ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成25年12月)
更新日: 2014年1月9日

市長の動き(平成25年12月)

 「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

12月28日(土曜日) 年末夜間特別警戒に当たる消防団員を激励しました。

年末夜間特別警戒激励の様子

 12月28日から30日まで、筑紫野市消防団による年末夜間特別警戒が行われ、私は消防団員の皆様を激励するために各分団を訪問しました。
 平山団長をはじめ市消防団の皆様には、年末の大変忙しい時期にもかかわらず、厳しい寒さの中、市民生活の安全のためにご尽力いただき、心から感謝を申し上げます。
 消防団員の皆さんは、引き締まった表情で警戒業務に取り組まれており、大変心強く感じました。
 今後とも安全、安心のまちづくりに向けて、お力添えをいただきますようお願い申し上げます。

12月27日(金曜日) 平成25年仕事納め式を行いました。

平成25年仕事納め式の様子

 平成25年の仕事納め式を市役所内の会議室で開催しました。
 式の中では、この1年間、筑紫野市の発展のため、様々な行政課題に対し、真摯に業務に取り組んでくれた市職員への感謝とともに、新年への決意を新たにするべく訓示を行いました。
 今年は、日本各地、世界でも台風や竜巻などの災害が多く発生し、自然の猛威をまざまざと感じた年でした。

平成25年仕事納め式の様子2

 本市においても災害が発生した際に適切に対応できる体制整備について、改善を図りましたが、これからも引き続き、市民の安全安心を守るという崇高な使命を果たし、住みよい筑紫野市づくりを進めていくため、防災行政をはじめ、あらゆる施策、事業に全力で取り組んでいかなければなりません。
 迎える新年は、次の10年、その先の10年に向けて新たなスタートを切り、さらなる筑紫野市の未来へつなげていくため、職員の皆さんが職務に全力で取り組んでくれることを大いに期待いたします。

12月27日(金曜日) 天拝山ロードレース大会の第2回実行委員会に出席しました。

第2回実行委員会の様子

 第41回天拝山ロードレース大会の第2回実行委員会が市役所内の会議室で開催されました。
 11月23日に開催された本大会には、1,000人に迫る多くの選手が参加し、盛会のうちに終えることができました。
 大会開催にご尽力いただきました実行委員会の藤木会長をはじめとした委員の皆様、そしてご協力いただいた全ての皆様に心から感謝を申し上げます。
 この日は、大会結果報告のほか、次回の開催に向けた協議などを行いました。

12月27日(金曜日) 派遣職員に辞令を交付しました。

辞令交付の様子

 1月1日から約1か月間にわたり、東日本大震災の復旧・復興事業に伴う埋蔵文化財発掘調査のための職員派遣として、宮城県亘理郡山元町に赴任する本市文化情報発信課職員に辞令を交付しました。
 本市では既に、12月1日から第一陣として同課職員を1名派遣しており、今回の派遣で計2名、2か月にわたる復興支援活動となります。
 派遣される職員においては、既に派遣されている職員との業務引継ぎをしっかりと行い、本市の代表として復興支援に臨んでいただくようお願いいたします。

12月25日(水曜日) 福岡県庁を訪問しました。

服部副知事訪問時の様子

 福岡県庁を訪問し、服部副知事と面談しました。
 面談の中では、平成25年中の本市市政へのご支援に対するお礼を申し上げ、本市の現状と活性化に向けた動きを説明するとともに、連携や支援の要請を行いました。
 服部副知事には、年末の大変ご多忙の中にもかかわらずお時間をいただき、誠にありがとうございました。
 本市の更なる発展、そして市民の皆様が暮らしやすいまちづくりに向けて、今後も県との連携を強化してまいります。

12月24日(火曜日) 代表区長との定例会を開催しました。

定例会の様子

 代表区長との定例会を市役所内の会議室で開催しました。
 この日の定例会では、平成25年第6回筑紫野市議会定例会(12月議会)の主な案件(人権擁護委員の推薦の件、筑紫野市教育委員会教育委員の任命の件、平成25年度一般会計補正予算の件)等に関する報告と、質疑応答を行いました。
 また、現在取り組みを進めている地域コミュニティ組織づくりに向けた学習会の開催状況の報告、今後一層の事業推進に向けた協力をお願いしました。

12月24日(火曜日) 報道機関からの取材を受けました。

取材の様子

 ケーブルステーション福岡から新春対談番組への出演の依頼があり、取材を受けました。
 対談では、2013年を振り返り、昨年一年間で取り組んできた主要施策の状況や、2014年の抱負などについてお話をさせていただきました。
 この対談の様子は、平成26年1月2日(木曜日)19時から、ケーブルステーション福岡の番組「QテレTIME」内で放送されました。

12月24日(火曜日) 筑紫野市教育委員会教育委員の潮見眞千子氏に辞令を交付しました。

辞令交付の様子

 筑紫野市教育委員会教育委員の辞令交付式を市役所で行いました。
 今回辞令を交付した潮見 眞千子 委員は、平成17年から当委員を2期務められ、先の12月議会における同意を得て、このたび、3期目のご就任をいただきました。
 これまでの豊富なご経験と、教育への情熱を持って、これからも本市教育行政の一層の推進にご尽力いただきますようお願い申し上げます。

12月23日(月曜日) 筑紫野市「障害」児・者問題を考える会の餅つき大会を訪問しました。

餅つき大会の様子

 筑紫野市「障害」児・者問題を考える会の餅つき大会が筑紫小学校で行われました。
 大島会長をはじめ、「障害」児・者問題を考える会の皆様には、会の活動を通じて障害のある方々が生きがいをもって、より心豊かに安全に暮らすことができるよう、日々ご尽力いただいております。
 この日は年末の一大イベントということで、会場は子どもから大人まで多くの人が参加し、大変賑わっていました。
 準備に当たられた関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

12月22日(日曜日) レトロエレキバンドForしゃんどふるーるクリスマスコンサートに出席しました。

コンサートの様子

 レトロエレキバンドForしゃんどふるーるのクリスマスコンサートが文化会館で開催されました。
 Forしゃんどふるーるは平成16年に再結成をしたバンドで、現在は6人の演奏者とMC担当者で構成されており、「寺内タケシ&ブルージーンズ」などのヒット曲をレパートリーに、精力的な演奏活動をしておられます。
 この日のクリスマスコンサートでは、懐かしのエレキミュージック演奏のほか、ゲストの歌謡ショー、福引などもあり、会場は盛り上がっていました。

12月22日(日曜日) みかさの朝市を訪問しました。

みかさの朝市の様子

 御笠まちづくり振興会主催の「みかさの朝市」がJA筑紫御笠支店で開催されました。
 みかさの朝市は、御笠地区の農業生産者と消費者とを結ぶことを目的として毎年開催されており、生産者にとっては大変心強く貴重な機会であると同時に、消費者には生産者の顔を見て、会話をしながら新鮮な農産物を購入できるという、双方にとって素晴らしいイベントです。

朝市の様子

 この日は地元の農家の皆さんによる、大根や人参などの新鮮野菜、そして花や米など、さまざまな農産物の販売のほか、バンド演奏や太鼓など、来場者が楽しめるイベントも行われ、会場は大変多くの来場者でにぎわっていました。
 このような地域を明るく元気にする取り組みにご尽力いただきました御笠まちづくり振興会をはじめ関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

12月19日(木曜日) 平成25年度第9回移動市長室を実施しました。

平成25年度第9回移動市長室の様子

 通算29回目となる移動市長室を、生涯学習センター会議室で開催しました。ちくしの人形劇まつり実行委員会と懇談を行い、実行委員や人形劇団づくんぼから計9人の皆様に出席していただきました。
 懇談では、11月24日に開催された第11回ちくしの人形劇まつりの映像を見せてもらいました。当日は、私も訪問させていただきましたが、その時は知ることができなかった舞台裏や参加した子どもたちの感想なども収録してあり、ちくしの人形劇まつりの雰囲気をより感じることができました。

平成25年度第9回移動市長室の様子

 また、人形劇まつりの現状、課題、参加しての感想や、人形劇などの生の舞台の必要性、子どもたちの現状などについてお話を伺いました。
 砥綿会長をはじめとした皆様の、子どもに対する溢れんばかりの想いや愛情を感じ取ることができました。長年続いており、市民に定着している、ちくしの人形劇まつりは、市の宝と言えます。皆様とともに、子どもたちが健やかに育っていくことができるまちづくりを進めてまいります。

平成25年度第9回移動市長室あいさつ



<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます

12月15日(日曜日) 筑紫東小安全・安心菊つくり会文部科学大臣表彰受章祝賀会に出席しました。

あいさつする市長

 光が丘区初代区長の佐藤 悟氏が代表を務める「筑紫東小安全・安心菊つくり会」が、平成25年度学校保健及び学校安全表彰で文部科学大臣表彰を受けられ、その祝賀会が光が丘公民館で行われました。
 この度の受賞は、子どもの登下校時の安全を願い、学校や通学路に菊鉢を置き、菊をつくりながら通学路の安全確認や見守りを継続してこられた功績が認められてのもので、安全安心のまちづくりを目指す本市にとりましても大変名誉なことであります。

祝賀会の様子

 佐藤様をはじめ、菊つくり会の皆様の温かい思い、安全・安心への思いを子どもたちがしっかりと受け取り、地域を愛し、地域に貢献する心を一層育まれることを期待しています。
 筑紫東小安全・安心菊つくり会の皆様、この度の受賞、まことにおめでとうございます。

12月15日(日曜日) 社会福祉法人はーと&はーと作品展示・クリスマス交流会に出席しました。

あいさつする市長

 社会福祉法人はーと&はーと「本人活動支援・クラブ作品展示発表会」&「クリスマス交流会」が市内の会場で開催されました。
 はーと&はーとでは、障害者の方々が、自分にあった作業に熱心に取り組まれているだけでなく、一般就労を目指して、スタッフの指導のもと、実習や訓練にも積極的に取り組まれています。
 この日は、年末のクリスマスパーティーということで、利用者、関係者の皆様が一同に会し、今年1年を振り返りながら、終始和やかな雰囲気で楽しく歓談されていました。

作品展示会の様子

 利用者の皆さんによる活動状況報告では、指導員と一緒にいきいきと作業に取り組んでいる様子や、クラブ活動に励んでいる様子などを説明していただきました。
 はーと&はーとの皆さん、この度はお招きいただきありがとうございました。

12月14日(土曜日) 宮田町ふれあいぽっかぽかサロンクリスマス会に出席しました。

クリスマス会の様子

 宮田町ふれあいぽっかぽかサロンの「あわてんぼうのサンタさんクリスマス会」が、宮田町公民館で開催されました。
 現在、市内各地域で70を超える活動が実施されている地域サロン活動ですが、ここ宮田町の「ふれあいぽっかぽかサロン」は平成7年に、市内では2番目の早さで発足し、以来18年以上の長きにわたり、健康増進や引きこもり予防など、現代の高齢社会の中で大きな役割を果たしていただいております。

参加者の皆様との集合写真

 この日は地域の子どもたちも多く参加しており、ゲームやキャンドルサービスなどの催し、そしておいしい料理を囲んでの会食などで大変賑わっていました。
 ふれあいぽっかぽかサロンの楓代表はじめ、関係者の皆様には、このような異世代交流、住民同士のふれあいの場づくりに積極的に取り組んでいただき、心から感謝申し上げます。

12月13日(金曜日) 福岡県国公立幼稚園PTA連絡協議会福岡地区研修会に出席しました。

あいさつする市長

 平成25年度福岡県国公立幼稚園PTA連絡協議会福岡地区研修会が生涯学習センターで開催されました。
 この日は、福岡地区から大変多くの保護者の皆様、幼稚園関係者が出席されており、生涯にわたる人格形成の基礎を培う、幼児教育の重要性を改めて感じました。
 皆様には、自園でのPTA活動の充実とあわせて、園と家庭と地域とを結ぶ懸け橋として、今後さらに活動を広げられることと期待しております。

12月12日(木曜日) 筑紫野市民生委員児童委員連合会懇談会に出席しました。

あいさつする市長

 平成25年度筑紫野市民生委員児童委員連合会懇談会が市内の会場で開催されました。
 この日は民生委員児童委員の改選の日でもあり、新旧委員が一堂に会した、大変賑やかな懇談会となりました。
 今後とも、会長をはじめ委員の皆様と確固たる連携を築いていくとともに、連合会の諸活動への支援に注力してまいりますので、当市の福祉施策への更なるご協力をお願いいたします。

12月12日(木曜日) 筑紫野市民生委員児童委員感謝状及び委嘱状等伝達式を行いました。

委嘱状伝達式の様子

 筑紫野市民生委員児童委員感謝状及び委嘱状等伝達式を生涯学習センターで開催しました。
 筑紫野市民生委員児童委員は、本年11月末をもって任期満了を迎え、34人の委員の皆様が退任されることとなりました。これまでの福祉増進に向けられたご尽力に対し、心から感謝申し上げます。
 一方、このたび就任された新任、再任を併せて112人の委員の皆様には、12月1日からの3年間、社会福祉に関する民間の奉仕者として、市民の相談及び支援に真摯に取り組んでいただきますようお願い申し上げます。

12月9日(月曜日) 筑紫野市社会福祉協議会役員・評議員合同懇親会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市社会福祉協議会役員・評議員合同懇親会が市内の会場で開催されました。
 社会福祉協議会の皆様には、誰もが住みなれた地域で安心して暮らし続けられるよう、様々な福祉サービスを通して本市の福祉行政の推進にご協力をいただいています。
 今後も、市と社会福祉協議会が知恵と力を出し合い、「福祉のまちづくり」の実現にむけた取り組みを進めてまいりたいと思いますので、更なるご支援、ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

12月9日(月曜日) 筑紫野市農業委員会懇談会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市農業委員会の懇談会が市内の会場で開催されました。
 農業委員会は、農地に関する事務を執行する行政委員会として市町村に設置されており、特に優良農地の確保と有効活用、農業の担い手確保・育成の取り組みにおいてその活躍が強く期待されています。
 国内農業を取り巻く環境が大変革を向かえつつある厳しい状況ではありますが、委員の皆様には本市の農業振興に引き続きお力添えを下さいますようお願い申し上げます。

12月9日(月曜日) 筑紫コミュニティセンターの建設工事現場を視察しました。

視察の様子

 市内で進行中の事業進捗状況等を直接確認するため、現場視察を行いました。
 この日は、市内筑紫に建設中の筑紫コミュニティセンターの工事現場を訪問し、担当部署の職員とともに確認しました。
 市内6箇所目のコミュニティセンターとなる、筑紫コミュニティセンターは、筑紫地区におけるコミュニティ活動の活性化と充実のための拠点として、さらには地域住民の交流の場、そして生涯学習、行政サービスの拠点ともなる施設です。

視察の様子2

 現在、平成26年度中の開館を目指し、建設工事が着々と進められています。
 今後も地域コミュニティの推進に向けて、環境整備に全力で取り組んでまいります。

12月9日(月曜日) 筑紫野市商工会の表敬訪問を受けました。

懇談の様子

 筑紫野市商工会の藤木会長、熊川副会長、髙野副会長が年末のご挨拶のため、市役所を訪問されました。
 この日は、今年の藤まつり、天拝山観月会、いきいき商工農フェスタの開催報告と、地域活性化に向けた今後の連携等について懇談を行いました。
 商工会の皆様には、本市商工業の総合的な改善発達、地域活性化事業の推進など、地域経済の発展と振興に日々ご尽力をいただいております。
 今後も引き続き、ご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

12月8日(日曜日) 筑紫野市剣道大会の100回記念祝賀会に出席しました。

あいさつする市長

 第100回筑紫野市剣道大会の記念祝賀会が、市内の会場で開催されました。
 筑紫野市剣道大会は、昭和46年7月の第1回大会から連綿と開催を重ね、実に42年という長い時間をかけて本市の成長、発展とともに歩んできた、歴史と伝統のある大会です。
 今後も剣道という素晴らしき伝統を次代へ繋げていただき、本大会が150回、200回とその開催を重ね、ますます発展されますことを心からご祈念申し上げます。

12月8日(日曜日) 男声合唱団メール・クワイア筑紫5周年記念演奏会を訪問しました。

演奏会の様子

 男声合唱団メール・クワイア筑紫5周年記念演奏会が文化会館で開催されました。
 メール・クワイア筑紫は、筑紫地区で唯一の男声合唱団として平成20年に結成され、平均年齢70歳を超える団員の皆様が、合唱技術の向上、音楽理解に日々努められています。
 この日は、結成以来初めての演奏会ということで、会場は満席で、立ち見の方がいらっしゃるほどでした。

会場の様子

 この日はゲストに「女声合唱団うめの実」をお招きし、男声、女声、混声など、多彩なプログラムの4部構成でしたが、メール・クワイア筑紫ならではの、男声合唱の奥深い、そして活力のあるハーモニーが会場いっぱいに響き渡り、私は大いに心を動かされました。
 これからも団員の皆様の元気な力を存分に発揮され、音楽を楽しむことの素晴らしさをこれからもより多くの市民に伝えていただきますようお願い申し上げます。

12月8日(日曜日) 東新町公民館落成式に出席しました。

あいさつする市長

 東新町公民館落成式が、完成したばかりの東新町公民館を会場に開催されました。
 この日は、公民館の落成を祝福するかのような素晴らしい晴天に恵まれ、たくさんの地域の方、来賓の方が集まり、お祝いの式典が催されました。
 落成式の中で、東新町区の役員から公民館新築に向けたこれまでの取り組みについて詳しいご説明がありました。公民館が完成するまでの間、林田区長はじめ歴代の役員の方々のたゆまないご尽力があったことを、出席者一同、改めて感じることができました。

落成式の様子

 新しい東新町公民館が地域の方々に親しまれ、生涯学習の推進、安全安心のまちづくりに向けて、そして東新町の活性化の拠点として、大いに活用されることを願っています。
 東新町区の皆様、この度はまことにおめでとうございました。

12月8日(日曜日) 第100回筑紫野市剣道大会・第15回筑紫野剣道祭に出席しました。

あいさつする市長

 第100回筑紫野市剣道大会、第15回筑紫野剣道祭が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 筑紫野市剣道大会は、今回で記念すべき第100回目の開催を迎えました。関係者の皆様の多大なるご尽力に対し、心から敬意を表します。
 この日の大会では、日頃の厳しい稽古の成果を存分に発揮した、闘志あふれる試合が展開されました。剣士の皆さん、これからもより一層稽古に精進し、次世代を担う立派な人間へと成長されますことを期待しています。

12月7日(土曜日) 中央区町内会・ゲンキクラブ合同納会に出席しました。

合同納会の様子

 中央区町内会・ゲンキクラブ合同納会が三地区公民館で行われました。
 昨年12月に発足した「ゲンキクラブ」では、中央区の高齢者の方のみならず、小中学生の皆さんも積極的に活動に参加されています。
 地域の子どもから大人まで、多世代が集まり、地域活動に活発に取り組んでおられますことに、大変心強い思いがいたしました。市としましても、子どもから高齢者まで、全ての市民にとって魅力あるまちづくり、安全安心のふるさとづくりに向け、一層まい進してまいります。

12月7日(土曜日) 市内私立保育園の生活発表会等に出席しました。

原田保育園第38回生活発表会の様子

 市内私立保育園の生活発表会等を訪問しました。
 この日訪問したのは、原田保育園の第38回生活発表会、保育所慈生園の第34回ゆかいなこどもの音楽会の2か所でした。
 どちらの会場も、保護者をはじめとしたご家族、地域の皆さんがたくさん詰め掛けており、温かい眼差しに見守られながら、日頃の練習の成果を一生懸命発表する子どもたちの姿が大変ほほえましく、印象的でありました。

あいさつする市長

 これからも筑紫野市の元気の源である子どもたちのために、全力で市政運営に取り組んでまいります。

<写真上段>
 原田保育園第38回生活発表会

<写真下段>
 保育所慈生園第34回ゆかいなこどもの音楽会

12月6日(金曜日) 福岡県議会議員出身首長による意見交換会に出席しました。

出席首長との集合写真

 福岡県議会議員出身の大野城市、春日市、福津市、朝倉市、八女市、みやま市、豊前市、みやこ町の各市町長との意見交換会が春日市の会場で開催されました。
 この日は、福岡県の小川知事をお招きして、福岡県内8市町の首長と県知事による意見交換が行われ、大変有意義な懇談となりました。
 今後も市民の皆様が「住んで良かった、住み続けたい」と思えるまちづくりに向けて、県や各自治体との連携を強化してまいります。

12月4日(水曜日) 筑紫野市議会12月定例会を開会しました。

平成25年第6回定例会本会議の様子

 市議会12月定例会の会期日程は12月4日から12月20日までとなっており、条例14件、補正予算8件、人事案件2件、報告2件、その他1件の合計27件の議案についてご審議いただきます。
 なお、提出議案の内容は、「議会提出議案」ページ(以下のリンクからアクセスできます。)の「平成25年第6回(12月)筑紫野市議会定例会提出議案について」をご参照下さい。


 「議会提出議案」ページへのリンク

12月3日(火曜日) 人権週間に伴う街頭啓発に参加しました。

街頭啓発の様子

 第65回人権週間の取り組みの一環として、本市ではこの日、JR二日市駅、西鉄二日市駅、西鉄朝倉街道駅の3か所で、街頭啓発を実施しました。
 12月4日から10日まで全国各地で「第65回人権週間」として、世界人権宣言の趣旨とその重要性を広くお知らせするとともに、人権尊重思想の普及高揚を図るため、様々な啓発活動が実施されています。
 ぜひ、「思いやりの心」や「かけがえのない命」について今一度振り返るきっかけにしていただきたいと思います。

12月3日(火曜日) 中学生の税の作文表彰式を行いました。

あいさつする市長

 国税庁と全国納税貯蓄組合連合会が募集した中学生の「税についての作文」に関する市長賞、教育長賞の表彰式を市役所で行いました。
 中学生の税の作文は、将来を担う中学生の皆さんが、税に関することをテーマとして作文を書くことを通じて、税について関心を持っていただき、また、税について正しい理解を深めていただくことを目的としているものです。

表彰式の様子

 この日の表彰式では、市立中学校全5校から応募された多数の作品の中から、市長賞に筑紫野南中学校3年の山本泉華さん、教育長賞に二日市中学校3年の西口結晴さんが選ばれ、私と教育長がそれぞれの受賞者に賞状の授与を行いました。
 2人の素晴らしい作品を称えるとともに、今回の税に関する作文を真剣に考えてくれたすべての生徒の皆さんに心から感謝を申し上げます。

12月3日(火曜日) 二日市三日えびす祭を訪問しました。

二日市三日えびす祭の様子

 12月3日から3日間にわたり開催されている、二日市三日えびす祭を訪問しました。
 二日市は日田街道の交通の要衝で、古くから市が立ち、にぎやかな商業の町として栄えました。その二日市に、七福神のひとつであり、商売の神としても知られるえびす様の礎石が残されており、二日市えびす祭は、12月3日が縁日にあたる師走の恒例行事です。
 この日はたくさんの方が参拝に見えられており、温かいぜんざいも振舞われていました。古くからの伝統行事をしっかりと守られている地域の皆様に心から敬意を表します。

12月2日(月曜日) 九州の自立を考える会広域行政セミナーに出席しました。

九州の自立を考える会第5回広域行政セミナーの様子

 九州の自立・発展を目的として新しい公共政策課題に取り組むために平成23年9月に発足した「九州の自立を考える会」の通算で5回目となる広域行政セミナーが、福岡市内の会場で開催されました。
 この日は、300名を超える参加者のもと、九州経済産業局国際部長の星野雄一 氏を講師に「九州経済の国際化に向けて ~ALL九州による国際化の取組~」と題して講演が行われました。

12月1日(日曜日) 二日市イルミネーション「パープルナイト2013」の点灯式に出席しました。

あいさつする市長

 二日市イルミネーション「パープルナイト2013」の点灯式「ほっとキラッと二日市2013」が、二日市中央通り商店街のふれあい広場で行われました。
 このイベントは、二日市中央通り商店街を中心として、二日市のまちが約5万球のLED電球の光で美しく彩られるもので、今年で7回目の開催になります。
 この日は朝からの降雨の影響で、予定を一部変更しての開催となりましたが、会場には点灯の瞬間を一目見ようと大変多くの方が来場されていました。

イルミネーションの様子

 本イベントの主催である二日市中央通り商店街協同組合、まちづくりNPO法人ほっと二日市などの関係者をはじめ、4日間のイルミネーション設置作業に参加いただいた延べ100人にものぼるボランティアスタッフの皆様にも、心から感謝を申し上げます。
 このイルミネーションは、12月25日まで実施されています。ぜひとも多くの皆様に、この幻想的な街並みをお楽しみいただきたいと思います。

12月1日(日曜日) みかさ台ワンコインパーティーに出席しました。

あいさつする市長

 第14回みかさ台ワンコインパーティーがみかさ台公民館で開催されました。
 みかさ台ワンコインパーティーは、「絆・助け合い・頑張ろう」をテーマに住民の皆さんの交流を深めることを目的として年に2回開催しているもので、今ではみかさ台区の恒例行事としてすっかり定着しています。
 今回も100名近い参加者が、500円の「ワンコイン」を片手に集まりました。

第14回みかさ台ワンコインパーティーの様子

 会場では、地域の料理教室「みかさ亭」の皆さんが腕を振るった30品以上の美味しい手料理を囲み、カラオケや景品抽選などが催され、私も参加者の皆様と楽しい時間を過ごすことができました。
 ご近所づきあいが希薄になりつつある中で、このような行事を通じて地域の人と人とのつながりを深めていただいている小井手区長をはじめ地域の皆様に心から感謝を申し上げます。

12月1日(日曜日) 馬市区のお祭りを訪問しました。

馬市区のお祭りの様子

 市内西小田の馬市区で行われたお祭りを訪問しました。
 江戸と薩摩国を結ぶ主要街道であった薩摩街道が通る馬市区内には、江戸時代に建立された筑前・筑後の国境石が今も残されています。このお祭はその国境石を前に、区内の安全と安泰を祈念するため毎年12月の第1日曜日に執り行われています。
 祭りに参加し、馬市区の歴史や伝統が地域の皆様によって大切にされていることを強く感じました。地域の手で、古くから脈々と受け継がれているこの祭りをしっかりと次の世代へつなげていただきたいと思います。

12月1日(日曜日) 若葉中原公民館のもちつき大会に出席しました。

若葉中原団地餅つき大会の様子

 若葉団地と中原団地が開催する餅つき大会が若葉中原公民館前のみどり公園で開催されました。
 この日はあいにくの天候でしたが、それでもたくさんの地域の皆様が集まり、会場は大変賑わっていました。
 私も皆さんと一緒に餅をつかせていただき、心も体も温まることができました。皆さんと歓談しながらいただくつきたての餅は、とても美味しかったです。
 区長はじめ地域の皆様、お招きいただきありがとうございました。

12月1日(日曜日) 「ちくしの森林ボランティアの会」の作業開始式に出席しました。

あいさつする市長

 ちくしの森林ボランティアの会の本年度第2回目となる作業が平等寺の野鳥の森で開催され、私は市役所で行われた作業開始式に出席しました。
 平成14年度に発足した「ちくしの森林ボランティアの会」は、年3回、森林保全のため、草刈り、枝打ち、植樹などのボランティア活動を行っています。
 この日の作業には、小雨交じりの大変寒い中にも関わらず、ボランティア会員のほか、筑紫野市議会議員や山神水道企業団、筑紫野太宰府消防組合消防本部の職員など合計80人が参加しました。
 参加者のみなさん、大変お疲れ様でした。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス