ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成25年9月)
更新日: 2013年10月4日

市長の動き(平成25年9月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

9月30日(月曜日) 平成25年度第6回移動市長室を実施しました。

宝満川河川敷視察の様子

平成25年度第6回移動市長室の様子

 通算26回目となる移動市長室を、西吉木公民館で開催しました。西吉木区の皆様と環境保全活動やいきいきサロン活動について懇談を行い、桑山区長をはじめ29人の地域の皆様に出席していただきました。

 懇談の前に、「宝満川を守る西吉木の会」の皆様が週末に草刈りを行った、宝満川河川敷の案内を受けました。あいにく小雨が降る中での視察となりましたが、きれいに草が刈られており、地元の皆様のご尽力により宝満川の環境が保たれているのだと感じました。

 懇談では、「宝満川を守る西吉木の会」と「西吉木いきいきサロン」の概要や活動状況を説明していただきました。「宝満川を守る西吉木の会」は、宝満川の美化活動だけでなく、地域行事や地域の子供たちとの交流など多岐にわたる活動をされております。また、「西吉木いきいきサロン」は、活動・催しを行う際に多くの高齢者の方に参加を募っているとのことでした。

 住民の皆様が一体となり、宝満川の清掃活動や青少年育成、高齢者の見守りを地域全体で行っていこうという意識の高さに感銘を受けました。いずれの取り組みもボランティアにより成り立っていることに、改めて頭が下がる思いがいたします。

平成25年度第6回移動市長室あいさつ

 懇談の中で出されました思いや願いを真摯に受け止め、市民と行政が一体となった協働によるまちづくりを進めてまいりたいと思います。西吉木区の皆様、本当にありがとうございました。

<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます

9月29日(日曜日) スポレクフェスタの開会式に出席しました。

あいさつする市長

 スポレクフェスタ2013が市内諸田の農業者トレーニングセンター、勤労青少年ホーム、筑紫運動広場で開催されました。
 開会式では、保育所慈生園マーチングバンドの皆さんによる、かわいらしく素敵な演奏で、オープニングに花を添えていただきました。
 今年のスポレクフェスタは、「来て 見て やって、いい汗流そう」をテーマに、ペタンク大会、硬式・軟式テニス、ニュースポーツなどの体験コーナー、フラワーアレンジやバルーンアート作り体験など、子どもたちや地域のみなさんが気軽に参加できるイベントが行われました。

保育所慈生園マーチングバンドの演技の様子

 また、軽食バザー、フリーマーケットも開催されるなど、スポーツ・文化の秋、そして食欲の秋を満喫できる楽しいイベントとなりました。

9月28日(土曜日) 市内の保育所・幼稚園の運動会(3か所)に出席しました。

京町保育所運動会の様子

 市内の保育所・幼稚園の運動会に出席しました。
 この日は、京町保育所、下見保育所、筑紫野中央幼稚園の運動会に出席しました。
 秋晴れのさわやかな天気の中で開催された運動会では、元気いっぱいの子どもたち、その姿に声援を送る保護者の皆様、先生方の笑顔が溢れていました。
 わずかな時間の訪問でしたが、競技や演技に取り組む子どもたちの姿を見ながら、健やかな成長と輝く未来を心から願うひとときとなりました。

下見保育所・筑紫野中央幼稚園運動会の様子

<写真上段>
 京町保育所運動会

<写真下段>
 (左)下見保育所運動会
 (右)筑紫野中央幼稚園運動会

9月26日(木曜日) 福岡都市圏研究会に出席しました。

福岡都市圏研究会の様子

 福岡都市圏の市議会及び県議会議員有志で構成される、福岡都市圏研究会の第73回研究会が市役所内の会議室で開催され、私は講師として出席しました。
 この日のテーマは「これからの地方自治体」ということで、市の重点施策である5つの柱や平成24年度決算における財政状況、そして、筑紫野市政にかける私の思いをお話させていただきました。その後、文化情報発信課職員による本市の歴史に関する説明、戦略企画課職員による今後の戦略施策に関する取り組みについて、説明を行いました。
 今回、本市において当研究会を開催いただき、このような機会をいただきました福岡都市圏研究会長はじめ関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

9月26日(木曜日) 水城・大野城・基肄城1350年事業実行委員会に出席しました。

実行委員会の様子

 水城・大野城・基肄城1350年事業実行委員会が太宰府市役所で開催されました。
 水城・大野城・基肄城は、天智2年(西暦663年)の白村江の戦いで敗れた倭国が大宰府の防衛施設として築いたもので、平成26年、27年度で築造から1350年を迎えます。これらの歴史遺跡は国史跡に指定されており、1350年という節目を契機に、このすばらしい史跡を守り伝え、地域の皆さん、子どもたちにとって身近な史跡としてまちづくりに生かすため記念事業を実施することとしています。

記者発表の様子

 この日の委員会には、関連史跡を有する筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、宇美町と佐賀県基山町の各市町長、福岡県文化財保護課長、佐賀県文化財課長、九州歴史資料館館長、九州国立博物館館長が出席し、当事業のシンボルマーク及びキャッチフレーズが決定され、記者発表が行なわれたほか、平成25年度事業の現状報告及び平成26年度事業計画及び予算の審議が行われました。

9月26日(木曜日) 天拝公園「いこいの館(仮称)」起工式に出席しました。

起工式出席の皆様との集合写真

 天拝公園「いこいの館(仮称)」の起工式が天拝公園横の建設予定地で行われました。
 この施設は、筑紫野市社会福祉協議会が運営するもので、子どもから高齢者、障害者の方々が触れ合える場の提供を目的としており、平成26年春のオープンを予定しているとのことです。
 「いこいの館(仮称)」が、障害者の社会参加を促進する施設として、あるいは登山者の皆様も含めて、たくさんの方々の休息の場として、市民に親しまれるいこいの場所となりますことを祈念いたします。

9月24日(火曜日) 松尾統章氏 第63代福岡県議会議長就任祝賀会に出席しました。

祝賀会の様子

 第63代福岡県議会議長就任祝賀会が福岡市内の会場で開催され、筑紫野市を代表して出席しました。
 この祝賀会は、本年5月23日の福岡県議会5月臨時会において、第63代福岡県議会議長に選任された松尾統章氏の就任を祝福し、福岡県政のさらなる発展に向けた活躍を祈念して開催されたものです。
 会場には各界の代表などをはじめとした大変多くの方々が集まり、松尾氏の議長就任を祝いました。
 松尾議長、この度のご就任、誠におめでとうございます。

9月24日(火曜日) 筑紫駅西口土地区画整理審議会に出席しました。

審議会の様子

 第22回筑紫駅西口土地区画整理審議会が筑紫駅西口区画整理事務所で開催されました。
 この日の審議会では、2名の学識経験委員への委嘱書の交付も行いました。
 筑紫駅西口地区の区画整理事業は、平成28年度の工事完了に向け取り組んでいるところです。
 委員の皆様には任期中の5年間、筑紫駅西口土地区画整理事業にかかる換地計画の決定や、仮換地の指定などに関する事項について、それぞれのお立場からのご意見やご提言を賜りますようお願い申し上げます。

9月24日(火曜日) 市役所本庁舎に設置していたつるむらさきのグリーンカーテンを撤去しました。

つるむらさきの前での集合写真

 6月から市役所玄関前と第一別館前、警備室前に設置していた、つるむらさきのグリーンカーテンを撤去しました。
 今年の夏は、例年にも増して厳しい暑さとなりましたが、このグリーンカーテンにより、市役所にお越しいただいた市民の皆様に、ひとときの涼しさをお届けできたのではないかと思います。日中はまだまだ暑い日が続いていますが、茎や葉が赤くなり、実をつけ始めたつるむらさきを見ていますと、秋の訪れを感じます。
 つるむらさきの苗をご提供いただいた筑紫野市商工会の皆様、そして毎日の水やり、葉の剪定など、つるむらさきの日々のケアに努めていただいた市管財課の職員の皆さん、ありがとうございました。

9月23日(月曜日) 第30回筑紫野市スポーツ少年団交流大運動会懇親会に出席しました。

懇親会の様子

 第30回筑紫野市スポーツ少年団交流大運動会の懇親会が市内の会場で開催されました。
 この日開催された大運動会には公務の都合で出席できませんでしたが、本番が終わり、安堵とともに達成感に満ちたすがすがしい表情の関係者、保護者の皆様と運動会の様子や日頃の取り組み等について懇談させていただき、非常に有意義な時間となりました。
 本日の大運動会に参加された関係者の皆様、そして何よりも出場された選手の皆様、大変お疲れ様でした。 

9月23日(月曜日) 御笠まちづくり振興会「新米フェア・自然観察会」に出席しました。

新米フェアの様子

 今年6月に御笠地区の地域コミュニティ組織として設立された「御笠まちづくり振興会」が主催する「新米フェアと自然観察会」が市内柚須原の竜岩自然の家で開催されました。
 本市の東側に位置する御笠地区は、宝満山をはじめとする山々に抱かれた豊かな自然と、宝満川を主流とする清らかな水によるおいしい農産物に恵まれた地域です。
 この日は、竜岩地区で採れた新米「宝満の里」のほか、新鮮野菜や加工品の販売も行われました。

新米フェア・自然観察会の様子

 また、同時開催された自然観察会では、平成23年度の市民協働モデル事業で作成した「御笠北部自然観察ガイドブック」を活用し、専門家による説明を受けながらの周辺自然散策が行われ、御笠地区の自然を満喫できるイベントとなりました。
 御笠地区の大きな魅力である食と自然を多くの人に楽しんでもらうことができるこのようなイベントを開催していただきました御笠まちづくり振興会の森木会長はじめ関係各位の皆様に心から感謝を申し上げます。

9月22日(日曜日) 第22回筑紫地区消防操法大会報告会に出席しました。

報告会の様子

 第22回筑紫地区消防操法大会の報告会が原公民館で開催されました。
 本市を代表して出場した筑紫野市消防団御笠分団は入賞こそかないませんでしたが、これまでの訓練の成果を十分に発揮した見事な操法でした。
 6月の訓練開始からの長期間にわたり、選手を支えてくださった関係者、そして選手のご家族の皆様に心から感謝申し上げます。
 選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。まずは長く厳しい訓練で酷使した体を休め、体力と英気を養っていただき、今後の地域防災にご尽力いただきますようお願い申し上げます。

9月22日(日曜日) 100歳を迎えられる長寿市民を訪問しました。

新100歳訪問の様子

 平成25年度中に100歳を迎えられる新100歳の市民を訪問し、ご長寿をお祝いしました。
 訪問したのは、岡田にお住まいの 中川 一生さんで、内閣総理大臣からの祝状と銀杯、福岡県知事からの祝状、そして本市からの祝金を贈呈しました。
 今年度、新100歳となられる市民の方は19人で、新100歳を含む100歳以上の高齢者は、男性1人、女性41人の合計42人となっています。
 中川さんをはじめ、長寿市民の皆様に心からお祝いを申し上げます。

9月22日(日曜日) 第22回筑紫地区消防操法大会に出席しました。

ポンプ車の部競技の様子

 第22回筑紫地区消防操法大会が市内杉塚のJA筑紫本店グラウンドで開催されました。
 この大会は、筑紫地区4市1町の消防団から、ポンプ車の部、小型ポンプの部に各1チームが出場し、日頃の操法訓練の成果を競い、消防団員としての技術と士気の高揚を図るため、隔年で開催されています。
 大会結果は、ポンプ車操法の優勝が大野城市、準優勝が太宰府市、小型ポンプ操法の優勝が大野城市、準優勝が那珂川町でした。

小型ポンプの部競技の様子

 本市代表の御笠分団は惜しくも入賞こそ逃しましたが、6月からこの大会までの長い期間、厳しい訓練を重ねてきた迅速かつ的確な操法技術は、非常に素晴らしいものでした。
 これまでに培われた技術やチームワークは、今後の消防団活動に必ず役立つものです。引き続き、地域防災の要として、郷土愛護の崇高な精神を持って、安全安心のまちづくりに取り組んでいただきますようお願い申し上げます。

9月22日(日曜日) 宝満川カヌー大会in美咲に出席しました。

宝満川カヌー大会開会式の様子

 第16回宝満川カヌー大会in美咲が市内美咲の士島橋横、宝満川河川敷で開催されました。
 このカヌー大会は「『蛍が舞い、魚いっぱいの宝満川をよびもどそう!』 ~川との共生を求めて~」をテーマとして、自然を身近に感じてもらえる地域交流の場として、毎年多くの参加者を集めているイベントです。
 今回の大会にも市内や近隣市町村などから、全12種目のレースに延べ976人が参加し、会場は歓声と熱気で大いに盛り上がっていました。

カヌー大会競技の様子

 皆様には、本大会を通じて、本市の魅力を身近に感じながら地域交流を深めることで、今後とも「元気な筑紫野市づくり」にご協力いただきたいと思います。

9月21日(土曜日) 山家中央区の観月会を訪問しました。

山家中央区観月会の様子

 山家中央区の自治会及び有志の方々が主催する観月会が市内山家の会場で開催されました。
 ステージでの歌や踊りはもちろん、来場された子どもたちのために「そうめん流し」が催され、会場は大変賑わっていました。午後8時頃には、ようやく月が山裾から顔を出し、来場者全員でその様子を観ることができました。
 短い時間ではありましたが、山家中央区の皆さんとの交流を深めることができる大変有意義な時間となりました。

山家中央区観月会の様子2

 開催にあたりご尽力いただいた関係者の皆様に、心から感謝申し上げます。

9月21日(土曜日) 原田保育園の運動会に出席しました。

原田保育園運動会の様子

 原田保育園の第38回運動会に出席しました。
 晴天の中で開催された運動会では、子どもたち、保護者の皆様、先生方の笑顔が溢れていました。
 子どもたちがすくすくと元気に成長していることを実感できる運動会は、子どもたちの将来、そして筑紫野市の未来のまちづくりへの思いを強くするひとときでもありました。
 これからも筑紫野市の元気の源である子どもたちのために、全力で市政運営に取り組んでまいります。

9月20日(金曜日) 秋の交通安全県民運動および路線バス利用促進福岡県内一斉キャンペーンの街頭啓発を行いました。

街頭啓発の様子

 秋の交通安全県民運動と路線バス利用促進福岡県内一斉キャンペーンの街頭啓発活動を市内5か所で行いました。
 秋の交通安全県民運動は、9月21日から30日までの期間、「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本として、「飲酒運転の撲滅」、「夕暮れ時・夜間の歩行者と自転車の交通事故防止」、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」の3つに重点を置き、県内各地で啓発活動が実施されているものです。

街頭啓発の様子2

 また、路線バス利用促進福岡県内一斉キャンペーンは、8月30日から10月20日までの期間で実施されているもので、ひとりでも多くの人に路線バスを利用してもらい、利用者が減少傾向にある路線バスを守ることを目的としているものです。
 市民の皆様に本活動の趣旨をご理解いただき、交通事故の防止と路線バスの積極的な利用にご協力いただきますようお願いします。

9月16日(月曜日) 原田剣心会創立55周年記念剣道練成大会に出席しました。

原田剣心会創立55周年記念剣道練成大会の様子

 原田剣心会創立55周年記念剣道練成大会が筑紫東小学校体育館で開催されました。
 原田剣心会は昭和33年に、青少年の心身の練磨、人格の形成を目的に誕生し、55年の長きにわたり、地域スポーツの振興に大きくご貢献いただいております。
 これまでに、歴代会長はじめ関係者の皆様には大変なご苦労があったことと思いますが、こうして見事に記念すべき日を迎えられましたこと、本当におめでとうございます。
 原田剣心会の今後ますますのご発展、そして剣士の皆さんが、武士道の魂を大切にされ、礼節を身につけた一人の素晴らしい人間として成長されますことをお祈りいたします。

9月15日(日曜日) 筑紫野市ちくしの少年少女合唱団の定期演奏会に出席しました。

ちくしの少年少女合唱団定期演奏会の様子

 筑紫野市ちくしの少年少女合唱団の第2回定期演奏会が筑紫野市文化会館で開催されました。
 ちくしの少年少女合唱団の皆様には、定期演奏会の開催のほか、昨年は市制施行40周年記念式典にもご参加いただくなど、透き通るようなハーモニーを市民の皆様に届けていただいております。
 この日は、たくさんのお客様が詰め掛けていましたが、静まり返った会場に響き渡る、団員の皆さんの伸び伸びとした爽やかな歌声に、私は大いに心を動かされました。
 これからもその素晴らしい音楽活動を通して、音楽の輪を一層大きく広げていただきたいと思います。今後のさらなるご活躍を期待しています。

9月14、15、16日(土曜日、日曜日、月曜日) 市内各地区等(32か所)の敬老会に出席しました。

大門区敬老会

 9月14日から16日までの3日間、市内各地区や福祉施設など80か所を超える会場で敬老会が開催されました。
 私は、敬老の日を迎えられた皆様と直接お会いし、お祝いしたく全ての会場を訪問したいと思いましたが、時間の都合により、市内各地区等の敬老会32か所を訪問させていただきました。
 ここに、敬老の日を迎えられた市民の皆様全員のご長寿を心からお祝い申し上げます。

9月15日訪問の各地区敬老会の様子

 会場では、出席された皆様の元気なお姿と笑顔を拝見することができ、短い時間の訪問ではありましたが、たくさんの元気をいただきました。
 私たちが暮らすこのふるさと筑紫野市を温かく見つめ、慈しみ、育てて下さった皆様が、いつまでも健やかに安心して暮らすことができるまちづくりに向け、一層努力してまいります。
 敬老会開催にあたりご尽力いただきました区長さんはじめ地域の皆様に心から感謝申し上げます。

9月16日訪問の各地区敬老会の様子

<写真上段(9月14日訪問分)>
 大門区敬老の日祝賀会の様子

<写真中段(9月15日訪問分)>
 (左上)山家地区敬老会、(右上)上古賀区敬老会
 (左下)東新町区敬老会、(右下)天拝坂区敬老会

<写真下段(9月16日訪問分)>
 (左上)武蔵区敬老祝賀会、
 (右上)筑紫第一自治会敬老会、
 (左下)西吉木区敬老会、
 (右下)旭町・東町区敬老会

9月14日(土曜日) 光が丘幼児園の運動会に出席しました。

光が丘幼児園運動会の様子

 第22回光が丘幼児園運動会が原田小学校で開催されました。
 爽やかな晴天の下で行われた運動会には、園児たちの元気な笑顔が溢れており、心が和むひとときとなりました。
 保護者の皆様におかれましては、お子様の成長と日頃の練習の成果に期待と感激もひとしおであったことと思います。
 この筑紫野市を、子どもたちはもちろんすべての市民が、いきいきと安心して暮らせるまちとして次の世代へつないでいくため、私も力の限り頑張ってまいります。

9月13日(金曜日) 情報公開審査会委員に委嘱書を交付しました。

情報公開審査会委員委嘱書交付式の様子

 筑紫野市情報公開審査会委員、及び筑紫野市が構成団体となる一部事務組合(山神水道企業団、筑慈苑施設組合、筑紫野・小郡・基山清掃施設組合)の情報公開審査会委員に対する委嘱書交付式を市役所会議室で行いました。
 委員の皆様には、任期である平成29年8月末までの4年間にわたり、不服申立てについての調査審議や情報公開制度に関する重要な事項について、各実施機関からの諮問に応じて審議を行っていただきます。
 市民に開かれた筑紫野市とするため、何卒よろしくお願い申し上げます。

9月10日(火曜日) 介護者のつどいに出席しました。

第38回介護者のつどい

 筑紫野市介護を考える家族の会が主催する第38回介護者のつどいが生涯学習センターで開催されました。
 この日は、大牟田市認知症ライフサポート研究会代表の大谷るみ子氏を講師にお招きし、「認知症になっても笑顔で暮らしたい!」と題し、ご講演いただくということで、会場には300人を超える方々が来場されました。
 市では、認知症高齢者や家族を支えるための体制づくりは喫緊の課題と考え、筑紫野市介護を考える家族の会との協働事業である介護者のつどいの他、様々な事業に取り組んでいます。
 本日の盛況ぶりに、市民の皆様の認知症への関心の高さを再認識するとともに、これらの取り組みをより一層推進していくことの重要性を改めて感じました。

9月10日(火曜日) 福岡県庁を訪問しました。

服部副知事との懇談の様子

 福岡県庁を訪問し、服部副知事、建築都市部の小路部長、木原技監、同部都市計画課の赤星課長と面談しました。
 面談の中で、本市の都市計画における現状と課題についての説明と協力要請を行いました。
 服部副知事、小路部長、木原技監、赤星課長には大変お忙しい中ご対応いただき、誠にありがとうございました。
 本市の更なる発展、そして市民の皆様が暮らしやすいまちづくりに向けて、今後も県との連携を強化してまいります。

福岡県庁訪問の様子

<写真上段及び写真下段右>
 服部副知事との面談の様子

<写真下段左>
 建築都市部 小路部長、木原技監、
 都市計画課 赤星課長との面談の様子

9月9日(月曜日) 救急の日の街頭啓発を行いました。

救急の日街頭啓発の様子

 毎年9月9日は、救急医療および救急業務に対する正しい理解を深めるための「救急の日」と定められており、この日から1週間を「救急医療週間」として全国各地でその趣旨に合わせた行事等が開催されています。
 本市では、この日の午前8時からJR二日市駅前で応急手当ガイドや心肺蘇生法に関する簡易ガイドを配布しました。
 朝早くから啓発活動にご参加いただいた、筑紫医師会、筑紫保健福祉環境事務所、筑紫野消防署の皆様に感謝を申し上げます。

9月8日(日曜日) 福岡県女性消防操法大会の報告会に出席しました。

あいさつする市長

 この日、福津市にある福岡県消防学校で開催された第1回福岡県女性消防操法大会の報告会が市内の会場で開催されました。
 本大会は、女性消防団員の消防技術向上と士気の高揚を図り、地域における消防活動の充実に寄与することを目的として、今年初めて開催されました。
 この記念すべき第1回大会には、県内に31団ある女性消防団のうち12団が出場されました。
 本市女性消防団は惜しくも入賞は逃しましたが、大会本番に向けて6月30日の結団式以降、計25回にわたり取り組まれてきた訓練の成果は、今後の消防団活動に必ず活かされるものと確信しています。

報告会の様子

 今回の悔しさをバネに、次回優勝を目指してこれからも頑張っていただきたいと思います。
 選手の皆さん、大変お疲れ様でした。そして大会出場に向けてご協力いただいた筑紫野消防署、筑紫野市消防団ならびに選手のご家族の皆様に深く感謝申し上げます。

9月8日(日曜日) 市内各地区(5か所)の敬老会に出席しました。

美しが丘南自治会敬老会

 市内の各地区の敬老会に出席しました。
 この日は、「古賀区敬老会」、「美しが丘南自治会敬老会」、「本道寺区敬老会」、「香園区敬老会」、「柚須原区敬老会」の5か所に出席させていただきました。
 皆様のご長寿を心からお祝いするとともに、永年に渡り本市の発展にご協力いただいておりますことに心から感謝を申し上げます。
 私はこれからも、皆様方がここ筑紫野市で、安心と喜びを抱いて生活していただけるようなまちづくりを進めてまいります。

各地区敬老会の様子

 皆様におかれましては、これからも健康には十分ご留意いただき、末永くお元気で過ごされますようお祈り申し上げます。

<写真上段>
 美しが丘南自治会敬老会

<写真下段>
 (左上)古賀区敬老会、(右上)本道寺区敬老会
 (左下)香園区敬老会、(右下)柚須原区敬老会

9月8日(日曜日) 筑紫野市招待親善ソフトバレーボール大会に出席しました。

あいさつする市長

 第17回筑紫野市招待親善ソフトバレーボール大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 筑紫野市バレーボール協会の松村会長、筑紫野市ソフトバレーボール協会の高田会長をはじめ、関係者の皆様には、このような大会を通して多くの人がソフトバレーボールを楽しむことができる機会を提供していただいておりますことに心から感謝申し上げます。
 この日の大会は、レディース一般の部及びレディースシニアの部の2部門で行われ、筑紫野市内外から計34チームが参加し、はつらつとしたプレーがコートいっぱいに繰り広げられました。

9月7日(土曜日) 大石正幸氏の叙勲受章を祝う会に出席しました。

祝辞を述べる市長

 大石正幸氏の叙勲受章を祝う会が市内の会場で開催されました。
 大石氏は、昭和50年の初当選以来、5期20年という大変永きにわたり、筑紫野市議会議員として筑紫野市の発展に大きく寄与されました。
 また、その傍らで昭和63年4月からは社会福祉法人和幸福祉会理事長として、高齢者が心豊かに暮らせる社会づくりを通し、社会福祉にも多大なご貢献をされておられます。

大石氏と握手を交わす市長

 そして、平成25年春の叙勲において、永年の議員活動功労、社会福祉功労が称えられ、旭日双光章を受章されました。
 大石様、この度のご受章、誠におめでとうございました。今後のご健康とますますのご活躍を祈念いたします。

9月7日(土曜日) 筑紫野市小地区公民館連絡協議会推進大会に出席しました。

推進大会の様子

 筑紫野市小地区公民館連絡協議会の平成25年度推進大会が生涯学習センターで開催されました。
 この日の大会は「人とまちが輝く地域社会をめざして」をテーマとして開催され、日本一の夕日を名物にした町おこしで有名な人間牧場の若松進一氏を講師にお招きした講演会、市内3地区の公民館による事例発表などが行われました。
 生涯学習の拠点として、また、これからのまちづくりの拠点としての公民館活動の活性化は、今後ますます重要になってまいります。
 市としましても、生涯学習社会の実現と安全安心のまちづくりに全力取り組んでまいりますので、皆様のより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

9月6日(金曜日) 福岡県酒類鑑評会・受賞酒披露会に出席しました。

表彰式及び会場の様子

 第2回福岡県酒類鑑評会・受賞酒披露会が福岡市内の会場で開催されました。
 この酒類鑑評会は福岡県酒造組合が主催するもので、県内で製造される清酒や本格焼酎の品質向上などを図るために開催されるものです。今年は一般の方も入場でき、出品された銘酒の試飲が実施されるということで、会場は多くの来場者で賑わいました。
 鑑評会には清酒部門に145点、本格焼酎部門に114点が出品され、8月21日から23日にかけて審査が実施されました。

鏡開きの様子

 この日は清酒4部門、本格焼酎4部門の合計8部門において、最高賞である福岡県知事賞、並びに福岡県議会議長賞の表彰式が行われ、上記2賞と金賞を併せ、合計131点が入賞しました。
 本市の大賀酒造株式会社は、「玉出泉」をはじめとした計4点が「金賞」を受賞しました。
 この鑑評会が県産酒の更なる品質の向上と販売拡大に大きく寄与するものとなることを心からご期待申し上げます。

9月6日(金曜日) 九州産業高等学校の体育祭に出席しました。

選手宣誓の様子

 九州産業高等学校の第53回体育祭が同校グラウンドで開催されました。
 連日の降雨により当日の天候が心配されましたが、生徒の皆さんのこれまでの努力をねぎらうかのような晴天に恵まれ、絶好の体育祭日和の中での開催となりました。
 開会式は吹奏楽部の皆さんの息の合った華麗なマーチングで幕を開け、ブロックリーダーの力強い選手宣誓と皆さんの凛々しい表情に大変心強い思いがいたしました。

開会式及び競技の様子

 その後の競技では一転、生徒の皆さんの明るいはつらつとした表情と、爽やかに疾走する姿に私までもが楽しく、すがすがしい気持ちになりました。
 この素晴らしい体育祭の開催までには先生方、実行委員の皆さん、そして全校生徒の皆さんの大変のご苦労があったことと思います。特に3年生にとっては最後の体育祭、青春の1ページに深く刻まれる最高の思い出になったことでしょう。生徒の皆さん、大変お疲れ様でした。

9月2日(月曜日) 山神水道企業団議会選出の中尾監査委員に辞令を交付しました。

山神水道企業団監査委員辞令交付式の様子

 このたび、山神水道企業団議会から選出された中尾 正 監査委員に対し、当企業団の企業長として辞令を交付しました。
 中尾監査委員には本市水道用水の安定供給を目的とした当企業団の経営管理に関し、永年のご経験に基づく優れた見識を活かしていただき、今後4年間、厳正かつ公正な視点からご指導、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

8月30日、31日、9月1日(金曜日、土曜日、日曜日) 大雨による災害対策本部及び災害警戒本部を設置しました。

災害対策本部の様子

 台風15号及び停滞した秋雨前線の影響で、8月30日から9月1日にかけて九州地方は大雨に見舞われ、本市においても大雨、洪水警報、土砂災害警戒情報等が発表されたため、8月30日から9月1日の3日間にわたり、災害対策本部及び災害警戒本部を設置し、災害の警戒や情報収集にあたりました。
 市内における被害状況は、報告が入っているだけでも土砂災害5件、道路冠水等10件、倒木等その他被害2件の計17件と少なくありませんでしたが、幸いにも人命にかかる被害はありませんでした。
 今回の災害対応には、消防団をはじめ関係機関、団体など、多くのご協力をいただきました。心から感謝申し上げます。
 今後もより一層身を引き締め、災害時の体制整備に全力で取り組むとともに、更なる安全安心なまちづくりに努めてまいります。

災害警戒本部の様子


<写真上段>
 8月30日、31日の災害対策本部の活動の様子

<写真下段>
 9月1日の災害警戒本部の様子

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス