ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長の動き(平成23年5月)
更新日: 2011年6月6日

市長の動き(平成23年5月)

「未来を築く 明日を創る 輝く筑紫野市づくり」 のため、市長として日々活動しています。
 ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

5月29日(日曜日) みかさ台区ワンコインパーティーに参加しました。

ワンコインパーティーであいさつする市長

 みかさ台公民館大ホールでみかさ台区ワンコインパーティーが開催されました。
 このパーティーは今回で9回目であり、住民のふれあいと交流の場となるこのようなつどいを地域で開催されていることは、地域の活性化、よりよいまちづくりに大変意義があるものです。
 開催のためにご尽力いただいた関係者の皆様、まことにありがとうございます。

ワンコインパーティーの様子

 みかさ台区の皆様に準備していただいた美味しい手料理を食べながら、地域の皆様との交流を深めることができ、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

5月29日(日曜日) 竹峰書藝大院JR二日市駅書道展授賞式に出席しました。

書道展授賞式の様子

 本市も後援させていただいている、竹峰書藝大院JR二日市駅書道展授賞式が行われ、優秀な作品に市長賞をはじめ、賞状が交付されました。
 竹峰書藝大院の皆様には、日頃から書道を通じて文化芸術の振興にご尽力をいただき心から厚くお礼申し上げます。
 書道展に素晴らしい書を出品し受賞された皆様、まことにおめでとうございました。

5月27日(金曜日) 筑紫野市シルバー人材センター通常総会に出席しました。

シルバー人材センター通常総会の様子

 文化会館にて筑紫野市シルバー人材センター通常総会が開催されました。
 高齢者が健康で生き生きと働くことができる機会を創り出していただいているシルバー人材センターの活動に対して心から感謝申し上げます。
 少子高齢化が急速に進む中、高齢者の皆様に積極的に活動いただくことが、これからの地域の活性化を支える大切な力となります。
 今後とも高齢者の健康維持や社会参画の推進にご尽力いただき、地域の活性化につながる活動にご協力いただきますようお願いします。

5月26日(木曜日) 九州少年少女レスリング選手権大会の優勝報告を受けました。

優勝報告を受ける市長

 市内在住の尾西大河くんと尾西桜ちゃん兄妹が九州少年少女レスリング選手権大会で優勝され、その報告のためにお母様と一緒に市役所を訪問されました。
 2人は昨年度も兄妹そろって九州大会優勝という素晴らしい成績を残されています。兄妹そろっての2年連続優勝、本当におめでとうございます。

尾西兄妹と市長との記念写真

 筑紫野市にこのような素晴らしい才能を持った子どもたちがいることを誇りに思います。
 大河くんは、7月29日から新潟市で開催される少年少女レスリングの全国大会にも出場されます。大河くん、全国大会も優勝目指してがんばって下さい。

5月26日(木曜日) 東日本大震災被災地支援職員派遣(第2次派遣)出発式を行いました。

出発式の様子

 前回の第1次派遣10名に続き、今回は12名の派遣を予定しており、被災地からの要請に応じて順次派遣を行います。
 被災者の力になりたいと自ら率先して被災地での支援活動を希望する職員がいることを誇りに思います。
 被災地の復興に向けた力となり、被災者の皆様の支えとなるよう精一杯働き、そして無事に帰庁するよう祈っております。

5月23日(月曜日) 筑紫野市老人クラブ連合会総会に出席しました。

総会であいさつする市長

 カミーリヤにて筑紫野市老人クラブ連合会総会が開催されました。
 老人クラブ連合会の皆様がこれまでの人生で培われた豊富な経験や知識を生かし、生きがい活動や健康づくりだけでなく、子どもたちの見守り活動、環境整備活動など地域のニーズに応じた様々な活動を積極的に展開され、地域社会の活性化に取り組まれていることに深く敬意を表します。
 今後とも、筑紫野市老人クラブ連合会の地域でのご活躍に期待いたします。

5月22日(日曜日) 夢むらさきクロスロード400実行委員会定期総会に出席しました。

総会であいさつする市長

 生涯学習センターにて、長崎街道開通400年と筑紫野市制施行40周年の祝賀行事を行う「夢むらさきクロスロード400」の実行委員会定期総会が開催されました。
 この事業は、歴史と文化の薫り高いまちづくりを進めていくための文化事業で、実行委員の皆様には大変なご尽力をいただき心から感謝申し上げます。
 この事業が、文化振興条例に掲げる「文化の風が吹くまち ちくしの」への大きな一歩となりますよう、今後ともご協力をお願いします。

5月22日(日曜日) 筑紫野市ミドルエイジソフトバレーボール大会に出席しました。

市長あいさつの様子

 農業者トレーニングセンターにて第4回筑紫野市ミドルエイジソフトバレーボール大会が開催されました。
 バレーボール協会、ソフトバレーボール協会の皆様には、日頃から、市民の健康・体力づくりや本市の生涯スポーツの振興にご尽力いただき、また、気軽にスポーツを楽しむことができる機会を提供していただいていることに感謝申し上げます。

開会式の様子

 参加者の皆さんの元気な姿、明るい笑顔に接し、私自身が元気をいただきました。
 今後もソフトバレーボールを通じて健康増進を図っていただくことで、元気な街づくりにご協力いただきますようお願いします。

5月21日(土曜日) NPO法人ちくしっ子ネットワーク通常総会に出席しました。

ちくしっ子ネットワークの通常総会で挨拶する市長

 生涯学習センターにて、NPO法人ちくしっ子ネットワークの通常総会が開催されました。
 ちくしっ子ネットワークは保護者会を中心とする組織で、放課後児童クラブ(学童保育所)の運営を受託いただいており、日ごろからの熱心な活動に対して心から感謝申し上げます。
 近年の核家族化やライフスタイルの変化に伴い、放課後児童クラブへの入所希望者が地域によって増加しており、必要性が高まっている状況ですので、今後とも協働のパートナーとして、子どもたちの健やかな成長のためにご協力いただきますようお願いします。

5月21日(土曜日) なかなかよか健康チャレンジ事業発会式に出席しました。

発会式であいさつする市長

 カミーリヤにて平成23年度「なかなかよか健康チャレンジ事業」発会式が開催されました。
 今年で10年目となるこの事業では、ウォーキングや健康講座などが企画されています。
 ウォーキングは参加者各自が目標達成ポイントの設定を行ない、「10分」を「1ポイント」として記録し、目標にチャレンジする健康づくりの企画となっており、5月下旬から11月まで実施しています。

「なかなかよか健康チャレンジ事業」発会式の様子

 34名のボランティアスタッフ「なかよかスタッフ」と共に参加者が目標ポイントに向けて健康増進に励んでいただくことが、「健康なまちづくり」の大きな推進力となります。11月までの約半年間、本事業を大いに盛り上げていただきますようお願いします。

5月19日(木曜日)、20日(金曜日) 第108回九州市長会総会に出席しました。

第108回九州市長会総会の様子

 長崎県壱岐市で「第108回 九州市長会総会」が開催されました。(九州・沖縄の118市のうち107市が参加)
 総会では、会務報告、平成22年度決算と平成23年度予算、各県から提出された議案の審議を行いました。
 東日本大震災後初めてとなる今回の総会では、国の指針で原発から半径10キロメートル以内に定められている防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲(EPZ)の拡大などを国に求める緊急決議が採択されました。
 また、海外の観光客が安心して九州を訪れることができるよう、国に適切な安全情報の発信等を求める決議も採択されました。

意見交換会の様子

 総会の翌日の20日(金曜日)には、意見交換会が開催されました。
 八代市の福島和敏市長から八代市が取り組まれている行財政改革の「市民事業仕分け」についての報告があり、その後各市で現在取り組んでいる行財政改革について、活発な意見交換が行われました。
 原発の問題をはじめ、様々な分野で九州が一つとなって行動していくためにも、この九州市長会の持つ役割は非常に大きいと感じました。

5月17日(火曜日) 環境衛生推進員会議に出席し、推進員の委嘱を行いました。

環境衛生推進員会議の様子

 生涯学習センターにて環境衛生推進員会議が開催され、各行政区ごとの環境衛生推進員の委嘱を行いました。
 推進員の皆様には、地域住民と共に環境衛生を積極的に推進し、市民の環境衛生知識の向上と実践のために引き続きご尽力いただきます。

委嘱の様子

 本市では、近年の環境問題に対応し、本市のさまざまな環境施策を総合的に推進するため、平成23年3月に「第二次筑紫野市環境基本計画」を策定しました。
 この計画が目指す環境像「みんなでつなぐ美しい水と緑、そして子どもたちの笑顔。」の実現には、環境衛生推進員の皆様の地域の指導者として、また、市民と行政のパイプ役としての働きが必要不可欠となります。
 今後とも本市の良好な環境の維持保全のためにご協力いただきますようお願いします。

5月17日(火曜日) 食生活改善推進会研修会に出席しました。

食生活改善推進会研修会の様子

 カミーリヤにて食生活改善推進会研修会が開催されました。
 筑紫野市食生活改善推進会は、日頃から地域における健康づくり活動に積極的に取り組まれ、昨年の10月に「栄養関係功労者厚生労働大臣表彰」を受賞されるなど、その熱心な活動に深く感謝を申し上げます。
 今後も食生活改善推進会の皆様が中心となり、健康づくり活動を筑紫野市全体に普及いただき、市民の健康づくりのために引き続きご協力をお願いします。

5月16日(月曜日) 筑紫野警察署所管組織の総会等に出席しました。

筑紫地区少年センター運営委員会総会の様子

 生涯学習センターにおいて、安全安心のまちづくりを推進する筑紫野警察署所管組織の会議(「筑紫地区少年センター運営委員会総会」、「筑紫地区防犯協会定期総会」、「安全安心まちづくり推進協議会役員会」)が開催されました。

筑紫地区防犯協会定期総会の様子

 それぞれの会議には役員である筑紫地区の首長をはじめ、筑紫野警察署長や関連組織の代表者が参加し、平成22年度の事業報告と決算報告、平成23年度の事業計画と予算について協議を行いました。

5月14日(土曜日) 小地区公民館連絡協議会・防犯組合連合会総会に出席しました。

総会の様子

 生涯学習センターにおいて、筑紫野市小地区公民館連絡協議会ならびに筑紫野市防犯組合連合会の総会が開催されました。
 当市の87箇所の小地区公民館は、社会教育の中核として、あらゆる世代の市民にとって一番身近な社会教育施設として、なくてはならない存在です。
 また、市の防犯・防災においても、公民館を拠点とした防犯・防災活動の取組みが、重要になっています。
 自分たちの住むまちは自分たちで守り育てていくという意識づくりに向けて引き続きご協力いただきますようお願いします。

5月14日(土曜日) ちくしのフォーラム総会に出席しました。

総会の様子

 生涯学習センターにおいて「ちくしのフォーラム」の総会が開催されました。
 「ちくしのフォーラム」は男女共同参画社会の実現をめざして、筑紫野市で活動している団体・個人のネットワークです。
 「ちくしのフォーラム」の積極的な活動は、男女共同参画による豊かな筑紫野市づくりの大きな推進力です。
 本年度から実施する「市民協働モデル事業」では、各分野での男女共同参画社会づくりの推進を担っていただきます。市民との協働による住んでよかったと思える街づくりに向けて引き続きご協力をお願いします。

5月14日(土曜日) 筑紫南コミュニティセンター図書室「はらっぱの会」総会に出席しました。

「はらっぱの会」総会の様子

 筑紫南コミュニティセンターにおいて、「はらっぱの会」の総会が開催されました。
 筑紫南コミュニティセンターの図書室は、平成20年度から市民協働事業として地域ボランティア団体である「はらっぱの会」に図書室の運営を委託しております。

筑紫南コミュニティセンター図書室

 昨年の実績は、開館日数が248日、図書室の利用者が延べ16,013人、本の貸出冊数は21,942冊と、大変多くの方が利用されています。
 本の貸し出し以外にも折り紙教室やお話し会など多くの催し物を実施しており、市民協働のまちづくりの大きな力になっています。
 今後も引き続き図書室の運営や市民の学習活動の支援にご協力いただきますようお願いします。

5月10日(火曜日)から5月16日(月曜日) 市内関係施設の視察を行いました。

二日市中学校視察の様子

 市内施設の現状と課題を把握し、これからの市政に生かすための視察を行いました。

<5月10日(火曜日)視察先>
子育て支援センター、下見保育所、カミーリヤ、ほほえみタウン、常松浄水場、上下水道部事務所
<5月11日(水曜日)視察先>
市民図書館、生涯学習センター、ふるさと館ちくしの、文化振興課文化財担当事務所、勤労青少年ホーム、農業者トレーニングセンター、五郎山古墳館、筑紫駅西口区画整理事務所

学校給食調理場視察の様子

<5月13日(金曜日)視察先>
二日市中学校(写真上段)、二日市東小学校、文化会館、学校給食共同調理場(写真下段)
<5月16日(月曜日)視察先>
二日市コミュニティセンター、筑紫多目的集会施設、下見隣保館、山家コミュニティセンター、山家幼稚園

 各施設における運営・管理・業務の現状と課題を、直接「見て」、「聞いて」確認することができ、非常に有意義な視察となりました。

5月9日(月曜日) 第120回福岡県市長会総会に出席しました。

第120回福岡県市長会総会の様子

 福岡国際会議場にて福岡県市長会総会が開催されました。
 総会では、会務報告や平成22年度決算・平成23年度予算のほか、各市から提出された議案の審議を行いました。
 また、今回は東日本大震災の発生に伴う緊急決議として、原子力発電所や原子力関連施設の安全確保に関する決議と、震災に関する正確で十分な情報の発信、外国政府への適切な対応などを求める決議が採択されました。

市長集合写真撮影の様子

 総会終了後には、「風水害時における首長の必須ノウハウ -避難勧告・指示の判断を中心に-」と題する研修会や、小川洋福岡県知事との懇談会も開催されました。

5月9日(月曜日) 地域婦人会総会・女性問題講座開校式に出席しました。

地域婦人会総会・女性問題講座開校式の様子

 地域婦人会総会と女性問題講座の開講式が生涯学習センターで行われました。
 地域婦人会の皆様には永年にわたって筑紫野市女性大学講座の運営をはじめ人権、環境、平和そして福祉、教育と様々な分野で活動され、生涯学習社会、男女共同参画社会の実現に先駆的な役割を果たしていただいており、心より感謝申し上げます。

地域婦人会総会・女性問題講座開校式の様子

 女性問題講座については、今年度で32年目を迎え、今日まで多くの受講生がこの講座で人権問題を学ばれ、地域社会のリーダーとしてご活躍いただいています。
 受講生の皆様には、実践を通して人権問題についての理解を深め、人権文化の構築に向けた力となっていただけることを大いに期待いたします。

5月8日(日曜日) スポーツフェスタちくしの第15回宝満つばきマラソン大会に出席しました。

スターターピストルを鳴らす市長

 阿志岐の筑紫野市陸上競技場において「第15回 宝満つばきマラソン大会」が開催されました。
 この大会は、市民と市内通勤・通学者を対象に生涯スポーツの普及・振興を目的として開催されています。
 当日は延べ1,500人の参加があり、「422人リレー」では2歳から73歳までの幅広い年齢層のランナーが見事にたすきを繋ぎました。好天にも恵まれ、多くの市民がスポーツを楽しむことができました。
 本大会の開催にご尽力いただきました一般社団法人 筑紫野市体育協会の皆様や関係者の皆様に対して心から感謝申し上げます。

5月7日(土曜日) 筑紫野市「障害」児・者問題を考える会定期総会に出席しました。

総会であいさつする市長

 カミーリヤにて筑紫野市「障害」児・者問題を考える会定期総会が開催されました。
 筑紫野市「障害」児・者問題を考える会の皆様には、障害を持つ人が地域社会の中で「完全参加と平等」を保障され、障害を持たない人とともに生きる社会の実現に向け日々取り組んでいただいており、感謝申し上げます。
 市民の皆様が安全で安心して暮らせる福祉のまちづくりを実現するためには、市民と行政とのパートナーシップによる取り組みを進めていく必要がありますので今後ともご協力いただきますようお願いします。

5月6日(金曜日) 筑紫野市区長会議総会に出席しました。

筑紫野市区長会議総会の様子

 大丸別荘にて筑紫野市区長会議総会を開催しました。区長の皆様には日頃から市行政に深いご理解と多大なご協力をいただき、ありがとうございます。
 市民の皆様からの市行政に対する要望や期待は、複雑・多様化してきております。これらに迅速、的確に応えていくためには、地域の市民との接点となる区長の皆様の活動は非常に大きな力であると考えています。
 「みんなでつくる 自然と街との共生都市 ちくしの」の実現に向け、より一層のご協力をお願いします。

5月2日(月曜日) 福岡県の小川洋知事と面会しました。

小川福岡県知事と市長

 福岡県庁で小川福岡県知事とお会いしました。短い時間ではありましたが、地方財政、地方分権、東日本大震災復興支援などについて協議を行うことができました。
 今後も県との連携をより密にしながら、筑紫野市から福岡県を元気にしていけるように様々な面で協力してまいります。
 小川知事、お忙しい中での面会本当にありがとうございました。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス