早い浸水対策を望みます。地域住民は、両河川の抜本的な改修を求め、平成21年11月に「高尾川・鷺田川改修促進期成会」を結成し、河川改修の早期実現に向けた取り組みを行っております。本市も本年4月に河川課を設置し、一日も早い安全安心のまちづくりのため、県と一体となり推進してまいります。

5月14日(水曜日) JA筑紫年金友の会に出席しました。

市長あいさつ

 JA筑紫年金友の会の第34回筑紫野地区大会が文化会館で開催されました。JA筑紫年金友の会は、豊かな暮らしと活力ある地域づくりに尽力されているJAにおいて、会員相互の融和と親睦を図り、生きがいのある人生を送ることを目的として、昭和54年に設立されました。以来30年以上の永きにわたり、その目的達成に向け着実に歩みを進められ、会長、組合長はじめ歴代役員、会員、その他関係各位が一体となって組織活動強化へたゆまないご努力を続けてこられました。
 平成25年度末の会員数が、14,658人ということです。このことは、新しい時代に対応した福祉のまちづくりの望ましいひとつの姿であり、皆様の活動に深く敬意を表します。本市におきましても、農業の振興、市民福祉の向上等様々な諸施策を展開してまいります。今後ともご支援ご協力賜りますようお願い申し上げます。

5月13日(火曜日) 筑紫野市商工会女性部通常総会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫野市商工会女性部第51回通常総会が市内会場で開催されました。商工会女性部は、昭和39年に地域社会の振興発展並びに自己研鑽を目的に「いずみ会」として発足以来50年、地域経済の発展はもとより奉仕活動を通して地域振興に日々ご尽力をいただいております。商工業に関わる女性としての資質向上を目指して日々研鑽に取り組まれている姿は、地域経済の振興はもとより豊かなまちづくりを進めるうえで大きな原動力になるものであり、私も皆様の今後の活動に大いに期待を寄せています。
 市も、「まちの活気をはぐくむ産業の振興」を機軸に、恵まれた交通条件など本市の特性を十分に活用しながら、地域経済活性化に向けた方向性を探ってまいります。筑紫野市商工会女性部のますますの飛躍を祈念します。

5月13日(火曜日) 女性職員研修を実施しました。

市長あいさつ

講演の様子

海老井悦子副知事

 男女共同参画社会の実現に向けて、昨年に引き続き、女性職員研修を実施しました。本市の人材育成基本方針では、求める人材像として「筑紫野市を愛し、意欲と誇りを持って働く職員」「自ら学び、考え、行動を起こす職員」「柔軟な思考で行動する職員」と明確に位置づけています。特に、少子高齢化とともに、低迷する経済の活性化と結び付けて女性の社会進出、活躍が強く求められている昨今、女性の活躍を推進することは、社会全体を活性化させることにつながります。
 そのためにも、女性の視点を積極的に行政運営に反映させていきたいと思っています。今回は、部長、課長等のほか、主査、主任級の46人を対象に、講師には昨年に引き続き福岡県の海老井悦子副知事にお願いし、「女性リーダーを目指して」をテーマに講演いただきました。
 講演では、男女共同参画社会にむけて、世界的な動きや国、県の取り組みをお話しされ、ご自身の体験からの常に職務の主体・責任者としての自覚をもち業務に取り組んでいくこと、チャンスがあれば、管理職になってほしい、きっとできると思って機会を逃さないでほしいとアドバイスをされました。
 研修後、参加した職員は「新しいことにチャレンジしていきたい。」「身が引き締まる思いがした。」「女性としての感性を大切にしながら、今まで以上に一生懸命職務に取り組んでいきたい。」と感想を述べました。
 職員一人ひとりも資質向上への大きな財産になったことと思います。海老井副知事におかれましては、2年続けての講師をお引き受けいただき誠にありがとうございました。今後も女性職員のロールモデルとしてのますますのご活躍を心からお祈りいたします。

5月13日(火曜日) 筑紫野市福祉ボランティア連絡協議会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫野市ボランティア連絡協議会の平成26年度総会がカミーリヤで開催されました。皆様には、温もりある福祉ボランティアの支援活動を日々行っていただき、深く感謝と敬意を表します。地域住民が抱える生活課題は、近年ますます複雑深刻化してきており、「自助」といわれる「個人の力」、「公助」といわれる「公的な福祉サービス」だけでは、支えきれない課題が増加しております。これらの課題解決に向けては、「共助」といわれる「住民相互の支え合い」が大きな鍵を握るものと存じます。皆様方には、より一層、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

5月12日(月曜日) 筑紫野市造園協力会総会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫野市造園協力会の平成26年度通常総会が市内会場で開催されました。
 造園業は、家庭の緑化はもとより、公園緑地、町並み景観の造成保全、学校緑化、工場緑化等、人々の暮らしに癒しや安らぎを与えてくれる魅力ある空間づくりという無限の可能性を持っています。
 矢ヶ部会長をはじめとする協力会の皆様には、住みよいまちづくりを、地域に密着して力強く支え、造園という分野でご貢献いただいております。今後も住み良い地域づくりにお力をお貸しいただきますよう何卒お願い申し上げます。


5月11日(日曜日) 宝満つばきマラソン大会が開催されました。

600mの部スターター

 第18回宝満つばきマラソン大会が九州産業高等学校のグラウンドで開催され、好天のもと400人を超す参加がありました。
 この大会は、故良永光康前体育協会会長の「全市民が一堂に集まれる運動会のようなマラソン大会を創りたい」との想いを、体育協会の皆様が脈脈と受け継ぎ、平成9年から始まった大会です。家族や仲間とゴールまで自分の体力に合わせてマイペースで走ることにより、健康の増進と相互のふれあいを深める目的があります。 「チーム対抗リレー 10分の1 マラソン」や「452人リレー・フルマラソン世界記録に挑戦」など幅広い年齢層の方々が参加できるよう工夫をこらした種目や、思いっきり走った後の空腹を満たしてくれるバザーコーナーも用意されました。選手の皆様は思い出に残る一日であったと思います。
 一般社団法人筑紫野市体育協会並びに九州産業高等学校の関係者の皆様に対しまして、衷心より感謝申し上げます。

5月10日(土曜日) ちくしのフォーラム総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度第8回ちくしのフォーラム総会が生涯学習センターで開催されました。ちくしのフォーラムの皆様には、男女共同参画による豊かな筑紫野市づくりにご尽力をいただいています。なかでも、人権問題市民懇談会での寸劇等は、その内容が市民の方にとって非常にわかりやすいということで、昨年度は多くの会場で実施され、好評を得られました。また、「市民協働モデル事業」にも取り組んでいただき、保育所職員の研修や幼稚園・小学校の保護者を対象とした学習会開催など、心豊かな筑紫野市づくりにご尽力をいただいております。
 このような皆様の広範で真摯な取り組みが、性別に関係なく、個性と能力を十分発揮し、豊かで活力あるまちづくりにつながっていくものと確信しています。

5月10日(土曜日) はらっぱの会総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度はらっぱの会総会が筑紫南コミュニティセンターで開催されました。「はらっぱの会」は、筑紫南コミュニティセンターの図書室の運営やお話し会、講演会の主催、公民館や施設への出張お話し会など、多岐にわたり、市民の学習活動の支援に努めておられます。図書室の利用者数や貸し出し冊数は年々増え、昨年度の実績では、図書館の利用者延べ17,399人、本の貸出冊数27,721冊と、大変多くの方々にご利用をいただいています。
 本市は、次世代を担う子どもたちが、読書の楽しさを実感し、読書を通じて自ら考える力、豊かな創造性を身に付けることを目指しており、今後も皆様にご協力賜りますようお願い申し上げます。 「はらっぱの会」のますますのご発展を祈念いたします。

5月9日(金曜日) 筑紫野市区長会議を開催しました。

会議の様子

 平成26年度筑紫野市区長会議を市内会場において開催し、各行政区82人の区長の皆様に出席いただきました。今年度は13の行政区において区長の交代が行われました。
 地方分権の流れや消費増税など各種制度改革により、市民生活にも影響が生じることが懸念されます。市としましても国や県の動向を注視し、連携を深めながら、時機を失することなく的確な対応を図り、市民にとって最も身近な基礎自治体としての役割と責務をしっかりと果たしてまいります。
 区長の皆様には、本年も、市政各般にわたって、ご理解、ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

5月8日(木曜日) 山口川水利組合委員総会に出席しました。

市長あいさつ

 第57回山口川水利組合委員総会が市内会場で開催されました。水利組合委員の皆様におかれましては、本市農業の振興並びに水道用水の安定供給に、ご理解とご協力をいただき、心から厚くお礼申し上げます。
 昨年は田植え時期の少雨で気をもまれた方もあったかと思います。市としましては、本年も水源保護対策や水源地域の環境保全につきまして、水利組合の皆様方との協力関係をさらに強固とし、安全・安心の水確保に鋭意努めて参ります。

5月8日(木曜日) 二日市中学校の現在整備中のグラウンドを視察しました。

グラウンド視察の様子

 現在整備中である、二日市中学校グラウンドの現場を視察しました。今月18日に、二日市中学校では第68回体育会が行われることとなっております。整備されたこのグラウンドで、生徒の皆さんのいきいきとした日ごろの学びの成果が発表され、新たに二日市中学校の伝統と文化を創るための一歩が、力強く踏み出されることを私も大いに期待しています。
 工事関係者の皆様にも衷心より感謝申し上げます。

5月6日(火曜日) 筑紫野市剣道連盟総会・懇親会に出席しました。

市長あいさつ

 筑紫野市剣道連盟の平成26年度総会・懇親会が市内で開催されました。
 今年度から吉永信会長が相談役に就任され、新しく荒瀬勇会長がご就任となりました。吉永会長におかれましては、平成22年度からの会長職本当にお疲れ様でございました。荒瀬会長の今後のご活躍をお祈りいたします。剣道連盟の皆様には、今後なお一層、剣道を通じて地域に根ざした生涯スポーツ社会の実現、青少年の健全育成にご協力賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。本年も素晴らしい活動となりますよう私も大変期待しています。

5月5日(月曜日) レトロバンドForしゃんどふる~る結成10周年記念コンサートに出席しました。

市長あいさつ

Forしゃんどふるーるの皆さん

紫草について

 レトロバンド『Forしゃんどふる~る』が、結成10周年を迎えるということで、市内柚須原のハーブ園において記念コンサートが開催されました。
 『Forしゃんどふる~る』の皆様におかれましては、この度の10周年、誠におめでとうございます。私もコンサートを度々拝見させて頂いていますが、懐かしい曲とメンバー全員の息のあった演奏に、いつも明日への活力をいただいています。ライブ等、地域のイベントを含め年間に約30回ほど演奏活動を行っておられるとのことですが、健康に留意して頂きながら、ますます音楽を通して、輝く筑紫野のまちづくりへのご協力をよろしくお願いいたします。皆様の活動に大いに期待しています。
 青空のもとで聴く今日の演奏もまた格別でありました。ありがとうございました。








 平成19年に筑紫野市商工会で発足した、紫プロジェクトの一環として設立された「筑紫野むらさき振興会」を平成25年8月に「一般社団法人・筑紫野むらさきまちづくり協会」と改められました。
 現在、協会の皆様は、ハーブ園「しゃんどふる~る」内のハウスで、かつて筑紫野に自生していた絶滅危惧種の紫草(むらさき)の復活を目指し、栽培及び紫根搾取、染色等の研究に取り組まれています。

 
 

5月1日(木曜日) ボランティアバンクの会総会に出席しました。

市長あいさつ

 平成26年度筑紫野市ボランティアバンクの会総会が生涯学習センターで開催されました。平成25年度のボランティア登録数は1,500件以上、活動件数も延べ4,232件ということで、登録された皆様の豊かな知識・経験、優れた技能、さらには、社会参加への意欲といったものが、真の豊かさを実感できる生涯学習社会の構築のための大きな推進力になっていくものと私も大いに期待しています。
 本年も岩崎代表をはじめとする皆様の素晴らしいボランティア活動が、ますます大きく発展しますよう私も心からお祈りしています。

5月1日(木曜日) 水城・大野城・基肄城1350年事業実行委員会に出席しました。

実行委員会の様子

 水城・大野城・基肄城1350年事業の第4回実行委員会が太宰府市役所で開催されました。
 飛鳥時代に築かれた山城、水城・大野城・基肄城が今年度から来年度にかけて築造から1350年という節目の年を迎えます。これを記念し、関連史跡を有する筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、宇美町と佐賀県基山町が共同で、様々な事業を実施します。
 この日の委員会には、4市2町の各市町長のほか、福岡県及び佐賀県の文化財担当課長、九州歴史資料館長、九州国立博物館長が出席し、今年度の事業計画案、予算案等についての審議を行いました。

5月1日(木曜日) 高尾川・鷺田川改修促進期成会から要望書を受け取りました。

期成会役員との集合写真

 高尾川・鷺田川改修に関する要望書の提出のために、高尾川・鷺田川改修促進期成会の林田会長をはじめ8名の役員の皆様が市役所を訪問されました。
 両河川の改修事業は、期成会をはじめ地域の皆様のご協力をいただきながら着実に前進しています。市としても当事業をさらに推し進めるための体制づくりとして今年度から建設部に河川課を新設しました。
 今後も市民の皆様の安全安心の暮らしのため、期成会、県と市が一体となった取り組みを進めてまいります。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス