ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成26年4月)
更新日: 2014年5月9日

市長の動き(平成26年4月)

 「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

4月29日(火曜日) おんせんアート展の会場を訪問しました。

第7回おんせんアート展訪問の様子

 第7回おんせんアート展が二日市温泉周辺をメイン会場として開催され、私は「書と花のコラボ」の展示会場である大観荘を訪問しました。
 書の一枚一枚と、美しい花々が織り成す世界はとても趣深く、しばし時を忘れ、作品に見入っていました。
 同日に開催された藤まつりとはまた違った魅力があり、こちらも筑紫野の春を盛り上げる恒例行事となっているのだと改めて感じました。
 企画から運営までご尽力いただいたおんせんアート事務局の井上代表をはじめ関係者の皆様、ありがとうございました。

4月29日(火曜日) 筑紫野市祭「二日市温泉藤まつり」、藤供養会に出席しました。

あいさつする市長

 天拝山麓の天拝公園、武蔵寺周辺をメイン会場に、筑紫野市祭「二日市温泉藤まつり」を開催しました。
 この日は前日から天候が心配されましたが、皆さんの願いが届いたのか、ほとんど降雨もなく、無事に開催の運びとなりました。
 今年も水上ステージでは吹奏楽や太鼓の演奏等が行われ、公園周辺では、二日市温泉の足湯や手作り遊び、史跡案内等の体験コーナー、また、特産品の即売、俳句コーナー、スケッチ大会等盛りだくさんの内容で、大変多くの方にご来場いただきました。

藤まつりの様子

 天拝公園の隣にある武蔵寺では「藤供養会」が執り行われました。境内では「長者の藤」が鮮やかに咲き誇り、たくさんの参拝客が美しく歴史ある、この藤の花を堪能していました。

 毎年、4月末の筑紫野市を盛り上げるこれらの祭典が、今後も市民の皆様にますます愛され、親しまれる催しとなることを心から願っています。

藤供養会の様子

<写真上段>
 藤まつり開会式の様子

<写真中段>
 福岡黒田武将隊+(プラス)の皆さん

<写真下段>
 武蔵寺「藤供養会」の様子

4月28日(月曜日) 筑紫野市消防団総会・懇親会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市消防団総会・懇親会が市内の会場で開催されました。
 筑紫野市消防団の皆様には、日頃から市民の安全安心の暮らしのため、ご尽力をいただいており、深く感謝申し上げます。
 市では現在、地域防災力の強化のため、消防自動車の更新、格納庫、防火水槽の整備等に鋭意取り組んでおります。皆様には、これら消防設備を存分に活用され、各種災害の警戒防御にご奮闘いただきますことはもちろん、自身の教養訓練にも力を注がれ、なお一層精進くださるようお願い申し上げます。

4月28日(月曜日) 市内の現場視察を行いました。

現場視察の様子

 市内で進行中の事業進捗状況等を直接確認するため、現場視察を行いました。
 この日は、7月に開館予定の筑紫コミュニティセンターを訪問し、担当部署の職員とともに確認しました。
 館内を視察していると、この素晴らしい施設を地域の皆さんに存分に活用していただけるのがますます楽しみになりました。開館まであとわずかですが、筑紫コミュニティのまちづくりの拠点となるよう、残された工程をしっかりと進めてまいります。

4月27日(日曜日) 隊友会筑紫野支部総会に出席しました。

あいさつする市長

 隊友会筑紫野支部の平成26年度総会が福岡市の会場で開催されました。
 昨今の自衛隊については、緊迫した国際情勢に対する平和維持活動への協力や国際緊急援助活動を目的として、様々な国や地域への派遣はもちろん、国内でも災害復旧支援等の活動をはじめ、私たちの生活の中で起こる危機に対して、常に最前線でご奮闘いただいております。
 隊友会の皆様には、その設置目的である自衛隊と国民の架け橋として、ボランティア精神と情熱をもって、今後とも様々な活動にご尽力いただきますようお願い申し上げます。

4月27日(日曜日) ドラゴンロックフェスタを開催しました。

あいさつする市長

 第14回ドラゴンロックフェスタを市内柚須原の竜岩自然の家で開催しました。
 ドラゴンロックフェスタは、フリークライミング、野鳥観察や各種工作などの様々な体験を通しながら、自然の中で楽しく学ぶことができるイベントです。
 前日までの心配が嘘のような好天に恵まれ、来場者の皆様が、豊かな自然と、爽やかな春を存分に感じることができたのではないかと思います。
 開催にあたりご協力いただきました、参加団体及び出演者をはじめ、関係各位に心から感謝申し上げます。

4月27日(日曜日) アマチュア竜王戦福岡県大会開会式に出席しました。

あいさつする市長

 第27回アマチュア竜王戦福岡県大会が生涯学習センターで開催されました。
 この日は子ども棋士も多数参加で、会場は大変賑やかな雰囲気でした。本市では、昨年11月に将棋界の最高峰とも言われる竜王戦の第3局が行われ、全国から将棋ファンが大勢詰め掛けました。
 アマチュア棋士が多数参加した本大会でも、本家竜王戦に負けないくらい、出場した皆さん一人ひとりの記憶に残る素晴らしい対局が繰り広げられたことと思います。

4月27日(日曜日) 子どもフェスティバルちくしの&子ども市を訪問しました。

あいさつする市長

 「第14回子どもフェスティバル&第24回子ども市」がカミーリヤで開催されました。
 このイベントは、子どもに関わる19の団体などで構成される実行委員会が主催するもので、「つながれ ひろがれ あそびのわ」をテーマに、楽しく遊んで元気になれる場を提供していただいています。また、同時開催の第24回子ども市では、子どもたち自身が企画し、工夫を凝らして手作りしたお店が所狭しと並んでいました。
 会場のカミーリヤは多くの来場者で賑わい、たくさんの笑顔が溢れるイベントとなりました。

4月27日(日曜日) 竹峰書藝大院JR二日市駅書道展を訪問しました。

展示作品鑑賞の様子

 第10回竹峰書藝大院JR二日市駅書道展の会場を訪問しました。
 今回で記念すべき10回目となったこの書道展には、北海道から沖縄まで、年齢は5歳から90歳まで、合計1,861点もの出展がありました。
 竹峰書藝大院の仮屋会長にご案内いただきながら、駅構内に展示された作品を鑑賞しましたが、躍動感や活力、一方で繊細さや優しさを感じられる作品に、私自身、心癒されるひとときとなりました。

4月27日(日曜日) 山家地区春季スポーツフェスタ開会式に出席しました。

あいさつする市長

 平成26年度山家地区春季スポーツフェスタが山家小学校運動場で開催されました。
 このイベントは、子どもから大人まで、地域の皆様の健康維持と体力の向上、そしてスポーツを通じて親睦交流を深めるため、毎年開催されています。
 開催にあたりご尽力いただきました、山家コミュニティ運営協議会の皆様をはじめ、地域の皆様方に深く感謝いたします。
 この日は、ソフトボール、グラウンドゴルフ競技が行われ、参加者の皆さんが笑顔になる、素晴らしいイベントとなりました。

4月26日(土曜日) 天拝いこいの館 落成式に出席しました。

あいさつする市長

 「天拝いこいの館」落成式が、市内武蔵の天拝公園横に完成した天拝いこいの館前で執り行われました。
 昨年9月の起工式からちょう7か月目のこの日、実施主体の市社会福祉協議会をはじめ関係各位、そして施工業者の皆様方のご尽力により、立派な施設が完成しました。
 当館は、「つながりひろがる福祉と健康のまちづくり」をコンセプトに、子どもから高齢者まで、そして健常者も障害者も一緒に活動・交流できる場として設置されました。

出席者の集合写真

 また、天拝公園に隣接し、天拝山、武蔵寺や御自作天満宮など、歴史的な史跡にもほど近く、登山客や観光客など、多くの方でにぎわう場所に立地し、来訪者の休息の場としても発展していく可能性を秘めています。
 今後当館が、本市における地域福祉の新たな拠点として、また観光地におけるひとつのランドマークとして確立され、多くの方々に親しまれるよう期待しています。

4月25日(金曜日) 御笠16行政区ゴルフコンペ開会式・始球式に出席しました。

あいさつする市長

 御笠地区の地域コミュニティ組織である「御笠まちづくり振興会」が主催する、御笠16行政区ゴルフコンペが市内で開催され、私は開会式と始球式に出席しました。
 この日は心地よい天候の中、御笠地区16行政区から御笠まちづくり振興会の会長、役員や事務局をはじめ、たくさんの方が参加されていました。
 元気な地域づくりに向けた取り組みの裾野を広げる大変意義深いイベントになったことと思います。参加された皆様、大変お疲れ様でした。

4月24日(木曜日) 農山漁村男女共同参画優良活動表彰における農林水産大臣賞の受賞祝賀会に出席しました。

あいさつする市長

 市内常松の「合同会社三宅牧場まきば」の三宅静恵さんが、平成25年度農山漁村男女共同参画優良活動表彰において農林水産大臣賞を受賞され、その祝賀会が福岡市内の会場で開催されました。
 今回の受賞については、去る3月12日にも私のところへ報告にお越しいただき、同日の「市長の動き」でも紹介させていただきました。
 三宅さんは子育てに奮闘されながら、経営者としてその優れた手腕を振るい、従業員の家族も幸せにする職場づくりなどの素晴らしい理念のもと、時代に沿った販売戦略を積極的に取り入れ、また異業種交流や勉強会など、絶えず自己研鑽にも努めておられます。
 今回の栄えある受賞を契機に、これからも健康に十分留意されながら、なお一層ご活躍されますこととご期待申し上げます。

4月24日(木曜日) 筑紫野市民生委員児童委員連合会全員協議会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市民生委員児童委員連合会全員協議会がカミーリヤで開催されました。
 委員の皆様には、地域の身近な相談支援者として日々ご尽力いただいており、厚くお礼を申し上げます。
 本市では組織内での連携強化はもちろん、民生委員・児童委員の皆様との協力体制を一層深め、「協働と共生のまちづくり」に向けて取り組んでまいる所存です。
 今後も、市と市民、地域とをつなぐ架け橋として、地域福祉の推進にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

4月24日(木曜日) 筑紫保護区保護司会総会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫保護区保護司会の平成26年度総会が生涯学習センターで開催されました。
 この日は、筑紫地区各支部の保護司の皆様が出席し、平成25年度の総括と、今年度の事業計画についての審議が行われました。
 保護司の皆様には今後とも、犯罪や非行をした人々の更生と社会復帰を支援するとともに、犯罪のない明るい社会づくりに向け、犯罪や非行の防止、更生保護活動の重要性を広く市民に呼びかけていただきますようお願い申し上げます。

4月23日(水曜日) 筑紫野市水田営農対策集落推進員会議に出席しました。

委嘱書交付の様子

 平成26年度第1回筑紫野市水田営農対策集落推進員会議が生涯学習センターで行われました。
 水田営農対策集落推進員は、本市の水田農業の確立と生産調整等の事業を円滑に行うために設置しているものです。
 この日は今年度第1回目の会議ということで、72人の推進員の皆様に委嘱書を交付しました。
 これから1年間、本市のより一層の農業振興にあたり、ご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

4月23日(水曜日) 平成26年度第1回移動市長室を実施しました。

子育てサロン「あそびの広場」の様子

懇談の様子

 通算33回目となる移動市長室を、美しが丘南公民館で開催しました。
 松永区長をはじめ11人の地域の皆様に出席していただき、美しが丘南区子育てサロンの活動を中心に懇談を行いました。

 懇談の前には、子育てサロンの活動に参加させていただきました。子育て支援センター職員を講師に『あそびの広場』が行われ、手遊びうたやふれあい遊び、作って遊ぼうなど、活動の一部を一緒に体験しました。短い時間でしたが、たくさんの子どもさんたちとふれあいながら、心温まる楽しいひとときを過ごさせていただきました。
 懇談では、美しが丘南子育てサロンの活動について説明を受けました。美しが丘南区は市内でも2番目の人口があり、若い世代も多く、自治会主催で子育てサロンを開催していること、松永区長をはじめ地域の皆様が一体となって、まとまりのサロン活動をされてあること、地域で子育ての一助を担っていこうという意識の高さ、さらに高齢者のふれあいサロンも開催し、地域の輪の結束を高めていこうとご尽力いただいていることに大変感銘を受けました。

 懇談の中で出されましたご意見を真摯に受けとめ、これからの市政運営に活かしてまいりたいと考えております。美しが丘南区の皆様、まことにありがとうございました。

<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます

4月22日(火曜日) 筑紫野市手話の会定期総会に出席しました。

あいさつする市長

 平成26年度筑紫野市手話の会定期総会がカミーリヤで開催されました。
 手話の会の皆様には、日頃から筑紫野市聴覚障害者協会との強い連携、深い信頼関係の下、聴覚障害者の情報保障やコミュニケーション支援に昼夜を問わず、ご尽力をいただいており、深く感謝申し上げます。
 本市では今年度、意思疎通支援の強化に向け、聴覚障害者相談日の拡充などに取り組みますが、各事業の推進には、手話の会の皆様のお力添えが欠かせません。今後ともご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

4月22日(火曜日) 第3回アジアエアロビクス選手権大会の優勝報告を受けました。

ダンス披露の様子

 市内を拠点に活動する「MEGU-HIPHOP(メグ-ヒップホップ)」が、3月29日、30日に神戸市で開催された第3回アジアエアロビクス選手権大会の団体部門で優勝し、その報告のため指導者の井上恵美先生をはじめメンバーの皆さんが市役所を訪問されました。
 「MEGU-HIPHOP」は、市内および近隣の女子中高生9人で構成するダンスチームで、筑紫南コミュニティセンターを主な練習場所に、日々のレッスンに励んでおられます。

メンバーの皆さんとの集合写真

 本大会には招待チームとして出場し、中国や韓国を含む8チームを破り、見事栄冠を勝ち取りました。
 また5月には、韓国で開催される日韓エアロビクス交流会に日本代表として出場されます。「手先、足の先まで力をこめて踊りたい」、「今のダンスは交流会で最後の披露になる。悔いの無いよう精一杯頑張りたい」と皆さんから抱負を語っていただきました。交流会でも、メンバー全員が息を合わせて、楽しさ、喜びをいっぱいに表現した、素晴らしいステージになることを期待しています。
 MEGU-HIPHOPの皆さん、この度の優勝、まことにおめでとうございます。

4月22日(火曜日) 新任係長を対象とした講話を行いました。

講話の様子1

講話の様子

 私はこれまで、人材育成のため、職員に対し直接お話しをする機会を設けてきました。今回は初めての取り組みとして、今年の4月で新しく管理監督職員となった、21人の新任係長等を対象として、私の思いをお伝えしました。

 講話の中で、管理職の心構えとして、以下のようなことを話しました。
 「ひとつの発想をし目標をみんなに示す」こと。最初に発想し、それを言葉にすることは、管理者の役目です。また、先見性を養い、刻々と移り変わる状況を見極め、対応する手を打つことで、筑紫野市の発展があります。また、業務全般を見直しスクラップアンドビルドを徹底すること、地域住民の一人として地域活動に参加すること、法令遵守し規律を守ること。これらの職責を全うするためにも自身の健康管理に十分留意してください。

 皆さんは管理職員としてそれぞれの職場を守っていただきます。これまで得た知識と経験を存分に活かし、係長というポジションをしっかりと自分のものにしながら、若い職員を素晴らしい職員に育てていただきたいと思います。これからの皆さんの奮闘に期待します。

4月22日(火曜日) 筑紫野市食生活改善推進会総会に出席しました。

あいさつする市長

 平成26年度筑紫野市食生活改善推進会総会がカミーリヤで開催されました。
 メタボリックシンドロームや生活習慣病が大変深刻な社会問題となっている中、食生活改善推進会による地域での栄養教室や保育所での食育教室など、日本型食生活や望ましい食生活のリズムを啓発する地域活動の役割がこれからますます重要になってまいります。
 今後も、地域の健康づくりのリーダー役として、食生活を中心とした健康づくり活動を一層広げていただきますようお願い申し上げます。

4月21日(月曜日) 筑紫野市少年補導員会総会に出席しました。

総会の様子

 筑紫野市少年補導員会の平成26年度総会が市内の会場で開催されました。
 少年補導員の皆様には、日頃から青少年の非行防止と健全育成にご尽力いただいており、深く感謝申し上げます。
 この日の総会をもって、川上会長、前田補導員の2名が退任となりましたが、お二人にはその豊富な知識と経験をもとに、これからも少年補導員会の相談役としてお力添えをいただきますようお願いいたします。

あいさつする市長

 補導員の皆様には、引き続き関係機関と地域社会とをつなぐ大切な役割を通して、次代を担う青少年の健全育成のためにより一層ご協力いただきますようお願い申し上げます。

4月21日(月曜日) 新規採用職員を対象とした講話を行いました。

市長講話の様子

講話終了後の職員激励の様子

 私は、人材育成は非常に重要であるとの考えから、これまで職員に対し直接話しをする機会を設けてきました。今回は4月に入庁したばかりの新規採用職員13人、平成25年度中に入庁した3人、一部事務組合の新規採用職員1人、合計17人を対象として、私の思いをお伝えしました。
 講話の中で、まずはじめに、歴史と文化の風薫る筑紫野市を歴史の変遷とともに解説し、緑豊かな自然、悠久の歴史が、筑紫野市を発展させていくための礎、力になるものであり、高い潜在能力を持つこのまちで働くことに誇りを持ってほしい。そして、与えられた仕事、環境に不満を述べず、常に自己研鑽に努めてほしい。仕事を進めていく上で健康は何よりも大切であること。体の健康はもちろん、心の持ち方にも留意してほしい。先見性、洞察力をもって万全の準備を怠らなければ、達成感ややりがいが生まれる。自分が決めた自分の道、決して負けないで初心貫徹し、強い気持ちで今後も職責を全うしてほしい、等をお話しました。
 研修に臨む新規採用職員の姿勢や表情を見ていると、非常に前向きでやる気に満ちており、頼もしく感じました。これからの皆さんの成長、活躍に強く期待しています。

4月20日(日曜日) 筑紫野市民卓球大会に出席しました。

あいさつする市長

 第11回筑紫野市民卓球大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。この大会は、卓球愛好者の技術向上と、卓球を通して相互の親善・交流を図るため、毎年開催されています。
 卓球といえば、最近はロンドンオリンピックでの日本代表女子団体の銀メダル獲得や、先日のワールドツアー史上最年少優勝など、嬉しいニュースが続いています。
 この日の大会では、硬式競技、ラージボール競技の2競技が行われ、高校生から90歳代まで幅広い年齢層の約140名の選手による、はつらつとしたプレーが展開されました。

4月19日(土曜日) 筑紫野市消防団の幹部会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市消防団幹部会に出席しました。
 消防団幹部の皆様には、日頃から各種活動において団員に先駆けて出動し、適切な状況把握のもと、警戒活動、火災防禦に関し、団員を指揮指導にご奮闘いただいており、心から感謝申し上げます。
 今年度も新入団員を迎え入れ、総勢333名の体制で日々の活動にご尽力いただきますが、幹部をはじめ団員の皆様には、今後とも市民を守るという崇高な使命のもと、郷土愛護の精神を持って、安全安心のまちづくりにご精励いただきますようお願い申し上げます。

4月18日(金曜日) 筑紫保護区保護司会筑紫野支部総会に出席しました。

保護司の皆様との集合写真

 筑紫保護区保護司会筑紫野支部の平成26年度総会が市内の会場で開催されました。
 保護司の皆様におかれましては、日頃から社会奉仕の崇高な精神のもと、犯罪や非行をした人々の更生と社会復帰を助けるとともに、犯罪のない明るい社会づくりに貢献していただき、深く感謝いたします。
 市といたしましても、犯罪防止、青少年の健全育成などに積極的に取り組み、市民の皆様が安全で安心して暮らせるまちづくりに全力で取り組んでまいります。保護司の皆様には、なお一層のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

4月17日(木曜日) 筑紫野市建設業協力会総会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市建設業協力会の平成26年度通常総会が市内の会場で開催されました。
 入江会長をはじめ、筑紫野市建設業協力会の皆様には、日頃から市政の各般にわたり、とりわけ、住みよいまちづくりにおきまして、深いご理解、ご協力をいただき、心から厚く御礼申し上げます。
 この日の総会では、昨年度の事業報告及び決算、今年度の事業計画及び予算の審議が行われました。
 今年度も会員企業の皆様の技術向上に向けたご研鑽はもちろん、地域経済の牽引役としてますますのご活躍を期待いたします。

4月17日(木曜日) 第126回福岡県市長会総会に出席しました。

出席市長の集合写真

総会の様子

 福岡県内28市の市長で構成する福岡県市長会の第126回総会が太宰府市で開催されました。
 私は、市長会役員(監事)として総会前の理事会にも出席し、昨年度の決算に関する監査報告を行いました。その後、総会の運営に関する確認や審議を行いました。
 午後からの総会では、平成25年度決算及び平成26年度予算のほか、行財政関係、社会文教関係、経済関係の各分野からの合計41件の議案を原案通り可決しました。総会で可決された要望項目は今後、国や県などの関係機関に提出される予定です。
 また、今回の総会をもって、約4年2か月にわたり会長職としてご尽力いただいた北九州市の北橋健治市長が退任され、新会長として久留米市の楢原利則市長が選出されました。

 総会後には、太宰府天満宮文化研究所主管学芸員で天満宮禰宜の味酒安則氏による「大宰府の誕生と黒田官兵衛」の講演や、小川洋 福岡県知事から平成26年度主要施策についての説明が行われる等、大変意義のある一日でありました。

4月17日(木曜日) 各地区の老人クラブ連合会総会に出席しました。

あいさつする市長

 この日は山口、御笠の2地区の老人クラブ連合会総会が開催されました。
 両地区の老人クラブ連合会の皆様には、健康運動やサークル活動、地域行事での交流など、日頃の活動を通して健康と生きがいづくり、そして明るいまちづくりに努めていただいており、深く感謝を申し上げます。
 市といたしましても、大人から子どもまで、全ての市民の皆様が笑顔で暮らせるまちづくりに向け、全力で取り組んでまいります。

あいさつする市長

 皆様には、これからも、ご健康に十分留意されながら、会員相互の連携を深め、なお一層のご活躍をされますよう、お願い申し上げます。

<写真上段>
 第38回山口地区老人クラブ連合会総会の様子

<写真下段>
 御笠地区老人クラブ連合会総会

4月17日(木曜日) つくしライオンズクラブチャリティーゴルフ大会の始球式に出席しました。

始球式の様子

 第26回つくしライオンズクラブが主催するチャリティーゴルフ大会が市内で開催され、私は始球式のみ参加させていただきました。
 つくしライオンズクラブは、市内を拠点に青少年育成を始め様々な奉仕活動に取り組まれています。クラブの皆様におかれましては、日頃から地域社会への奉仕活動に努めていただき深く感謝いたします。
 この日、160名を越える参加者の皆様にご協力いただいたチャリティー基金は、青少年育成事業として複数の団体へ贈呈されます。

4月16日(水曜日) 筑紫野市たばこ組合クリーンキャンペーンの活動報告を受けました。

参加者の皆さんとの集合写真

 この日は「筑紫野市たばこ組合クリーンキャンペーン」として、たばこ組合の皆様にJR二日市駅周辺の清掃活動を実施していただきました。
 筑紫野市たばこ組合の皆様におかれましては、たばこ販売事業における喫煙マナー向上の啓発活動や未成年者の喫煙防止に対する取り組みだけではなく、このような環境保全の面からもご尽力いただき、心から感謝を申し上げます。
 ご参加いただいた皆様、早朝からの活動、大変お疲れ様でした。

4月15日(火曜日) ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会の優勝報告を受けました。

懇談の様子

 市内在住の尾西桜さんが、平成26年度ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会の小学3・4年生の部24キログラム級で優勝し、その報告のためにご家族と一緒に市役所を訪問されました。
 今大会では、3試合全てで一つ年上の4年生との対戦となり、特に初戦の相手は昨夏の全国チャンピオンでしたが、そこを圧勝で通過、リズムに乗り見事栄冠を勝ち取りました。今回の優勝で、昨年、一昨年の同大会優勝に続く3年連続の快挙となりました。

尾西桜さんとの一枚

 今後の目標は「大きな大会でも小さな大会でもひとつひとつ勝てる選手になりたい」と元気に話してくれました。次も嬉しい報告に来てくれることを楽しみにしています。これからもがんばってください。

4月15日(火曜日) 人権擁護委員委嘱状伝達及び法務大臣感謝状贈呈式に出席しました。

あいさつする市長

 人権擁護委員委嘱状伝達および法務大臣感謝状贈呈式が市役所で行われ、新任の森山秀明委員に対し委嘱状が、退任される中村明子委員に法務大臣感謝状がそれぞれ伝達されました。
 森山委員には、これから常に厳正な立場のもと、自らの個性を思う存分に発揮いただき、行政とも連携しながら人権擁護活動にあたっていただきたいと思います。
 また、この度退任されました中村委員におかれましては、2期6年間にわたり、人権擁護活動にご尽力いただき、誠にありがとうございました。今後も委員の皆様へのご指導、ご鞭撻を宜しくお願いいたします。

4月15日(火曜日) 山家幼稚園の入園式に出席しました。

あいさつする市長

 春の素晴らしい日和の中、平成26年度山家幼稚園入園式が同園で行われ、16人の子どもたちが元気に入園しました。
 入園された皆さん、今日から皆さんは山家幼稚園の仲間です。先生のお話をよく聞いて、お友だちみんなで仲良くすごし、元気いっぱい遊んでください。
 幼稚園での生活は、子どもたちにとって生まれて初めての集団生活の場となります。山家幼稚園では、地域の方々に支えられ、教員が一体となった教育活動を展開しています。保護者の皆様、今後とも温かいご支援をよろしくお願いいたします。

4月14日(月曜日) 筑紫野市固定資産評価審査委員会の中島千春氏に辞令を交付しました。

辞令交付の様子

 筑紫野市固定資産評価審査委員会委員の辞令交付式を市役所で行いました。
 今回辞令を交付した中島 千春 委員は、平成17年から当委員を3期務められ、先月の3月市議会における同意を得て、4期目のご就任をいただきました。
 本市における固定資産税評価業務の一層の適正公正を期するため、その豊富な知識と経験をもって、今後ともお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

4月14日(月曜日) 筑紫野市健康づくり運動サポーターの会定期総会に出席しました。

あいさつする市長

 平成26年度筑紫野市健康づくり運動サポーターの会定期総会がカミーリヤで開催されました。
 会員の皆様には、日頃から市民の健康づくりのため、積極的に活動していただき、心から厚く御礼申し上げます。
 今年度は、平成25年度養成講習会を修了された8期生17名の方が新たにサポーターの会に加入されました。総勢125名のサポーターの皆様のお力で、元気で明るい健康の「輪」を広げていただき、「健康なまちづくり」推進の原動力としてご活躍されることとご期待申し上げます。

4月13日(日曜日) 各行政区の総会に出席しました。

あいさつする市長

あいさつする市長

 各行政区の総会に出席しました。
 この日私が訪問したのは、東新町区総会、紫ヶ丘区総会、原区総会の合計3か所でした。
 地域の皆様には、日頃から市政の各般にわたり深いご理解と温かいご協力をいただき、心から感謝申し上げます。
 各区の総会においては、昨年度の総括と今年度の展望に向けた活発な議論がなされ、大変意義深いものであったと思います。今年度も地域の皆様の自主的な活動に強く期待いたします。
 本市においても、様々な取り組みを一歩一歩着実に推進し、市民の皆様が「このまちに生まれてよかった、暮らしてよかった」、そして「ふるさと」として誇りをもって語れるまち「輝く筑紫野市」の実現に向けて、力を尽くしてまいります。

<写真上段>
 東新町区総会の様子

<写真下段>
 紫ヶ丘区総会の様子

4月12日(土曜日) 二日市八幡宮春季大祭第21回奉納おんな神輿を訪問しました。

第21回奉納おんな神輿の様子

 二日市八幡宮春季大祭第21回奉納おんな神輿の発着会場である二日市八幡宮を訪問しました。
 この日は前日からの雨予報で、開催を心配していましたが、参加者の皆さんの思いが天に届いたのか、降雨もなく無事に開催となりました。
 二日市八幡宮のおんな神輿は、五穀豊穣と産業の発展を願い、心のふれあい、相互の交流と絆を深めることを目的に開催され、最初は1基の神輿で始まりましたが、今では担ぎ手も増え、4基の神輿が登場します。

担ぎ手の皆さんを激励する市長

 21回目となる今年は、市商工会女性部や市内企業、高校から、そして市役所からも職員が参加し、総勢105人の担ぎ手が、そろいの赤い法被を身にまとい、二日市周辺を練り歩きました。
 威勢の良い掛け声とともに神輿を担ぐその姿は華やかさの中にしなやかさがあり、二日市のまちに明るい花が咲いたようでした。
 私も皆さんからたくさんの元気をいただき、輝く筑紫野市づくりにむけての決意を新たにしました。
 参加された担ぎ手の皆さんはもちろん、準備から運営までご尽力いただきました関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

4月12日(土曜日) 筑紫野市翼の会総会に出席しました。

あいさつする市長

 昨年の11月に「筑紫野市女性の翼の会」から「筑紫野市翼の会」へと名称変更されてから初めての、第17回筑紫野市翼の会総会が生涯学習センターで開催されました。
 翼の会の皆様の日頃からの積極的な活動は、男女共同参画による豊かな筑紫野市づくりをめざす上で、大きな推進力となっています。
 市としましても昨年度策定した「第2次ちくしの男女共同参画プラン《後期》」を機軸として、更なる男女共同参画社会づくりを推進してまいります。皆様には男女共同参画社会づくりのリーダーとして、今後なお一層のご活躍を期待いたします。

4月11日(金曜日) 筑紫野市商工会青年部の通常総会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市商工会の青年部の第43回通常総会が市内の会場で行われました。商工会青年部の皆様には、地域経済の中心的担い手として、若い力と創造力を結集し、様々な取り組みを展開され、地域商工業の振興に努めていただいております。
 市といたしましても、重要施策のひとつに「産業・雇用をつくる」を掲げ、商工業の発展に向け努めてまいりますので、今後ともご支援、ご協力のほどお願い申し上げます。

4月11日(金曜日) 東町・旭町新一年生を祝う会に出席しました。

新一年生、保護者の皆様との集合写真

 東町と旭町の新小学一年生を祝う会が旭東公民館で開かれました。
 会場には、午前中の入学式を終えたばかりの新一年生の皆さんが集まっており、少し緊張した表情が初々しく、おやつを笑顔でほおばる姿がかわいらしくとても微笑ましいひとときでした。
 東町の井上区長、旭町の行徳区長をはじめ地域の皆様には、すばらしいお祝いの会を開催いただき、心から感謝申し上げます。
 和やかな雰囲気の中で、新一年生を励まし、大切に地域の宝として育てられていることは、他の地区の模範であり、いつまでも続けてほしいと感じました。

4月11日(金曜日) 市立小学校入学式に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市立小学校(11校)で入学式が行われ、合計999人の児童が入学しました。私は山口小学校の第68回入学式に出席しました。
 新一年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今日から先生のお話をよく聞いて、毎日お友達と仲良く勉強し、元気いっぱい遊んでください。そして、大きな声で気持ちの良いあいさつができる人になってください。
 保護者の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます。今後とも本市教育行政への温かいご支援をよろしくお願いいたします。

4月10日(木曜日) 市立中学校入学式に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市立中学校(5校)で入学式が行われ、合計991人の生徒が入学しました。私は筑山中学校の第68回入学式に出席しました。
 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。中学校の3年間で皆さんの心と体は大きく成長します。皆さんには、このかけがえのない時期を大切に、お互いに切磋琢磨しあいながら、未来に向かって大きく羽ばたかれますことを強く期待しています。
 市といたしましても、次代を担う若い力をたくましく育むため、よりよい教育環境づくりに全力で取り組んでまいります。

4月9日(水曜日) 筑紫野市生涯学習センター自主学習グループ連絡会総会に出席しました。

あいさつする市長

 生涯学習センター自主学習グループ連絡会の平成26年度総会が生涯学習センターで開催されました。
 井上会長はじめ連絡会の皆様には、文化芸術やスポーツ、ボランティア活動など、実に幅広い分野にわたり、学習団体のネットワークづくりという大変重要な役割を担っていただいています。
 市といたしましても、市民の皆様とのパートナーシップを強めながら生涯学習の推進に全力で取り組んでまいりますので、皆様には住みよいまちづくりのリーダーとして、今後ともご支援、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

4月9日(水曜日) 若中クラブ通常総会に出席しました。

あいさつする市長

 第32回若中クラブ通常総会が若葉中原公民館で行われました。
 筑紫野市における65歳以上の高齢化率は、4月現在で21.03パーセントとなり、本市もいよいよ超高齢社会を迎えました。そのような中にあって、笑顔でいきいきと様々な活動に取り組んでおられる若中クラブの皆様は、元気な筑紫野市を支える大黒柱であります。
 今後もクラブの原点である「仲間づくり、健康づくり、生きがいづくり」を通じて、心豊かな社会づくりに努めていただきますようお願い申し上げます。

4月8日(火曜日) 市内の現場視察を行いました。

 

 市内で進行中の事業を直接確認するため、関係部署の職員とともに合計6か所に及ぶ現場視察を実施しました。
 この日は、平成26年度のはじめにあたり、十分な時間を確保して現場視察を行いましたが、市の様々な事業を進めていく中で課題が発生したり、新たなアイデアが必要になるときには、「現場に戻る」という姿勢がとても重要であると考えています。これからも私自身が積極的に現場に向かい、その場所を見て、地域の皆様と顔を合わせてお話を伺いながら事業の推進に努め、住みよいまちづくりに全力で取り組んでまいります。 

(1件目)九州森永乳業跡地、(2件目)高尾川・鷺田川河川改修工事現場、(3件目)下見池周辺、(6件目)天拝公園周辺の視察

現場視察(旧森永乳業跡地、入舟、下見、天拝公園)の様子

 1件目の市内石崎の九州森永乳業跡地では、事業の進捗状況を確認しました。この地は近々、レクリエーションなどが行える市民の皆様の交流広場として開放する予定となっています。
 2件目の高尾川・鷺田川河川改修工事現場では、事業対象地域の住民の方の移転代替地造成が完了し、その状況を確認しました。
 3件目の下見池周辺では、現在の状況と今後のスケジュールについての確認を行いました。
 また、6件目の天拝公園周辺では、現在進めている道路拡幅工事等の状況視察と、天拝公園地区のさらなる活性化に向けた事業構想のための現地調査を行いました。

(4件目)筑紫野市総合公園の視察

筑紫野市総合公園視察の様子

 4件目の筑紫野市総合公園では、市の憩いの場としてより多くの方にご利用いただけるよう、来園者の利用状況と、現在検討中の事項について確認しました。
 筑紫野市総合公園は、市内山口の天拝湖北側の小高い丘にある公園で、帆船をかたどった遊具がシンボルで、広大な公園から見下ろす天拝湖は絶景です。気候の良いこの時期は、週末を中心に大変多くの家族連れでにぎわいます。
 この公園が市を代表する安らぎの施設として多くの市民の皆様が集まり、輝きを増すよう、更なる整備を進めます。

(5件目)山神ダム上流域産業廃棄物処分場付近の視察

山神水道企業団採水ポイント視察の様子

 5件目の山神ダム上流域産業廃棄物処分場付近の視察では、市議会等でも度々ご質問いただくなど、市民の皆様の関心も非常に高い、水質状況の確認を行いました。今年度から、山神水道企業団に代わり、市が新たに調査を実施することとなった検査用採水ポイントを確認し、実際に数値を測定したところ、直下調査地点のうち2か所、ST-11'では電気伝導率1,292μs/cm、ST-19''では電気伝導率1,222μs/cm、目視調査においてはそれぞれ異常なしという結果でした。今後も安全で美味しい水を市民の皆様へ安定的にお届けするため、継続的な調査の実施に努めてまいります。

4月7日(月曜日) 福岡県庁を訪問し、副知事や部長等と面会しました。

山崎副知事との懇談の様子

服部副知事との懇談の様子

建築都市部、教育庁訪問の様子

 新年度を迎えてのあいさつのため、本市建設部長、教育部長及び都市計画課長とともに福岡県庁を訪問し、副知事や部長等と面談しました。
 面談したのは山崎副知事、服部副知事、建築都市部の松本部長、宮崎技監、乗松次長、同部都市計画課の赤星課長、県土整備部の村山部長、原技監、豊永次長、そして教育庁の城戸教育長、西牟田次長の合計11人の皆様でした。
 筑紫野市をよりよいまちにするため、現在様々な事業を進めていますが、その中には県や国、関係機関等のご協力をいただきながら、緊密な連携のもとに取り組んでいるものも少なくありません。
 この日は短時間の面接ではありましたが、本市の現状と活性化に向けた取り組みを報告するとともに、各種事業にかかる連携強化や更なる支援を要請する大変貴重な時間となりました。
 副知事をはじめ県の皆様、お忙しい中ご対応いただき、本当にありがとうございました。
 今後も県との連携を大切にしながら、筑紫野市の発展のために全力で取り組んでまいります。

<写真上段>
 山崎副知事との懇談の様子

<写真中段>
 服部副知事との懇談の様子

<写真下段>
 (左)建築都市部訪問の様子
 (右)教育庁訪問の様子

4月7日(月曜日) 外国語指導助手(ALT)の皆さんと懇談しました。

ALTの皆さんとの懇談の様子

 市内小中学校で英語の指導をしていただいている外国語指導助手(ALT)のフレデリックさん、パトリックさん、サミエルさんの3名にお越しいただきました。ALTは、児童・生徒の外国語授業の補助や教育教材の準備のほか、課外活動などに参加し、子どもたちのコミュニケーション能力の向上、地域の国際化の向上のためにご尽力いただいています。
 ALTの皆さんに、筑紫野市の子どもたちの印象をお聞きすると、「小学生はとてもかわいい」「中学生はとても元気があって授業が楽しい」と笑顔で語ってくださいました。国際化社会の中で大きく羽ばたく子どもたちのため、今後ますますのご活躍を期待いたします。

4月7日(月曜日) 学校給食共同調理場を訪問しました。

訓示を述べる市長

 市内永岡にある学校給食共同調理場を訪問し、職員に訓示を行いました。
 共同調理場では、調理員の皆さんが、「子どもたちに美味しい給食を食べてほしい」という思いを胸に、市内小中学校16校に通う子どもたち約9,000人分の給食を毎日作っています。
 今年度は、給食の提供体制の強化、調理環境をよりよいものとするため、共同調理場の改修事業を行います。訓示の中で、子どもたちの健やかな心と体をはぐくむため、安全で安心な給食づくりに全力を尽くしていただくようお願いしました。

4月7日(月曜日) 筑紫野市市民大学講座開講式に出席しました。

あいさつする市長

 平成26年度筑紫野市市民大学講座開講式が生涯学習センターで開催されました。
 昭和47年の市制施行と同時に開講された筑紫野市女性大学講座は、広く市民に多彩な学習機会を提供するだけに止まらず、地域の輪、絆を育む場としても重要な役割を果たしています。そして今年度からは、男女共学の意味から「市民大学講座」へ名称を変更されました。
 受講生の皆様には、市民大学講座での新たな学びと出会い、絆を強めながら、様々な分野での活動を通じて、ふるさととして誇りを持って語ることのできるまちづくりに、今後ともご支援をいただきますようお願い申し上げます。

4月6日(日曜日) 筑紫野市消防団に消防ポンプ自動車を引き渡しました。

あいさつする市長

 筑紫野市消防団に対する消防ポンプ自動車の引渡式を筑紫野市役所前で開催しました。
 筑紫野市消防団の皆様には、訓練や消防啓発、さらには出火時の出動など、市民の安全安心を守るためにご尽力をいただいておりますことに対し、筑紫野市民を代表いたしまして、厚く御礼申し上げます。

引渡しの様子

 本市では、より一層の地域防災力の向上を図る取り組みの一環として、老朽化した消防車両を計画的に更新しており、今年度は、二日市分団の消防ポンプ自動車(3号車)を更新しました。
 二日市分団の皆様におかれましては、その最新鋭の機能に熟達されることを期待するとともに、今後とも地域防災の要として、一層精進くださるようお願いいたします。

4月6日(日曜日) 旭ヶ丘自治会総会に出席しました。

あいさつする市長

 平成25年度旭ヶ丘自治会総会が若葉中原公民館で開催され、前年度の事業報告及び決算、平成26年度の事業計画及び予算の審議が行われました。
 旭ヶ丘自治会の皆様に日頃からご尽力いただいている、地域に根ざした取り組みが、まちを元気に、そして活力あふれるものへと変えて行きます。それが大きな風となり、輝く筑紫野市づくりに向けた頼もしい追い風になるものと確信しています。
 今年度も地域の皆様としっかりと手を携えながら、全力で市政運営に取り組んでまいりますので、なお一層のご理解、ご協力をいただきますよう宜しくお願い申し上げます。

4月6日(日曜日) 筑紫野市消防団の新入団員及び階級異動者辞令交付式に出席しました。

辞令交付の様子

 平成26年度筑紫野市消防団新入団員及び階級異動者辞令交付式が市役所で開催されました。
 この日は、新入団員27名と階級異動者(昇任者)25名に対し、平山団長から辞令が交付されました。新入団員の皆様におかれましては、消防団員としての使命感を胸に、市民の生命、身体、財産を守るため、一致団結して任務を遂行していただくとともに、自らの安全確保に細心の注意を払いながら活動されることをお願い申し上げます。

あいさつする市長

 また、昇任された方々におかれましては、安全で安心なまちづくりの担い手として、市民から信頼される消防団員として益々のご活躍をご期待申し上げます。

<写真上段>
 平山団長から団員への辞令交付の様子


<写真下段>
 市長あいさつの様子

4月5日(土曜日) 平成25年度市立保育所入所・進級式が行われました。

あいさつする市長

 筑紫野市立の四保育所(二日市、街道、下見、京町)で入所・進級式が行われ、私は二日市保育所の第66回入所・進級式に出席しました。
 園児のみなさん、先生やお友だちといろいろなことにチャレンジし、保育所での生活や遊びを思いきり楽しんでください。そして、自分のことが大好き、お友だちのことが大好きになってほしいと願っています。
  保護者の皆様、地域の皆様には、今後とも保育行政へのご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

4月4日(金曜日) 春の交通安全県民運動街頭活動出発式に出席しました。

出発式の様子

 春の交通安全県民運動街頭活動出発式が大野城市内の会場で開催されました。
 去る4月1日から春日警察署が開庁し、筑紫地区が2つの警察署の体制となって初めての合同行事でしたが、筑紫野・春日両警察署はもちろん、筑紫地区の自治体、関係団体等から総勢約150名の参加を得て、盛大な出発式となりました。
 飲酒運転や交通事故をなくすためには、一人ひとりが安全運転に対する意識をより一層高めていくことが重要です。市民の皆様、事業所の皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

4月4日(金曜日) 部課長会議において市幹部職員に訓示を行いました。

訓示を述べる市長

 新年度になり第1回目となる部課長会議において、市幹部職員に対し訓示を行いました。
 本市はこれから大きく発展する可能性を秘めています。その実現のためには、最も基礎的で大切な、「公」のサービスを担う市役所が元気で、そこで働く職員が活気に満ちたものでなければなりません。
 より良い行政、より良い市民サービスに職員一丸となって取り組み、元気な筑紫野市づくりに邁進されることを強く期待しています。

4月3日(木曜日) 春日・筑紫安全運転管理協議会定期総会例会に出席しました。

あいさつする市長

 春日・筑紫安全運転管理協議会の平成26年度定期総会例会が市内の会場で開催されました。
 筑紫安全運転管理協議会は、事業所における交通安全の意識の高揚、適切な安全運転の推進を目的とした、筑紫地区を管轄する一つの組織でしたが、この度の春日警察署開庁に伴い、二つの組織に分割されることとなりました。
 この日の総会では、昨年度の決算及び今年度予算の審議、役員改選などが行われました。
 今後は、両協議会において緊密な連携体制を確保し、交通事故撲滅へ一層のご尽力をお願い申し上げます。

4月3日(木曜日) 山口ミニバスケットボールクラブの全国大会優勝報告を受けました。

あいさつする市長

 山口ミニバスケットボールクラブが3月30日に東京都で開催された第45回全国ミニバスケットボール大会で優勝し、その報告のため監督をはじめ選手の皆さんが市役所を訪問されました。
 全国大会は代表48チームが4ブロックに分かれて優勝を争いましたが、同チームは北海道、岡山、静岡代表をそれぞれ破り、沖縄県代表と対戦した決勝戦は拮抗した戦いとなりましたが、延長戦の終了間際にキャプテンの木暮君が決勝点を挙げ、優勝を手中におさめました。

選手・コーチとの集合写真

 本大会を最後に卒業された年長選手の皆さんは、みんなで勝ち取った「全国優勝」という宝物を胸に、中学校での更なる活躍を期待します。今年度もチームに残った6年生以下の選手の皆さんは、大舞台でプレーした経験を大きな糧として、新しいチーム体制でもますます頑張ってください。この度の優勝、本当におめでとうございます。

4月3日(木曜日) ピュアハートの國友代表、高村ディレクターの表敬訪問を受けました。

懇談の様子

 筑紫野市を拠点として活動する、障害のあるメンバーによる音楽バンド「ピュアハート」代表の國友美枝子さんとディレクターの高村光浩さんが市役所を訪問されました。
 「ピュアハート」の皆さんの東日本大震災被災地支援活動については、市長の動きでも度々お知らせしてきましたが、今年の6月に通算で3度目となる被災地訪問をされるとのことで、この日はその計画を聞かせていただきました。今回のツアーで、被災地のより多くの方々に、ピュアハートの音楽、そして思いを知ってもらえることと期待しています。
 市としましても、ピュアハートの活動をこれからも応援し続けていきます。

4月1日(火曜日) 筑紫野市公立学校教職員赴任式に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市公立学校教職員赴任式において、今年度から新たに本市で学校教育に携わっていただく78名の先生方を迎えることができました。
 本市では、子ども一人ひとりを大切にする教育を基盤に、保護者、地域に信頼される開かれた学校づくりを進めています。
 赴任された先生方には、本市の子どもたちのため、「確かな学力」、「豊かな心」、「健やかな体」の調和のとれた育成に努めていただきますようお願い申し上げます。

4月1日(火曜日) 市職員の人事異動、新規採用等に伴う辞令交付式及び一部事務組合の辞令交付式を行いました。

訓示を述べる市長

 人事異動対象職員(係長級以上)、新規採用職員(13人)及び一部事務組合等の対象者に対して辞令を交付しました。
 地方分権など時代は大きく動き、私たちを取り巻く環境も大きく変化しています。
 このたび昇任及び異動となった職員の皆さんには、社会の変化に的確に対応し、柔軟な発想と創造性をもって、市民の期待に応えられる取り組みを期待しています。

辞令交付式の様子

 新規採用職員の皆さんには、市職員を志した熱い思いをいつも忘れず、公平・公正な視点で、何よりも筑紫野市民の福祉の向上を念頭に、それぞれの持ち場での業務に励んでいただきたいと思います。
 皆さんの更なる活躍、奮起に期待します。ともに頑張りましょう。

4月1日(火曜日) 識見を有する監査委員辞令交付式を行いました。

辞令交付式の様子

 識見を有する監査委員の辞令交付式を市役所で行いました。
 今回辞令を交付した段上信章 委員は、平成22年から当委員を務められ、さきの3月議会における同意を得て、2期目のご就任をいただきました。
 今後も引き続き、本市の監査委員として、財務に関する事務の適正な執行と自治体経営にかかる事業の管理について、厳正な視点からご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス