ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成24年6月)
更新日: 2017年9月13日

市長の動き(平成24年6月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

6月28日(木曜日) 小川福岡県知事が「知事のふるさと訪問」で筑紫野市を訪問されました。

知事との記念撮影の様子

 小川福岡県知事が「知事のふるさと訪問」で本市を訪問されました。
 この日の訪問では、まず「生涯学習センター」で本市の歴史や概要を説明し、「歴史博物館 ふるさと館ちくしの」で展示資料などを見学していただきました。
 その後、湯町に移動し「御前湯」の前で観光協会の久芳会長に二日市温泉の歴史を説明していただいたほか、湯町公民館では、地域防災活動に積極的に取り組んでいる「湯町町内会自主防災・防犯委員会」の森田委員長からの活動報告などが行われました。

知事訪問時の様子(その1)

 「農業者トレーニングセンター」(市内諸田)では、高齢者の健康づくり運動のサポート活動を行っている「健康づくり運動サポーターの会」の皆さんと一緒にゲームや体操などで汗を流しました。
 また、「勤労青少年ホーム」では、本市で積極的に活動している5つの団体(「御笠振興会」、「まちづくりNPO法人 ほっと二日市」、「筑紫野市手話の会」、「筑紫野市ごみ減量推進連絡協議会」、「筑紫野市ボランティアバンクの会」)の各代表のみなさんと意見交換などを行いました。

知事訪問時の様子(その2)

 お忙しい中、本市を訪問していただきました小川知事、そして事前の準備や当日の参加にご協力いただきました各団体の皆様に心から感謝申し上げます。
 なお、この日の模様は、平成24年7 月14日(土曜日)18時24分から30分にRKBテレビで放映される「ふくおか見聞録」で取り上げられるほか、福岡県が発行する情報誌「グラフふくおか」2012秋号にも掲載される予定です。

 福岡県ホームページ「グラフふくおか」へのリンク

6月28日(木曜日) 筑紫野市職員退職者の会総会に出席しました。

6月28日あいさつする市長

 2012年度筑紫野市退職者の会総会が大野城市内の会場で開催されました。
 在職中は筑紫野市の多大なる発展に、そして退職後の現在も、住みよい地域社会づくりに貢献をいただいている退職者の会の竹田会長はじめ会員の皆様に深く感謝を申し上げます。
 会員の皆様のご健康と今後のご活躍を心から願いますとともに、市職員のよき先輩としてご助言をいただき、皆様の豊富な知識や経験をもって、市政の発展にお力添えをいただければ幸いです。

6月27日(水曜日) 平成24年度第3回移動市長室を実施しました。

懇談の様子

 通算11回目となる移動市長室を生涯学習センターで開催し、「ちくしのフォーラム」の松尾代表をはじめとした11人の会員の皆様と懇談を行いました。
 「ちくしのフォーラム」は、男女共同参画に関する出前講座をこれまでに100回以上実施されており、研修受講や研究発表などによる会員のスキルアップのほか、子ども向けの新たなプログラムの検討など、男女共同参画社会の実現に向けて積極的に活動されているグループです。

スライドを使った説明の様子

 この日の移動市長室では、スライドでの活動報告のほか、寸劇「おーい!お茶」や男女共同参画推進条例に関する「○×(まるばつ)クイズ」などが行われ、「ちくしのフォーラム」が様々な手法で男女共同参画の推進に積極的に取り組まれていることが分かりました。
 懇談では、「本市の各種分野における女性登用率の増加」、「行政職員の男女共同参画に関する意識啓発」、「男女共同参画社会実現に向けた研修としての「ちくしの市民の翼」事業の継続」などについて要望を受けました。 

ちくしのフォーラムの皆さんが披露した寸劇の様子です

 出された各種要望などは、大切な提案・意見として実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。ちくしのフォーラムの皆様、本当にありがとうございました。

<動画>
 寸劇「おーい!お茶」の様子
 音声が出ます


6月27日(水曜日) 筑紫野市暴力追放推進市民協議会理事会に出席しました。

6月27日あいさつする市長

 平成24年度筑紫野市暴力追放推進市民協議会理事会が市役所内の会議室で開催されました。
 本市では平成10年に本協議会を設立して以来、暴力のない明るく住みよいまちづくりを目指して、筑紫野警察署をはじめ関係機関との協力のもと、啓発活動を中心とした暴力追放の取り組みを進めており、役員の皆様に多大なご尽力をいただいていることを、心からお礼申し上げます。
 県内で多発する発砲事件などにより住民の生活が脅かされる状況の中、引き続き本協議会を中心として、積極的に暴力追放に取り組んでまいります。

6月26日(火曜日) JA筑紫の通常総代会に出席しました。

JA筑紫通常総代会の様子

 JA筑紫(筑紫農業協同組合)の第39回通常総代会が市内杉塚のJA筑紫本店で開催されました。
 JA筑紫の皆様には、筑紫地区における農業の振興に積極的に取り組まれ、本市の農業施策の推進にもご協力をいただいており、心からお礼申し上げます。
 今後とも、安全、安心、高品質の農産物の安定的提供や、明日の農業を築く担い手の育成による地域農業の振興、さらには食と農の仲間づくりを通じた心豊かな地域社会の実現に向けご尽力いただきますようお願いします。

6月25日(月曜日) 二日市中学校プールの視察を行いました。

報告会の様子

 平成24年5月末に完成した二日市中学校プールの視察のため、現地を訪問しました。
 この新しい屋外プールは、二日市中学校校舎の耐震化建て替え工事に伴って新しく整備したものです。
 25メートル・8コースからなるプールの横には約120名が座ることができる観覧席があり、本市で毎年夏に開催する「筑紫野市水泳大会」の会場としても利用されます。市制40周年記念となる今年の水泳大会が、この美しく整備されたプールで大いに盛り上がることを心から願っております。

6月25日(月曜日) 「ピュアハート」の東日本大震災被災地支援コンサートツアー出発式に出席しました。

出発式の様子

 筑紫野市を拠点として、知的障害のある7人のメンバーで音楽活動をしている 音楽ランド「ピュアハート」 の東日本大震災被災地支援コンサートツアー出発式が福岡空港で行われました。
 このツアーでは、6月25日から29日にかけて岩手県と宮城県の障害者施設などを訪問し、音楽コンサートのほか、ピュアハートが集めた義援金約105万円の贈呈(3カ所)や交流会などが行われるそうです。
 被災地の皆さんに元気と感動を与える素晴らしいコンサートツアーとなることを心から願っております。
 ピュアハートのみなさん、頑張ってきてください。

6月23日(土曜日) 筑紫野市体育協会報告会に出席しました。

6月23日あいさつする市長

 平成24年度一般社団法人筑紫野市体育協会報告会が市内の会場で開催されました。
 体育協会の皆様には、日頃から各種スポーツ事業などを通じて本市のスポーツの振興にご尽力いただいており、心から感謝を申し上げます。
 本市においても、第四次総合計画において「スポーツ・レクリエーションの推進」を大きな柱として掲げており、市民が生涯にわたってスポーツを楽しむことができるよう取り組みを進めてまいりますので、引き続き本市のスポーツ振興のためにご協力いただきますようお願いします。

6月22日(金曜日) 二日市中央通り商店街協同組合通常総会に出席しました。

6月22日皆様にあいさつする市長

 二日市中央通り商店街協同組合通常総会が市内の会場で開催されました。
 二日市中央通り商店街協同組合は、「オータムフェスタ」や「パープルナイト」をはじめとした各種イベントなどを通じて、二日市中央通り商店街の発展のために精力的に取り組まれています。
 この日の総会では、平成23年度の事業・決算報告、平成24年度の事業計画・予算などについて審議が行われました。

6月22日(金曜日) 筑紫地区建設コンサルタンツ協会から車いすの寄贈を受けました。

懇談の様子

 一般社団法人筑紫地区建設コンサルタンツ協会の大和会長、平山副会長をはじめ会員の皆様 計7人が市役所を訪問され、車いす1台を本市に寄贈していただきました。
 筑紫地区建設コンサルタンツ協会は、筑紫地区の4市1町で建設コンサルタントを営む法人および個人で組織された団体で、技術研修会や経営研究会を通して技術研鑽や経営の安定を図られているほか、地域貢献活動として地元自治体への福祉用品などの寄贈を長年続けられております。

寄贈いただいた車いす

 本市においても平成15年度以降、同協会から毎年車いすなどを寄贈していただいており、市役所をはじめ市内関連施設に設置し、市民の皆様に活用いただいております。
 今回いただきました車いすは、生活福祉課の窓口に設置させていただきました。
 筑紫地区建設コンサルタンツ協会の皆様、このたびの寄贈まことにありがとうございました。

6月19日(火曜日) たばこ組合の総会に出席しました。

6月19日あいさつする市長

 筑紫野市たばこ組合平成24年度通常総会が市内の会場で開催されました。
 たばこ組合の高木組合長をはじめ組合員の皆様には、喫煙マナー向上の啓発活動や未成年者の喫煙防止に関する取り組みをはじめ、JR二日市駅前周辺で毎年2回の清掃活動を実施されるなど、喫煙マナーの向上のみならず、環境保全の面でもご尽力いただいており、心からお礼申し上げます。
 今後とも、本市のマナーアップ、クリーンアップにご協力いただきますようお願いします。

6月17日(日曜日) 筑紫野市剣道大会に出席しました。

6月17日あいさつする市長

 第97回筑紫野市剣道大会が農業者トレーニングセンターで開催されました。
 主催の筑紫野市剣道連盟の吉永会長はじめ関係各位には、日頃から剣道を通じ青少年の健全育成、健康、体力づくりにご尽力いただき厚くお礼申し上げます。97回目となる本大会には、選手として市内の小中学生約180人が参加しました。
 私は、開会式に出席し、これから試合に臨もうとする緊張感とやる気に満ちた真剣な表情を浮かべる選手の皆さんの健闘を祈り、激励しました。

6月15日(金曜日) 青少年育成市民会議総会に出席しました。

6月15日あいさつする市長

 平成24年度筑紫野市青少年育成市民会議総会が御前湯の大広間で開催されました。
 同市民会議は、青少年の健全な育成を図ることを目的として、青少年国民会議や県が提唱する「大人がかわれば子どもがかわる」、「青少年アンビシャス運動」、「教育力向上福岡県民運動」などと連携し、活動を推進いただいています。
 この日の総会では、平成23年度の事業報告と決算報告、平成24年度の事業計画と予算などについて審議が行われました。

6月15日(金曜日) 筑紫野市観光協会総会に出席しました。

6月15日皆様にあいさつする市長

 第54回筑紫野市観光協会通常総会が市内の会場で開催されました。
 観光協会の久芳会長をはじめ関係各位の皆様には、日頃から本市の観光施策の推進にご協力いただいており、深く感謝申し上げます。
 本市の恵まれた交通条件、豊かな自然、歴史と文化といった特徴を十分に活用するためにも、観光協会をはじめ経済団体や市民の皆様と情報・意見交換を行いながら地域経済活性化に取り組んでまいります。

6月15日(金曜日) 青年海外協力隊(JICA)の 岡田弘明 進路相談カウンセラーが訪問されました。

岡田様訪問時の様子

 青年海外協力隊(JICA)の 岡田弘明 進路相談カウンセラーが、青年海外協力隊の事業紹介や市職員が青年海外協力隊に参加できるようにするための環境づくりに関する説明などのために訪問されました。
 青年海外協力隊に参加した人は、発展途上国での2年という派遣期間中に「広い視野、課題解決力、企画力、精神力、マネージメント力、コミュニケーション力、交渉力」といった数多くの能力を培い、見違えるほど大きく成長して帰国してくるそうです。

持参されたJICAパンフレットほか

 本市においても、これからの筑紫野市を担う人材の育成に力を入れていきたいと考えていることから、大変興味深く話しを伺うことができました。
 市の職員が青年海外協力隊に参加できるようにするための仕組みづくりや、青年海外協力隊からの帰国者の職員採用に関する優遇措置などをはじめ、人材育成に関する様々な取り組みを進めてまいります。

6月15日(金曜日) 筑紫野市政治倫理審査会に出席しました。

開会にあたりあいさつする市長

 平成24年度第1回筑紫野市政治倫理審査会が市役所内の会議室で開催されました。
 政治倫理審査会は、資産等報告書の審査を行うため筑紫野市政治倫理条例に基づき設置されているもので、政治倫理及び資産等報告書の審査等に関して専門的知識を持つ人や市民など9人の委員で構成されています。
 南谷会長をはじめ委員の皆様には、計6回の審査会で市三役及び市議会議員の平成24年の資産等報告書に関する厳正なる審査を行っていただきます。

6月14日(木曜日) 筑紫・朝倉地域労働者福祉協議会定期総会に出席しました。

6月14日あいさつする市長

 筑紫・朝倉地域労働者福祉協議会第18回定期総会が生涯学習センターで開催されました。
 同協議会は、関係団体間の連絡調整をはじめ、労働者の福祉活動に関する調査・研究、さまざまなレクリエーション企画やボランティア活動などを通して労働者福祉の増進を図ることを目的としています。
 この日の総会では、平成23年度の活動報告と決算報告、平成24年度の活動方針と予算などについて審議が行われました。

6月14日(木曜日) 武石様から「ふるさと応援寄付金」を受け取りました。

武石様訪問時の様子

 先日6月9日にご逝去された元筑紫野市議会議長 故 武石清一 様のご子息である 武石政太郎 様が、先日の葬儀での弔辞に対するお礼と「筑紫野市ふるさと応援寄付金」への協力のため、市役所を訪問されました。まだ大変な時期であるにもかかわらず、わざわざ訪問いただき、市への寄付金まで持参いただいたことに心からお礼を申し上げます。
 いただいた寄付金は、筑紫野市の発展のために大切に使用させていただきます。

6月10日(日曜日) 福祉グループ「どろっぷす」の総会に出席しました。

総会の様子

 福祉グループ「どろっぷす」の総会が筑紫南コミュニティセンターで開催されました。
 「どろっぷす」は、障害がある人もない人も誰もがかかわりあえる場所、お互いを理解し同じ時間を共有できる場所、地域の人々といつでもふれあえる場所を目指して積極的な活動を行われています。
 人が持つ様々な個性を尊重し、お互いに支えあって暮らすことのできる社会の実現に向け、市民と行政のパートナーシップのもとでさまざまな取り組みを進めていきたいと考えておりますので、引き続き本市行政施策にご協力をお願いします。

6月10日(日曜日) 福岡県剣道連盟筑紫支部中学校高等学校剣道大会に出席しました。

6月10日あいさつする市長

 福岡県剣道連盟筑紫支部平成24年度年第17回中学校・第27回高等学校剣道大会が国士舘大学太宰府校で開催されました。大会の運営に携わられた大音支部長はじめ関係者の皆様には、日頃から剣道を通じて青少年の健全育成、健康・体力づくりにご協力いただいており、厚くお礼申し上げます。
 日頃の厳しい稽古の成果を発揮し、正々堂々と闘志あふれる試合を展開した選手のみなさん、これからも剣の技に加え、自己に厳しい生活態度、強靭な精神力や体力を培い、人として大きく成長していくことを期待しています。

6月9(土曜日) 天拝蛍まつりに出席しました。

天拝蛍まつりの様子

 天拝坂1丁目にある東公園で「第6回天拝蛍まつり」が開催されました。
 天拝坂区には「天拝 蛍の会」という会があり、天拝小学校の子どもたちと川の清掃や蛍の幼虫の放流などを行い、地域の環境保全に取り組まれています。
 今年の蛍まつりには周辺地区の区長や住民も数多く参加していると感じました。実際に会場には例年の5割増の約1,500人が来場されたそうで、多くの人が「蛍」と子どもたちの「手作りあんどん」の放つやさしい光を楽しんでいました。

蛍を観察する市長

 昨年は訪問する時間が少々早かったため、蛍を観察することができず残念な思いをしましたが、今年は多くの来場者の皆さんと蛍の光を楽しむことができました。
 このような地域での取り組みを通して、自然を大切にする心を育て、筑紫野市のもつ自然の素晴らしさをアピールしていただいている蛍の会の荒木会長、天拝坂自治会の北田会長をはじめ関係者の皆様に心からお礼を申し上げます。

6月8(金曜日) 筑紫野インター線道路建設促進期成会発会式に出席しました。

期成会発会式の様子

 筑紫野インター線道路建設促進期成会の発会式が山口コミュニティセンターで開催されました。
 この期成会は、筑紫野市の玄関口である筑紫野インターにおける日常的な交通渋滞の緩和、交通安全の確保、災害時緊急輸送路の確保などを目指して、筑紫野インターから県道山口原田線方面への道路建設の早期実現に向け活動を行うものです。
 本市も期成会と連携しながら、県をはじめ各関係機関と道路建設に向けた協議を進めてまいります。

6月7日(木曜日) JA筑紫地区別組合員大会に出席しました。

6月7日あいさつする市長

 JA筑紫地区別組合員大会がJA筑紫本店で開催されました。
 この日は地区別組合員大会ということで、6月末に開催される通常総代会に提出される議案などの事前確認・協議が行われました。
 今後とも本市の農業振興をはじめ、安全で安心・高品質な農産物の安定的供給、食と農の共生を通じた心豊かな地域社会の実現に向けてご尽力いただきますようお願いします。

6月6(水曜日) 第82回全国市長会議に出席しました。

第82回全国市長会議の様子

 全国市長会議の通常総会が東京都内で開催されました。総会には全国810の市長(区長)が集まり、来賓として野田総理と大島総務副大臣も出席しました。
 総会では、国への提案事項などの審議の後、「東日本大震災からの復旧・復興」、「東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応と安全対策」、「地震・津波等防災対策の充実強化」、「真の分権型社会の実現」、「国の出先機関改革」、「社会保障制度の充実強化」に関する6件の決議文を採択しました。
 なお、私は今年度の全国市長会の評議員としても活動させていただきます。

6月5(火曜日) 国土交通省へ予算に関する要望を行いました。

市長訪問時の様子

 本市の重点施策である「社会資本整備の推進」および「治水事業の推進」に関する要望を行うため、国土交通省(東京都千代田区霞が関)を訪問しました。
 国土交通省では奥田建国土交通副大臣に対して要望書を提出し、本市の状況を説明したほか、関係各局(都市局、住宅局、水管理・国土保全局治水課、道路局)を訪問し、本市施策への理解と支援をお願いしました。 

奥田国土交通副大臣に説明する市長

 その後、上記の重点施策のほか、本市が抱える諸問題に対する陳情を行うために、6人の国会議員を訪問しました。
 今回の要望・陳情は、高尾川・鷺田川改修促進期成会顧問の楠田大蔵衆議院議員の取り計らいにより実現したものであり、本市のまちづくりをはじめ、高尾川・鷺田川の改修に向けた大きな力になるものと確信しています。

国会議員訪問時の様子

<写真上段・中段>
 奥田建国土交通副大臣訪問時の様子

<写真下段(左上)>
 古賀誠衆議院議員訪問時の様子

<写真下段(右下)>
 大家敏志参議院議員訪問時の様子

6月4日(月曜日) 筑紫野市議会6月定例会を開会しました。

筑紫野市議会6月定例会の様子

 市議会6月定例会の会期日程は6月4日から6月21日までとなっており、人事案件2件、報告9件、条例1件、補正予算3件、その他2件の合計17件についてご審議いただきます。
 なお、提出議案の内容は、「議会提出議案」ページ(以下のリンクからアクセスできます。)の「平成24年第2回(6月)筑紫野市議会定例会提出議案について」をご参照下さい。


 「議会提出議案」ページへのリンク

6月3日(日曜日) 高尾川・鷺田川改修促進期成会総会に出席しました。

6月3日期成会総会であいさつする市長

 高尾川・鷺田川改修促進期成会総会が二日市コミュニティセンターで開催されました。
 期成会の林田会長をはじめ関係各位におかれましては、高尾川・鷺田川改修の早期実現に向けて精力的に活動いただいており、深く敬意を表します。
 本市においても、県事業の進捗に併せて河川改修事業の方針を決定して実現に向けた取り組みを進めるとともに、引き続き国・県の関係行政機関と連携し、抜本的な河川改修を目指して取り組んでまいります。

6月3日(日曜日) 筑紫野市母子寡婦福祉会総会に出席しました。

6月3日総会であいさつする市長

 筑紫野市母子寡婦福祉会総会がカミーリヤで開催されました。
 母子寡婦福祉会は、母子・寡婦家庭の生活の向上、福祉増進を目指して活動されている組織です。
 この日の総会では、平成23年度の活動報告と決算報告、平成24年度の活動計画と予算について審議が行われました。
 今後も様々なレクリエーションや研修会などを通して、ひとり親家庭の悩みや不安の解消に向けで取り組んでいただきますようお願いします。

6月3日(日曜日) 市道野添・甘木渡線に架かる鶴島橋の完成記念式典に出席しました。

完成した鶴島橋

 市道野添・甘木渡線に架かる鶴島橋の完成記念式典が現地で開催されました。
 曾根田川に架かる鶴島橋は、馬市区と鶴島地区圃場を結ぶ橋として大変重要な橋です。
 昭和50年に架けられた旧鶴島橋は老朽化が進んでおり、大型化した農業機械への対応という面からも新しい橋の建設が望まれておりました。
 このような中、馬市区長をはじめ地元の願いが聞き入れられ、那珂県土整備事務所および朝倉県土整備事務所のご尽力により、新しい橋が完成しました。

鶴島橋を渡るトラクター

 完成した新しい鶴島橋は、長さ39メートル、幅3.8メートルとなり幅が広がったことによる利便性向上に加え、大型農業機械の通行が可能となりました。    
 これからも住民の暮らしを支える橋として馬市地区の皆様から末永く親しまれることを願うとともに、この橋の完成のためにご尽力いただいた関係各位の皆様に心から感謝を申し上げます。

6月1日(水曜日) JR二日市駅で水道週間の街頭啓発を行いました。

街頭啓発の様子

 「水道週間」は、安全で良質な水の安定供給や災害に強い水道の整備推進を図り、水道事業の発展に資することが目的の行事です。
 今年も6月1日から7日まで「さあ今日も 水と元気が 蛇口から」をスローガンとして広報活動などが全国で展開されます。
 本市では、市内4箇所(JR二日市駅、西鉄二日市駅・朝倉街道駅、ゆめタウン筑紫野)で水道事業への理解と関心を深めるための啓発チラシが入ったポケットティッシュを配布しました。

6月1日(金曜日) 「つどいの広場」の開所式を行いました。

 
開所式の様子

 二日市中央の賃貸マンション「クラシオン二日市(二日市中央5-10-1)」の1階に地域子育て支援拠点施設「つどいの広場」(愛称 つくしのこ)を開所しました。
 この「つどいの広場」は、乳幼児を持つ親子が気軽に交流できる場所で、子育てに対する不安軽減や仲間づくりなどの交流の場を提供するとともに、交流スペースでの子育てサロンの実施、地域の子育て情報の提供などを行います。

つどいの広場の様子

 開所時間は、土・日曜日、祝日を除く9時から16時30分までで、無料で利用できます。
 屋内には、おもちゃや遊具で自由に遊べる多目的交流スペース(約60平方メートル)、相談室、授乳室、屋外には広場(約50平方メートル)もあります。
 専門のスタッフも常駐しておりますので、乳幼児を持つ親子の皆さんにぜひとも気軽に利用していただきたいと思います。

 
「つどいの広場」施設紹介です。

<動画>
 「つどいの広場」の施設紹介
 ※音声が出ます

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス