ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成24年4月)
更新日: 2012年5月8日

市長の動き(平成24年4月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

4月30日(月曜日) 六反区老人会「すこやかクラブ」の定期総会に出席しました。

あいさつする市長

 六反区老人会「すこやかクラブ」の定期総会が六反区公民館で開催されました。
 会長はじめ「すこやかクラブ」の会員の皆様には、ボランティア活動や積極的な各種行事への参加を通して、健康増進と生きがいづくり、そして明るいまちづくりに努めていただいており、心から感謝を申し上げます。 
 今後も会員間の親睦をより一層深めていただき、ゆとり、うるおい、やすらぎに満ちた心豊かな社会づくりに努めていただきますよう、お願い申し上げます。

4月29日(日曜日) 子どもフェスティバルちくしの&子ども市に出席しました。

「子どもフェスティバルちくしの」の様子

 「第12回子どもフェスティバル&第22回子ども市」がカミーリヤのふれあい広場で開催されました。
 このイベントは、青少年に関わる数多くの団体などで構成される実行委員会によって主催されているもので、子どもたちが楽しく遊んで元気になれる場を提供していただいております。
 この日も多くの参加者が来場し、子どもから大人までたくさんの笑顔が溢れるイベントとなっておりました。

4月29日(日曜日) ドラゴンロックフェスタ、フォークソングフェスティバル in 竜岩に出席しました。

あいさつする市長

 第12回ドラゴンロックフェスタを市内柚須原の「竜岩自然の家」で開催しました。
 ドラゴンロックフェスタは、フリークライミング、火おこし、野鳥観察や各種工作などの様々な体験を通しながら、楽しく学ぶことができるイベントです。
 今年度は、市制施行40周年記念として、「フォークソング・フェスティバル in 竜岩」も同時開催しました。
 筑紫野市の豊かな自然に触れ、春を感じることができるひとときとなり、会場は多くの来場者で賑わっていました。

4月29日(日曜日) 筑紫野市祭「二日市温泉藤まつり」に参加しました。

「二日市温泉藤まつり」の様子

 「二日市温泉藤まつり」は、観光協会、商工会、筑紫野市の三者で実行委員会を結成し開催しているもので、天拝山麓の天拝公園、武蔵寺周辺で毎年開催している市祭です。
 この日は天候にも恵まれ、水上ステージでの吹奏楽や太鼓の演奏、ダンスなどの公演のほか、二日市温泉の足湯、手作り遊び、史跡案内などの体験コーナー、特産品の即売、茶会、スケッチ大会などが行われ、多くの来場者で賑わいました。

「長者の藤」と市長

 天拝公園そばの武蔵寺では、市指定天然記念物である境内の藤がとても美しい花を咲かせていました。 
 この藤は、武蔵寺の歴史を語る絵画資料である武蔵寺縁起によると、寺の創建者と伝えられる藤原虎磨が「堂塔の盛衰は、この藤の栄枯にあらん」と誓って植えたことから「長者の藤」と呼ばれています。
 この日も多くの人が訪れて、美しく歴史ある「長者の藤」を観賞していました。

4月29日(日曜日) イオンモール筑紫野「第3回イオンふるさとの森づくり」育樹祭に参加しました。

あいさつする市長

 イオンモール筑紫野「第3回イオンふるさとの森づくり」育樹祭がイオンモール敷地内で開催されました。
 この育樹祭は、イオンモール筑紫野の敷地内に植樹された樹木の手入れをし、さらに大きく育つことを願って開催されているものです。
 この日は、集まった多くの参加者と一緒に、イオンモール筑紫野のオープンとともに大きく元気に育った樹木に、肥料を与え、ゴミや雑草の除去などの作業を行いました。

育樹作業中の市長

 育樹祭の開催は今回が最後とのことですが、これらの樹木の生育管理については、イオンモール筑紫野が継続して行っていくとのことでした。
 このような、自然とのふれあいや緑を育む心を広げる機会を作っていただきましたイオンモール筑紫野の関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

4月27日(金曜日) 第1回筑紫野市戦略施策検討部会を開催しました。

あいさつする市長

 第1回筑紫野市戦略施策検討部会を市役所内の会議室で開催しました。
 この検討部会は、市民サービスの向上を図り、筑紫野市が発展し、元気な筑紫野を創造する第一歩として、職員のアイデアを検討し、組織的に取り組んでいくためのものです。この日は第1回目として、部会を構成する37人の職員に辞令書を交付し、今後のスケジュールの確認などを行いました。
 部会で検討を重ねる中で、一人ひとりが新たな発想と柔軟な企画力を発揮してくれることを強く期待します。

4月26日(木曜日) 筑紫野市消防団の総会に出席しました。

筑紫野市消防団総会の様子

 平成24年度筑紫野市消防団総会が市内の会場で開催されました。
 平山団長をはじめ、消防団員の皆様には、仕事のかたわら、訓練や防火啓発、さらには出火時の出動など、市民の安全安心を守るためにご尽力をいただいており、心から厚くお礼を申し上げます。
 市民の安全安心を支える地域防災の要として、引き続き消防団活動に取り組んでいただきますようお願い申し上げます。

4月26日(木曜日) 市民生委員児童委員連合会および各地区民生委員児童委員協議会全員協議会に出席しました。

あいさつする市長

 市民生委員児童委員連合会および各地区民生委員児童委員協議会全員協議会がカミーリヤで開催されました。
 同委員の皆様には社会福祉の分野における地域の身近な相談支援者として日々ご尽力いただいており、厚くお礼を申し上げます。
 本市がめざす「住民主体による協働と共生のまちづくり」の実現には、委員の皆様のご支援が必要不可欠ですので、引き続きご協力いただきますようお願い申し上げます。

4月26日(木曜日) 「筑紫野市暮らしの便利帳 2012」の完成報告を受けました。

完成報告を受ける市長

 市制施行40周年を記念して本市が作成を進めていた「筑紫野市暮らしの便利帳2012」が完成しました。
 この日は共同発行事業者である「株式会社サイネックス」の九州・中国営業本部の
 福西 哲男 本部長ほか2名が市役所を訪問され、完成報告を受けました。
 昨年9月の協定書締結から長期にわたって編集作業や各種調整作業などにご協力いただき、完成度の高い便利帳を発行することができたことに心から感謝を申し上げます。

記念写真撮影の様子

 この便利帳は、市民サービスの向上、経費節減、地域経済の活性化を目的としているもので、発行および配布にかかる費用は、市内事業者を中心とする広告の掲載料でまかなっていることから、本市の財政的な負担はありません。
 完成した便利帳は、5月上旬から下旬までに市内全世帯に配布します。
 ぜひご家庭の身近なところに置いてご活用いただければと思います。

4月25日(水曜日) 食生活改善推進会総会に出席しました。

あいさつする市長

 平成24年度筑紫野市食生活改善推進会総会がカミーリヤで行われました。
 食生活改善推進会の会員の皆様には、地域における食生活改善の実践と普及を目的とした積極的な活動を展開していただいており、深く感謝申し上げます。
 健康で元気に暮らす市民が増え、健康寿命が延びていくという理想的な状況の実現に向けて、引き続き地域における食生活の改善活動に取り組んでいただきますようお願い申し上げます。

4月24日(火曜日) 水田営農対策集落推進員会議に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市水田営農対策集落推進員会議が生涯学習センターで行われました。
 水田営農対策集落推進員は、本市の水田農業の確立と生産調整等の事業を円滑に行うために設置しているものです。
 この日は今年度第1回目の会議ということで、71人の推進員に委嘱書を交付しました。
 本市の農業政策の推進のために、引き続きご協力いただきますようお願い申し上げます。

4月23(月曜日)、4月24日(火曜日) 若年層職員を対象とした講話を行いました。

講話を行う市長

 採用2年目から6年目までの職員合計103人を対象として市役所の会議室で講話を行いました。
 これからの時代の変化にいち早く対応でき、真に市民のための行政施策を立案・実施できる人材の育成は急務であると考えており、近年採用が増えている若年層職員に目的意識を持って積極的に業務に取り組んでもらいたいという想いから、私自身が職員に直接話しをする機会をつくりました。

講話を行う市長

 講話では、筑紫野市の素晴らしい歴史や文化、本市が持っている潜在能力、仕事ができるのは、市民が私たちに望み、託してくれているからであり、市民への感謝と市民のために働いていることを忘れないこと、仕事の目的・目標を明確化して、その実現に信念を持つこと、時代の変化に対応し、市民が何を望んでいるのかを常に考え、先に提供するという意識を持つことなどを話しました。
 これから多くの経験を積み、筑紫野市の発展のために力を尽くしてくれることを大いに期待しています。

4月20(金曜日)、4月24日(火曜日) 老人クラブ連合会(山口地区、山家地区)の総会に出席しました。

山口地区老人クラブ連合会総会の様子

 山口地区と山家地区で行われた老人クラブ連合会の総会に出席しました。
 会長はじめ老人クラブの皆様には、積極的に様々な行事に参加することで健康と生きがいづくり、そして明るいまちづくりに協力いただいており、心から感謝を申し上げます。
 今後ともクラブの原点である「仲間づくり、健康づくり、生きがいづくり」を通じて、ゆとり、うるおい、やすらぎに満ちた心豊かな社会づくりに努めていただきますよう、お願い申し上げます。

山家地区老人クラブ連合会総会の様子

<写真上段>
 山口地区老人クラブ連合会総会の様子


<写真下段>
 山家地区老人クラブ連合会総会の様子


4月23日(月曜日) 福岡県の小川洋知事と面会しました。

小川知事と握手する市長と副市長

 福岡県庁で小川福岡県知事とお会いしました。短い時間ではありましたが、4月22日(日曜日)に本市が開催した市制施行40周年記念式典に関する報告とお礼、藤木副市長就任のあいさつ、地方分権に関する意見交換などを行いました。
 また、福岡県議会の原口議長にもお会いすることができ、大雨による被害が度々発生している高尾川・鷺田川の河川改修に関する陳情を行いました。
 今後も県との連携を強化しながら、筑紫野市のために全力で取り組んでまいります。

4月22日(日曜日) 筑紫野市市制施行40周年記念式典を開催しました。

式辞を述べる市長

 市制施行40周年記念式典を文化会館で開催し、来賓をはじめ市民や関係者など約800人が参加しました。
 式典の第1部は、市指定無形民俗文化財である山家岩戸神楽で開会した後、市長式辞、来賓祝辞、40周年キャッチフレーズ採用作品「10万人の 未来を育む筑紫野市」の出品者である市内永岡在住の荒井久美子さんの表彰、結婚40周年(ルビー婚)を迎える51組の夫婦を参加者全員でお祝いする筑紫野ルビー婚式を行いました。

記念式典の様子

 ルビー婚式では、夫婦代表として佐藤壽美さん・加代子さん夫婦にステージで目録を手渡しました。司会者からの質問に笑顔で答えるお2人の幸せそうな様子に、会場全体が暖かな雰囲気に包まれました。
 第2部では、筑紫野市文化協会加盟団体による筑紫野の四季をテーマにした創作舞台や、筑紫野市健康づくり運動サポーターの指導による来場者全員での健康体操、市の物産品が当たる抽選会が行われ、最後に4月8日に行われた市民劇「筑紫野ロマン飛行」のテーマ曲の合唱で閉会しました。

記念式典の様子

 筑紫野市の40周年を祝うにふさわしい、このような素晴らしい式典をつくりあげることができたのは、準備、練習などに多くの時間を注いでいただいた出演者の皆様、そして式典に参加し、筑紫野市の40周年を共に祝っていただいた皆様のおかげであり、心から厚く感謝を申し上げます。
 今年度は、式典以外にも40周年を盛り上げる様々なイベントを計画しております。ぜひ市民の皆様に参加いただき、ふるさと筑紫野をもっともっと身近に感じて、好きになっていただきたいと思います。

4月21日(土曜日) 女性の翼の会定期総会に出席しました。

筑紫野市女性の翼の会定期総会の様子

 第15回筑紫野市女性の翼の会定期総会が生涯学習センターで開催されました。
 女性の翼の会の皆様には、各種研修をはじめとした事業での活動経験を活かし、男女共同参画による豊かな筑紫野市づくりにご協力いただいております。
 昨年度は、人材育成のための国内研修「市民の翼」事業として「日本女性会議2011松江」に7名の方に参加していただき、実施にあたって様々な面でご協力をいただいたことに心から感謝を申し上げます。本年度も市民に広く参加を呼びかけ、実施していきたいと考えておりますので引き続きご協力いただきますようお願いします。

4月21日(土曜日) 身体障害者福祉協会の総会に出席しました。

筑紫野市身体障害者福祉協会総会の様子

 筑紫野市身体障害者福祉協会の平成24年度総会がカミーリヤの視聴覚室で開催されました。
 同協会は多くの関係機関や団体と連携し、身体障害者の社会参加と福祉の向上のために様々な取り組みを展開してこられました。歴代会長はじめ関係者の皆様のご尽力に感謝と敬意を表します。
 本市におきましても、障害をお持ちの方が安心して地域の中で暮らせるよう、今後の法改正の研究を行いながら制度の充実に努めてまいりたいと考えております。

4月20日(金曜日) 少年補導員会の総会に出席しました。

筑紫野市少年補導員会総会の様子

 筑紫野市少年補導員会総会が市内の会場で開催されました。
 少年補導員は青少年の非行を防止し、青少年の健全育成を図ることを目的に設置されているものです。  
 昨年は、市内9カ所に設置している有害図書対策用の白いポストの塗り替え作業や、少年補導員会が中心となって各種団体と共に空き家対策に取り組まれるなど熱心に活動いただいております。
 今後とも、非行防止に関する地域活動の推進を通じて、青少年の健全育成のためにに一層ご協力いただきますようお願いします。

4月20日(金曜日) ボランティアバンクの会総会に出席しました。

筑紫野市ボランティアバンクの会総会の様子

 平成24年度筑紫野市ボランティアバンクの会総会が生涯学習センターで開催されました。
 ボランティアバンクの会の堀内みど里代表をはじめ会員の皆様からは、昨年10月の移動市長室で、熱心な意見をお聴きすることができました。これまで生涯学習社会の推進に向けて多岐にわたりご尽力いただいていることに心から感謝を申し上げます。
 市民が真の豊かさを実感できるような生涯学習社会の実現と、市民参画・協働によるまちづくりに向けて、引き続きご協力いただきますようお願いします。

4月20日(金曜日) 福岡県隣保館連絡協議会総会に出席しました。

見学の様子

 福岡県隣保館連絡協議会総会が生涯学習センターで開催されました。
 頼金会長はじめ関係者の皆様には、日頃から人権・同和問題の解決のために、それぞれの隣保館でご尽力いただいており、その活動に心から敬意と感謝を申し上げます。
 福岡県隣保館連絡協議会は、本市の市制施行40周年と同じく本年度で結成から40周年とのことで、この節目を契機として、同和問題や様々な人権問題の解決、市民福祉の向上のため、一層大きな役割を果たされますことを期待いたします。

4月19日(木曜日) 第122回福岡県市長会総会に出席しました。

第122回福岡県市長会総会

 第122回福岡県市長会総会が豊前市で開かれ、県内28市の市長らが出席しました。
 総会では、大規模災害時に火葬や廃棄物処理を広域で行えるように県に対応を求める新規議案をはじめ、行財政関係、社会文教関係、経済関係の各種議案(計42議案)を可決しました。
 可決した議案は、国や県などに提出されます。

4月17日(火曜日) 平成24年度第1回移動市長室を実施しました。

見学の様子

 通算9回目となる移動市長室を、筑紫南コミュニティセンターで開催し、はらっぱの会の大藪美和子代表をはじめとした13人の会員の皆様との懇談と、筑紫南コミュニティセンター図書室の見学を行いました。
 はらっぱの会は、筑紫南コミュニティセンター図書室の管理運営を市が委託している団体であり、また、絵本や紙芝居の読み聞かせなどの読書活動、講師を招いての講演会、親子のふれあいイベントなどのボランティア活動も行っています。

懇談の様子

 図書室見学の際には、絵本の読み聞かせ会が行なわれており、参加されている親子も多く、活発な活動状況を垣間見ることができました。
 懇談では、はらっぱの会の活動が市民のみなさんに認知され、活動の場が増えているといったうれしい現状がある反面、そのような状況に伴い図書室の蔵書数の不足、ボランティア活動ができる会員数や研修の場の不足などの課題があり、図書室の蔵書数の充実や市民図書館との連携をはかっていきたいという要望を受けました。

絵本読み聞かせ会の様子

 出された各種要望などについては、大切な提案・意見として実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。はらっぱの会の皆さま、本当にありがとうございました。

<動画>
 絵本の読み聞かせ会の様子
 音声が出ます

4月16日(月曜日) 第1回筑紫野市戦略施策検討委員会を開催しました。

辞令を交付する市長

 第1回筑紫野市戦略施策検討委員会を開催しました。この日は、委員となる部課長級の職員11人に辞令書を交付し、今後の方針やスケジュールなどを確認しました。
 本市では、今年度から新たに「戦略企画課」を立ち上げ、企画部門の充実を図っております。これは、他市に負けない元気な筑紫野市をつくり、将来への展望を見出すための「企画力」が必要不可欠であるとの考えからです。この検討委員会もこの「企画力」の向上を目指した取り組みの1つです。

あいさつする市長

 職員一人ひとりの企画力を引き出し、この委員会で論議を重ね、全ての職員が組織的に同じ方向に向かって進むことができれば、必ず元気な筑紫野になると確信しています。
 この検討委員会を通して、新たな発想による取り組みを推進し、筑紫野市を元気にすることができるよう、全力で取り組んでまいります。

4月16日(月曜日) 筑紫野市たばこ組合クリーンキャンペーンの活動報告を受けました。

参加者の皆様との記念撮影

 この日は、筑紫野市たばこ組合クリーンキャンペーンとしてたばこ組合の皆様に早朝からJR二日市駅前周辺の清掃活動を行っていただきました。
 高木組合長をはじめ筑紫野市たばこ組合の皆様におかれましては、たばこ販売事業における喫煙マナー向上の啓発活動や未成年者の喫煙防止に対する取り組みだけではなく、このような環境美化の面でもご尽力いただいております。
 その素晴らしい活動に対して心から感謝を申し上げます。

4月15日(日曜日) 市内行政区の自治会総会に出席しました。

あいさつする市長

 市内行政区の自治会総会に出席し、あいさついたしました。各行政区の皆様には、日頃から市政の各般にわたってご理解、ご協力をいただき、心から感謝を申し上げます。
 今後も、各行政区の自治会の皆様と協力しながら、市民生活の向上を目指してまいりたいと考えておりますので引き続きご協力をお願いいたします。
 また、昨年は、皆様から東日本大震災の被災者支援の義援金として、たくさんのご浄財をいただきました。この場をお借りして改めて感謝を申し上げます。

あいさつする市長

<写真上段>
 中原団地総会の様子

<写真下段>
 東新町総会の様子

4月15日(日曜日) 筑紫野市子ども会育成会連絡協議会総会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫野市子ども会育成会連絡協議会総会が生涯学習センターで開催されました。
 中川会長をはじめ筑紫野市子ども会育成会連絡協議会の皆様におかれましては、様々な体験活動、異年齢集団での交流・遊びを促進し、子どもたちが人間関係の大切さを学び、豊かな創造力を育む場の提供を通して、青少年の健全育成に努めていただいており、心から敬意と感謝を申し上げます。
 市としましても、将来を担う子どもたちの健全育成に努めてまいりますので、皆様のより一層のご協力をお願いいたします。

4月14日(土曜日) 第30回若中クラブ通常総会に出席しました。

あいさつする市長

 平成24年度第30回若中クラブ通常総会が若葉中原公民館で行われました。
 増田会長はじめ若中クラブの皆様には、地域における健康や生きがい、そして明るいまちづくりに努めていただき、心から敬意と感謝を申し上げます。本市におきましても、「誰でもが生きがいを持って安心して暮らせるまち」を掲げ、自分らしく、誇りをもって生活を送ることができるよう様々な施策を推進していまいります。今後とも若中クラブの活動を通じて、ゆとり、うるおい、やすらぎに満ちた心豊かな社会づくりに努めていただきますようお願い申し上げます。

4月13日(金曜日) 筑紫野市商工会青年部第41回通常総会に出席しました。

筑紫野市商工会青年部通常総会の様子

 筑紫野市商工会の青年部第41回通常総会が市内の会場で行われました。
 商工会青年部の皆様は、地域経済の中心的担い手として、若い力と創造力を結集し、組織の強化や若手経営者の育成など様々な取り組みを展開されています。
 矢ケ部青年部長をはじめ商工会青年部の皆様には、今後も若きリーダーとして地域商工業の振興のために大いに活躍されることを期待いたします。

4月13日(金曜日) ごみ減量推進連絡協議会総会に出席しました。

あいさつする市長

 平成24年度筑紫野市ごみ減量推進連絡協議会の総会が生涯学習センターで行われました。
 同協議会では、ごみ減量啓発チラシの作成、春と秋のフリーマーケットの開催、レジ袋削減のためのマイバッグ無料配布キャンペーンなど、ごみ減量に関する様々な取り組みを行っていただいております。協議会の賛同団体である市民団体、事業者団体、事業所、官公庁の皆様に心からお礼を申し上げます。
 また、2月17日に開催した移動市長室では、協議会幹事の皆様から3Rなどの取り組みを詳細にご説明いただき、私自身が改めてごみ減量推進への理解を深めることができました。重ねてお礼を申し上げます。

4月13日(金曜日) 筑紫保護区保護司会筑紫野支部総会に出席しました。

あいさつする市長

 筑紫保護区保護司会筑紫野支部総会が市内の会場で開催されました。
 保護司の皆様には、日頃から社会奉仕の精神のもと、犯罪や非行からの更生と社会復帰を助け、犯罪のない明るい社会づくりに貢献していただいております。犯罪や非行を防止するためには、更生に向けた適切な指導や支援を行うことが重要になってきます。この役割を担っておられる保護司の皆様の情熱と正義感、そして責任感溢れる真摯な姿勢に対し敬意を表するとともに、今後とも市民の安全・安心な生活のためにご協力いただきますようお願い申し上げます。

4月13日(金曜日) ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会の優勝報告を受けました。

尾西桜ちゃんと市長

 市内在住の尾西桜ちゃんが、平成24年度ジュニアクイーンズカップ・レスリング選手権大会の小学1・2年生の部19キログラム級で優勝し、その報告のためにご両親と一緒に市役所を訪問されました。
 桜ちゃんは、これまでにも様々な大会で優秀な成績を残されており、5月に開催される九州少年少女レスリング選手権大会にも出場されます。この大会は全国少年少女レスリング選手権大会選考会も兼ねているとのことです。桜ちゃん、次もうれしい報告に来てくれることを楽しみにしています。がんばってください。

4月12日(木曜日)、13日(金曜日) 市内幼稚園の入園式に出席しました。

筑紫野中央幼稚園の入園式

 市内の幼稚園(筑紫野中央幼稚園、山家幼稚園)の入園式に出席しました。
 幼稚園生活というはじめての集団生活が始まることで、子どもたちはこれまでにないたくさんの経験を積みはじめることになります。
 保護者の皆様には、子どもたちが一日も早く幼稚園に慣れ、楽しい幼稚園生活を送ることができるように温かく見守っていただきたいと思います。

山家幼稚園の入園式

 子どもたちの持つ素晴らしい可能性が、幼稚園教育で大きく伸びることを心から願っております。この度のご入園まことにおめでとうございます。

<写真上段>
 4月12日(木曜日) 筑紫野中央幼稚園入園式


<写真下段>
 4月13日(金曜日) 山家幼稚園入園式

4月11日(水曜日) 旭町・東町新1年生を祝う会に出席しました。

旭町・東町新1年生を祝う会の様子

 旭町と東町の新小学1年生を祝う会が旭東公民館で開かれました。
 このようなお祝いの会を通して、地域全体で子どもたちを見守り、大切に育てていこうと取り組まれている旭町と東町の両区長をはじめ関係役員の皆様に心から感謝いたします。
 子どもたちの健やかな成長を心から願っております。この度のご入学まことにおめでとうございます。

旭町・東町新1年生を祝う会の様子

4月10日(火曜日)、11日(水曜日) 市立小・中学校の入学式に出席しました。

二日市中学校入学式の様子

 二日市中学校と原田小学校の入学式に出席しました。新たな学校生活の始まりとなる入学式で、子どもたちの期待と希望そしてさわやかな緊張感を感じ、子どもたちの成長を心から願うひと時となりました。
 小学校と中学校は、基礎学力の定着や人間性の形成といったこれからの長い人生の基礎をつくる最も重要な時期でもあります。
 今後も教育委員会との綿密な連携によって、子どもたちのためのよりよい教育環境づくりに全力で取り組んでまいります。

原田小学校入学式の様子

 新入学児童・生徒の皆さんにとって、新しい学校生活が人生の中で最も意義あるものとなりますことを心から願っております。保護者の皆様、お子さまのご入学まことにおめでとうございます。

<写真上段>
 二日市中学校入学式の様子


<写真下段>
 原田小学校入学式の様子

4月9日(月曜日) 生涯学習センター自主学習グループ連絡会総会に出席しました。

総会であいさつする市長

 生涯学習センター自主学習グループ連絡会の総会が生涯学習センターで開催されました。
 自主学習グループ連絡会は、学習グループ間の連絡提携によって学びの楽しさをつたえる役割を担っており、生涯学習の充実発展とともに、住みよい地域づくりに寄与することを目的として活動されております。
 本年10月に開催される生涯学習フェスティバルにおいても、自主学習グループのみなさまと共に市制施行40周年のフェスティバルを大いに盛り上げることができることを期待しております。

4月9日(月曜日) 女性大学講座開講式に出席しました。

女性大学講座開校式であいさつする市長

 筑紫野市女性大学講座の開講式が生涯学習センターで行われました。
 女性大学講座は当市の市制施行と同じく40周年という記念すべき年を迎えられました。今まで女性大学講座を支えてこられた皆様方に深く敬意を表するとともに今後益々のご発展をお祈りいたします。
 受講生の皆様には、この魅力的で個性あふれる女性大学講座で学びや素晴らしい出会いを体験され、ぜひ「未来に向けて誇れる筑紫野市」づくりの力となっていただければ幸いです。

4月8日(日曜日) ちくし野をめぐる市民劇「筑紫野ロマン飛行」が上演されました。

市民劇に出演中の市長の様子

 ちくし野をめぐる市民劇「筑紫野ロマン飛行」が文化会館の大ホールで上演されました。
 この劇は、文化会館と筑紫野市制40周年「筑紫野ロマン飛行」実行委員会が主催したもので、公募で集まった市民や地域の団体などから100人を越える出演者をはじめ、衣装や小道具も市民の手作りというものです。
 半年間という長期間の練習の成果が発揮され、市の魅力や親子の絆の大切さを感じることができる素晴らしい劇となりました。

出演者全員での合唱の様子

 この日の2回目の上演となった夜の部(18:00開演)には、私自身も吉田松陰役として出演させていただくという大変貴重な体験をさせていただきました。
 出演者ならびに関係者の皆様に多大なるご支援とご協力をいただいたことに心から感謝を申し上げます。

4月8日(日曜日) 太宰府市制施行30周年記念式典に出席しました。

太宰府市制施行30周年記念式典の様子

 太宰府市市制施行30周年記念式典が太宰府市内の会場で開催されました。
 式典には市民や関係者など約600人が参加し、梅の花に関する万葉歌が披露されるオープニングや記念表彰として名誉市民称号の授与や、ボランティア活動などに取り組んだ個人・団体の特別表彰などが行われました。
 市制施行30周年を迎えられましたことを心からお祝い申し上げるとともに、太宰府市の今後ますますの発展を祈念いたします。

4月7日(土曜日) 下見保育所とさくら保育園の入所・入園式、進級式に出席しました。

下見保育所の入所式、進級式の様子

 下見保育所とさくら保育園を訪問し、入所・入園式、進級式であいさついたしました。
 改めて、入所・入園、進級を迎えられた子どもたちと保護者の皆様に心からお祝い申し上げます。
 子どもたちの元気な笑顔に触れ、子どもたちに誇れる筑紫野市づくりに向けた気持ちを新たにしました。
 次世代を担う子どもたちの健やかな成長を心から願うと共に、引き続き本市の子育て、保育行政にご理解ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

さくら保育園の入園式、進級式の様子

<写真上段>
 下見保育所の入所式、進級式の様子

<写真下段>
 さくら保育園の入園式、進級式の様子

4月6日(金曜日) 平成24年度福岡県中部十市議会議長会総会に出席しました。

平成24年度福岡県中部十市議会議長会総会の様子

 平成24年度福岡県中部十市議会議長会総会が市内の会場で行われました。
 各市議会の議員各位におかれましては、市民の代表として議会活動を通じて市の発展にご尽力いただいていることに心から敬意を表します。
 地域のことは地域で解決するという地域主権の時代を迎え、市議会と行政が一体となって改革に取り組むことが必要不可欠となっております。
 引き続き様々な行政課題の解決に向けて論議を深められ、その成果を市のよりよい発展のために発揮いただきますようお願い申し上げます。

4月6日(金曜日) 福岡県立太宰府特別支援学校開校式に出席しました。

福岡県立太宰府特別支援学校開校式の様子

 太宰府市の大佐野に完成した福岡県立太宰府特別支援学校の開校式に出席しました。
 同学校は、小・中学部段階での教育的ニーズに応じた教育課程、高等部段階での進路ニーズに応じたコース制、福岡県立福岡農業高等学校や地域等との交流及び連携といった教育活動の特色を持っています。
 入学する110名の児童・生徒の皆さんには、整備された快適な環境の中で、のびのびと学んでいただきたいと思います。

4月6日(金曜日) 「赤ちゃんの駅」の開所式を行いました。

「赤ちゃんの駅」の開所式の様子

 市役所庁舎内(正面玄関そば)に、「赤ちゃんの駅」第1号を開設いたしました。
 この「赤ちゃんの駅」は、保護者の方が乳幼児を連れて安心して外出できるようにと、授乳やおむつ替えなどのために気軽に立ち寄ることができる施設として全国的に広がっているものです。
 本市においても平成24年度からこの事業に取り組むこととしており、公共施設の新築・改築の際や、民間の商業施設などに対して積極的に「赤ちゃんの駅」の設置を推進していきます。

「赤ちゃんの駅」開所式の様子と「赤ちゃんの駅」内部の紹介

 赤ちゃんを連れた保護者の皆さんに快適に利用いただける「赤ちゃんの駅」を増やしていくことで、子育て家庭の外出を支援し、社会全体で子育てを応援する意識を育んでいくことができればと考えています。

<動画>
 開所式の様子と「赤ちゃんの駅」の内部紹介
 ※音声が出ます

4月5日(木曜日) 春の交通安全県民運動出発式に出席しました。

春の交通安全県民運動出発式の様子

 春の交通安全県民運動出発式が春日公園の駐車場で行われました。
 この出発式は、多発する筑紫地区の交通事故を抑止するための啓発活動の一環として筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会が開催したもので、筑紫野警察署長や筑紫地区4市1町の首長および担当者のほか、各種関係団体などが参加しました。

春の交通安全県民運動出発式の様子

 今回の春の交通安全県民運動の基本は「子どもと高齢者の交通事故防止」であり、「飲酒運転の撲滅」、「自転車の安全利用の促進」、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」を運動の重点に掲げています。
 春は新しい環境に慣れていない新入学児童をはじめ、多くの人にとって危険が多い時期です。交通ルールやマナーに対する知識と理解を深め、交通事故の予防・防止にご協力をお願いします。

4月2日(月曜日) 筑紫野市公立学校教職員赴任式に出席しました。

紫野市公立学校教職員赴任式の様子

 筑紫野市公立学校教職員赴任式において、平成24年度から新たに本市で学校教育に携わっていただく先生方を迎えることができました。
 本年度の施政方針で重点施策として掲げている、知・徳・体が三位一体となった教育改革の実現には、本市の抱える様々な教育課題を解決するとともに、子どもたちの「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」を目指し、調和のとれた育成を図る必要があります。  
 子どもたちのため、先生方の指導力と専門性を発揮していただき、学校教育の充実・発展にご尽力いただきますようお願い申し上げます。

4月2日(月曜日) 市職員の人事異動および新規採用に伴う辞令交付式を行いました。

人事異動対象職員(係長級以上)辞令交付式の様子

 人事異動対象職員(係長級以上)および新規採用職員(23人)に対して辞令を交付し、訓示を行いました。
 筑紫野市が持つ可能性を引き出し、さらなる活性化を図るためには、少子高齢化社会における新たな市民ニーズへの対応、財政が逼迫していくなかでの職員一人ひとりにおける経営感覚の醸成、市民との協働による自助・共助・公助の推進など、時代に対応した考え方を身につけた職員が必要不可欠です。

新規採用職員辞令交付式の様子

 これから新たな職場に向かう職員と新規採用職員のみなさんには、行政のプロとして一日も早く仕事を理解し、市民サービス向上のための自己研鑽を忘れることなく続け、素晴らしい職員へと成長することを大いに期待いたします。

41日(日曜日) 筑紫野市吟剣詩舞道連盟創立40周年記念式典に出席しました。

 
あいさつをする市長

 筑紫野市吟剣詩舞道連盟創立40周年記念式典が生涯学習センターで開催されました。
 同連盟の皆さまは、日頃から日本の伝統芸道である吟詠・剣舞・詩舞の研鑽を積まれており、更には「筑紫野市文化協会文化祭」や「ふくおか県民文化祭2ブロック芸術の祭典」に参加されるなど、広く文化・芸術の普及に努められています。
 本市の文化芸術の振興への多大なるご貢献に敬意を表しますと共に、今後とも市民文化の新たな創造に向けてご指導、お力添えをいただきますようお願い申し上げます。


 

41日(日曜日) 筑紫野市消防団平成24年度新入団員および階級異動者辞令交付式に出席しました。

 
あいさつをする市長

 消防団新入団員および階級異動者の辞令交付式が消防本部で行われました。
 地域に根ざし、地域社会の隅々まで精通する消防団員に対する市民の皆さんの期待と信頼は大きなものとなっています。
 22人の新入団員の皆様には、平山団長の指揮、先輩方の指導の下、消防団員として使命感を持って、市民の生命、財産を守るために一致団結して任務を遂行していただくとともに、自分自身の安全に細心の注意を払いながら活動されるようお願い申し上げます。


このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス