ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から第22回移動市長室(平成25年5月)
更新日: 2013年7月10日
 

移動市長室

 

【移動市長室とは】
 市長が自ら各地域へ出向き、市内で活動する団体やグループと身近なテーマについて対話を行うことで市の情勢を把握し、今後の市政に生かすことを目的としており、月1回程度実施しています。

 

 過去の「移動市長室」を見る

 

第22回移動市長室

 
 
 
 
概要
日時 平成25年5月20日(月曜日) 13時30分から15時10分
対象 東新町区
懇談会の場所 東新町公民館
内容 活動体験20分、懇談80分
懇談会の参加者 団体36人、市10人

 通算22回目となる移動市長室を、東新町公民館で開催しました。東新町区の皆さまとシニアサロン活動をテーマに懇談を行い、林田区長をはじめ東新町シニアサロンの会員やボランティアスタッフ、計36人に出席していただきました。
 東新町区は、筑紫野市の北西部、二日市東小学校付近の地域で、六地蔵や旧日田街道などの史跡を有する、人口1,485人の行政区です。また、65歳以上の高齢化率は17.98%(市の平均19.95%)となっています。(人口、高齢化率の数値は平成25年4月1日現在)

 この日の移動市長室では、東新町シニアサロンのレクリエーションに参加し、サロン活動の一部を体験しました。社会福祉協議会の方が講師となり、座ったままでもできる、指先を使った手遊びや二人組で行うゲームなどを、会員の皆さんと一緒に行いました。
 懇談では、高齢者の健康増進や引きこもりを無くすことを目的にサロンを設立された経緯や、月一回開催されている、講師を招いての健康講話や介護予防教室、レクリエーション、バスハイクなどさまざまな活動について解説してもらいました。また、バスハイクの際に社会福祉協議会から福祉バスをかりているが、席数が足りず全員が一度に参加できないといったことや、それに伴うバスの大型化などの要望がありました。
会員の方からは、サロン活動に参加する経緯や活動体験とその感想などを話していただきました。
 サロン活動のこと以外にも、市が購入した用地の利用方法や交差点の整備など、地域生活における課題や要望について意見交換を行いました。
 懇談会でうかがった大切な提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
 

移動市長室の様子その2

移動市長室の様子その3

 
移動市長室の様子その4

市長あいさつの動画

【市長の一言】
 本年度は、特色のある取り組みなどを行っている地域の方のお話をお伺いするため、行政区を中心に移動市長室を実施していく予定です。その最初に東新町区の皆さんと懇談をさせていただき大変嬉しく、感謝いたします。
 東新町シニアサロンの活動についてお話をうかがい、ボランティアスタッフが中心となり、高齢者の健康やコミュニケーションのため活動内容を工夫し、充実した取り組みをされている姿に非常に感銘を受けました。
 また、会員の皆様の生き生きとしたお姿を拝見いたしまして、このサロンが高齢者の心地よい居場所や仲間づくりに大きく貢献している事を改めて確認させていただきました。
 地域の課題や要望が多様化する現在、地域のことは地域が決める、市民が主役の自治体の姿が求められています。本日の懇談を活かし、市民と行政が一体となった協働によるまちづくりに取り組んでまいります。



【左は、移動市長室での市長あいさつの動画です(※音声が出ます)】




【議事録】
 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。 (241kbyte)pdf

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス