ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成26年3月)
更新日: 2014年4月7日

市長の動き(平成26年3月)

 「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

3月31日(月曜日) 退職辞令交付式を行いました。

花束贈呈の様子

 平成25年度最終日をもって退職となる、26名の職員に対する退職辞令交付式を執り行いました。
 皆さんには、退職を迎えられる今日まで、市民サービスの最前線においてその職責をしっかりと果たしていただきました。今日の筑紫野市の発展に多大なるご貢献をいただき、心から感謝申し上げます。長い間、本当にお疲れ様でした。

退職者との集合写真

 これから、再任用職員となる方、まったく違うステージを目指す方などこの先の道は様々ですが、今までとは違った立場で、あるいは市民として市政をご覧いただき、ご指導、ご支援をいただきますようお願い申し上げます。

3月29日(土曜日) 俗明院区の桜まつりを訪問しました。

あいさつする市長

 俗明院区で開催された第2回桜まつりを訪問しました。
 当日はあいにくの雨模様でしたが、会場となった俗明院公民館、菅原公園には満開の桜を一目見ようとたくさんの地域の方が訪れていました。
 活気あふれるまつりの様子と、笑顔で楽しむ皆さんの元気な姿を拝見し、大変うれしい気持ちがわいてくるのと同時に、筑紫野市がもっともっと活力あるまちになっていくのだろうと、とても頼もしい思いがいたしました。

第2回桜まつりの様子

 まつりの開催にあたりご尽力いただきました萩尾区長をはじめ、関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

<写真上段>
 市長あいさつの様子

<写真下段>
 桜まつり会場の様子

3月29日(土曜日) むさしヶ丘保育園の卒園式に出席しました。

あいさつする市長

 むさしヶ丘保育園の第40回卒園式が同園で開催され、参加した保護者の皆様、先生方が見守る中、きいろ組30名の園児たちが元気に卒園しました。
 むさしヶ丘保育園は今年度で創立40周年を迎えられました。この記念の年に大きく羽ばたかれる園児の皆さんの健やかな成長、輝かしい将来を心からお祈りいたします。
 保護者の皆様、お子様のご卒園、まことにおめでとうございます。

3月29日(土曜日) 天拝少年剣道錬成大会に出席しました。

あいさつする市長

 第7回天拝少年剣道錬成大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 筑紫地区はもとより、県内外から集われた650名を超える小中学生剣士の皆さんの参加を得て、盛大な大会となりました。
 私は公務の都合で開会式のみの出席でしたが、日々の厳しい修練の成果が存分に発揮された、素晴らしい試合が展開されたことと思います。
 出場された選手の皆さん、運営に当たられた大会役員の皆様、本当にお疲れ様でした。

3月28日(金曜日) 筑紫野太宰府消防組合議会3月定例会を開会しました。

太宰府消防署外観

 平成26年第1回筑紫野太宰府消防組合議会定例会を筑紫野太宰府消防組合消防本部で開会しました。議会では、平成26年度予算などを含む4件の議案についてご審議いただきました。
 現在、当組合では1消防本部、2消防署、2出張所の体制により、筑紫野、太宰府両市約17万3千市民の生命、身体、財産を火災等の災害から守るため日々の業務に努めています。
 度重なる大規模災害等の発生により、防災に対する意識が高まりを見せる中、住民の皆様の安全・安心の暮らしのため、今後も消防防災行政に全力で取り組んでまいります。

3月28日(金曜日) 筑紫野市都市計画マスタープラン策定会議を開催しました。

あいさつする市長

 第1回筑紫野市都市計画マスタープラン策定会議を生涯学習センターで開催し、委員の皆様に委嘱書を交付しました。
 平成11年に策定した「筑紫野市都市計画マスタープラン」が、平成26年度末で目標年次を迎えるにあたり、これまでの継続課題に加え、社会情勢の変化や筑紫野市としての成長戦略を踏まえ、第二次マスタープランを策定し、20年後の本市の将来像を明らかにしていきます。
 委員の皆様におかれましては、計画策定までの間、様々な分野のまちづくりに携わっておられる立場から、ご意見を賜りますよう心からお願い申し上げます。

3月27日(木曜日) 代表区長との定例会を開催しました。

あいさつする市長

 代表区長との定例会を市役所内の会議室で開催しました。
 この日の定例会では、平成26年第1回筑紫野市議会定例会(3月議会)の主な案件(人権擁護委員の推薦の件、筑紫野市監査委員等の選任の件、平成26年度一般会計予算の件、平成25年度一般会計補正予算の件)等に関する報告と質疑応答を行いました。特に、平成26年度一般会計予算については、主要な事業に関して具体的に説明させていただきました。
 区長の皆様には、来年度も住みよいまちづくりに向け、一層のご理解、ご協力をお願いいたします。

3月26日(水曜日) 県道137号(基山停車場平等寺筑紫野線)道路建設促進期成会発会式に出席しました。

あいさつする市長

 県道137号(基山停車場平等寺筑紫野線)道路建設促進期成会の発会式が山口コミュニティセンターで開催されました。
 当期成会は、佐賀県の基山町から本市平等寺を経由して本市の中心部とを結ぶ県道137号線の道路整備の円滑な事業推進と早期実現に向けた取り組みを行うもので、山口校区区長会の皆様を中心として、小中学校PTA、県議会議員、市議会議員等で構成されています。
 この日は期成会の委員及び顧問案の承認、趣意書案の承認、会長及び副会長の選出等が行われました。

3月24日(月曜日) 第66回日本消防協会定例表彰伝達式に出席しました。

伝達式の様子

 消防団員としての永年の功績を称える第66回日本消防協会定例表彰の伝達式が市役所にて開催されました。
 この日は、筑紫野市消防団本部の山﨑副団長に功績章が、山家分団の清武分団長に精績章及び勤続章が日本消防協会から授与されたため、私が伝達しました。

受章者との集合写真

 両氏は、郷土愛護の精神と旺盛な責任感をもって、市民の生命財産の安全、保護のため、献身的に
消防業務に励まれ、本市の消防の発展に大きく貢献されました。
 山﨑副団長、清武分団長、この度のご受章、誠におめでとうございます。今後のご健康とますますのご活躍を期待いたします。

3月24日(月曜日) まちづくりNPO法人ほっと二日市の訪問を受けました。

NPO法人ほっと二日市の皆様との集合写真

 まちづくりNPO法人ほっと二日市の東理事長はじめ役員の皆様が平成25年度実施事業の状況報告のため市役所を訪問されました。
 ほっと二日市では今年度、「コミュニティ放送創出事業」に取り組まれています。この事業は、中央通商店街の有線放送にインターネット放送を加えたコミュニティ放送を実施するもので、将来的にはFM放送の開局を目指すものです。筑紫野市民が「まちを好きになり、関心を持ち、まちを育てていく」本事業が今後一層進展されますことを期待しています。

3月24日(月曜日) 市長杯グラウンドゴルフ大会に出席しました。

開会式の様子

 第23回市長杯グラウンド・ゴルフ大会が諸田多目的グラウンドで開催されました。
 この日は早朝からの開催でしたが、200名を超える選手が出場され、日頃の練習の成果を存分に発揮した白熱のプレーが展開されました。
 私は残念ながら公務のため選手の皆様と一緒にプレーすることはできませんでしたが、開会式で拝見した皆様のはつらつとした笑顔に、たくさんの元気をいただきました。選手の皆様、本当におつかれさまでした。

3月24日(月曜日) 筑紫野市暴力追放推進市民協議会年度末暴力追放街頭啓発に参加しました。

街頭啓発の様子

 筑紫野市暴力追放推進市民協議会による年度末暴力追放街頭啓発がJR二日市駅及び西鉄二日市駅前で実施され、私はJR二日市駅前での街頭啓発に参加しました。
 この取り組みは、本市から暴力団をはじめとするあらゆる暴力行為、犯罪を追放するため、市民の暴力排除意識を高揚させ、市をあげて暴力追放運動を推進することを目的としています。
 不当要求を受けたときには一人で悩まず、まずは相談という一歩から踏み出してください。

3月23日(日曜日) 安河内武士氏旭日単光章受章記念祝賀会に出席しました。

祝賀会の様子

 宇美町商工会長の安河内武士氏が平成25年秋の叙勲において旭日単光章を受章され、その祝賀会が福岡市内の会場で開催されました。
 安河内氏は、平成13年に第10代宇美町商工会長に就任され、以来、地域商工業の振興、社会一般福祉の増進に取り組まれるとともに、福岡県商工会連合会の理事として、県下各地区の商工会の円滑な事業運営等にご尽力いただいております。
 安河内様、この度の受章、誠におめでとうございます。今後ますますのご活躍をお祈りいたします。

3月23日(日曜日) 平成25年度馬市区決算総会に出席しました。

あいさつする市長

 平成25年度馬市区決算総会を訪問し、日頃からの市政各般にわたるご理解、ご協力に対するお礼を申し上げました。
 馬市区には、様々な行事のたびに訪問させていただいていますが、その度に地域の皆様が元気に活動される様子を拝見し、活力あふれる筑紫野市づくりに向けて大変頼もしい思いがいたします。
 市職員も一丸となって筑紫野市の発展に努めていますので、今後とも皆様方のご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

3月23日(日曜日) 筑紫野市ソフトボール協会加盟団体合同開会式に出席しました。

合同開会式の様子

 筑紫野市ソフトボール協会加盟団体合同開会式が筑紫運動広場で開催されました。
 この日、当協会加盟の5つのリーグ及び単独3チームが揃って開幕を迎えました。
 当協会の平井会長はじめ関係者、選手の皆様には、日頃からソフトボールを通じて本市のスポーツ振興、市民の健康づくりはもとより、地域、世代を超えた広範囲な交流活動にご尽力いただき、心から感謝申し上げます。
 今年の各リーグ戦における、選手の皆さんのご奮闘、ご活躍をお祈りいたします。

3月22日(土曜日) 平成25年度市立保育所卒園式が行われました。

京町保育所第39回卒園式の様子

 筑紫野市立の四保育所(二日市、街道、下見、京町)で卒園式が行われ、合計101人の園児が笑顔で卒園しました。この日、私は京町保育所の第39回卒園式に出席しました。
 卒園児の皆さんは、友達や先生との楽しい思い出がいっぱいの保育所を卒園し、いよいよ小学1年生になります。新しい事にチャレンジする心を持ち続け、元気に学校生活を過ごせるよう願っています。
 保護者の皆様、この度のご卒園、まことにおめでとうございます。

3月20日(木曜日) 筑紫野郵便局を訪問しました。

筑紫野郵便局での懇談の様子

 筑紫野郵便局を訪問し、金柿局長と面談しました。
 懇談では、本市施策推進へのご支援に対するお礼と、郵便事業を柱とした本市との連携、協力のあり方について協議を行いました。
 金柿局長には、年度末の大変お忙しい中にもかかわらずお時間をいただき、誠にありがとうございました。
 本市の更なる発展、そして市民の皆様にとって住みよいまちづくりに向けて、今後も関係機関との連携強化に積極的に取り組んでまいります。

3月17日(月曜日) 福岡法務局筑紫支局の藤本支局長の訪問を受けました。

表敬訪問の様子

 福岡法務局筑紫支局の藤本支局長が、本市人権擁護委員の任期満了に伴う新任委員推薦の依頼のため、筑紫人権擁護委員協議会の安河内副会長とともに市役所を訪問されました。
 人権擁護委員は、法務大臣から委嘱され、法務局の職員とともに人権侵害事件の調査処理、人権相談、人権啓発活動などを行っており、市民にとって最も身近な人権に関する相談窓口という大変重要な役割を担っています。
 今後も、人権擁護委員の皆様はもちろん、法務局と連携しながら、人権尊重のまちづくりに全力で取り組んでまいります。

3月16日(日曜日) 県営本道寺・香園土地改良区農地環境整備事業竣工記念式典に出席しました。

竣工記念式典の様子

 県営本道寺・香園土地改良区農地環境整備事業竣工記念式典が市内本道寺で執り行われました。
 本事業は、平成18年9月の土地改良区設立から約7年の歳月をかけ、中山間地特有の不整形農地を改善し、大型農業機械による生産効率の高い農地への土地改良を行ったものです。この日、無事に竣工の日を迎えることができましたのも、事業の推進にあたられた役員の皆様、関係各位の熱意とご尽力の賜物であります。
 今後は、この地を最大限にご活用いただくとともに、すばらしい景観を守り育て、豊かな地域づくりに励まれますようお願い申し上げます。

3月16日(日曜日) 筑紫野市消防団山口分団古賀・立明寺班格納庫引渡式に出席しました。

出席者との集合写真

 筑紫野市消防団山口分団古賀・立明寺班格納庫引渡式を市内立明寺の新設格納庫前で行いました。
 新設された格納庫には、人力で搬送できる消防用ポンプ「可搬ポンプ」が格納されます。可搬ポンプは火災発生時の初期消火に大きな効果を発揮する機材です。
 古賀区、立明寺区、並びに筑紫野市消防団におかれましては、地域の皆様の安全、安心の暮らしのため、新しい設備を最大限活用し、地域防災力の向上にお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

3月15日(土曜日) 大賀酒造「春の酒蔵開き」を訪問しました。

鏡開きの様子

本市の二日市中央にある大賀酒造株式会社で、春の酒蔵開きが開催されました。
 大賀酒造株式会社は延宝元年(1673年)創業の福岡県で最も古い酒蔵で、その確かな酒造りの技術は今もなお脈々と受け継がれています。
 このイベントは平成13年春から始まり、平成21年からはお客様からのご要望により、春・秋の年2回開催されています。
 この日は素晴らしいイベント日和のもと、新酒の試飲即売、酒まんじゅう、本市の物産販売などが行われ、多くの来場者で賑わっていました。

3月14日(金曜日) 市立小学校卒業式に出席しました。

祝辞を述べる市長

 筑紫野市立小学校(11校)で卒業式が行われ、合計1,044人の児童が卒業しました。私は二日市北小学校の第39回卒業証書授与式に出席しました。
 皆さんは、先生や友達との素晴らしい思い出がいっぱいの小学校を卒業し、いよいよ中学生になります。
 中学校では勉強や部活動、学校生活の中で、さらに自分自身を高めていくことと思いますが、その途中でどんなことがあっても自分を信じ、支えてくれる周りの人への感謝を忘れず、夢の実現に向かって努力を続けてください。これからの皆さんの活躍を祈っています。ご卒業、まことにおめでとうございます。

3月13日(木曜日) 市立中学校卒業式に出席しました。

第37回筑紫野中学校卒業証書授与式の様子

 筑紫野市立中学校(5校)で卒業式が行われ、合計980人の生徒が卒業しました。私は筑紫野中学校の第37回卒業証書授与式に出席しました。
 卒業生の皆さんの引き締まった表情を見ていると、心強さを感じると同時に、筑紫野市の将来を担う皆さんのこれからの活躍に大きな期待を抱かずにはいられませんでした。
 これから長い人生の歩みの中では、多くの困難も待ち受けていると思いますが、3年間の学校生活で培った「自立」の力、「友愛」の心、そして「創造」の精神で立ち向かい、将来へ力強く邁進していただきたいと思います。ご卒業、まことにおめでとうございます。

3月13日(木曜日) 筑紫野市固定資産評価審査委員会の米永隆司氏に辞令を交付しました。

辞令交付の様子

 筑紫野市固定資産評価審査委員会委員の辞令交付式を市役所で行いました。
 今回辞令を交付した米永 隆司 委員は、平成11年から当委員を5期務められ、この度の3月議会における同意を得て、6期目のご就任をいただきました。
 本市における固定資産税評価業務の一層の適正公正を期するため、その豊富な知識と経験をもって、今後ともお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

3月12日(水曜日) 筑紫野経済同友会30周年記念事業のための取材を受けました。

筑紫野経済同友会の皆様との集合写真

 筑紫野経済同友会が今年、創立30周年を迎え、それを記念して製作されるDVDに私のインタビューを収録いただけるとのことで、経済同友会の皆様が市役所を訪問されました。
 去る2月9日に開催された設立30周年記念式典に出席させていただきましたが、大きな節目を契機に、今後の更なるご活躍を期待させるものでありました。
 皆様がこれまで培われた豊富な経験と溢れるエネルギー、郷土筑紫野を愛する想いによって、地域経済の振興のみならず、地域の活性化にお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

3月12日(水曜日) 農山漁村男女共同参画優良活動表彰 農林水産大臣賞の受賞報告を受けました。

懇談の様子

三宅さんとの集合写真

 去る3月6日に開催された「平成25年度農山漁村男女共同参画優良活動表彰式」において、本市常松の「合同会社三宅牧場まきば」の三宅静恵さんが農林水産大臣賞を受賞され、その報告のため、お母様の静代さんとともに市役所を訪問されました。
 この表彰は、次世代を担う地域リーダーとなることが見込まれている若手女性及び女性の参画を積極的に推進している組織等に贈られるものです。

 三宅さんは、平成14年にご両親が生産された農産物を原料にした加工品を販売する事業をスタートし、平成19年にその事業を現在の「合同会社三宅牧場まきば」として法人化されました。現在は子育て中の同年代の女性を中心に従業員を雇用されています。自家生産の原料を使用した安心、安全、美味しい商品の提供はもちろん、就業時間の工夫などにより働きやすい職場環境を整え、スタッフの家族も幸せになる会社づくりを念頭に経営を展開されています。

 今後も、女性農業経営者の若きリーダーとしてますますご活躍されますこととご期待申し上げます。この度の受賞、まことにおめでとうございます。

3月12日(水曜日) 筑紫野幼稚園卒園式に出席しました。

筑紫野幼稚園卒園式の様子

 平成25年度第58回筑紫野幼稚園卒園式が行われ、つき組41人の園児が元気に卒園しました。
 昨年の秋に行われた運動会で、月組の皆さんにお会いしてから半年がたちました。体も一回り大きくなり、一人ひとり、立派な姿で卒園証書を受け取る様子に、頼もしさを感じるとともに、これからの皆さんの成長がとても楽しみになりました。小学校では新しいお友だちと一緒に、楽しい学校生活をすごしてください。
 保護者の皆様、お子様のご卒園まことにおめでとうございます。

3月11日(火曜日) 東日本大震災筑紫野市追悼式・復興祈念式を開催しました。

追悼式・復興祈念式の様子

 東日本大震災筑紫野市追悼式・復興祈念式を市役所前広場で行い、市議会議員や区長会役員、筑紫野太宰府消防組合職員、市消防団員、市職員など計280人が出席しました。
 この震災が我が国に残した爪あとは大きく、深く、真の復興までの道のりは長く険しいものであります。全ての国民が強い絆で結ばれ、ひとつとなってこの難局に立ち向かっていかなければなりません。

市長あいさつの様子

 震災から3年が経過した今、被災地への継続した支援はもちろん、震災の記憶を風化させることなく、教訓を未来へ伝え、語り継いでいくことが我々に課せられた使命であります。
 震災の犠牲となられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、被災地の方々が一日も早く元の生活を取り戻せますようお祈り申し上げます。

3月9日(日曜日) 自衛隊入隊予定者激励会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市自衛隊父兄会の主催による自衛隊入隊予定者激励会が文化会館で開催されました。
 自衛隊はわが国の平和と安全を守ることを第一義としていますが、国際平和維持活動への協力、国内外で発生する災害における被災地支援など、その役割、責務は以前にも増して広範多岐にわたり、私たち国民の暮らしを守る上で、無くてはならない存在となっています。そのような中、この度、筑紫野市に暮らす皆さんが、「この国を守る」という強い意志を持って職に就かれることをとても嬉しく思います。

激励会の様子

 この日出席した入隊予定者の皆さんから、力強い意気込みも聞くことができました。今後、ご自分の職務に誇りと自信を持ち、一日も早く、立派な自衛官となられますことを願っています。

<写真上段>
 市長あいさつの様子

<写真下段>
 記念品贈呈の様子

3月9日(日曜日) 本町ふれあい交流会に出席しました。

本町ふれあい交流会の様子

 本町ふれあい交流会が二日市コミュニティセンターで開催されました。
 この交流会は、本町区の皆さんの学習の成果を発表するだけでなく、地域の皆さんが交流を深め合うことも目的とした、参加・体験型のイベントです。
 会場には、書や絵画、写真、手芸などの作品展示コーナーや、ちぎり絵などの体験コーナーなどが設けられており、子どもから大人まで、多くの人で賑わっていました。
 椎葉区長をはじめ、運営にご尽力いただいた関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

3月9日(日曜日) 第39回筑紫野南野球連盟リーグ戦開幕式に出席しました。

開幕式の様子

 第39回筑紫野南野球連盟リーグ戦開幕式が筑南グラウンドで開催されました。
 本大会は、今年で第39回目という輝かしい伝統をもっています。
 選手の皆さんが、日頃の練習の成果を存分に発揮し、チームワークを大切に、闘志あふれるプレーを展開されますとともに、チームの枠を超えた親睦を図り、幅広い交流を深められることを期待いたします。
 皆さんの今年一年のご健闘をお祈りいたします。

3月8日(土曜日) 夢野久作と杉山3代研究会 第2回研究大会に出席しました。

あいさつする市長

 3月8日と9日の2日間にわたり「夢野久作と杉山3代研究会」の第2回研究大会が生涯学習センターで開催されました。
 本研究会は、「ドグラ・マグラ」で知られる作家、夢野久作や、その父で明治・大正期に政財界で活躍した杉山茂丸が一時期、筑紫野市に住んでいたことなどを機縁として創設され、久作の長男でインドの緑化運動に尽力した杉山龍丸と併せた杉山3代について継続的に研究し、学究的な光を当てることを目的としています。

パネル展示を見学する市長

 今年の研究大会にも、全国から多くの研究者が集まり、筑紫野探訪や講演、研究発表などが行われました。開催にあたりご尽力いただいた三輪会長はじめ関係者の皆様に心から感謝申し上げます。
 今後も本研究会の活動が活発となり、杉山3代の研究がさらに進展していくことを期待します。

3月8日(土曜日) 筑紫野市職員退職者の会春の懇親会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市職員退職者の会春の懇談会が市内の会場で開催されました。
 青笹会長をはじめ会員の皆さんには、在職中は筑紫野市の発展に、そして退職後も住みよい地域づくりに貢献をいただいており、心から感謝申し上げます。
 今後も市職員のよき先輩としてご助言をいただき、皆さんの豊富な知識と経験をもって、市政の発展にご協力いただきますようお願い申し上げます。

3月8日(土曜日) 原田保育園第38回卒園式に出席しました。

あいさつする市長

 原田保育園第38回卒園式が開催され、はな組63人の園児たちが元気に卒園しました。
 はな組の皆さんは、お友だちや先生との楽しい思い出がいっぱいの原田保育園を卒園し、4月からはいよいよ小学生の仲間入りです。新しいお友だちをたくさんつくって、勉強にも遊びにも、一生懸命がんばって下さい。
 保護者の皆様、お子様のご卒園、まことにおめでとうございます。子どもたちがこれまで経験したことを大切にして、健やかな小学校生活を送られますことを心からお祈りいたします。

3月4日(火曜日) 平成25年度第12回移動市長室を実施しました。

平成25年度第12回移動市長室の様子

 通算32回目となる移動市長室を、むさしヶ丘公民館で開催しました。
 井上区長をはじめ26人の地域の皆様に出席していただき、むさしヶ丘区の地域福祉について懇談を行いました。
 懇談の前には、むさしヶ丘いきいきサロンの活動に参加させていただきました。簡単なストレッチ体操の後、サロン参加者の皆様とゲームを行いました。短い時間でしたが、和気あいあいと、皆様の笑いの中で楽しいひとときを過ごさせていただきました。

平成25年度第12回移動市長室の様子2

 懇談では、むさしヶ丘福祉協議会の活動について説明を受けました。むさしヶ丘区は市内でも高齢化率が高い地域ですが、高齢化が進んでいくことを見据え、早くからサロン活動などの地域での取り組みを実施されています。
 また、昨年12月に通算1,000回の巡回を達成し、犯罪抑止に効果を発揮されている防犯パトロール隊など、地域が一体となって、まちづくりの規範となるような様々な地域福祉の活動をされていることに感銘を受けました。むさしヶ丘区の皆様、まことにありがとうございました。

平成25年度第12回移動市長室あいさつ


<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます

3月4日(火曜日) 派遣を解く辞令交付式を行いました。

辞令交付式の様子

 今年1月はじめからの約2か月間にわたり、東日本大震災の復旧・復興事業に伴う埋蔵文化財発掘調査のため、宮城県亘理郡山元町へ派遣していた職員の派遣を解く辞令の交付式を行いました。
 本市では、埋蔵文化財発掘調査業務を実施する職員として、当職員を含め2名、合計3か月間にわたる職員派遣を行いました。大変お疲れ様でした。
 現地での体験を、本人の財産としていただくことはもとより、今後の業務に活かされることを期待します。

3月3日(月曜日) 人権擁護委員、監査委員、固定資産評価審査委員会委員、二日市財産区管理委員の皆様と面談しました。

二日市財産区管理委員との懇談の様子

 去る2月26日に開会した筑紫野市議会3月定例会において同意された、人権擁護委員、監査委員、固定資産評価審査委員会委員、二日市財産区管理委員の皆様と面談しました。
 委員の皆様にはそれぞれの分野において、豊富なご経験と専門的知見から、ご指導をいただけるものと思います。
 皆様に務めていただく職務は本市の施策推進に向けて大変重要なものであります。任期中はご苦労をおかけしますが何卒宜しくお願い申し上げます。

固定資産評価審査委員、監査委員、人権擁護委員との懇談の様子

<写真上段>
 二日市財産区管理委員の皆様との面談の様子

<写真下段>
 人権擁護委員、監査委員及び固定資産評価
 審査委員会委員の皆様との面談の様子

3月2日(日曜日) 春季火災予防運動 防火パレード出発式に出席しました。

 
あいさつする市長

 3月1日から7日まで、「消すまでは心の警報ONのまま」をスローガンに、春の全国火災予防運動が実施されています。
 この日は、本市における火災予防運動の一環として、筑紫野市消防団による防火パレードが行われ、併せて山林火災防ぎょ訓練が市内香園の山林で実施されました。

山林火災防ぎょ訓練の様子

 寒い冬がようやく終わり、暖かい春に向けて不注意から火災が発生しやすくなる季節です。ご家庭、職場において、火の取り扱いには十分注意し、火の用心を心がけましょう。
 パレード及び防ぎょ訓練に参加いただきました消防団の皆様、大変お疲れ様でした。今後とも防火思想の普及啓発はもちろん、更なる地域防災力の向上に努めていただきますようお願い申し上げます。

3月2日(日曜日) 「ちくしの森林ボランティアの会」の作業開始式に出席しました。

あいさつする市長

 「ちくしの森林ボランティアの会」の本年度第3回目となる作業が市内平等寺の野鳥の森で開催され、私は市役所前で行われた出発式に出席しました。
 平成14年度に発足した本会では年3回の草刈り、枝打ち、植樹をはじめとしたボランティア活動を通して、森林の保全に努めています。
 この日の作業には会員のほか、筑紫野市議会議員や山神水道企業団、筑紫野太宰府消防組合、市商工会青年部など合計77人が参加しました。
 ボランティア作業に参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。

3月1日(土曜日) 筑紫野市人権・同和問題講演会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市人権・同和問題講演会が文化会館で開催されました。
 第一部では、市内児童・生徒代表による人権作文の朗読が行われ、第二部の講演では助産師の内田美智子さんをお招きし、「いま生かされているいのち つないでいくいのち」と題してご講演いただきました。
 子どもたちの豊かな人権感覚、そして「生きる教育」や「命の教育」の大切さを感じることができる素晴らしい講演会となりました。

講演会の様子

 今後とも市民の皆様と手を取り合い、誰もが自分らしくいきいきと暮らせる人権尊重のまちづくりに努めてまいります。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス