ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成23年6月)
更新日: 2011年7月5日

市長の動き(平成23年6月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

6月30日(木曜日) 筑紫野市健康づくり推進協議会に出席しました。

健康づくり推進協議会の様子

 筑紫野市健康づくり推進協議会を生涯学習センターで開催しました。
 この協議会は、市民の健康づくりを積極的に推進することを目的として、福岡県筑紫保健福祉環境事務所職員、医療従事者、関係団体代表、市の職員により構成されています。平成23年度の第1回目となる今回の協議会では、17人の委員に委嘱書を交付した後、平成22年度の事業報告と平成23年度の事業計画などについて協議しました。
 委員の皆様の貴重なご意見をいただきながら、引き続き市民の健康づくりに取り組んでまいります。

6月29日(水曜日) 筑紫野市退職者の会定期総会に出席しました。

筑紫野市退職者の会定期総会の様子

 筑紫野市職員退職者の会定期総会が大野城市内の会場で開催されました。 
 退職者の会の皆様には、日頃から会員相互の親睦、福祉の増進に努められており、市政全般にわたるご理解とご協力に心から厚くお礼申し上げます。
 今後とも、現役時代に培われました市政に関する豊富な経験と知識をもって筑紫野市の発展にお力添えいただきますようお願い申し上げます。

6月28日(火曜日) 筑紫野市議会6月定例会を閉会しました。

筑紫野市議会6月定例会の様子

 6月6日に開会した市議会6月定例会では、平成23年度一般会計予算をはじめ、人事案件4件、二日市小学校校舎建築工事の工事請負契約の締結2件、合計7件の議案をご可決いただき、6月28日に閉会しました。
 なお、議案の提案理由の要約は、「市長のトピックス」ページ(以下のリンクからアクセスできます。)の「平成23年第3回(6月)筑紫野市議会定例会提出議案について」をご参照下さい。

 「市長のトピックス」ページへのリンク

6月27日(月曜日) 都市計画審議会委員に委嘱書を交付しました。

委嘱書交付の様子

 平成23年度の第1回目の都市計画審議会を市役所で開催し、15人の委員の皆様に委嘱書を交付しました。
 都市計画審議会は、本市の都市計画に関する重要事項の決定や問題解決に先立ち、専門的な見解を学識経験者などに尋ねることを目的としており、委員は学識経験者、市議会議員、関係行政機関の職員、市の住民によって構成されています。

都市計画審議会であいさつする市長

 今回委嘱した委員の皆様には、平成23年6月から25年5月までの2年間、専門的な立場や地域の視点からの様々なご意見やご提言をいただきます。
 本市が有する緑豊かな自然と、交通の利便性を活かし、「住みやすいまち」、「住み続けたいまち」の実現に向けた都市計画に取り組んでまいりますので、ご協力をお願いします。

6月27日(月曜日) 自衛官募集相談員に委嘱書を交付しました。

委嘱書交付の様子

 自衛官募集相談員の委嘱書交付式が市役所で行われました。
 自衛官募集相談員は、自衛官の募集に関する相談や情報の提供などを行う市民と自衛隊とのパイプ役であり、自衛隊に関心を持ち、地域の実情に精通した信望のある市民を自衛隊の地方協力本部長と市長が連名で委嘱するものです。

記念写真撮影

 今回委嘱した4人の相談員は次のとおりで、任期は平成23年7月1日から平成25年6月30日までです。

   ・ 萩尾健児さん(写真下段の左から2番目)
   ・ 岩下佳靖さん (都合により交付式欠席)
   ・ 権藤美喜子さん(写真下段の左から1番目)
   ・ 土屋裕之さん(写真下段の右から1番目)

 相談員の皆様の活動により、これからの自衛隊を担う自衛官が一人でも多く生まれることを期待いたします。

6月26日(日曜日) 高尾川・鷺田川改修促進期成会総会に出席しました。

高尾川・鷺田川改修促進期成会総会であいさつする市長

 高尾川・鷺田川改修促進期成会総会が二日市コミュニティセンターで開催されました。
 期成会では、高尾川・鷺田川における豪雨被害状況から問題点や対策を整理し、報告会の開催などを通して地域住民の皆様と情報の共有を行われています。
 地域の絆を強固なものとし、河川改修の早期実現を目指された期成会の皆様の取り組みに対して深く敬意を表します。
 本市も、国や県の関係行政機関と連携して、抜本的な河川改修の早期実現に向けて引き続き最大限取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

6月26日(日曜日) 太宰府消防署新庁舎・高機能消防指令センター落成式に出席しました。

落成式であいさつする市長

 太宰府消防署新庁舎・高機能消防指令センター落成式が新庁舎内で開催されました。
 太宰府消防署は、昭和45年の筑紫野町太宰府町消防組合発足時に筑紫南消防署太宰府分署として現在の場所に建設されてから約40年にわたり、太宰府における防災の要としての役割を果たしてまいりました。
 この度の新庁舎は、庁舎老朽化への対応だけでなく、職員の増加や車両の増加・大型化が進んだことで不足していた空間の確保も実現しており、庁舎内には「高機能消防指令センター」が整備されています。

太宰府消防署新庁舎の外観

 この新しい太宰府消防署及び高機能消防指令センターが地域の救急・防災の中枢として高い能力を発揮し、市民の皆さまの安全・安心な暮らしを実現することができるよう、大いに期待します。

6月19日(日曜日) ちくしの少年少女合唱団第1回定期演奏会に出席しました。

第1回定期演奏会の様子

 ちくしの少年少女合唱団の第1回定期演奏会が文化会館で開催されました。この合唱団は青少年が音楽を通じて交流できる場をつくり、歌声で文化の芽を筑紫野市に根付かせたいとの思いから、市内在住のピアノ教師である広沢薫さんが2004年に設立し、毎週土曜日の練習やコンサートへの出演等、8年間にわたり積極的に活動されています。
 音楽を通して本市の文化活動の発展にご尽力いただいている広沢代表ほか合唱団の関係者の皆様に深く感謝するとともに、第1回定期演奏会の開催を心からお祝い申し上げます。

第1回定期演奏会の様子

 「絵本から飛び出した ゆかいな音楽」と題された今回の演奏会は、ミュージカルなども含む3部構成となっており、小学2年生から大学生までの団員のみなさんが、心と歌声を一つにして素晴らしいステージを作り出し、約500人の来場者に大きな感動を与えていました。
 今後も合唱団の素晴らしい歌声が多くの市民の耳に届き、感動の輪が広がることを期待します。

6月18日(土曜日) 一般社団法人筑紫野市体育協会報告会に出席しました。

報告会の様子

 筑紫野市体育協会の報告会が大観荘で開催されました。体育協会の皆様には、日頃から各種のスポーツを通じて本市のスポーツの振興にご尽力いただき深く感謝申し上げます。
 報告会では、22年度の決算、事業報告、23年度の予算、事業予定について協議が行われました。
 協会は昨年10月から一般社団法人となり、今年度4月から指定管理者として本市のスポーツ施設の管理運営をお願いしております。
 今後とも、スポーツを通じたまちづくり、健康づくりの推進にご協力いただきますようお願いします。

6月18日(土曜日) 筑紫野市自衛隊父兄会総会に出席しました。

自衛隊父兄会総会であいさつする市長

 文化会館で筑紫野市自衛隊父兄会の総会が開催されました。
 去る3月11日に発生した東日本大震災は、死者・行方不明者が2万人以上という甚大な被害をもたらし、今もなお懸命な復旧作業が続けられており、被災地には現在も6万人以上の自衛隊員が派遣されています。

自衛隊父兄会の皆様との記念撮影の様子

 困難な状況でも己を顧みず全力で復旧活動に従事いただいている自衛隊員のみなさんの勇気と真摯な姿勢に深く敬意と感謝の意を表するとともに、その活動を支える父兄会の皆様にも心から感謝を申し上げます。
 本市といたしましても、今回の東日本大震災を教訓として、災害に強い安全安心のまちづくりに取り組んでまいります。

6月13日(月曜日) JICA海外ボランティアの出発前に表敬訪問を受けました。

原竹さんと会話する市長

 国際協力機構(JICA)のシニアボランティアとして海外に派遣される筑紫野市原田の原竹澄江さんが出発前の表敬訪問のため来庁されました。
 原竹さんは、平成23年7月から25年7月までの2年間、ネパールの首都カトマンズの日本語学校の教師として、日本語教育のカリキュラム作りや、日本とネパールの文化交流に関連した行事の企画運営にたずさわられるとのことです。

原竹さんと握手する市長

 慣れない土地での長期間の生活には、様々な苦労や驚き、そして喜びが待ち受けていることでしょう。
現地での貴重な体験から、国際感覚と広い視野を身につけられることを期待いたします。
 2年後の原竹さんの元気なお姿と、貴重な体験の数々を聞ける日が来るのを楽しみにしております。
 くれぐれもお体に気をつけて頑張ってきてください。

6月13日(月曜日) 筑紫地区建設コンサルタンツ協会から車いすの寄付を受けました。

筑紫地区建設コンサルタンツ協会の皆様と市長

 一般社団法人筑紫地区建設コンサルタンツ協会の会長ほか関係者の皆様が市役所を訪問され、車いす1台を寄付していただきました。
 協会からは平成15年度以降、毎年車いすやベビーラックを寄付していただいており、市役所をはじめ市内関連施設に設置し、市民の皆様に活用いただいております。今回いただいた車いすは、生活福祉課に設置させていただきました。
 協会の皆様のご好意に心から感謝申し上げます。

6月12日(日曜日) 福岡県剣道連盟筑紫支部 中学校・高等学校剣道大会に出席しました。

剣道大会開会式の様子

 農業者トレーニングセンターで、福岡県剣道連盟筑紫支部の第16回中学校・第26回高等学校剣道大会が開催されました。
 開会式での子どもたちの真剣な眼差しから、日々厳しい稽古に励み、剣の技や体力だけでなく、強い精神力を身につけている事を感じ取ることができました。
 大会運営関係者の皆様には、日頃から剣道を通じて青少年の健全育成、市民の健康・体力づくりにご尽力いただき厚くお礼を申し上げます。

6月11日(土曜日) ちくしの福祉村 第1回公開講座に出席しました。

公開講座であいさつする市長

 カミーリヤで平成23年度「ちくしの福祉村」の第1回公開講座が開催されました。
 ちくしの福祉村は、地域のつながりや支えあいを大切にし「共に生きる街づくり」の推進を目指して活動している市民団体です。
 ちくしの福祉村運営委員会の皆様には、日頃から福祉行政の推進にご理解、ご協力をいただき、心から厚くお礼申し上げます。

公開講座の様子

 すべての市民が住みなれた地域で、自分らしく暮らし続け、安全で安心した生活を送ることができるようにするためにも、福祉に関する理解を地域全体で深め、共に支え合うしくみ、地域づくりを進めることはとても大切です。
 この「ちくしの福祉村」公開講座を通して、共に支え合うという福祉の心が、皆様の地域で一層広がっていくことを心から願っております。

6月8日(水曜日) 第81回全国市長会議に出席しました。

第81回全国市長会議(通常総会)の様子

 全国市長会議の通常総会が東京都内で開催されました。総会では、会長のあいさつに続いて東北市長会会長である奥山仙台市長が、東日本大震災の被災地の市長を代表して各地からの支援に対する感謝と、復興に向けた力強い決意を述べられました。
 その後、全国各支部から提出された87議案の承認を行い、また、被災者の生活再建や地域産業の復興支援に加え、福島第1原発事故の早期収束、風評被害対策などを国に求める緊急決議等を採択しました。
 基礎自治体の長として、市民の生活と生命に深く関わる仕事をしていることを改めて強く感じた会議でした。

6月5日(日曜日) 母子寡婦福祉会総会に出席しました。

母子寡婦福祉会総会の様子

 カミーリヤで筑紫野市母子寡婦福祉会総会が開催されました。
 母子寡婦福祉会は、母子・寡婦家庭の生活の向上、福祉増進を目指して活動されている団体です。
 総会では、平成22年度の活動報告と決算報告、平成23年度の活動計画と予算について協議が行われました。
 今後も研修会や相談会をはじめ、様々なレクリエーション活動など、ひとり親家庭の悩みや不安が解消されるような交流や取り組みを期待いたします。

6月5日(日曜日) 天拝小学校運動会に出席しました。

天拝小学校運動会であいさつする市長

 天拝小学校は、平成14年4月の開校以来、学校と地域が一体となって運動会を開催しており、今年度で10周年を迎えました。
 このような形態での開催は、教職員と保護者だけでなく地域の方々も相互に楽しくふれあう機会となることから、学校教育に対する地域の関心を深めてもらえる大変意義のある運動会のあり方と考えています。
 公務の都合により長時間の観覧はできませんでしたが、参加者の皆様の溢れる笑顔と元気に負けないよう、筑紫野市の明るい未来のため積極的に取り組んでまいります。

6月5日(日曜日) 山家コミュニティ運営協議会設立総会に出席しました。

山家コミュニティ運営協議会設立総会の様子

 山家コミュニティセンターで「山家地区コミュニティ運営協議会」の設立総会が開催されました。協議会の設立に向けご尽力いただきました準備会会長をはじめ、関係者の皆様にに心からお礼を申し上げます。
 この協議会には、山家地区の各自治会や各種団体などを包括した上で、山家地区全体の福祉、防犯、環境、文化、スポーツなどについて活動を行っていただきます。
 山家地区の皆様がお互いに支え合えるような、新しいコミュニティづくりに向けた第一歩となりますことを期待いたします。

6月4日(土曜日) 天拝蛍まつりに出席しました。

天拝蛍まつりの様子

 天拝坂にある東公園で「第5回天拝蛍まつり」が開催されました。天拝坂区には発足から13年になる「天拝蛍の会」という会があり、天拝小学校の子どもたちと地蔵川周辺の清掃や蛍の幼虫の放流などを行い、地域の環境保全に取り組まれています。
 蛍まつりは「天拝蛍の会」が毎年6月に開催されており、地域外から訪れる人も多く、1,000人以上の参加があったそうです。
 このような素晴らしい取り組みを通して、地域活性化と環境保全にご尽力いただいている蛍の会の荒木会長をはじめ会員の皆様に心からお礼を申し上げます。

天拝蛍まつりの様子

 まつりの会場から、そばを流れる地蔵川の川辺には、天拝小学校の4年生などが製作した130個もの「あんどん」が設置され、見物客の足元を優しく照らしていました。
 出席した時間が少々早かったため、残念ながら蛍の姿を確認することはできませんでしたが、見ごろの時間帯(20時から21時ごろ)には、たくさんの蛍を見ることができるそうです
 本市としても、このような自然豊かな筑紫野市の素晴らしさをアピールしていくことができるように、地域の皆様と一緒に取り組んでまいりたいと考えております。

6月1日(水曜日) JR二日市駅で水道週間の街頭啓発を行いました。

JR二日市駅での街頭啓発の様子

 「水道週間」は安全な水の安定供給や災害に強い水道の整備推進を図り、水道事業の発展に資することが目的の全国的行事で、毎年6月1日から7日まで様々な広報活動等が展開されています。
 本市では、市内4箇所(JR二日市駅、西鉄二日市駅・朝倉街道駅、ゆめタウン筑紫野)で水道事業への理解と関心を深めるための啓発チラシが入ったポケットティッシュを配布しました。

啓発チラシ入りティッシュを配布する市長

 本市の水事情は昨年11月末からの少雨の影響で今も厳しい状況が続いています。
 5月にまとまった雨が降ったものの、本市の水供給の約40パーセントを占める福岡地区水道企業団からの18パーセントの送水制限が続いており、本市の節水対策本部も継続中です。
 夏場の渇水時期に向けて、引き続き市民の皆様の「節水」へのご協力をお願いします。

6月1日(水曜日) 行政相談委員の森崎信子さんが「九州管区行政評価局長表彰」を受賞されました。

表彰状を授与される森﨑さん

 本市担当の行政相談委員として総務大臣から委嘱されている森崎信子さんが、平成23年度九州管区行政評価局長表彰を受賞されました。この表彰は、福岡県内の169人の行政相談委員のうち、特に顕著な功績を残された6人が選ばれるものです。
 森崎さんは平成13年度から10年間行政相談委員として精力的に活動されており、今回はその素晴らしい功績が認められて受賞されたものです。まことにおめでとうございます。

行政相談委員の2人と市長

 表彰状の授与の後、行政相談委員の委嘱状の交付も行われました。
 平成23年度と平成24年度の2年間、森崎信子さんと堀内みど里さんが引き続き行政相談委員として活動されます。今後も市民の身近な行政相談窓口として、また行政機関とのパイプ役としてご協力いただきますようお願いします。

森崎さんの正式な漢字表記は「森﨑」ですが環境によっては正常に表示できない可能性があるため「崎」を使用しています。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス