ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成24年11月)
更新日: 2012年12月7日

市長の動き(平成24年11月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

11月30日(金曜日) 元消防監 梶原 梶之助 氏の叙勲受章の祝宴に出席しました。

 
あいさつする市長

 元筑紫野太宰府消防組合消防監である本市二日市南在住の 梶原 梶之助 氏が「第19回危険業務従事者叙勲」で「瑞宝双光章」を受章されたことから、市内の会場で祝宴が開催されました。
 危険業務従事者叙勲は、警察官、消防職員、自衛官などの危険性の高い業務に従事した人を対象とするものです。
 祝宴では、梶原 梶之助 氏のこれまでのご功労に敬意を表し、参加者全員で叙勲受章をお祝いしました。
 この度の受章まことにおめでとうございました。

11月30日(金曜日) 筑紫地区食生活改善推進会研修会に出席しました。

 
あいさつする市長

 平成24年度筑紫地区食生活改善推進会研修会がカミーリヤで開催されました。
 この研修会は、筑紫地区の食生活改善推進会の相互交流を深めることで活動の活性化や地域住民の健康増進に寄与することを目的として開催されているものです。
 研修会には筑紫地区の食生活改善推進員約100人が参加し、食育落語家の 福々亭 金太郎 氏による講演などが行われました。

11月29日(木曜日) 中学生の「税についての作文」表彰式を行いました。

 
祝辞を述べる市長

 国税庁と全国納税貯蓄組合連合会が募集した中学生の「税についての作文」に関する市長賞、教育長賞、県税事務所長賞の表彰式を市役所内の会議室で行いました。
 この作文募集は、将来を担う中学生が「税」に関するテーマの作文を書くことによって、税についての関心と正しい知識を持ってもらうことを目的としているもので、本市からは市立中学校(全5校)から861点の作品が応募されました。

 
表彰式の様子

 この日の表彰式では、市長賞を筑紫野南中学校3年の 平井 志歩さん、教育長賞を同校3年の 井上 魁さん、県税事務所長賞を同校3年の 平川 維吹さんにそれぞれ手渡しました。
 3人の素晴らしい作品を称えるとともに、今回の税に関する作文を真剣に考えてくれたすべての生徒のみなさんに心から感謝を申し上げます。

11月29日(木曜日) ふくおか県「翼の会」との懇談を行いました。

 
懇談の様子

 ふくおか県「翼の会」の6人が市役所を訪問され、男女共同参画推進に関する懇談を行いました。
 ふくおか県「翼の会」は、福岡県女性海外研修事業「女性研修の翼」の参加者で構成された団体で、研修で得た知識と体験をもとにして家庭・職場・地域における男女共同参画の実現に取り組まれています。
 この日は、事前にいただいた質問事項について回答したほか、今後の取り組みに関する意見交換を行いました。今後とも男女共同参画推進のため、貴重なご意見をいただきますようお願いします。

11月29日(木曜日) 火葬施設「筑慈苑」における計画停電に関する要望を行いました。

 
要望書を手渡す市長

 本市、春日市、大野城市、太宰府市、筑前町の4市1町で共同運営している火葬施設「筑慈苑」における今後の計画停電に関する要望のため、筑慈苑施設組合の組合長として九州電力株式会社福岡南営業所を訪問しました。
 当施設における計画停電実施時の対応については、抜本的な対策を講じることが難しい状況であることから、今後の電力安定供給確保、計画停電回避そして計画停電が実施される場合には、火葬施設を計画停電の対象外としていただけるように要望いたしました。

11月29日(木曜日) 筑紫地区年末年始特別警戒パトロール隊出陣式に出席しました。

 
パトロール隊出陣式の様子

 筑紫地区年末年始特別警戒パトロール隊の出陣式が太宰府市内で開催されました。
 このパトロール隊は、自治体、警察、消防、防犯ボランティア団体などで構成されており、年末年始に増加する事件・事故・火災を予防するべく地域のパトロールを実施するものです。
 出陣式では、伊勢ヶ濱部屋の安美錦関(小結)が一日警察署長、宝富士関(十両)が一日消防長に委嘱され、パトロール隊の激励を行いました。

 
パトロール隊出陣式の様子

 地域の安全・安心のため、今後も関連団体との連携を密にしながら各種活動に取り組んでまいります。

11月28日(水曜日) 福岡県スポーツ少年団剣道交流大会の優勝報告を受けました。

 
訪問時の様子

 本市武蔵在住で天拝中学校3年生(山口剣友会)の 平居 拓朗さんが11月4日に市内諸田の農業者トレーニングセンターで開催された第23回福岡県スポーツ少年団剣道交流大会 中学校個人戦の部で優勝したことから、本人、お母様そして山口剣友会の荒瀬会長が報告のために市役所を訪問してくれました。
 優勝した平居さんは、平成25年3月に佐賀県佐賀市で開催される全国大会(第35回全国スポーツ少年団剣道交流大会)に福岡県代表として出場されます。平居さん、全国大会も優勝目指して頑張ってください。

11月28日(水曜日) 福岡県宅地建物取引業協会との意見交換会が開催されました。

 
あいさつする市長

 公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会との意見交換会が市役所内の会議室で開催されました。
 同協会は、宅地建物の安定した供給や適正な流通を確保し、業界の発展と県民の住生活の安定・向上に寄与することを目的として設立された組織であり、県内約4,600社の会員で構成されています。
 この日は、土砂災害警戒区域等に指定された土地における固定資産税の見直し、企業誘致用地等登録制度の設立に伴う協力要請、転居時における水道料金未払いに対する協力要請などの議題について意見交換を行いました。

11月27日(火曜日) 筑紫野経済同友会の講演会に出席しました。

 
あいさつする市長

 平成24年度筑紫野経済同友会講演会が今春落成したばかりの二日市小学校新校舎の多目的ルームで開催されました。
 この日の講演会では、筑紫野市ふるさと親善大使を委嘱したばかりの 立川 生志さん に「生志とちくしの」というテーマでお話しいただきました。
 講演では、筑紫野市に住んでいた頃の話や、師匠である 立川 談志さん に弟子入りした当時の話を、そしてその後の高座では、初心者にも分かりやすく落語の由来や楽しみ方などを説明をしていただき、実際の古典落語を情景たっぷりに話していただきました。

 
講演の様子

 約250人の来場者で満員の会場は、生志さんの楽しい話によって終始笑いが沸き起こりました。
 参加者全員を引き込む素晴らしい講演で会場を一つにしていただきました 立川 生志さん、そして今回の講演会を主催していただきました筑紫野経済同友会の荒瀬会長はじめ会員の皆様に心から感謝申し上げるとともに、今後とも本市の発展のためにご協力いただきますようお願いします。

11月27日(火曜日) 落語家の立川生志さんに筑紫野市ふるさと親善大使の委嘱書を交付しました。

 
委嘱書を手にする立川生志さんと市長

 立川流落語家真打として全国的に活躍されている、筑紫野市出身で二日市小学校・二日市中学校の卒業生でもある 立川 生志(たてかわ しょうし)さんを「筑紫野市ふるさと親善大使」に委嘱しました。
 今後は、大使として本市が実施する各種イベントに参加したり、市民と交流したりすることで、本市の魅力を市内外に広く発信していただく予定です。
 立川 生志さん、筑紫野市の魅力を一人でも多くの人に知ってもらうことができるよう、ご協力をよろしくお願いいたします。

11月27日(火曜日) 御笠川水系改修事業の整備促進に関する県への要望を行いました。

 
県への要望を行う市長

 御笠川流域の自治体で構成する「御笠川水系改修事業促進協議会」の会長として福岡県庁を訪問し、県土整備部に対して河川改修事業の早期完了および改修の促進に関する要望を行いました。
 本年度から県が取り組んでいる鷺田川と高尾川の抜本的改修事業に対して、豪雨による水害に苦しんでいる地域住民は大きな期待を抱いていることから、一日も早い事業完了を要望するとともに、御笠川本川における未改修区間の整備、将来計画に基づいたさらなる河川改修が必要不可欠であるとの考えを県に伝えました。

11月27日(火曜日) あけぼの保育園の園児の訪問を受けました。

 
園児訪問時の様子

 市内紫にある「あけぼの保育園」のひまわり組の園児28人が市役所を訪問してくれました。
 この日の訪問の目的は、市役所への感謝訪問および社会見学ということで、園児達からの手作りのカレンダーやお菓子のプレゼントを受け取ったほか、元気な歌を披露してくれました。
 子どもたちからの感謝の言葉は、私をはじめ市職員全員にとって大きな励みとなるものです。

 
園児による歌の披露の様子

 子ども達の未来のために、これからも全力で市政に取り組んでまいります。あけぼの保育園の園児のみなさん、ありがとうございました。

<動画>
 園児による歌の披露の様子
  曲:「さんぽ」
 ※音声が出ます

11月26日(月曜日) 学校施設(二日市中学校、二日市北小学校)の工事進捗状況の視察を行いました。

 
視察の様子

 平成24年度中の完成を予定している学校施設の工事進捗状況を確認するため、二日市中学校と二日市北小学校を訪問しました。
 二日市中学校では大雨による水害軽減・防止を目的とした「雨水流出抑制施設」設置工事が、二日市北小学校ではバリアフリーを目的としたエレベーターの設置工事が進行中です。
 この日の視察時には、それぞれの現場を確認しながら、工事概要や問題点がないかの確認を行いました。

視察の様子

<写真上段>
二日市中学校視察の様子
(雨水流出抑制施設設置工事現場)

<写真下段>
二日市北小学校視察の様子
(エレベーター設置工事現場)

11月25日(日曜日) ちくしの人形劇まつりを訪問しました。

 
あいさつする市長

 筑紫野市市制施行40周年記念事業 第10回ちくしの人形劇まつりが文化会館で開催されました。
 このイベントは、プロやアマチュアの人形劇団が集う人形劇のお祭りとして、毎年多くの来場者で賑わいを見せるイベントです。
 この日もプロ1劇団、アマチュア10劇団による公演のほか、人形に触れ、動かすことができる体験コーナーなどに延べ1,600人という大勢の子どもや保護者が会場を訪れ、人形劇の世界を楽しんでいました。

11月23日(金曜日) 福岡ブロックPTA連合会研修会に出席しました。

 
あいさつする市長

 福岡県PTA連合会の福岡ブロックPTA連合会研修会が文化会館で開催されました。
 福岡県PTA連合会は、各学校ごとのPTAの情報共有のほか、学校・家庭・地域社会・行政との連携を深め、学校や子ども達の未来のために活動されています。
 この日の福岡ブロック(筑紫地区、糸島地区、宗像地区、粕屋地区)の研修会では、教育アドバイザーの 下地 敏雄 氏による「夢と人」というテーマで講演が行われました。

11月23日(金曜日) JA筑紫ふるさとまつりに出席しました。

 
農産物品評会表彰の様子

 11月23日と24日に第33回JA筑紫ふるさとまつりが市内杉塚のJA筑紫本店で開催されました。
 JA筑紫では、地域で「安心・安全・新鮮」な農畜産物を提供し、「農業・JAに対する理解・関心の増進」および「地域密着活動の展開」につなげるふれあいの場として、この「JA筑紫ふるさとまつり」を毎年開催されています。

会場の様子

 出席した23日の式典では、農産物品評会表彰も行われ、私は筑紫野市長賞の授与を行いました。
 会場は、新鮮野菜の即売などの販売コーナーのほか、子どもから大人まで楽しむことができるマジックショーや歌謡が準備されており、多くの家族連れで賑わいを見せていました。

11月23日(金曜日) 天拝山ロードレース大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 筑紫野市市制施行40周年記念事業 第40回天拝山ロードレース大会が市内山口の筑紫野市総合公園で開催されました。
 この大会は、県内外から多くの参加者が集い、日頃から鍛えた健脚を競う大会として毎年11月23日(勤労感謝の日)に開催している歴史ある大会です。
 この日は小雨が降る中での開催となりましたが、合計1,000人を越す大勢の参加選手が筑紫野市総合公園のそばにある天拝湖を周回するコースを疾走しました。

疾走する選手

 開催にあたりご尽力いただきました大会主管の筑紫野市陸上競技協会をはじめとした関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

11月21日(水曜日) 筑紫野市防災会議を開催しました。

 

 平成24年度(第1回)筑紫野市防災会議を市役所内の会議室で開催しました。
 この防災会議は、筑紫野市地域防災計画の作成と実施の推進のほか、地域防災に関する重要事項の審議などを行うもので、国、県、市、警察、消防をはじめとした各種機関の委員によって構成されています。 
 また、今回の委員には4人の女性委員を登用しており、女性視点での意見をいただくようにしております。 この日は、委員への委嘱書・辞令書の交付のほか、防災会議の運営や、筑紫野市地域防災計画の見直しに関する議題の審議を行いました。

11月20日(火曜日) 福岡都市圏の水資源開発の促進に関する提言活動を行いました。

 
水資源機構での提言活動の様子

 福岡都市圏の水資源開発の促進に関する提言活動のため、福岡都市圏広域行政推進協議会を代表して、埼玉県の「独立行政法人水資源機構本社」や東京都の「国土交通省」などを訪問しました。
 福岡都市圏の水事情は、平成6、7年の大渇水以降も2年に1度の割合で渇水が発生しているという厳しい状況であり、近年の少雨と多雨の二極化によってダムの供給能力が低下し、渇水の頻発化やその被害の増大が懸念されています。

国土交通省での提言活動の様子

 このことから、福岡都市圏広域行政推進協議会と福岡都市圏の各水道企業団や事務組合から、渇水対策、新規水資源の早期確保、筑後川水系の河川流量の安定化を図るための筑後川総合開発の促進や福岡導水の安定供給確保策の検討に関する提言をおこないました。
 今後も福岡都市圏が一体となって、水の安定供給のために積極的な取り組みを進めてまいります。

11月19日(月曜日) 筑紫野市事務事業外部評価委員会から答申書が提出されました。

 
答申書を受け取る市長

 筑紫野市事務事業外部評価委員会から答申書を提出していただきました。
 この委員会は、本市が実施する事務事業について、第三者による外部評価を行い、行政資源の有効活用と意識改革の促進に資することを目的として今年度新たに設置したものです。
 この日に牧野会長から提出していただいた答申書は、全4回にわたる委員会での成果であり、本市の行政効率化に繋がる改善点が数多く含まれているものです。

 
牧野会長から説明を受ける市長

 今後は、答申書の評価結果を真摯に受け止め、評価していただいた全ての事務事業について、答申の内容に沿ってできる限り迅速に対応してまいります。
 また、今回の評価対象外の事務事業についても、現状に満足せず、事業の目的妥当性、有効性、効率性等を分析し、常にコスト意識を持って改善していくことができるよう、職員の育成に取り組んでまいります。
 牧野会長をはじめとした7人の委員の皆様に心から感謝するとともに、来年度も本市の発展のためにご協力いただきますようお願い申し上げます。

11月19日(月曜日) JA筑紫の地区別組合員代表者大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 JA筑紫の平成24年度地区別組合員代表者大会がJA筑紫本店で開催されました。
 大会では、JA筑紫の平成24年度上半期仮決算報告などが行われました。
 将来に向けた農業振興を取り巻く環境が厳しい状況下に置かれるなか、農業経営安定化、国内生産力確保とともに安全で安心な国産農産物の安定的な供給を目指した農村の再生が急務となっています。
 地域農業の振興に向け、本市としても可能な限り取り組みを行っていくとともに、組合員の皆様の一層のご協力をお願い申し上げます。

11月18日(日曜日) 山家宿まつりを訪問しました。

 
山家宿まつりの様子

 長崎街道筑前六宿開通400年記念事業「第6回山家宿まつり」が山家8区の山家宿跡や山家小学校などで開催されました。
 この「山家宿まつり」は、夢むらさきクロスロード400事業実行委員会山家部会と山家小学校が主催する行事で、山家小学校における学習成果発表の場、そして学校と地域が連携して山家の魅力を広く発信する場となっています。

 
山家宿まつりの様子

 まつりでは、山家小学校体育館での演劇、山家宿郡屋でのミニ歴史講演会、山家宿跡周辺での物産販売をはじめ、大名行列や武者行列、山家小学校児童による史跡ガイドや山家名物「白おこわ」がふるまわれるなど、子どもから大人まで楽しむことができる内容盛りだくさんのイベントが行われました。
 このような地域に根ざした行事を大切にし、本市が持つ魅力を多くの人に知っていただくことができるよう、今後も取り組みを進めてまいります。  

11月18日(日曜日) 福岡県母子寡婦福祉大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 平成24年度福岡県母子寡婦福祉大会が春日市のクローバープラザで開催されました。
 この大会は、母子家庭及び寡婦の一層の自立促進と福祉の向上を目指して、「社会福祉法人 福岡県母子寡婦福祉連合会」の主催により毎年開催されているものです。
 今年度は、「つなごう人の輪、広げよう地域の輪」のテーマの下で、記念講演や活動報告、今後の母子寡婦福祉のあり方等に関する討議が行われました。

11月18日(日曜日) 紫区の文化祭を訪問しました。

 
作品を鑑賞する市長

 紫区「第23回文化祭」が11月17日から18日まで紫公民館で開催されました。
 この文化祭は、紫区民やサークル学習者の日頃の活動や学習の成果を発表する場として開催されているもので、数多くの作品展示やステージでの演芸発表などが行われるものです。
 私は、18日に会場を訪問させていただき、展示されている素晴らしい作品の数々を鑑賞しながら、紫区のみなさんと楽しく交流させていただきました。

11月18日(日曜日) 俗明院区の防災訓練に出席しました。

 
防災訓練の様子

 俗明院区の防災訓練が俗明院公民館にて実施されました。
 この防災訓練は、「俗明院区自主防災・防犯会」が独自で行う初めての訓練であり、震度6強の大規模な地震災害が発生したことを想定して実施されました。
 訓練では、本部での情報収集、避難者の確認、誘導、手当てのほか、消火器取り扱いや人工呼吸法の訓練なども行われました。
 災害に強いまちづくりに向けてご協力いただいている俗明院区の萩尾区長はじめ役員各位に心から感謝を申しあげます。

11月18日(日曜日) 第20回阿志岐ジャガーズクリスマスチャンピオンズ大会に出席しました。

 
開会式の様子

 第20回阿志岐ジャガーズクリスマスチャンピオンズ大会が御笠運動広場と阿志岐小学校にて開催されました。
 この大会は、本市で活動している「阿志岐ジャガーズ」が毎年主催しているもので、福岡県下の強豪14チームが参加して行われました。
 大会の優勝チームは福岡市東区で活動している「八田リトルペガサス」でした。
 大会を主催された「阿志岐ジャガーズ」の近藤代表はじめ関係者各位そして参加選手のみなさん、大変おつかれさまでした。

11月17日(土曜日) 天拝中学校創立30周年記念祝賀会に出席しました。

 
あいさつする市長

 天拝中学校創立30周年記念祝賀会が市内の会場で開催されました。この日の午前中には記念式典も執り行われ、創立30周年が盛大に祝われました。
 天拝中学校は昭和58年に開校して以来、「健康・協調・自主」の校訓のもとで素晴らしい伝統を築き上げてこられており、これまで学校運営にご尽力いただいてきた、歴代校長をはじめとした大勢の関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。
 この30周年を契機として、天拝中学校が地域に愛される素晴らしい学校としてさらに発展していくことを心から願っております。

11月17日(土曜日) 京町子どもまつりに出席しました。

 
会場の様子

 第28回京町子どもまつりが京町児童センター・足洗公園特設ステージで開催されました。
 この京町子どもまつりは、差別のおかしさ、人権・平和・環境の大切さを地域と共に考える機会として毎年開催されています。
 今年は、東日本大震災と九州北部豪雨災害の復興支援に向けて「友へ・明日へ・世界へ ‐ Message of Children ‐」のテーマのもとでステージ発表などが行われ、多くの子どもたちからのメッセージの発信による素晴らしい人権啓発と地域交流の場となりました。

11月17日(土曜日) 福岡共同公文書館開館記念式典に出席しました。

 
テープカットの様子

 本市上古賀に完成した福岡共同公文書館の開館記念式典が開催されました。
 この公文書館は、福岡県と県内市町村が共同で設置・運営するもので、歴史資料として重要な価値を有する公文書を保存・利用・調査研究する施設です。
 この日の記念式典後には、独立行政法人国立公文書館の髙山館長による「公文書管理と公文書館の役割について」というテーマの記念講演のほか、施設見学会や福岡の歴史を公文書で振り返る特別展示会が開催されました。

11月16日(金曜日) 連合福岡筑紫・朝倉地域協議会定期大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 連合福岡筑紫・朝倉地域協議会第23回定期大会が文化会館で開催され、来賓として出席しました。
 同協議会は、歴代役員はじめ組合員の皆様の長年にわたる取り組みにより、組合員の労働条件と労働環境の向上、福祉の充実に大きな成果をあげられ、今日の基盤を築いてこられました。その真摯な姿勢とご努力に対し、心から敬意を表します。
 この日の定期大会では、これまでの活動の総括および今後の活動方針などについて審議が行われました。

11月13日(火曜日) 平成25年度の予算に関する県への陳情を行いました。

 
本市の現状と課題を説明する市長

 平成25年度の予算に関する陳情のため、福岡県庁を訪問しました。
 県庁では、山崎副知事、服部副知事、そして県土整備部の村山部長、原次長を訪問し、本市の現状と課題について説明を行い、予算面をはじめ各方面からの協力をお願いしました。
 お忙しい中ご対応いただきました、山崎副知事、服部副知事、そして村山部長、原次長、まことにありがとうございました。
 市民が誇れる暮らしやすいまちづくりに向けて、今後とも県との連携を強化してまいります。

 
県庁訪問時の様子

<写真上段>
本市の現状と課題を説明する市長

<写真下段・左上>
山崎副知事訪問時の様子

<写真下段・右上>
服部副知事訪問時の様子

<写真下段・左下、右下>
県土整備部訪問時の様子

11月12日(月曜日) 公共建築工事に係る研修会を開催しました。

 
研修会の様子

 第2回公共工事に係る研修会を市役所内の会議室で開催しました。
 この研修会は、地場事業者の育成および活性化を目的として開催しているもので、6月に実施した第1回の研修会には市内の建設事業者から49人の技術者にご参加いただきました。第2回目となる今回は、「現場代理人と配置技術者」と「提出書類の様式」という2つのテーマで研修を実施し、市内の建設事業者から26人の経営者にご参加いただきました。
 市民が便利で使いやすい施設を造っていくため、今後も地場事業者との協力体制を強化してまいります。

11月12日(月曜日) 保育所慈生園からマーチングイン九州の金賞受賞報告を受けました。

 
訪問時の様子

 10月27日と28日に大分県別府市の別府コンベンションセンターで「第17回マーチングイン九州2012」が開催され、幼保・小学生・一般の部に参加した本市石崎の保育所慈生園が金賞を受賞されました。
 この日は大会での金賞受賞報告のために、園児3人が市役所を訪問してくれました。
 大会で60人の園児のみなさんが力を合わせて作り出した音色や正確な動きは、きっと大勢の観客を魅了したことでしょう。園児のみなさん、そして熱心な指導で素晴らしい成績へと導いた保育所慈生園の皆様、金賞受賞まことにおめでとうございました。

11月12日(月曜日) 筑紫野市老人クラブ連合会のシルバーまつりに出席しました

 
あいさつする市長

 筑紫野市老人クラブ連合会の第30回シルバーまつりがカミーリヤで開催されました。
 この日のまつりでは、会員の皆様による歌や踊りの披露のほか、書画や盆栽等の作品展示なども行われ、日頃から仲間づくりを通して、生きがいと健康づくり、そして生活を豊かにする楽しい活動に取り組まれている様子を感じることができました。
 これからも皆様の豊富な知識や経験を生かし、誰もが健やかに暮らせるまちづくりのためにご協力いただきますようお願い申し上げます。

11月11日(日曜日) 万葉の里ちくしのウォーキングの開会式に出席しました。

 
あいさつする市長

 筑紫野市市制施行40周年記念事業 平成24年度第7回万葉の里ちくしのウォーキングが、上古賀グラウンドをスタート会場として各コースで実施されました。
 今回は、市制施行40周年記念として元マラソンランナーで熊本市議会議員の松野明美さんと一緒に歩くコースなど全5種類のコースに約300人が参加しました。一時小雨が降る中ではありましたが、参加者はとても和やかにウォーキングを楽しんでいました。
 これからも多くの市民のみなさんにウォーキングによる健康増進を楽しんでいただくことができるよう、市として積極的に取り組んでまいります。

11月10日(土曜日) 福岡・出水交流会に出席しました。

 
福岡・出水交流会の様子

 第10回福岡・出水交流会が福岡市内の会場で開催されました。
 福岡・出水交流会は会員相互の親睦と、福岡と出水の相互交流を深めることを目的として平成16年に設立されました。
 九州新幹線の全線開通をはじめとした公共交通網の発達によって、今後ますます九州各地域の繋がりは強くなっていくことでしょう。これからも県内・県外を問わず、地域活性化につながる様々な機会を通して、本市の発展のために取り組んでまいります。

11月10日(土曜日) 御笠地区市民文化祭を訪問しました。

 
餅つきに参加する市長

 御笠コミュニティセンターで開催された御笠地区市民文化祭を訪問しました。
 文化祭の会場では、訪れて見ているだけで楽しい気持ちになる多種多様なバザー販売や体験コーナーなどがあり、地域が一体となって開催している素晴らしいイベントであると感じました。
 地域を明るく元気にする文化祭を開催していただきました御笠地区市民文化祭実行委員会を構成する各種団体および関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。

11月10日(土曜日) 福岡県工業技術センター化学繊維研究所を見学しました。

 
施設見学中の市長

 福岡県工業技術センター化学繊維研究所の一般公開を訪問しました。
 この研究所は筑紫野市文化会館の側にある施設で、繊維・有機・無機材料に関する研究開発、技術支援などを行っている福岡県の施設です。
 この日は、科学に対する理解と関心を深めてもらう「フクオカサイエンスマンス」のイベントの1つとして、研究所施設の一般公開が行われ、たくさんの子どもたちが楽しい実験を通して科学への興味を深めていました。

11月10日(土曜日) いきいき商工農フェスタに出席しました。

 
あいさつする市長

 第8回いきいき商工農フェスタが11月10日と11日に筑紫野市文化会館の駐車場で開催されました。
 このイベントは、市内商店街等の活動を広く知ってもらうとともに、商工農業者と消費者のふれあいの場として毎年開催されているものです。
 会場では、特産品の販売、新鮮野菜の直売、二日市温泉足湯、バルーンアート製作体験、餅まき、飴まき、抽選会のほか、九州産業高等学校の吹奏楽部の演奏といったステージイベントなどが行われ、会場は大勢の来場者で賑わっていました。

11月10日(土曜日) 筑紫野南中学校創立20周年記念式典に出席しました。

 
あいさつする市長

 筑紫野南中学校創立20周年記念式典が筑紫野南中学校の体育館で行われました。
 平成5年に開校した筑紫野南中学校は、開校当時から「自ら学ぶ力」の育成を全校あげて取り組まれ、特色ある教育活動と輝かしい伝統を築き上げられてこられました。歴代の校長をはじめ、学校を支えてこられた関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。
 20周年という節目を迎え、学校そして生徒たちが「自学・友愛・健康」の校訓のもとで、未来に向けてさらに成長・飛躍されることを心から願っております。

11月9日(金曜日) 街道保育所園児の訪問を受けました。

 
園児訪問時の様子

 本市には、4カ所の市立保育所(二日市保育所、京町保育所、街道保育所、下見保育所)があります。
 この日は、11月23日の「勤労感謝の日」を前に、街道保育所の「ゆり組」の園児34人が私を訪問してくれました。元気な園児たちからは、私への感謝の言葉や歌の披露のほか、市長の仕事や私が子どもの頃の夢などに関する質問などを受けました。
 園児たちのかわいい歌声や笑顔に触れる楽しいひと時を通して、子どもたちが健やかに成長することができるまちづくりに向けた気持ちを新たにし、元気をもらうことができました。

 
園児による歌の披露の様子

 訪問してくれた園児のみなさん、素敵な手づくりのプレゼントまで持って訪問してくれて本当にありがとうございました。

<動画>
 園児による歌の披露の様子
  曲:「紫いろのふるさと」 “筑紫野ロマン飛行” テーマ曲
 ※音声が出ます

11月9日(金曜日) 秋季火災予防運動の街頭広報に参加しました。

 
街頭広報を行う市長

 消防庁では、火災および火災による死傷者や財産の損失を防ぐことを目的として 「119番の日」 である、11月9日から15日までの期間で「秋季全国火災予防運動」を実施しています。
 この日は、この運動の一環として、朝の7時過ぎから市内7箇所の駅で街頭広報活動を行い、通勤・通学中の大勢の人に啓発物を配布しました。
 火災が発生しやすいこれからの時季を迎えるに当たり、各家庭や職場などにおける火災の予防にご協力いただきますようお願い申し上げます。

11月7日(水曜日)、8日(木曜日) 第111回九州市長会総会、意見交換会に出席しました。

 
九州市長会総会の様子

 第111回九州市長会の総会と意見交換会が沖縄県宮古島市で開催されました。
 7日に開催された総会では、国へ要望する議案15件と決議案3件の審議が行われましたが、沖縄県市長会が提出していた、沖縄県への米軍垂直離着陸輸送機オスプレイの配備撤回を求める決議案については、様々な見解の意見が出たことから一旦採決が見送られ、8日午前に行われた臨時理事会および意見交換会にて修正案の決議が行われました。

 
意見交換会の様子

 また、8日に実施された意見交換会は、行財政関係、社会文教関係、経済関係に分かれて開催され、私が出席した社会文教関係では、「唐津市における再生可能エネルギーの取組み」というテーマで、唐津市長による講演と意見交換が行われました。
 この意見交換会では、太陽光エネルギー、風力発電、バイオマスといった再生可能エネルギーの導入に関する唐津市の取り組みや、メガソーラーの誘致・導入をはじめとした、これからの新たな取り組みについて学ぶことができる貴重な機会となりました。

11月6日(火曜日) 平成24年度第8回移動市長室を実施しました。

 
懇談の様子

 通算16回目となる移動市長室をJA筑紫物流配送センターの会議室で開催し、「筑紫野市農業女性グループ協議会」の楢木会長をはじめとした12人の会員の皆様と懇談を行いました。
 この協議会は、市内の農業女性グループの交流活動を通して、地域に役立つ生産活動や生活研究の輪を広げることを目的としており、現在市内の6グループ(双葉会、五月会、つくし会、ひまわり会、山家の宿、山口農産)が力を合わせて活動を行っています。

 
筑紫野市農業女性グループ協議会の皆様

 その活動の一つで、毎年開催している「食と農を考える『農業女性と消費者のつどい』 ‐ 命と食と農をつなぐ ‐ 」では、本市の農産物を使った調理実習や消費者との意見交換を通じて、食の大切さや安全で美味しい農産物の提供を積極的に推進されています。
 この日の懇談では、協議会の活動内容の説明、後継者・高齢化問題、協議会への加入推進、若い消費者の食への関心と地産地消のアピールといった課題、協議会活動への支援継続や市のイベントへの出店の要望などについて語っていただきました。

 
市長あいさつの様子

 お話しいただきました内容については、市で検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。 
 筑紫野市農業女性グループ協議会の皆様、本当にありがとうございました。

<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます

11月6日(火曜日) 筑紫野市老人クラブ連合会との懇談会に出席しました。

 
懇談会の様子

 筑紫野市老人クラブ連合会との懇談会がカミーリヤの視聴覚室で行われました。
 老人クラブ連合会の皆様には、日頃から地域における生きがい・健康づくり、そして社会貢献に励んでいただいており、心から感謝を申し上げます。
 懇談会では、医療費の抑制と地域での健康づくり、シルバー祭りの運営、グラウンドゴルフの活動状況などに関する説明および意見などをいただきました。
 今後とも、豊富な知識や経験からのご意見をはじめ、明るく豊かな地域づくりにご協力いただきますようお願い申し上げます。

11月5日(月曜日) 堀池遺跡の調査成果に関する記者発表を行いました。

 
調査成果を報告する市長

 JR二日市駅西側の「堀池遺跡」の調査結果に関する記者発表を市役所内の会議室で行いました。
 この遺跡の中で見つかった平安時代の墓地のうちの1基が「木炭槨木棺墓(もくたんかくもっかんぼ)」と呼ばれる希少なものであり、副葬品として唐から輸入されたと考えられる越州窯系青磁(えっしゅうようけいせいじ)「唾壷(だこ)」が日本で初めて完全な形で出土されるという大変貴重で重要な発見であったことから、新聞社やテレビ局といった報道機関への調査成果報告を実施したものです。

記者発表の様子

 記者発表では、調査成果の詳細説明や質疑応答を行った後に発掘調査現場へと移動し、現地での説明を行いました。
 今後は墓の被葬者は誰なのか、周辺の墓域がどこまで広がっているのかなどについて引き続き検討を進めてまいります。
 また、11月10日(土曜日)と11日(日曜日)に現地説明会を、11月23日に生涯学習センターで特別講演会を行う予定です。詳しくは市文化振興課(電話:092-921-8603、092-921-8419)まで問い合わせください。

11月4日(日曜日) 堀池遺跡の発掘調査現場を視察しました。

 
現場を視察する市長

 平成24年6月から発掘調査を実施しているJR二日市駅西側の「堀池遺跡」で古代大宰府に関連する遺構が見つかったことに伴い、発掘調査現場の視察を行いました。
 ここで見つかった墳墓は、特徴的な構造を持っているほか、高級品の輸入陶磁器の副葬品も出土されるなど、古代の葬制や大陸との交流を考える上で重要な資料になると考えられます。
 本市の歴史を語る上でも大きな発見となる可能性があることから、今後も調査を継続してまいります。

11月3日(土曜日)、4日(日曜日) 市内で開催された文化祭など(計4カ所)を訪問しました。

 
あいさつする市長

 市内で開催された文化祭などを訪問しました。
 訪問したのは、3日に「第17回山口地区コミュニティまつり」、「平成24年度第32回山家地区市民文化祭」、天拝坂中央公園で開催された東日本復興支援チャリティイベント「スマイルフェスタ」、4日に「二日市コミュニティセンター文化祭」の計4カ所でした。
 地域を元気にするイベントを企画・開催していただきました関係者各位に心から感謝を申し上げます。 

各会場の様子

<写真上段>
第17回山口地区コミュニティまつり

<写真下段・左上>
平成24年度第32回山家地区市民文化祭

<写真下段・右上>
東日本復興支援チャリティイベント「スマイルフェスタ」

<写真下段・左下、右下>
二日市コミュニティセンター文化祭

11月4日(日曜日) 筑紫野市環境フェア&秋・ちくしのフリーマーケットを訪問しました。

 
あいさつする市長

 市制施行40周年記念 筑紫野市環境フェア&秋・ちくしのフリーマーケットを生涯学習センターで開催しました。このイベントは、ごみ減量や省エネなどの環境に関するテーマに沿った様々なイベントを通して、環境問題に関する啓発を図ることを目的としているものです。
 この日の会場には、約70店舗が出店したフリーマーケットのほか、自転車での発電体験、手づくりエコバッグ教室、ペットボトルキャップ回収、電気自動車の試乗などの楽しいイベントが実施され会場は大いに盛り上がりました。

11月4日(日曜日) 福岡県スポーツ少年団剣道交流大会に出席しました。

 
開会式の様子

 第23回福岡県スポーツ少年団剣道交流大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 この大会は財団法人福岡県体育協会福岡県スポーツ少年団が主催するもので、県内各地の剣道スポーツ少年団が一堂に集まり、日頃の練習で培った技術の披露と選手間の交流を深める大会です。
 開会式では、県内の45団体から集まった大勢の剣士たちの健闘を祈って激励しました。剣士の皆さんが剣道を通し、体力、精神力、礼法、他者を思いやる心にますます磨きをかける事を願っております。

11月4日(日曜日) 筑紫小学校区フットベースボール大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 第20回筑紫小学校区フットベースボール大会が市内諸田の筑紫運動広場で開催されました。
 この大会は筑紫小学校区青少年指導員と筑紫小学校PTAが共催するもので、この日の大会には、筑紫小学校区の児童(1年生から6年生までの男女)で構成された計24チームが参加しました。
 試合は4つのコートに分かれて行われ、総合優勝チームは「岡田ふたばB」という結果でした。
 児童の健全育成を推進するこのようなイベントの開催にご尽力、ご協力いただいた関係者各位に厚くお礼を申し上げます。

11月3日(土曜日) 小郡市市制施行40周年記念式典に出席しました。

 
記念式典の様子

 小郡市市制施行40周年記念式典が小郡市文化会館で開催されました。
 記念式典(第1部)では市長式辞や来賓祝辞が行われ、その後の記念講演会(第2部)では元NHKアナウンサーの 堀尾 正明 氏による「市民との協働によるまちづくり!『ご近所の底力・取材活動から』」と題した講演が行われました。
 市制施行40周年を迎えられましたことを心からお祝い申し上げるとともに、小郡市の今後ますますの発展を祈念いたします。

11月2日(金曜日) 「天拝やまぐち里山まつり」の開催案内を受けました。

 
開催案内を受ける市長

 天拝やまぐちつなごう会が主催するイベント「天拝やまぐち里山まつり」の開催案内のため、天拝やまぐちつなごう会の 太田会長 と 堤副会長 が市役所を訪問されました。
 このイベントは11月18日(日曜日)の10時から、本市の山口地区で開催されるもので、山口地区にある店舗、ギャラリー、工房などが勢ぞろいして美味しい味覚、陶器や雑貨の展示販売、陶器絵付け体験(マイ湯飲み作成)、ステージでのバンド演奏などを楽しむことができるそうです。

 
天拝やまぐち里山まつりのパンフレット

 市民をはじめとした多くの人に本市の自然の豊かさや山口地区が持つ数多くの魅力を感じていただくことができるイベントとなることでしょう。
 ぜひともたくさんの市民の皆様に参加していただきたいと思います。

<案内パンフレットのダウンロード>
 「天拝やまぐち里山まつり」パンフレット (1,143kbyte)pdf

11月2日(金曜日) 筑紫野市表彰式を行いました。

 
表彰式の様子

 筑紫野市市制施行40周年記念 平成24年度筑紫野市表彰式を市役所内の会場で執り行いました。
 この表彰は、永年にわたり政治、経済、文化など市の発展に尽くした方や、多くの人の模範となる行為を行った人・団体を対象として行っているものです。
 今年の表彰者の内訳は、自治功労特別表彰者が4人、自治功労表彰者(市議会議員)が3人、自治功労表彰者(委員会委員等)が43人、自治功労表彰者(消防団員)が1人、自治功労表彰者(団体推薦)が5人、市民表彰者が1人でした。

 
表彰者集合写真

 本市の発展に寄与していただきました合計57人の表彰者の皆様のこれまでのご活躍に敬意と感謝を表すると共に、今後も本市の未来のためにご協力いただきますようお願い申し上げます。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス