ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(税金)の中の固定資産税・都市計画税から太陽光発電設備を設置した場合の償却資産の申告
更新日: 2016年8月29日

太陽光発電設備を設置した場合の償却資産の申告

 太陽光パネルなどの太陽光発電設備(再生可能エネルギー発電設備)を設置したときは、固定資産税(家屋または償却資産)の対象となる場合があります。
 以下の(1)の「償却資産の申告が必要となる方」および(2)の「発電にかかわる設備の部分別評価区分」を参考に、所有している太陽光発電設備の設置状況を確認してください。課税の対象となる場合は、毎年1月末までに償却資産の所有状況を申告してください

(1)償却資産の申告が必要となる方

設置者申告が必要となる場合
個人
(住宅用)
家屋の屋根などに経済産業省の認定を受けた太陽光発電設備を設置して、発電量の全量もしくは余剰を売電される場合は、売電するための事業用資産となり、発電にかかる設備は課税対象となります。
発電出力10キロワット以上の設備は、償却資産となり申告が必要です。
個人
(事業用)
小売業や不動産貸付業、農業など事業を営む方が、その事業のために太陽光発電設備を設置した場合は、発電出力にかかわらず償却資産として申告の対象となります。
法人事業の用に供している資産になりますので、発電出力にかかわらず、償却資産として申告の対象となります。

 

(2)発電にかかわる設備の部分別評価区分


太陽光パネルの設置状況太陽光発電設備
太陽光パネル架台ユニット接続ユニットパワーコンディショナー 表示ユニット電力量計等
家屋に一体の建材(屋根材など)として設置家屋家屋償却償却償却償却
架台に乗せて屋根に設置償却償却償却償却償却償却
家屋以外の場所(地上や家屋の要件を満たしていない構築物など)に設置償却償却償却償却償却償却
 ※家屋:家屋としての評価の対象となります。償却資産としての申告は不要です。
 ※償却:償却資産に該当します。償却資産として申告が必要です。

(3)再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例について

 平成25年度の固定資産税から固定買取価格制度の認定を受けて取得された「再生可能エネルギー発電設備」について、課税標準の特例措置が適用されます。

対象設備

  事業用太陽光発電設備(10キロワット以上)
  ※10キロワット未満の太陽光発電設備は対象外です。
  再生可能エネルギー源(風力、水力、地熱、バイオマスなど)

取得期間

  平成24年5月29日~平成28年3月31日までに取得したもの

特例措置内容

  取得の翌年から3年分に限り、課税標準額を3分の2に軽減します。

根拠法令

  地方税法附則第15条第33項

  地方税法施行規則附則第6条第55項

提出に際しての添付資料

  固定資産税(償却資産)の特例の申請にあたっては、次の書類を提出してください。
  1.経済産業省が発行した「10KW以上の太陽光発電設備に係る設備認定通知書」の写し
  2.電気事業者が発行する「電力受給契約に関するお知らせ」または「系統連携契約書」の写し
  3.太陽光設置工事にかかった費用の分かる領収明細書の写し等 

提出期限

  資産を取得した翌年の1月31日(償却資産申告書と併せて提出ください。) 
                

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 税務課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス