ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成24年10月)
更新日: 2012年11月2日

市長の動き(平成24年10月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

10月31日(水曜日) 筑紫野市みどりの街づくり推進委員会に出席しました。

 
会議の様子

 筑紫野市みどりの街づくり推進委員会が市役所内の会議室で開催されました。
 この委員会は、本市や福岡広域森林組合のほか、筑紫野市林業研究グループやちくしの森林ボランティアの会が協力し、筑紫野市に住んでよかったと思える緑豊かな街を次世代に引き継ぐことを目的として緑化事業を推進しています。
 この日の会議では、平成23年度の活動報告・収支報告や平成24年度の活動計画・予算計画について協議を行いました。

10月30日(火曜日) 筑紫野市祭二日市温泉と天拝山観月会を開催しました。

 
あいさつする市長

 第78回筑紫野市祭二日市温泉と天拝山観月会を市内大字武蔵の天拝公園周辺で開催しました。
 この観月会は、筑紫野市観光協会、筑紫野市商工会、筑紫野市が実行委員会を結成して開催している本市を代表するイベントです。
 また、大正13年に初めて開催されてから長年にわたって受け継がれている歴史ある祭りであり、この日も会場を訪れた約1万人の来場者が秋の夜のひと時を楽しみました。

 
観月会の様子

 祭りでは、水上ステージでの太鼓・詩吟・舞踊、天拝公園内でのバザー、天拝山頂での雅楽、武蔵寺での俳句会、御自作天満宮での筝曲、紫藤の滝前での茶会などが行われ、フィナーレを飾る迫力ある打上げ花火で幕を閉じました。
 祭りの開催にご協力いただいた関係各位の皆様、そして祭りに参加して共に観月会を盛り上げていただいた多くの皆様に対し、厚くお礼を申し上げます。

10月29日(月曜日) 水城・大野城・基肄城1350年祭事業実行委員会に出席しました。

 

 水城・大野城・基肄城1350年祭事業実行委員会が大野城市役所の会議室で開催されました。
 この実行委員会は、平成26・27年度に築城から1350年という節目を迎える水城・大野城・基肄城を守り、伝え、これからのまちづくりに役立てることを目的としているものです。委員は関係自治体である筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、宇美町、基山町の首長および福岡県の文化財保護課長、九州歴史資料館の館長で構成され、オブザーバーとして九州国立博物館の三輪館長も参加しています。

 

 この日は第1回目の実行委員会ということで、規約、役員、実施計画素案や平成25年度事業計画に関する審議のほか、本事業のアイデアに関する意見交換などを行いました。

10月28日(日曜日) 筑紫野ゆめむらさきウォーキングの開会式に出席しました。

 
開会式の様子

 第1回筑紫野ゆめむらさきウォーキングの開会式がゆめタウン筑紫野の新館駐車場で開催されました。
 この大会は、ウォーキング都市を宣言している本市の取り組みに賛同いただき、「ゆめタウン筑紫野」主催、「夢むらさきクロスロード400事業実行委員会」の協力によって開催されたものです。
 この日は、約70人の参加者がスタート地点である針摺地区から牛島地区、天山地区、岡田地区、永岡地区を通るコース(全長8キロメートル)をウォーキングしながら、秋の気候と景色を楽しみました。

10月28日(日曜日) 筑紫野市近郊親善ラージボール卓球大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 第2回筑紫野市近郊親善ラージボール卓球大会が農業者トレーニングセンターで開催され、県内外から79チーム、330人という大勢の選手が参加しました。
 ラージボールは普通の卓球の球よりも少し大きく、スピードが出にくい球を使うなどの特徴があり、幅広い年齢層で楽しむことができる競技です。
 本大会を主催し、日頃から卓球を通した生涯スポーツの推進にご協力いただいております筑紫野市卓球協会の池上会長はじめ関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

10月28日(日曜日) 筑紫野市長杯レディースソフトボール大会に出席しました。

 
選手宣誓を受ける市長

 第28回筑紫野市長杯レディースソフトボール大会が市内阿志岐の御笠運動広場で開催されました。
 この大会は、女子のソフトボール技術の向上および参加チーム間の交流を図るため、筑紫野市ソフトボール協会が主催しているものです。
 大会には市内外から7チームが参加し熱戦が繰り広げられ、優勝チームは福岡市の「UNITY」でした。
 大会開催にあたりご尽力いただいた筑紫野市ソフトボール協会の会長はじめ関係者各位、そして参加チームの皆様、大変おつかれさまでした。

10月27日(土曜日) 社会福祉法人 天拝福祉会の秋祭りを訪問しました。

 
あいさつする市長

 天拝福祉会の秋祭りが市内立明寺の天拝福祉会の敷地内で開催されました。
 天拝福祉会は、特別養護老人ホーム「天拝の園」や「むさしケ丘保育園」を運営している社会福祉法人です。
 この日の祭りでは、老人ホーム利用者や園児、施設の職員などが一緒になって趣向を凝らした楽しい出し物や軽食バザーなどが行われ、会場は楽しい雰囲気に包まれていました。

10月27日(土曜日) 二日市ボーイズ中学部の卒部式に出席しました。

 
ヘッドコーチと握手を交わす卒部生

 二日市ボーイズ中学部の卒部式が市内阿志岐の御笠運動広場で行われました。
 日本少年野球連盟に所属する硬式野球チームである二日市ボーイズは、昭和57年に二日市ライオンズとして創部し、最近では全国大会出場や地方大会優勝の素晴らしい成績を残しているチームです。
 この日は、卒部生10人(中学3年生)の部員を送り出すべく、卒部試合や卒部式などが行われました。
 卒部生のみなさんが、二日市ボーイズで培ったチームワークや努力を惜しまない姿勢を大切にし、大きく飛躍されることを願っています。

10月27日(土曜日) 筑紫野市環境問題標語・作文・絵画の表彰式に出席しました。

 
表彰式の様子

 平成24年度筑紫野市環境問題標語・作文・絵画の表彰式を生涯学習フェスティバル「パープルプラザフェスタ」の野外ステージで行いました。
 本市では、環境問題の啓発のため、環境問題をテーマにした標語、作文、絵画を毎年募集しています。 
 この日の表彰式では合計270点の応募作品(標語、作文、絵画)の中から、市長賞(計8人)と教育長賞(計15人)に対する表彰を行いました。
 受賞者をはじめ作品を応募いただいた全てのみなさん、素晴らしい作品をありがとうございました。

10月27日(土曜日) 生涯学習フェスティバル「パープルプラザフェスタ」の開会式に出席しました。

 
あいさつする市長

 市制施行40周年記念 生涯学習フェスティバル「パープルプラザフェスタ」が生涯学習センターで開催されました。
 パープルプラザフェスタは、今年で12回目を迎えた本市の秋の恒例イベントであり、健康、福祉、環境、人権、文化、教育など様々な分野で活動している人たちの発表や啓発の場となっています。
 フェスタは27日と28日の2日間にわたって行われ、多数の来場者で会場は大いに盛り上がりました。

 
パープルプラザフェスタの様子

 特に今年は、本市の市制施行40周年を記念した特別企画として、「とっておきのちくしの40景」(本市の写真とそれにまつわるエピソード)の募集作品から入賞作品を会場に展示したほか、「タイムセール40」と題した40分間限定のバザーセールや、40周年にちなんだオリジナルパンの販売(27日のみ)なども行われました。
 開催にご協力いただいた関係者の皆様や、ご来場いただきました皆様に心から感謝を申し上げます。

10月27日(土曜日) 福岡県女子剣友会剣道大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 第13回福岡県女子剣友会剣道大会が福岡市内の会場で開催されました。
 大会には63チーム438人の女性剣士が出場し、「個人戦の部」と「団体戦の部」のほか、太刀の構えの美しさなどを競う「剣道形の部」が行われ、熱戦が繰り広げられました。
 本大会を主催し、心身の鍛錬そして女子剣道の発展にご尽力いただいております福岡県女子剣道剣友会の江藤会長に心からお礼を申し上げます。

10月25日(木曜日) 筑紫野経済同友会との懇談会に出席しました。

 
懇談会の様子

 筑紫野経済同友会による「市長との懇談会」が市内の会場で開催されました。
 懇談会には筑紫野経済同友会の荒瀬会長をはじめ会員の皆様や筑紫野市商工会の女性部や青年部から約60人が参加し、本市からは私と部課長など計7人が参加しました。
 懇談は、「筑紫野市の5年後に向けて」と題したパネルディスカッション方式で行われ、4人のパネラーからの「防災」、「教育」、「まちづくり」に関する提案に対して、本市の状況や考え方などを説明しました。

10月25日(木曜日) 福岡財務支局との意見交換会に出席しました。

 
意見交換会の様子

 財務省福岡財務支局の初岡理財部長、大田融資課長、長谷川上席専門調査員の計3人が市役所を訪問され、応接室にて意見交換会を行いました
 この意見交換会は、8月9日に福岡財務支局が実施した「平成24年度財務状況把握ヒアリング」の本市における診断結果報告の前に行われたもので、地域経済の状況や活性化への取り組みのほか、本市の財政状況、行財政運営上の課題や将来のビジョンなどについて意見を述べさせていただきました。

10月23日(火曜日) 屋内消火栓操法大会の結果報告を受けました。

 
結果報告時の写真

 10月21日(日曜日)に開催された第24回屋内消火栓操法大会に筑紫野市役所を代表して参加した2チームから、大会結果報告を受けました。
 大会では、約2週間にわたって真剣に練習に取り組んだ成果を発揮し、女子チームが7チーム中2位、男子チームが14チーム中3位という素晴らしい結果を残してくれました。
 この大会を通して、防災に関する知識や意識に加えて、仲間とのチームワークの大切さを学ぶことができたはずです。この大会で学んだことを、日頃の仕事の中で生かしてくれることを願っています。

10月21日(日曜日) 福岡鹿児島県人会創立60周年、福岡南州会創立50周年記念大会に出席しました。

 
記念大会の様子

 福岡鹿児島県人会創立60周年および福岡南州会創立50周年の記念大会が福岡市内の会場で開催されました。
 記念大会では、鹿児島県鹿屋市串良町柳谷公民館の館長である 豊重哲郎 氏による講演会や鹿児島県出身の落語家 三遊亭歌之介 氏による独演会が行われた後、記念式典と記念祝賀会が執り行われました。
 この度の福岡鹿児島県人会創立60周年および福岡南州会創立50周年を心からお祝い申し上げます。

10月21日(日曜日) 筑紫道場少年柔道大会を訪問しました。

 
試合開始前の会場の様子

 市制施行40周年記念 第4回筑紫道場少年柔道大会が天拝中学校の体育館で開催されました。
 この柔道大会は、二日市中学校で10年以上にわたり市内の子どもたちの心身の鍛錬のために活動している筑紫道場が主催したものです。また、今回は本市の市制施行40周年記念事業でもあったことから、本市のマスコットキャラクター「つくしちゃん」も、会場を盛り上げるべく登場しました。
 試合開始前の会場には、県内の24団体、400人を超える大勢の選手たちの熱気が溢れていました。

10月21日(日曜日) 屋内消火栓操法大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 第24回屋内消火栓操法大会が市内上古賀の上古賀グラウンドで開催されました。
 この大会は筑紫野太宰府消防本部が主催するもので、本市の職員も防災意識の向上および屋内消火栓の操作を習得するために毎年参加しています。
 今年は筑紫野市と太宰府市の事業所などから計21チームが参加し、各チームとも練習を重ねてきた機敏な操法動作を披露しました。
 優勝したのは、男・女ともに「筑紫農業協同組合(JA筑紫)」で、本市も男性チームが3位、女性チームが2位と健闘しました。

10月20日(土曜日) 長崎街道原田宿「時代行列」が開催されました。

 
時代行列の様子

 第10回長崎街道原田宿「時代行列」が原田小学校校区で開催されました。
 この「時代行列」は原田小学校の6年生が総合学習の一環として地域住民の協力を得て実施されているものです。
 400年前に長崎街道の宿場町であった原田の特色を生かし、児童が江戸時代に通ったであろう人物について調べ、その人物に扮するという学習は、原田の歴史に対する興味やふるさとへの愛着を強くすることができる素晴らしい機会であると感じます。

あいさつする市長

 この日に訪れた筑紫神社では、当時の名物であった「はらふと餅」が振舞われたほか、児童による寸劇なども行われ、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
 「時代行列」の実施にあたりご協力いただきました関係各位の皆様にお礼申し上げます。

10月20日(土曜日) オータムコンサート in おかだ が開催されました。

 
会場の様子

 市制施行40周年記念「第14回オータムコンサート in おかだ」が岡田中央公園で開催されました。
 このイベントは、人と人とのつながりを大切にし、一人ひとりの人権が大切にされる豊かで明るいまちづくりを目指して、本市と地域が一体となって毎年開催しているものです。
 今年は、ダンスの披露、クラシックの生演奏、フリーマーケットなどのほか、東日本大震災と九州北部豪雨の復興支援への取り組みとして、チャリティーグッズの販売なども併せて実施しました。

10月20日(土曜日) 筑紫地区夢まつりを訪問しました。

 
あいさつする市長

 10月20日と21日に平成24年度筑紫地区夢まつりが筑紫南コミュニティセンターで開催されました。
 このイベントは、筑紫多目的集会施設と筑紫南コミュニティセンターが合同で開催している文化祭です。
 本年度は、長崎街道筑前六宿開通400年の節目の年でもあり、夢むらさきクロスロード400事業実行委員会の協力のもと、長崎街道筑前六宿に関連した物産販売などのイベントも開催されました。
 会場に訪れる多くの来場者の様子から、筑紫地区が持つ活力の大きさを感じました。

10月20日(土曜日) さくら保育園の運動会を訪問しました。

 
あいさつする市長

 第7回さくら保育園運動会が農業者トレーニングセンターの体育館で開催されました。
 さくら保育園の西村園長はじめ関係各位には、次代を担う子どもたちが明るくすこやかに成長できるよう、また、子どもたちが秘める無限の可能性を開花させるためにご努力いただいておりますことに心から感謝と敬意を表します。
 会場には園児や保護者の笑顔が溢れており、子どもたちの成長を実感するとともに、思い出に残る楽しい運動会となったことでしょう。

10月20日(土曜日) マクドナルドカップ福岡県秋季学童軟式野球選手権大会に出席しました。

 
開会式で整列する各チーム

 マクドナルドカップ第10回福岡県秋季学童軟式野球選手権大会が山家スポーツ公園の野球場で開催されました。
 この大会は、日本マクドナルド株式会社の特別協賛のもと、全日本軟式野球福岡県連盟が主催する大会です。
 大会には県内各地区から計8チームが参加し、21日まで熱戦が繰り広げられ、優勝したチームは11月に佐賀県で開催される「第10回王貞治杯大会」に県代表として出場することになっています。

10月18日(木曜日) 筑紫野中学校文化発表会に出席しました。

 
文化発表会の様子

 第36回筑紫野中学校文化発表会が文化会館で開催されました。
 今回の文化発表会のテーマは「彩 ~音色・色合・虹色に~」というもので、生徒一人ひとりの輝く個性の色、各クラスの色、作品の色で文化発表会を彩ってほしいとの思いから決められました。
 都合により最後まで鑑賞することはできませんでしたが、テーマの通り、生徒の皆さんの心が一つになった彩り豊かな合唱を聞かせていただきました。
 生徒の皆さん、素晴らしい合唱をありがとうございました。

10月18日(木曜日) 筑紫野市民テニス大会シニア親睦会に出席しました。

 
あいさつする市長

 筑紫野市民テニス大会シニア親睦会が山家スポーツ公園のテニスコートで開催されました。
 この大会は、筑紫野市テニス協会が主催するシニア(男性60歳以上、女性55歳以上)対象の大会で、参加者の体力向上と相互親睦を目的としています。
 市民が気軽にスポーツに親しむことができる機会を設けていただいている筑紫野市テニス協会に心からお礼を申し上げるとともに、今後とも生涯スポーツによる市民の健康増進にご協力いただきますようお願い申し上げます。

10月17日(水曜日) 代表区長と市(執行部)との定例会を開催しました。

 
あいさつする市長

 代表区長と市(執行部)との定例会を市役所内の会議室で開催しました。
 この日の定例会では、平成24年第3回筑紫野市議会定例会(9月議会)の主な案件(教育委員会委員の任命の件、平成23年度一般会計歳入歳出決算の認定の件、防災会議条例の一部改正の件、平成24年度一般会計補正予算の件)に関する報告と、質疑応答を行いました。 

10月17日(水曜日) 第55回福岡県民体育大会秋季大会(バスケットボール)の優勝報告を受けました。

 
優勝報告時の様子

 9月22日と23日に開催された第55回福岡県民体育大会秋季大会(バスケットボール青年男子の部)の優勝報告のため、筑紫野市選手団の 本岡大作 副団長、浅谷芳江 総監督、小山真行 コーチ兼マネージャー、小山法道 選手 が市役所を訪問されました。
 小山兄弟は、優勝できたのは、固い絆で結ばれたチームワークと、どこのチームにも負けない心強い応援があったおかげですと力強く語ってくれました。
 本市にこのようなすばらしい選手たちと選手を支える多くの人がいることを誇りに思います。

記念写真撮影の様子

 優勝した本市のバスケットボール青年男子の部の選手団は、11月9日から12日に東京都で開催される「第61回全国青年大会」へ出場します。
 全国大会は、選手のみなさんにとって、かけがえのない大きな経験の場となることでしょう。
 選手のみなさん、全国大会優勝目指して頑張ってきてください。

10月16日(火曜日) 筑紫地区安全安心まちづくり推進大会に出席しました。

 
筑紫地区安全安心まちづくり推進大会の様子

 平成24年筑紫地区安全安心まちづくり推進大会が春日市のふれあい文化センターで開催されました。
 この大会は、筑紫地区の防犯・防災に携わる関係機関が、安全で安心な地域社会の実現を図ることを目的として開催しているものです。
 大会には関係者など約600人が参加し、防犯に関する各種表彰のほか、安全・安心に関するクイズなどが行われました。
 今後も関係機関同士の連携を深め、市民が安心して暮らせるまちづくりに向けて取り組んでまいります。

10月16日(火曜日) 合同行政相談会の開所式に出席しました。

 
あいさつする市長

 行政相談週間に合わせた1日合同行政相談会の開所式が市役所の会議室で行われました。
 同週間は、総務省の「行政相談制度」を多くの人に知ってもらうことを目的としており、今年度は10月15日から21日まで全国的に相談所の開設や広報活動などが行われます。
 本市では、市民のさまざまな悩みを解決するべく、行政相談をはじめとする各種相談を一堂に集めて相談会を開催しました。
 市民のみなさん、困ったときには一人で悩まず、ぜひ行政相談などの相談窓口をご利用ください。

10月14日(日曜日) 市内の体育祭・運動会(2カ所)を訪問しました。

 
第49回 筑紫野市民体育祭(筑紫東小学校区)

 市内で開催された体育祭・運動会を訪問しました。訪問したのは、筑紫東小学校区と市立山家幼稚園の2カ所でした。
 さわやかな天気の中で元気に体を動かし、たくさんの人との交流を深めることができる体育祭や運動会は、参加した皆さんの心に残るすばらしい思い出となったことでしょう。
 それぞれの体育祭・運動会を企画・運営していただきました関係各位に心から感謝を申し上げます。

 
山家幼稚園運動会

<写真上段>
第49回 筑紫野市民体育祭(筑紫東小学校区)

<写真下段>
市立山家幼稚園運動会

10月14日(日曜日) 寿光園の秋祭りを訪問しました。

 
あいさつする市長

 本市の西小田にある盲養護老人ホーム寿光園の秋祭りが開催されました。
 盲養護老人ホームは、視覚障害のある高齢者に専門的なサービスを提供している施設です。
 寿光園においても、その施設の特殊性や専門性を活かしたさらなるサービス内容の充実や職員の専門性向上に取り組まれながら、地域に根ざした施設運営を行われています。
 この日の秋祭りでは、カレー、豚汁、肉まんなどの販売のほか、入所者による太鼓や三味線などが披露され、入所者と来場者の交流が深められました。

10月13日(土曜日) 映画「宝満山」の上映会を訪問しました。

 
上映会の様子

 宝満山の映画をつくる会が作成した「映画 『宝満山』 -霊峰の知られざる素顔に迫る!-」の上映会が御笠コミュニティセンターで開催されました。
 この映画は、宝満山や山里の四季折々の風景のほか、宝満山の歴史を研究する専門家のインタビューなどによって構成されており、宝満山の魅力を様々な角度から伝えるものとなっています。
 この日の上映会は、「御笠振興会」と「宝満山の映画をつくる会」が主催したもので、昼と夜の上映会には合計430人もの来場者が訪れました。

上映会のチラシと上映されたDVD

 宝満山の魅力を伝える素晴らしい映画を作製していただいた「宝満山の映画をつくる会」の森木会長や、2年間(150時間以上)にわたって素晴らしい宝満山や里山の映像を撮影していただいた尾登監督をはじめ関係各位に心から感謝を申し上げます。

10月13日(土曜日) ちくしの子ども劇場の通常総会に出席しました。

 
あいさつする市長

 特定非営利活動法人ちくしの子ども劇場の第12年度通常総会が文化会館で開催されました。
 平成14年6月に特定非営利活動法人となった「ちくしの子ども劇場」は、文化芸術活動や自然体験などを通して、地域で子どもたちが生き生きと過ごすことができる環境づくりに積極的に取り組まれています。
 この日の総会では、1年間の活動報告や決算報告のほか、これからの事業方針や計画、予算などについて審議が行われました

10月13日(土曜日) 大賀酒造の酒蔵祭りを訪問しました。

 
樽酒の鏡開きの様子

 本市の二日市中央にある県内で一番古い酒蔵である「大賀酒造株式会社」で、秋のイベントである「酒蔵祭り」が開催されました。
 このイベントは、2001年から開催している春の「蔵開き」(年1回)だけではもったいないとの声に応える形で2009年の秋から開催されているイベントです。
 この日は多くの来場者が訪れる中、新酒の試飲即売、吟醸酒粕や奈良漬の販売のほか、本市の物産品の販売なども行われ、筑紫野市の魅力を満喫できるイベントでした。

10月12日(金曜日) 筑紫野市戦没者追悼式に出席しました。

 
戦没者追悼式の様子

 平成24年度筑紫野市戦没者追悼式を生涯学習センターのさんあいホールで行いました。
 この追悼式は、戦没者を追悼し、平和を祈念するために本市で毎年実施しているものです。
 追悼式には、遺族152人、来賓54人、市から私と副市長、教育長および全部長8人が出席しました。
 終戦から67年が経った今も、大切な人を失った遺族の悲しみが癒えることはありません。
 戦没者のご冥福を祈るとともに、戦争のない平和な世界への誓いを新たにしました。

10月11日(木曜日) 人権擁護委員委嘱状伝達および法務大臣感謝状贈呈式に出席しました。

 
あいさつする市長

 人権擁護委員委嘱状伝達および法務大臣感謝状贈呈式が市役所で行われ、福岡法務局筑紫支局長から、新たな委員に委嘱状、退任される委員に法務大臣感謝状がそれぞれ伝達されました。
 委嘱を受けられた 寺田 恵子 委員は、平成24年10月1日から3年間の任期で厳正な立場のもと、市民の人権を守るために人権侵害事件の調査処理、人権相談、人権啓発などの活動を行っていただきます。
 また、9月30日をもって退任されました 高田 幸子 委員におかれましては、2期(6年間)という長い間、大変ご苦労様でした。

10月11日(木曜日) 平成24年度第7回移動市長室を実施しました。

 
あいさつする市長

 通算15回目となる移動市長室をカミーリヤの視聴覚室で開催し、「筑紫野市民生委員・児童委員連合会」の岩佐会長をはじめとした11人の理事の皆様と懇談を行いました。
 身近な相談相手である民生委員・児童委員は、住民の立場に立ち、様々な悩みや問題を持っている人の相談相手となり、必要な助言や援助を行っています。連合会では、各地区の委員との連絡調整や連携を目的として定期的な会議や研修などを実施されています。

 
活動紹介の様子

 この日の懇談では、スライドを使いながら民生委員・児童委員の活動を詳しく説明していただいたほか、高齢社会の進行による相談件数の増加、相談内容の多様化、複雑化によって対応が非常に難しくなっている現在の状況を語っていただきました。
 また、地域包括支援センターの増設や強化、いつでも相談できる窓口の設置、民生委員・児童委員の増員、災害時に必要となる避難所備蓄品の購入などの提案を受けました。

 
市長あいさつの様子

 お話しいただきました内容については、市で検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。 
 筑紫野市民生委員・児童委員連合会理事会の皆様、本当にありがとうございました。

<動画>
 市長あいさつの様子
 ※音声が出ます

10月9日(火曜日) 若年層職員を対象とした講話を行いました。

 
講話中の市長

 採用7年目から10年目までの職員合計39名を対象として市役所の会議室で講話を行いました。
 この講話は、今日の高度化・複雑化する行政需要に的確に対応でき、政策・経営能力を備えた人材育成の取り組みの一環として実施しているものです。
 今回の講話の対象である勤続約10年となる職員は、各職場で中心的な役割を担い、仕事への責任を感じているのと同時に、これからの筑紫野市を担う若い後輩職員を直接的に育成するという重要な役割を担っている時期といえます。

市長講話の様子

 講話では、約10年間の仕事で培ってきた、上司、先輩、同僚、そして後輩との人間関係を大切にするとともに、「多くの人に支えられてきて今がある」ということに対する感謝のほか、仕事における「先見性」や「計画性(準備)」の大切さなどを伝えました。
 30分間という短い時間で伝えられることには限りがあり、もっと多くのことを伝えたい気持ちでしたが、職員一人ひとりが自覚と向上心を持ち、立ち止まることなく市民のために真摯に仕事に取り組んでくれることを大いに期待します。

10月6日(土曜日)、7日(日曜日)、8日(月曜日) 市内の運動会・体育祭(18カ所)を訪問しました。

 
第40回街道保育所運動会

 市内で開催された運動会・体育祭を訪問しました。訪問したのは、6日に、光が丘幼児園、市立街道保育所、あけぼの保育園、市立二日市保育所、はなぞの保育園、7日に、原田小学校区、サルナートの森幼稚園、二日市東小学校区、二日市北小学校区、御笠地区、山家地区、山口小学校区、二日市小学校区、下見一区、筑紫区、馬市区、8日に、岡田区、保育所慈生園の合計18カ所でした。

 
第49回 筑紫野市民体育祭(山口小学校区)

 どの会場も秋晴れのさわやかな天気の中、多くの来場者で盛り上がっていました。
 わずかな時間の訪問ではありましたが、元気な笑顔が溢れるたくさんの市民のみなさんとの触れ合いから、本市が持つ地域の力の大きさや未来のまちづくりに向けた可能性を改めて感じました。
 多くの市民が集い、明るく元気にしてくれる運動会・体育祭を企画・運営していただきました関係各位に心から感謝を申し上げます。

 
第35回保育所慈生園運動会

<写真上段>
第40回 街道保育所運動会

<写真中段>
第49回 筑紫野市民体育祭(山口小学校区)

<写真下段>
第35回 保育所慈生園運動会

10月6日(土曜日) スポーツフェスタ・ふくおか「第55回福岡県民体育大会」筑紫野市選手団報告会に出席しました。

 
団旗返還の様子

 スポーツフェスタ・ふくおか「第55回福岡県民体育大会」筑紫野市選手団報告会が筑紫野市商工会館で開催されました。
 筑紫野市選手団は、2月5日に宗像市で行われた「冬季大会(駅伝)」で第4位、8月26日に北九州市で行われた「夏季大会(水泳)」で5位、9月22日、23日に北九州地区で行われた「秋季大会」でも各種競技で素晴らしい成績を残し、総合で6位という結果を残しました。

 
選手団集合写真

 藤木団長をはじめ、選手団のみなさんのスポーツに対する情熱は、本市におけるスポーツ振興の大きな力です。
 本大会における選手団の健闘を称えるとともに、来年の大会でのさらなる飛躍に向けて、さらに精進していただきますようお願い申し上げます。

10月6日(土曜日) 筑紫野市社会福祉大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 平成24年度筑紫野市社会福祉大会が「みなさん一人ひとりが福祉の主役、つなげよう わたしの想い あなたの想い」というスローガンのもとカミーリヤの多目的ホールで開催されました。
 この社会福祉大会は、市内の社会福祉関係者が集まり、社会福祉の推進に10年以上寄与された個人・団体を表彰するとともに、地域福祉とその担い手である地域住民の福祉に対する理解を深めてもらうことを目的としています。

 
音楽ランド「ピュアハート」のメンバーとの記念撮影の様子

 この日は市内の17人および22団体の表彰が行われたほか、知的障害のある7人のメンバーで音楽活動をしている 音楽ランド「ピュアハート」による記念コンサートや、宮城県名取市応急仮説住宅の箱塚桜団地自治会長である 大脇 兵七 氏による「絆 ~仲よく笑って生きること~」と題した記念講演会が行われました。

10月4日(木曜日) 公益社団法人福岡県ビルメンテナンス協会創立40周年記念式典・祝賀会に出席しました。

 
あいさつする市長

 公益社団法人福岡県ビルメンテナンス協会の創立40周年記念式典・祝賀会が福岡市内の会場で開催されました。同協会は、建築物における衛生環境の保持に関する専門知識と技能の普及を促進し、衛生的で快適な生活環境の保持増進と環境衛生の向上を目指している組織です。
 今後とも金子会長はじめ会員の皆様によるビルメンテンスに関する調査、研究、各種広報活動などにより、建築物と周辺の衛生環境の向上のためにご尽力いただきますようお願い申し上げます。
 創立40周年、まことにおめでとうございます。

10月4日(木曜日) 福岡県清掃事業協同組合連合会創立30周年記念祝賀会に出席しました。

 
創立30周年記念祝賀会の様子

 福岡県清掃事業協同組合連合会の創立30周年記念祝賀会が福岡市内の会場で開催されました。
 同連合会は、福岡県内の一般廃棄物処理業者の連携によって、一般廃棄物の適正処理、減量化および再資源化などを推進している組織で、この度創立30周年を迎えられました。
 今後とも西山会長はじめ会員の皆様の環境保全および安心・安全の循環型社会の実現に向けた取り組みに期待申し上げるとともに、創立30周年を迎えられましたことを心からお祝い申し上げます。

10月4日(木曜日) 筑紫野中央幼稚園の運動会を訪問しました。

 
運動会の様子

 筑紫野中央幼稚園の第36回運動会が園内の運動場で開催されました。
 運動会は9月29日(土曜日)または予備日として30日(日曜日)に開催される予定でしたが、台風接近の影響により延期となっておりました。
 平日開催のため、来場者が少ないのではと思いましたが、会場には大勢の保護者が訪れてあり、子どもたちもとても楽しそうでした。
 元気に演技する子どもたちの姿を見ながら、健やかな成長と輝く未来を心から願うひとときとなりました。

10月4日(木曜日) 教育委員辞令交付式を行いました。

 
辞令を交付する市長

 教育委員の辞令交付式を実施し、近本 明 氏を引き続き委員として任命いたしました。
 教育委員は、教育行政の重要事項や基本方針を決める役割を担っており、自治体の長が議会の同意を得て任命するもので、任期は4年となっております。
 近本委員は、平成16年10月から本市教育委員会委員長を2期、また、筑紫野市青少年育成市民会議会長を長年努めた経歴を持たれています。
 今後もこれまで培われた教育・文化に関する知識や見識を本市の教育行政のために発揮していただきますようお願い申し上げます。

10月2日(火曜日) 第123回福岡県市長会に出席しました。

 
第123回福岡県市長会総会の様子

 福岡県内28市の市長の出席のもと、第123回福岡県市長会総会が大川市で開催されました。
 私は、市長会役員(監事)として総会前の理事会にも参加し、今回の総会の運営に関する確認や審議を行いました。
 その後の総会では、世界文化遺産登録に向けた公的支援の整備拡充に関する新規議案や地域防災体制強化の施策充実、暴力団対策に係る抜本的法的措置、都市財政の拡充強化を求める一部新規議案などを含む計43件の議案を原案通り可決しました。

10月1日(月曜日) 筑紫野市市制施行40周年記念フレーム切手贈呈式に出席しました。

 
記念写真撮影の様子

 本市の市制施行40周年を記念して6月に販売を行い、2日間で完売となった記念切手シートが郵便局で追加発行・販売されることになり、その記念として市に記念フレーム切手の贈呈が行われました。
 この日は、日本郵便株式会社九州支社の筑前西部地区連絡会から統括部長はじめ市内郵便局の局長など計13人が市役所を訪問され、記念フレーム切手の贈呈を受けました。

記念切手シートと贈呈されたフレーム切手

 今回の追加発行・販売部数は1,100シートとなっており、本日(平成24年10月1日)から筑紫野市のほか、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町の筑紫地区(4市1町)の郵便局で販売が行われます。
 この度は、本市の市制施行40周年を盛り上げるべく、記念切手シートの追加販売をご提案いただきましたことに心から感謝申し上げます。

10月1日(月曜日) シルバー人材センター事業普及啓発キャラバン隊の訪問を受けました。

 
キャラバン隊を激励する市長

 シルバー人材センター事業普及啓発キャラバン隊約100人が筑紫地区(4市1町)での街頭広報活動のため、本市を訪問されました。
 この活動は、シルバー人材センター事業活用への理解と協力を求め、事業拡大を実践していくために行われているもので、毎年10月に行われています。
 高齢者対策の一環として、ますますその重要性が高まっているシルバー人材センター事業のさらなる特色や魅力の創出に期待するとともに、市としても可能な限りの協力を行ってまいります。

10月1日(月曜日) 赤い羽根共同募金の街頭啓発に参加しました。

 
街頭啓発および募金活動中の市長

 10月1日から3カ月間にわたって全国で平成24年度赤い羽根共同募金運動が実施されます。
 赤い羽根共同募金は、民間の地域福祉を支える活動に使われており、募金の約70パーセントが募金を集めた地域で使われています。
 この日は、私のほか、筑紫野市社会福祉協議会、県職員OBで構成される共栄会、九州産業高等学校のボランティアなど15名で朝の7時半から8時半までJR二日市駅で街頭啓発と募金活動を行いました。
 募金にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス