ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から第72回移動市長室(平成29年9月)
更新日: 2017年10月17日
 

移動市長室

 

【移動市長室とは】
 市長が自ら各地域へ出向き、市内で活動する団体やグループと身近なテーマについて対話を行うことで市の情勢や市民のニーズを把握し、今後の市政に生かすことを目的としており、月1回程度実施する予定です。

 

 過去の「移動市長室」を見る

 

第72回移動市長室

 
 
 
概要
日時 平成29年9月25日(月曜日)15時30分から17時
対象 二日市中学校生徒会
懇談会の場所 二日市中学校図書室
内容 懇談90分
懇談会の参加者 団体8人、市7人

 通算72回目となる移動市長室を開催しました。今回は、初めての取り組みとして、二日市中学校生徒会と懇談を行い、山本会長をはじめ8人の生徒会役員の皆さんに出席していただきました。
 二日市中学校(二中)の生徒数は767人(平成29年5月1日現在)、校訓「敬愛信」のもと、生徒会活動の三本柱を「人権・平和・共生」とし、執行部以下、各委員会や係活動など日々の活動を行っています。

 懇談は、二部構成とし、生徒会からの活動報告では、三本柱の目指すものをはじめ、今年度の全体目標・スローガン、活動の一つであるSPPの紹介、主な年間行事、筑紫野市内五中学校生徒会連合体発足についての話があり、それらを受けての意見交換を行いました。その後、筑紫野市からの説明および意見交換を行いました。
 三本柱の一つ目「人権」は、みんながありのままの姿で安心して生活できること、仲間との違いを認め合い、お互いに高めあっていくことと考えており、そのような意識を高めていくために、学校行事に取り組んでいるということ。二つ目の「平和」は、戦争がない世界だけでなく、すべての人が差別や抑圧を受けない世界のことであると二中平和宣言でうたっており、その具体的な活動として、毎年8月6日に行っている平和集会・平和劇は、1988年から続く伝統行事で、途中2年間の休止期間があったものの、今年で復活10周年を迎えたということ。三つ目の「共生」は、人と違って当たり前、その違いを理解し、受け止め、ともに高めあっていくことであると捉え、これらを日々意識し、活動をしているとの報告がありました。
 今年度の生徒会全体目標・スローガンは、「なかま~みんなで幸せのバトンをつなぎ、幸せの「わ」を広げる~」。それをイメージした動画の放映がありました。一人のささいな行動から幸せが生まれ、その幸せがバトンのように次から次の人に伝わっていく、そして、全員が幸せになれるということが表現されていました。
 SPPとは、「Smile・Peace・Projects」の略で、三本柱に沿った活動を行っており、4月には人権の花「ひまわり」をPTAや地域の皆さんと校内に植えたこと、今年の平和集会では、ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ・ミナマタでの差別について取り上げ、124人の実行委員が役割を持って平和劇をつくり上げたこと、上演後の意見交換会で、さまざまな意見を出し合ったこと、地域の皆さんに向けても発信を行ったこと、核兵器廃絶署名や九州北部豪雨災害への募金活動を実施したことの紹介がありました。
 行事は、生徒が中心になって企画、生徒全員が参加してつくり上げることを大切にしており、体育会や平和集会、文化発表会など、皆でやり遂げていく中で達成感や成長を感じることができる、「二中らしさ」がたくさん見られるという報告がありました。
 7月に発足した五中連合体は、市内の中学校生徒会の交流の場を設定することで、人権や平和についてともに考え、具体的な行動をより効果的に起こすことを目的にしており、一つの中学校では実現できなかったり、微力と感じることも、市内中学生3000人のなかまと力を合わせて今後の活動を展開していきたいとの報告がありました。
 意見交換では、生徒会活動に関わって自分自身が成長したと思えることは、見る範囲が広がり自覚を持つようになったり、責任感を持って自主的に考えるようになったりしたことなどの発言がありました。また、平和集会の取り組みを通じて、一人ひとりの居場所があることが平和につながるとの認識を持つようになったこと、いじめや不登校をなくしていくため、クラス内での雰囲気づくりに取り組んでいることなども聞くことができました。
 市からは、クイズ形式でマスコットキャラクターや武蔵寺などを紹介し、市役所の具体的な仕事内容、本年度予算、第五次総合計画などを説明しました。質疑応答で、予算や共助社会づくりについての質問があり、予算は歳入と歳出のバランスを取りながらさまざまな事業を実施していることや自助・共助・公助社会の実現に向け地域コミュニティづくりに取り組んでいるという回答を行いました。また、市長になろうと思ったきっかけは?という問いに対しては、自身の体験も踏まえた話をさせていただきました。
 和やかで楽しい意見交換の時間を過ごすことができました。懇談の中でのご意見は、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3
移動市長室の様子その4
移動市長室の様子その5
移動市長室の様子その6
移動市長室の様子その8
移動市長室の様子その9
移動市長室の様子その10

 
移動市長室の様子
市長あいさつの動画
 

【市長の一言】
 
二日市中学校の歴史ある伝統が「敬愛信」であり、それが脈々と息づき、三本の柱「人権・平和・共生」という形で、いろいろな取り組みを生徒会の皆さんがつくり上げているというところがすばらしいと感じました。
 今の三年生は卒業していきますが、五中連合体を大切に育てていってほしいと願います。このことによって、中学校の生徒会が変わる、生徒も変わる、学校そのものがいきいきとなってくるだろうということに確信が持てたような気がします。
 平和劇も、いろいろな皆さん方の活動もこれから続けてくださいね。
 本当に今日はどうもありがとうございました。




【左は、移動市長室での市長あいさつの動画です。
(※音声が出ます)】

【議事録】
 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。(272kbyte)pdf

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス