ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成24年9月)
更新日: 2012年10月2日

市長の動き(平成24年9月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

9月30日(日曜日) スポレクフェスタに出席しました。

 
あいさつする市長

 市制施行40周年記念「スポレクフェスタ」が市内諸田の農業者トレーニングセンター、勤労青少年ホーム、筑紫運動広場で開催されました。
 今年のスポレクフェスタは、市制施行40周年記念ということで、ペタンク大会、3on3バスケットボール大会、スポーツ体験コーナー、フラワーアレンジやバルーンアートの展示・体験、軽食バザーといったイベントに加え、プロバスケットボールチーム「ライジング福岡」によるバスケットボール教室も開催されるなど、スポーツ・文化の秋を満喫できるイベントとなりました。

9月29日(土曜日)、30日(日曜日) 市内の保育所・保育園の運動会(3カ所)を訪問しました。

 
第37回 原田保育園運動会

 市内の保育所・保育園の運動会に出席しました。
 訪問したのは、29日に「市立京町保育所」、「原田保育園」、30日に「市立下見保育所」でした。
 子どもたちがすくすくと元気に成長している様子を実感することができる運動会は、保護者の皆様と同じく、私にとっても子どもたちの将来そして筑紫野市の未来のまちづくりへの思いを強くするひとときです。
 これからも筑紫野市の元気の源である子どもたちのために、全力で市政運営に取り組んでまいります。

 
第39回 下見保育所運動会

<写真上段>
9月29日(土曜日) 第37回 原田保育園運動会

<写真下段>
9月30日(日曜日) 第39回 下見保育所運動会

9月30日(日曜日) 筑紫野市バレーボール協会市長杯女子の部に出席しました。

 
あいさつする市長

 第36回筑紫野市バレーボール協会市長杯女子の部が二日市北小学校体育館で開催されました。
 この大会は、筑紫野市バレーボール協会が主催する大会で、協会登録チームのほか、市内在住・在勤・在学などの資格を満たしたチームが参加して行われているものです。今回の大会には、市内の7チームが参加し、熱戦が繰り広げられました。
 市民がスポーツに親しむことができるこのような機会を設けていただいております筑紫野市バレーボール協会の松村会長はじめ関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

9月28日(金曜日) 平成24年度第6回移動市長室を実施しました。

 
懇談の様子

 通算14回目となる移動市長室を生涯学習センターの会議室で開催し、「青少年育成市民会議」の久原会長や近本顧問(前会長)をはじめとした9人の会員の皆様と懇談を行いました。
 青少年育成市民会議は、市内44の青少年関係機関・団体および6人の個人会員(賛同者)で組織されており、青少年の健全育成を図るために定期的に会議や研修会などを開催し、加盟機関・団体間の情報共有や会員の資質向上などに積極的に取り組まれています。

 
懇談の様子

 この日の懇談では、中高生との意見交換を行う「市民フォーラム」の開催や青少年健全育成に関する「イエローハンドブック」の作成と活用、「こども110番の家」の増設など、積極的な活動状況を説明していただきました。
 また今後は、社会状況の変化に伴って深刻化・複雑化している家庭・学校・地域における様々な青少年問題に積極的に取り組んで行くため、加盟団体間の連携の強化などによって活動を活性化させていきたいとのことでした。

 
平成24年度第6回移動市長室(市長あいさつの様子)

 お話しいただいた内容は、本市での青少年健全育成の取り組みに生かしてまいります。
 青少年育成市民会議の皆様、本当にありがとうございました。

<動画>
 市長あいさつの様子
 音声が出ます

9月25日(火曜日) 「宝満山の映画をつくる会」から映画「宝満山」の完成報告を受けました。

 

 宝満山の映画をつくる会が作成した「映画 『宝満山』 -霊峰の知られざる素顔に迫る!-」の完成と上映会の開催案内のために、「宝満山の映画をつくる会」の 森木様(御笠振興会会長)、小西様(御笠振興会文化遺産部会)、末永様の3人が市役所を訪問されました。
 御笠地区、そして筑紫野市を代表する山の一つである宝満山を紹介するこのような素晴らしい映画を作成していただいた「宝満山の映画をつくる会」の皆様に心から感謝を申し上げます。

 
持参いただいたDVDと上映会のチラシ

 10月に予定されている上映会より一足先にDVDで映画を見せていただきましたが、70分にわたって宝満山の深い歴史や豊かな自然の恵み、宝満山と共に暮らす人々の四季を感じることができる記録映像となっており、改めて宝満山が御笠地区、そして本市の宝であることを感じました。
 映画の上映会(無料)は、10月13日(土曜日)の13時30分からと19時からの2回、御笠コミュニティセンターの大研修室で開催されます。
 ぜひ多くのみなさんにこの映画をご覧いただき、宝満山の素晴らしさを感じていただきたいと思います。

9月25日(火曜日) 秋の交通安全県民運動および路線バス利用促進に関する街頭キャンペーンに参加しました。

 
街頭啓発中の市長

 秋の交通安全県民運動と路線バス利用促進福岡県内一斉キャンペーンの街頭啓発活動を市内5カ所の駅で行いました。
 秋の交通安全県民運動は、9月21日から30日までの期間、「子どもと高齢者の交通事故を防止しよう」を運動の基本として、「飲酒運転の撲滅」、「夕暮れ時・夜間の歩行者と自転車の交通事故防止」、「全座席でのシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」の3つに重点を置き、県内各地で啓発活動が実施されているものです。

西鉄二日市駅での街頭啓発参加者

 また、路線バス利用促進福岡県内一斉キャンペーンは、9月8日から30日までの期間で実施されているもので、ひとりでも多くの人に路線バスを利用してもらい、利用者が減少傾向にある路線バスを守ることを目的としているものです。
 この日の街頭啓発には、副市長、教育長、区長会会長、警察なども参加しました。
 市民の皆様に本活動の趣旨をご理解いただき、交通事故の防止と路線バスの積極的な利用にご協力いただきますようお願いします。

9月23日(日曜日) 飯塚市長崎街道筑前六宿開通400年記念フォーラムに出席しました。

 
3市長での記念撮影の様子

 飯塚市長崎街道筑前六宿開通400年記念フォーラムが飯塚市の嘉穂劇場で開催されました。
 筑前六宿と関係が深い飯塚市と北九州市そして筑紫野市の3市は、長崎街道筑前六宿開通400年をともに祝うべく、様々な取り組みを行っています。
 この記念フォーラムは、飯塚市・長崎街道筑前六宿開通400年いいづか市実行委員会が主催したもので、市民など約400人が参加し、長崎街道筑前六宿の歴史や伝統を感じることができる素晴らしいイベントとなりました。

山家岩戸神楽の様子

 記念フォーラムでは、ジャーナリストの 木村太郎 氏による講演会のほか、3市の伝統芸能として、飯塚本町宿場太鼓「鼓楽塾」や木屋瀬宿「宿場踊り」、そして本市の山家宿を代表して「山家岩戸神楽」が披露され、会場を盛り上げました。
 これからも長崎街道筑前六宿の歴史や文化を大切にしながら、3市の絆を深め、魅力あふれる地域づくりにつなげてまいります。

9月23日(日曜日)身障協福岡ブロック連絡協議会主催のグラウンドゴルフ大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 全国身体障害者施設協議会福岡ブロック連絡協議会が主催する「第20回グラウンドゴルフ競技大会」が市内諸田の多目的グラウンドで開催されました。
 第20回目となる今回の大会は、筑紫野市身体障害者福祉協会が主管となり、本市で開催されました。
 大会には筑紫地区4市1町からの選手のほか、宗像市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、篠栗町、志免町、須恵町、筑前町、東峰村から合計150人を超える大勢の選手が参加し、グラウンドゴルフを通して選手同士の親睦が深められました。

9月23日(日曜日) 第15回宝満川カヌー大会 in 美咲に出席しました。

 
開会式の様子

 市制施行40周年記念「第15回宝満川カヌー大会 in 美咲」が市内美咲の士島橋横(宝満川河川敷)で開催されました。
 このカヌー大会は「『蛍が舞い、魚いっぱいの宝満川をよびもどそう!』 ~川との共生を求めて~」をテーマとして、自然を身近に感じてもらえる地域交流の場として、毎年多くの参加者を集めているイベントです。

カヌー大会の様子

 今回の大会にも市内や周辺市町村などから、全12種目のレースに延べ870人が参加し、開場は大いに盛り上がりました。
 本市では、このカヌー大会以外にも、市や地域団体などが主体となって開催される様々なイベントが各地で行われています。
 ぜひともたくさんの皆さんに参加していただき、本市の魅力を身近に感じながら地域交流を深めることで、「元気な筑紫野市づくり」にご協力いただきたいと思います。

9月22日(土曜日) 竜岩自然の家「新米フェア・自然観察会」に出席しました。

 
新米フェアの様子

 本市の御笠地区の発展を目指して活動している御笠振興会が主催する「新米フェアと自然観察会」が柚須原の竜岩自然の家で開催されました。
 本市の東側に位置する御笠地区は、宝満山をはじめとする山々に抱かれた豊かな自然と、宝満川を主流とする清らかな水によるおいしい農産物に恵まれた場所です。
 この日は、御笠地区(柚須原・香園・本道寺)で採れた新米(棚田米・宝満の里)のほか新鮮野菜や加工品の販売も行われました。

 
自然観察会の様子

 また、同時開催された自然観察会では、市の市民協働モデル事業で作成した「御笠北部自然観察ガイドブック」を活用し、専門家による説明を受けながらの周辺自然散策が行われ、御笠地区の自然を満喫できるイベントとなりました。
 本市御笠地区の大きな魅力である食と自然を多くの人に楽しんでもらうことができるこのようなイベントを開催していただきました御笠振興会の森木会長はじめ関係各位の皆様に心から感謝を申し上げます。

9月22日(土曜日) 小地区公民館連絡協議会及び防犯組合連合会の推進大会に出席しました。

 
推進大会の様子

 第38回筑紫野市小地区公民館連絡協議会および第30回筑紫野市防犯組合連合会の推進大会が生涯学習センターで開催されました。
 この推進大会は、これからの公民館活動のあり方や直面する諸問題の解決についての研究・協議の場となるものです。
 この日の推進大会は、「『困難を乗り越えて人と地域が輝く公民館活動』 ~地域の特性を生かし、ひとりひとりの心の豊かさを発揮しよう~」という大会テーマのもとで講演や研修会が行われました。

9月22日(土曜日) 第29回筑紫野市スポーツ少年団交流大運動会に出席しました。

 
開会式の様子

 第29回筑紫野市スポーツ少年団交流大運動会が市内諸田の筑紫運動広場で開催されました。
 筑紫野市スポーツ少年団は、昭和39年4月にスポーツを通じた青少年の育成や市内スポーツ少年団の連携・育成を目的として発足し、現在は市内の17団体、約500名の団員、100名の指導者で組織され活発に活動されています。
 この日の運動会には、約1,000人が参加し、様々な楽しい競技を通じて交流を深められました。

9月22日(土曜日) 筑紫野幼稚園の運動会に出席しました。

 
あいさつする市長

 筑紫野幼稚園第57回運動会が筑紫小学校の運動場で開催されました。
 秋を感じる心地よい天気の中で行われた運動会には、多くの園児たちの元気な笑顔が溢れており、心が和むひとときになりました。
 筑紫野幼稚園の橋本園長はじめ職員の皆様、そして園児の保護者の皆様には、未来を担う子どもたちの健やかな成長のために、常日頃から多くの愛情を注いでいただいておりますことに心から感謝を申し上げます。

9月19日(水曜日) 第62代福岡県議会議長 松本國寛 氏の就任祝賀会に出席しました。

 
祝賀会の様子

 第62代福岡県議会議長就任祝賀会が福岡市内の開場で開催され、筑紫野市を代表して出席しました。
 この祝賀会は、本年5月22日の臨時県議会において第62代福岡県議会議長に選任された松本國寛氏の就任を祝福し、福岡県政のさらなる発展に向けた活躍を祈念して開催されたものです。
 会場には各界の代表などをはじめとした大勢の人が集まり、松本氏の議長就任を祝いました。
 この度の議長就任、まことにおめでとうございます。

9月15日(土曜日)、16日(日曜日)、17日(月曜日) 市内行政区(19カ所)の敬老会に出席しました。

 
むさしケ丘敬老会

 9月15日から17日までの3日間に市内行政区や福祉施設など約70カ所で敬老会が開催されました。
 敬老の日を迎えられた皆様を祝福するべく、全ての会場を訪問したい思いではございましたが、時間の都合により、私は市内行政区の敬老会19カ所を訪問させていただきました。
 改めて、敬老の日を迎えられた市民の皆様全員のご長寿を心からお祝い申し上げます。

 
山家地区敬老会

 訪問した会場は、出席者の皆様の元気な笑顔があふれており、短い時間の訪問ではありましたが、多くの元気をいただきました。
 私たちが暮らす地域、そして日本を長い間支えてこられた皆様が、いつまでも健やかに安心して暮らすことができるまちづくりに向け、一層努力してまいります。

 
若江区敬老祝賀会

<写真上段>
むさしケ丘敬老会


<写真中段>
山家地区敬老会


<写真下段>
若江区敬老祝賀会


9月16日(日曜日) 山口剣友会創立45周年記念親善剣道大会に出席しました。

 
開会式の様子

 山口剣友会創立45周年記念親善剣道大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 青少年の健全育成並びに心身の鍛錬による質実剛健気風の育成を目指し、昭和44年4月に発足した山口剣友会は、今年で45周年を迎えられました。
 荒瀬 勇 会長はじめ関係各位の皆様による剣道を通じた青少年育成への永きにわたるご尽力に心から感謝を申し上げます。
 この日の大会には、県内外から47団体の小中学生715人(143チーム)という大勢の剣士が集まり、熱戦が繰り広げられました。

9月15日(土曜日) 「寺内タケシとブルージーンズ」のコンサートを訪問しました。

 
コンサートの様子

 「寺内タケシとブルージーンズ」のコンサートが文化会館で開催されました。
 このコンサートは、筑紫野市で活動しているレトロインストバンド「For しゃんどふるーる」が中心となって、2007年から毎年秋に文化会館で開催している「DA・N・KA・I ミュージックフェスタ」第6回の特別企画で、本市の市制施行40周年記念として開催されたものです。

 
花束交換の様子

 コンサートでは、地元バンド「For しゃんどふるーる」と「Nutty」が会場を盛り上げた後、日本を代表するエレキバンド「寺内タケシとブルージーンズ」のパワフルでダイナミックな楽曲が約650人を超える大勢の観客を魅了しました。
 寺内タケシさんがバンドを結成されて50周年、筑紫野市が市制施行40周年、今回のコンサートの実行委員長を務められた 秦泉寺 修 さん率いるバンド「For しゃんどふるーる」が10周年ということで、それぞれの周年を祝う素晴らしいコンサートとなりました。

9月14日(金曜日) 100歳を迎えられる長寿市民を訪問し祝福しました。

 
邊見さんと握手する市長

 平成24年度中に100歳を迎える市民(新100歳)を訪問し、ご長寿を祝福しました。訪問したのは、塔原東にお住まいの 邊見 スミカ  さんで、内閣総理大臣からの祝状と銀杯、福岡県知事からの祝状、そして本市からの祝金を贈呈しました。
 本市の新100歳は14人(全員女性)で、新100歳を含む100歳以上の高齢者は、男性3人、女性40人の合計43人となっています。
 邊見さんをはじめ、新100歳の市民の皆様に心からお祝いを申し上げます。

9月14日(金曜日) 筑紫野市老人クラブ連合会秋季ゲートボール大会に出席しました。

 
邊見さんに表彰状を授与する市長

 平成24年度筑紫野市老人クラブ連合会秋季ゲートボール大会がカミーリヤのゲートボール場で開催されました。
 この大会は、筑紫野市老人クラブ連合会が主催する会員の親睦と健康づくりを目的とした大会です。
 この日の開会式では、参加選手を激励したほか、今年度100歳を迎えられ、現在も現役選手としてゲートボール大会に出場している、邊見 スミカ さんに対して、その健康を称えるべく市からの表彰状を授与しました。

9月12日(水曜日) 「九州の自立を考える会」広域行政セミナーに出席しました。

 
セミナーの様子

 九州の自立・発展を目的として新しい公共政策課題に取り組むために昨年9月に発足した「九州の自立を考える会」の広域行政セミナーが、福岡市内の会場で開催されました。
 このセミナーは、広域行政に関する調査・研究を目的として開催されているもので、本年度2回目となる今回のセミナーには約200名が参加する中、西日本新聞社の 川崎 隆生 社長に「地方メディアと道州制」と題してご講演いただきました。 

9月11日(火曜日) 救急の日の街頭啓発を行いました。

 
街頭啓発中の市長

 毎年9月9日は、救急医療および救急業務に対する国民の正しい理解を深めるための「救急の日」と定められており、この日から1週間を「救急医療週間」として全国各地でその趣旨に合わせた行事等が開催されています。
 本市では、11日の午前8時からJR二日市駅前で応急手当に関するガイドブックや心肺蘇生法に関する簡易ガイド(携帯カード)を配布しました。

街頭啓発参加者との集合写真

 朝早くから啓発活動にご参加いただいた、筑紫医師会、筑紫保健福祉環境事務所、筑紫野消防署の皆様に感謝を申し上げます。
 市民の皆様、ぜひこの「救急の日」をきっかけとして、いざというときに役に立つ応急処置や緊急時の対応を学んでいただきますようお願いします。

9月9日(日曜日) 市内行政区(2カ所)の敬老会に出席しました。

 
古賀区敬老会

 市内行政区の敬老会が開催され、「古賀区敬老会」と「松ケ浦区敬老会」の計2カ所に出席させていただきました。
 皆様のご長寿を心からお祝いするとともに、永年に渡り本市の発展にご協力いただいていることに心から感謝を申し上げます。 
 皆様の元気は地域社会の発展にとって大きな力となります。ぜひとも趣味や地域活動などを通じてさらなる生きがいづくりに務めていただき、今後ともご活躍いただきますようお願い申し上げます。

 
 
松ケ浦区敬老会

<写真上段>
古賀区敬老会

<写真下段>
松ケ浦区敬老会

9月9日(日曜日) 筑紫鍼灸マッサージ師会保険部創立40周年記念式典

記念式典の様子

 筑紫鍼灸マッサージ師会保険部創立40周年記念式典が市内の会場で開催されました。
 この記念式典は、昭和47年4月1日に筑紫保険鍼灸師会(現筑紫鍼灸マッサージ師会保険部)会長と筑紫地区の4市1町との間で鍼灸助成制度が発足してから40年を迎えたことを記念して開催されたものです。
 この度の40周年を心からお祝いすると共に、今後も鍼灸術・マッサージ術の実践、そして知識と技能の研鑽を通じ、筑紫地区の医療・保健・福祉の増進のためにご尽力いただきますようお願い申し上げます。

 

9月9日(日曜日) 筑紫野市女性大学講座40周年記念式典に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市女性大学講座40周年記念大会が生涯学習センターのさんあいホールで開催されました。
 昭和47年に開設された筑紫野市地域婦人会による女性大学講座では、魅力的で個性あふれる学習機会の充実に努めていただいており、多くの市民の皆様が受講されています。
 この日の記念大会では、記念式典のほか、記念ステージとして、女性大学講師による歌や踊りなども披露されました。40周年を迎えられましたことを心からお祝い申し上げます。

 

9月8日(土曜日) 特別養護老人ホームむさし苑の落成式典および祝賀会に出席しました。

あいさつする市長

 特別養護老人ホームむさし苑の落成式典がむさし苑で、そして祝賀会が市内の会場で開催されました。
 むさし苑を運営する社会福祉法人恩賜財団済生会支部福岡県済生会は、済生会二日市病院を中心とした事業運営のほか、本市の事業委託として「筑紫野市地域包括支援センターむさし」の活動を展開していただいており、厚くお礼を申し上げます。
 本施設の完成を心からお祝い申し上げるとともに、今後とも、医療・介護・福祉のさらなる充実にご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

9月8日(土曜日) 二日市小学校体育館・校舎竣工式典に出席しました。

竣工式典の様子

 二日市小学校体育館・校舎竣工式典が新しく完成した体育館で行われました。この体育館と校舎は、市内小・中学校の耐震化事業の一つとして平成23年度から建て替え工事を進めていたものです。
 この日の式典前には津軽三味線の演奏が、そして式典後には中国演舞の披露のほか、施設見学会も実施されました。
 二日市小学校の新たな門出を祝うとともに、この新しい体育館と校舎が子どもたちの健やかな成長を守り支える基盤となることを心から願っております。

 

9月6日(木曜日) 福岡県酒類鑑評会・受賞酒披露会に出席しました。

 第1回福岡県酒類鑑評会・受賞酒披露会が福岡市内のホテルで開催されました。
 この酒類鑑評会は福岡県酒造組合が主催するもので、県内で製造される清酒や本格焼酎の品質向上などを図るために開催されるものです。
 鑑評会には清酒部門に133点、本格焼酎部門に81点が出品され、8月23日と24日に審査が実施されました。もちろん、福岡県内で最も古い蔵元である本市の「大賀酒造株式会社」からも出品が行われました。

 この日は清酒4部門、本格焼酎4部門の合計8部門において、最高賞である福岡県知事賞をはじめ、福岡県議会議長賞、金賞の表彰式が行われ、合計98点が入賞しました。
 本市の「大賀酒造株式会社」は、「大吟醸 筑紫野」をはじめとした計6点が「金賞」を受賞しました。
 この鑑評会が県産酒の更なる品質の向上と販売拡大に大きく寄与するものとなることを心から期待申し上げます。

9月4日(火曜日) 寄り道アート二日市 街歩き写真展「再発見!二日市」を訪問しました。

 
写真を観賞する市長

 9月2日から9日まで生涯学習センター1階多目的ホールで開催されている、「寄り道アート二日市 街歩き写真展『再発見!二日市』」を訪問しました。
 この写真展は、二日市温泉で定期的に展示会を開いている芸術家のグループ「寄り道アート二日市」が主催するもので、写真撮影の呼びかけに集まった24人が、4月30日に旅館「玉泉館」、7月28日に「二日市中央通り商店街」と「二日市温泉街」で撮影した約60点の写真を展示しているものです。

 
市長訪問時の様子

 この日は、「寄り道アート二日市」の 岩下 豊 代表や 井上 初惠 さんのほか、今回の写真展の講師を務められた写真家の 奧 勝浩 さんなどに展示写真を紹介していただきながら、二日市の隠れた魅力をたくさん語ってもらいました。
 普段から見ている二日市が写真になることで、一味違った見え方をすることに驚きつつ、改めて本市の持つ魅力を再発見することができました。

写真展案内ポストカード画像

 このような素晴らしいイベントを開催していただきました「寄り道アート二日市」のみなさん、写真家の奧勝浩さん、そして二日市の魅力あふれる写真を撮っていただきました撮影会参加者のみなさんに心から感謝を申し上げます。
 二日市を再発見できるこの写真展にぜひ多くの人にお越しいただきたいと思います。

 写真展の案内ポストカード拡大画像はこちら

9月4日(火曜日) 改訂復刻版「筑前六宿 山家風土記」を市に寄贈していただきました。

 
髙嶋会長と市長

 「山家の史跡を守る会」および「夢むらさきクロスロード400事業実行委員会」の 髙嶋 正武 会長が市役所を訪問され、山家宿をはじめとした長崎街道の筑前六宿(原田、山家、内野、飯塚、木屋瀬、黒崎)に関する書籍「筑前六宿 山家風土記」(著者:近藤思川、ページ数:約100ページ)100冊を市に寄贈していただきました。
 この書籍は、昭和40年に発行された同書籍の改訂復刻版となるもので、長崎街道開通400年を記念して発行されたものです。

 
書籍「筑前六宿 山家風土記」

 復刻にあたっては、近世交通史が専門で筑紫野市史編集委員長や福岡地方史研究会長などを歴任された 近藤典二 先生に改訂していただいており、親子2代による貴重な歴史書となっています。
 寄贈いただいた書籍は、市内の小中学校や、図書館などに設置する予定となっています。
 また、一般向けの販売も開始されており、筑紫野市歴史博物館「ふるさと館ちくしの」(電話番号:092-922-1911)のほか計4カ所で1冊1,000円で販売が行われています。

9月2日(日曜日) 「農事組合法人三水うまいち」設立披露会に出席しました。

 
あいさつする市長

 「農事組合法人三水うまいち」設立披露会が馬市公民館で行われました。
 農事組合法人は、農業生産の協業を図り、組合員の共同の利益を増進することを目的として、農業協同組合法に基づいて設立される法人です。
 三水うまいちの「三水(さんすい)」とは、太古から農地を潤し豊穣の恵みをもたらしてきた、馬市地区を流れる3本の河川のことです。
 法人設立に向けて熱心に取り組まれてきた役員はじめ組合員の皆様に深く敬意を表するとともに、この度の設立を心からお祝い申し上げます。

9月2日(日曜日) 筑紫野市招待親善ソフトバレーボール大会に出席しました。

 
あいさつする市長

 第16回筑紫野市招待親善ソフトバレーボール大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 この大会は、筑紫野市ソフトバレーボール協会が主催する大会で、今回は、市内外から合計39チーム(約200人)が集まり、一般の部とシニアの部に分かれて熱戦が繰り広げられました。
 幅広い年齢層の人がソフトバレーを楽しむことができる機会をつくり、本市の生涯スポーツの推進にご協力いただいている筑紫野市ソフトバレーボール協会の高田会長はじめ関係各位に心から感謝申し上げます。

9月1日(土曜日) 市内各行政区など(2カ所)の夏祭りを訪問しました。

 
第3回イオンモール筑紫野市民祭り

 市内の行政区などの夏祭りを訪問しました。
 訪問したのは、イオンモール筑紫野の「イオンモール筑紫野市民祭り」と原田区の「サマーフェスティバル in 原田宿」の計2カ所で、どちらの夏祭りも趣向が凝らされたステージイベントなどが準備されており、会場は大いに盛り上がっていました。
 地域住民相互の親睦を深める、このような夏祭りを開催していただきました祭りの運営関係者の皆様、そして祭りを大いに盛り上げていただきました出演者の皆様に心から感謝を申し上げます。

第38回サマーフェスティバル in 原田宿

<写真上段>
第3回イオンモール筑紫野市民祭り

<写真下段>
第38回サマーフェスティバル in 原田宿

9月1日(土曜日) ウォーキング推進月間記念講演会に出席しました。

 
あいさつする市長

 市制施行40周年記念事業「ウォーキング推進月間記念講演会」を生涯学習センターで開催しました。
 本市は平成21年に「ウォーキング都市」を宣言し、平成22年度から9月と10月を「ウォーキング推進月間」と定め、市内各地区でのミニウォーキングや記念講演会を行っています。
 この日の福岡女子大学名誉教授 佐久本 稔 先生による「生きる力を育む」と題した講演会には、92人の市民が参加しました。
 健康を増進するウォーキングの愛好者が今後ますます増えていくことを期待しています。

9月1日(土曜日) 太宰府市・筑紫野市合同総合防災訓練を実施しました。

 
訓練の様子

 本市と太宰府市の合同総合防災訓練を太宰府市向佐野の県立看護学校跡地と御笠川・鷺田川沿いで実施しました。
 この防災訓練は、「防災の日」である9月1日に毎年実施しているもので、両市内に発生する恐れがある各種災害を想定し、市、防災機関、地域住民などが一体となって訓練を実施することで、災害時の連絡協調体制の確立、防災技術の向上、災害対応の迅速化と的確化、防災意識の高揚などを目的としているものです。

訓練の様子

 突然発生する災害に迅速に対応するためには、日頃からの個々での訓練に加え、関係機関や地域住民との連携が必要不可欠であり、本訓練の意義は大変大きいものです。
 訓練会場には警察、消防、消防団、自衛隊、電気・ガス・通信関連事業者、建設業協力会、防災協会、地元自治会が集合し、九州北部を縦断する台風による風水害や、太宰府市を震源とする直下型地震による被害を想定した様々な訓練を実施しました。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス